日本の女性研究者

人文学

研究者リスト >> 向野 康江
 

向野 康江

 
アバター
研究者氏名向野 康江
 
コウノ ヤスエ
URLhttp://www.h4.dion.ne.jp/~kono
所属茨城大学
部署教育学部学校教育教員養成課程 教科教育コース 美術教育教室
職名教授
学位博士(芸術学)(筑波大学), 学術修士(筑波大学), 教育学修士(上越教育大学), 博士(学術)〈満洲経済史〉(北九州市立大学)
科研費研究者番号60272100

プロフィール

(教員からのメッセージ)
 筑波大学で1つめの博士号(芸術学)を取得して以降、茨城大学では美術教育を担当してきました。廣瀬淡窓の漢詩教育や関衛の児童画研究と向き合ううちに、歴史を学ぶことは非常に大切なことだと痛感しました。いろいろな視点で事象の成立を追究していくと、そこに人間の本質を見出すことができます。そして、人間の本質と経済は切り離すことはできません。特に、近代の満洲における日本人の経済活動史は、近世から近代にかけての人々の考え方を現代人に教えてくれます。2016年3月26日に2つめの博士号(学術)を経済史の分野で取得できたことは、これまで自分がやってきたことと、これから達成させなければならないことを改めで確認させてくれました。応援してくれた人々に感謝を込めながら前進していきたいと思っています。

研究キーワード

 
向野堅一(1868-1931)研究

研究分野

 
  • 史学 / 史学一般 / 近代日中関係史(満洲経済史)
  • 哲学 / 思想史 / 芸術学
  • 教育学 / 教科教育学 / 教科教育学

経歴

 
1988年4月
 - 
1989年3月
九州女子高等学校 美術Ⅰ、Ⅱ、工芸Ⅰ 非常勤講師
 
1988年4月
 - 
1989年3月
学校法人岩尾昭和学園昭和女子高等学校 美術、日本史 非常勤講師
 
1995年4月
 - 
1996年9月
茨城大学 教育学部 講師
 
1995年4月
 - 
1996年9月
茨城大学 大学院教育学研究科 授業担当教員
 
1996年10月
   
 
茨城大学 教育学部 助教授
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1994年3月
筑波大学 芸術学研究科 芸術学専攻
 
1998年9月
 - 
1999年
華東師範大学 漢語撰修班 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
北九州市立大学 社会システム研究科 地域社会システム専攻
 
 
 - 
1978年3月
福岡県立筑紫高等学校  
 

委員歴

 
2004年3月
 - 
2011年3月
大学美術教育学会  国際交流委員会
 
2015年6月
   
 
淡窓研究会  事務局
 

受賞

 
2013年4月
公益財団法人ソロプチミスト日本財団 平成25年度ソロプチミスト日本財団活動資金援助クラブ賞
 
2001年
二零零一年全国中小学優秀美術課課例壱等奨 (中国)
 
2001年
中国華東地区首届優秀美術課例壱等奨 (中国山東省教育学会美術教学研究専業委員会・ 華東師範大学芸術教育研究中心)
 

論文

 
日清商品陳列所の実修機能―向野堅一宛書簡に見る卒業生の苦闘―
向野康江
『アジア教育史研究』   (23) 27-55   2016年3月   [査読有り]
向野堅一(1868~1931)の経済活動―日清貿易模索から奉天実業界形成への道程/向野書簡を中心にして―
向野康江
北九州市立大学平成27年度博士(学術)学位請求論文      2016年3月   [査読有り]
向野一族と向野堅一の清国渡航以前における修学
向野康江
『社会システム研究』   (第13) 71-86   2015年3月   [査読有り]
向野堅一『明治二十七八年戦役餘聞戦役夜話』再考ー「旅順事件」検討の前提としてー
向野康江
近現代東北アジア地域史研究会ニューズレター   (第26) 1-11   2014年12月   [査読有り]
「筑紫洋行(筑紫辦館)と天津の商品陳列館設立計画―『九州炭鑛業家』と向野堅一の動向に注目して―」
『郷土直方』   (第39) 2-6   2014年4月   [査読有り]

Misc

 
「向野堅一書簡目録(2)(3)(4)」
向野康江
『茨城大学教育学部紀要(人文・社会科学,芸術)』   (第63) 13-67   2014年3月
中国の視覚文化が形成する豊かな記号論
向野康江
『茨城大学教育学部紀要(人文・社会科学、芸術)』   (第61号) 89-107   2013年3月
向野堅一記念館所蔵「向野書簡」目録(一)
向野康江
『茨城大学教育学部紀要(人文・社会科学、芸術)』   (第61) 十三~三十一   2013年3月
神社建築の表現手法を理解する美術科授業実践の報告―厳島神社(茨城県鉾田市子生(ほこたしこなじ))を例として―
共著者:井上朋美
『茨城大学教育実践研究』(茨城大学教育学部附属実践総合センター)   (第31号) 105-119   2012年11月
向野堅一記念館の存続意義
『向野堅一顕彰会会報』第3号、10-12頁   (第3号) 10-12   2012年3月

書籍等出版物

 
『小学校指導法図画工作』
向野康江 (担当:編者)
玉川大学出版部   2011年2月   
『美術教師教育愿景』
華東師範大学出版社   2010年6月   
子どものための美術教育-学校での図画工作科教育と家庭でのART教育-
向野康江
弦書房   2010年4月   
テキストKANKAN『図画工作科教育の基礎知識』
向野康江
海林洋行・出版部   2007年5月   
詩集『乙女峠』
弦書房   2006年7月   

講演・口頭発表等

 
向野堅一(1868~1931)の経済活動―日清貿易模索から奉天実業界形成への道程/向野書簡を中心にして― 
アジア教育史学会例会    2016年2月27日   アジア教育史学会
日清商品陳列所の実修機能―向野堅一宛書簡に見る卒業生の苦闘―
向野康江
アジア教育史学会   2015年8月19日   アジア教育史学会
「日清貿易研究所における学生生活―向野堅一の兄たちの書簡を手掛かりに―」
アジア教育史学会例会   2013年12月14日   
向野文庫紹介およびその廣瀬家先賢文庫との関連
向野康江・本多寛尚
2007年度淡窓研会後期例会   2007年12月1日   淡窓研究会
日中美術教育研究交流の意義とその重要性
向野康江
大学美術教育学会第1回日中美術教育研究交流会   2007年9月14日   

所属学協会

 
アジア教育史学会 , 中国現代史研究会 , 現近代東北アジア地域史研究会 , 孫文研究会 , 日本教育史研究会 , 教育実践学会 , 淡窓研究会 , 大学美術教育学会 , 教育史学会 , 日本美術教育連合 , 美術科教育学会

Works

 
教育実践学会平成8年度第1回研修会実行委員会委員(茨城大学地域総合研究所
その他   2007年2月 - 2007年2月
茨城県立近代美術館第3回美術館アカデミー講演会講師
その他   2005年4月 - 2005年12月
茨城県教育研修センター平成17年度教員5年次生研修講座(中学校・美術)講師/テーマ「教材の作成と開発」
その他   2005年4月 - 2005年9月
鳥取県教育センター講師/テーマ「身近な素材を使い表現技術を学ぶ中学校・高等学校美術」研修について
その他   2005年4月 - 2005年8月
第27回美術科教育学会CHIBA大会美術教育史発表部門司会者
その他   2005年3月 - 2005年3月