日本の女性研究者

実験動物学

研究者リスト >> 森松(吉松) 組子
 

森松(吉松) 組子

 
アバター
研究者氏名森松(吉松) 組子
 
モリマツ(ヨシマツ) クミコ
通称等の別名吉松 組子
URLhttp://www.ne.jp/asahi/med-hokkaido-univ/microbiology/bing_yuan_wei_sheng_wu_xue_fen_ye/Welcome.html
所属北海道大学
部署大学院医学研究科 北海道大学 大学院医学研究科 病原微生物分野
職名助教授・准教授
学位修士(獣医学)(北海道大学), 博士(獣医学)(北海道大学)
科研費研究者番号90220722
ORCID ID0000-0002-0062-2753

研究キーワード

 
腎症候性出血熱 , HFRS , ワクチン , 核蛋白 , 実験動物 , バキュロウイルス , 診断法 , マウス , 抗原提示 , 診断抗原 , カイコ , CKD , インテグリン , 感染モデル , 膜蛋白 , 抗原性 , エピトープ , 組換えバキュロウイルス , 組み換え抗原 , 外皮蛋白

研究分野

 
  • 社会医学 / 公衆衛生学・健康科学 / 
  • 基礎医学 / ウイルス学 / 
  • 境界農学 / 応用分子細胞生物学 / 
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 応用獣医学 / 

経歴

 
2011年
   
 
北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
 
1989年
 - 
1997年
北海道大学免疫科学研究所 教務職員
 

学歴

 
 
 - 
1989年
北海道大学 獣医学研究科 形態機能学
 

論文

 
Gamage C, Sarathkumara Y, Weerakkodi V, Shiokawa K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Koizumi N
Journal of immunological methods      2018年9月   [査読有り]
Shimizu K, Yoshimatsu K, Taruishi M, Tsuda Y, Arikawa J
Archives of virology   163(6) 1577-1584   2018年6月   [査読有り]
Saasa N, Kajihara M, Dautu G, Mori-Kajihara A, Fukushi S, Sinkala Y, Morikawa S, Mweene A, Takada A, Yoshimatsu K, Arikawa J
Vector borne and zoonotic diseases (Larchmont, N.Y.)   18(5) 273-277   2018年5月   [査読有り]
Lundu T, Tsuda Y, Ito R, Shimizu K, Kobayashi S, Yoshii K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Kariwa H
Biomedical research (Tokyo, Japan)   39(1) 27-38   2018年   [査読有り]
Shimizu K, Isozumi R, Takami K, Kimata I, Shiokawa K, Yoshimatsu K, Tsuda Y, Nishio S, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science   79(7) 1261-1263   2017年7月   [査読有り]
Nishio S, Tsuda Y, Ito R, Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
Japanese journal of infectious diseases   70(4) 388-393   2017年7月   [査読有り]
Gamage CD, Yoshimatsu K, Sarathkumara YD, Kulendiran T, Nanayakkara N, Arikawa J
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   57 77-78   2017年4月   [査読有り]
Antibody detection from Middendorf's vole (Microtus middendorffii) against Tula virus captured in Mongolia.
Yoshimatsu K, Arai S, Shimizu K, Tsuda Y, Boldgiv B, Boldbaatar B, Sergelen E, Ariunzaya D, Enkhmanda O, Tuvshintugs S, Morikawa S, Arikawa J
The Japanese journal of veterinary research   65(1) 39-44   2017年2月   [査読有り]
Shimizu K, Koma T, Yoshimatsu K, Tsuda Y, Isegawa Y, Arikawa J
Virology journal   14(1) 13   2017年1月   [査読有り]
Obana S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Hasebe F, Hotta K, Isozumi R, Nguyen HT, LE MQ, Yamashiro T, Tsuda Y, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science   79(1) 76-81   2017年1月   [査読有り]
Tsuda Y, Igarashi M, Ito R, Nishio S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
Biomedical research (Tokyo, Japan)   38(2) 89-97   2017年   [査読有り]
Shimizu K, Hamaguchi S, Ngo CC, Li TC, Ando S, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Koma T, Isozumi R, Tsuda Y, Fujita H, Pham TT, LE MQ, Dang AD, Nguyen TQ, Yoshida LM, Ariyoshi K, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science   78(11) 1677-1681   2016年12月   [査読有り]
Koarashi Y, Cáceres AG, Saca FM, Flores EE, Trujillo AC, Alvares JL, Yoshimatsu K, Arikawa J, Katakura K, Hashiguchi Y, Kato H
Acta tropica   158 83-87   2016年6月   [査読有り]
Shiokawa K, Gamage CD, Koizumi N, Sakoda Y, Shimizu K, Tsuda Y, Yoshimatsu K, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science   78(2) 221-230   2016年2月   [査読有り]
First evidence of Seoul hantavirus in the wild rat population in the Netherlands.
Verner-Carlsson J, Lõhmus M, Sundström K, Strand TM, Verkerk M, Reusken C, Yoshimatsu K, Arikawa J, van de Goot F, Lundkvist Å
Infection ecology & epidemiology   5 27215   2015年   [査読有り]
Yoshimatsu K, Arikawa J
Viruses   6(8) 3097-3109   2014年8月   [査読有り]
Koma T, Yoshimatsu K, Nagata N, Sato Y, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Nishio S, Hasegawa H, Arikawa J
Journal of virology   88(13) 7178-7188   2014年7月   [査読有り]
Yoshimatsu K, Arikawa J
Virus research   187 77-83   2014年7月   [査読有り]
Amada T, Yoshimatsu K, Koma T, Shimizu K, Gamage CD, Shiokawa K, Nishio S, Ahlm C, Arikawa J
Virology journal   11 87   2014年5月   [査読有り]
Shimizu K, Yoshimatsu K, Koma T, Yasuda SP, Arikawa J
Virus research   178(2) 349-356   2013年12月   [査読有り]

担当経験のある科目

 
  • 微生物学実習 (北海道大学)

所属学協会

 
日本ウイルス学会 , 日本実験動物学会 , 日本獣医学会

Works

 
実験マウスにおける組換え腎症候性出血熱ウイルス蛋白を用いた免疫応答の解析-パキュロウイルスベクター発現系の新しい応用
1991年 - 1991年
免疫不全マウス(SCID、ヌード)での腎症候性出血熱ウイルスによる腎症候性出血熱障害の解析
1992年 - 1992年
蚕バキュロウイルス発現ハンタウイルス核蛋白の精製法の確立と診断法への応用
1993年 - 1993年
組換えハンタウイルス核蛋白を用いたRNPトランスフェクション系の確立
1994年 - 1994年
細胞内抗体導入(スクレイプローディング)法でのハンタウイルス核蛋白の機能の解析
1995年 - 1995年

競争的資金等の研究課題

 
重症熱性血小板減少症候群(SF TS)に対する診断・治療・予防 法の開発
厚生労働省: 感染症実用化研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 西條 政幸
スリランカにおけるレプトスピラ症とハンタウイルス感 染症の媒介げっ歯類に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2018年3月    代表者: 森松(吉松) 組子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 森松(吉松)組子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 苅和 宏明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 有川 二郎