日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 谷池 雅子
 

谷池 雅子

 
アバター
研究者氏名谷池 雅子
 
タニイケ マサコ
eメールmasakokokoro.med.osaka-u.ac.jp
所属大阪大学
部署連合小児発達学研究科 小児発達学専攻
職名教授
学位医学博士(大阪大学)
科研費研究者番号30263289

プロフィール

連合小児発達学研究科というユニークな研究科で、小児睡眠、発達障害の研究・臨床をしております。遺跡巡りと落語が好きです。

研究キーワード

 
脱髄 , 神経変性 , プロスタグランディン

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学 / 
  • 内科系臨床医学 / 小児科学 / 

委員歴

 
 
   
 
American Association of Neuropathologists  Active member
 

受賞

 
2006年
優秀演題賞
 

論文

 
Tachibana M, Mohri I, Hirata I, Kuwada A, Kimura-Ohba S, Kagitani-Shimono K, Fushimi H, Inoue T, Shiomi M, Kakuta Y, Takeuchi M, Murayama S, Nakayama M, Ozono K, Taniike M
Brain & development   41(1) 85-95   2019年1月   [査読有り]
Ogawa R, Kagitani-Shimono K, Matsuzaki J, Tanigawa J, Hanaie R, Yamamoto T, Tominaga K, Hirata M, Mohri I, Taniike M
Brain & development      2018年11月   [査読有り]
Tanigawa J, Kagitani-Shimono K, Matsuzaki J, Ogawa R, Hanaie R, Yamamoto T, Tominaga K, Nabatame S, Mohri I, Taniike M, Ozono K
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   129(9) 2029-2037   2018年9月   [査読有り]
Kagitani-Shimono K, Kato Y, Hanaie R, Matsuzaki J, Tanigawa J, Iwatani Y, Azuma J, Taniike M
Epilepsy & behavior : E&B      2018年8月   [査読有り]
Honda T, Sofuku K, Matsunaga H, Tachibana M, Mohri I, Taniike M, Tomonaga K
Microbiology and immunology      2018年5月   [査読有り]

Misc

 
マウス新生仔へのプロスタグランジンD2受容体DP1作動薬による神経細胞の形態や行動への影響
早田 敦子, 奥田 健太, 毛利 育子, 橘 雅弥, 新谷 勇介, 菊池 泰河, 中澤 敬信, 谷池 雅子, 橋本 均
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 224-224   2018年11月
炎症マーカー[11C]DPA-713を用いたPETによる焦点性てんかんの局在診断
下野 九理子, 林 良子, 岩谷 祥子, 富永 康仁, 青天目 信, 押野 悟, 加藤 弘樹, 貴島 晴彦, 畑澤 順, 谷池 雅子
てんかん研究   36(2) 467-467   2018年9月
小児の睡眠ポリソムノグラフ施行におけるプレパレーションの有効性の検討
村田 絵美, 毛利 育子, 加藤 久美, 谷池 雅子
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   43回 214-214   2018年7月
終夜睡眠ポリグラフ検査を実施した健康若年成人におけるApnea-Hypopnea index
大倉 睦美, 野々上 茂, 上村 真代, 谷池 雅子, 加藤 隆史
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   43回 256-256   2018年7月
早産児の発達障害と療育へのアプローチ 自閉スペクトラム症児支援の担い手としての周産期専門医の重要性
谷池 雅子
日本新生児成育医学会雑誌   30(2) 259-260   2018年6月

所属学協会

 
日本先天代謝学会 , 日本神経学会 , 日本小児神経学会 , Society for Neuroscience foreign member , Amevican Association of Neuropathologists

競争的資金等の研究課題

 
クラッベ病における病態発生学
神経変性疾患におけるPGD合成酵素の機能
睡眠障害を持つ乳幼児に対する前向き介入研究
    代表者: 谷池 雅子
小児における睡眠の量・質の指標となる生化学的マーカーの開発
    代表者: 谷池 雅子

特許

 
アミロイド蛋白質の凝集を抑制する物質とその応用
特願2004-218952