日本の女性研究者

ナノ・マイクロ科学

研究者リスト >> 一柳 優子
 

一柳 優子

 
アバター
研究者氏名一柳 優子
 
イチヤナギ ユウコ
eメールyukoynu.ac.jp
URLhttp://yukolab.ynu.ac.jp/index.html
所属横浜国立大学
部署大学院工学研究院 知的構造の創生部門
職名准教授
学位博士(工学)(横浜国立大学), 教育学修士(横浜国立大学)

研究キーワード

 
ナノテクノロジー , 磁化測定 , 超微粒子 , 遷移金属酸化物 , マルチフェロイック , ナノ医療 , 薬剤輸送

研究分野

 
  • ナノ・マイクロ科学 / ナノマイクロシステム / 
  • 物理学 / 物性Ⅱ / 

経歴

 
2009年1月
 - 
現在
横浜国立大学大学院・工学研究院・准教授
 
2007年4月
 - 
2008年12月
横浜国立大学大学院・工学研究院・講師
 
1997年4月
 - 
2007年3月
横浜国立大学大学院・工学研究院・助手
 
1990年6月
 - 
1997年3月
横浜国立大学・教育学部・教務職員
 

学歴

 
 
 - 
1996年
横浜国立大学 工学研究科 物理学
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
CREST領域アドバイザー 
 
2016年
 - 
2017年
理事 
 
2015年
 - 
2016年
科学研費委員会専門委員 
 
2010年11月
 - 
2012年3月
NEDO技術委員 
 
2009年10月
 - 
2011年9月
会計幹事 
 

受賞

 
2017年4月
日本応用物理学会 第64回応用物理学会春季学術講演会 Mn0.8-xCoxZn0.2Fe2O4ナノ微粒子の磁気特性と磁気ハイパーサーミアおよびMR造影効果
 
2017年3月
International Association of Advanced Materials International Association of Advanced Materials Medal Multifunctional magnetic nanoparticles for theranostic applications
 
2011年6月
産業タイムズ社賞
 
2009年5月
関東工学教育協会賞(業績賞)
 
2006年8月
磁性国際会議優秀ポスター賞
 

論文

 
Bonding of SiO<SUB>2</SUB> and SiO<SUB>2</SUB> at Room Temperature Using Si Ultrathin Film
75(9) 355-361   2016年   [査読有り]
LIVER DISEASE RISK OF XENOBIOTICS DUE TO PERCUTANEOUS ABSORPTION REVEALED BY NANO-PALDI IMAGING MASS SPECTROMETRY
7(7) 12589-12592   2016年   [査読有り]
Study of Ferrite Co<SUB>1</SUB>+xTixFe<SUB>2</SUB>-2xO<SUB>4</SUB> (0.2 < x<0.5) Nanoparticles for Magnetic Hyperthermia
58(10) 2101-2108   2016年   [査読有り]

Misc

 
磁気ナノ微粒子の交流磁化率と熱散逸によるハイパーサーミア効果
熱測定学会誌   42(4) 148-152   2015年10月   [査読有り][依頼有り]
Shota Morimoto, Tomoya Ishikawa, Kuminori Hyodo, Takahiro Yamazaki, Shu Taira, Koichi Tsuneyama, and Yuko Ichiyanagi
Surface and Interface Analysis   48 1127–1131   2016年   [査読有り][依頼有り]
機能化した磁性ナノ微粒子を用いたマウス肝臓質量分析イメージング
森本翔大、兵藤公美典、石川智也、平修、常山幸一、一柳優子
ナノ学会会報   14(1) 1-7   2015年10月   [査読有り]
Coドープ効果によるAgFeO2ナノ微粒子の磁気特性と局所構造解析
山崎貴大、兵藤公美典、森本翔大、石川智也、一柳優子
ナノ学会会報   14(1) 25-29   2015年10月   [査読有り]
磁気ナノ微粒子の交流磁化率と熱散逸によるハイパーサーミア効果
一柳 優子
Netsu Sokutei   42(4) 148-152   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Ni(OH)<SUB>2</SUB>単層ナノクラスターの磁気相転移
横浜国立大学   1996年   

担当経験のある科目

 
  • ナノ物性物理学 (横浜国立大学)
  • 物理工学実験情報演習Ⅱ (横浜国立大学)
  • 磁気・低温物性特論 (横浜国立大学)
  • 磁気・極限物理工学実習F (横浜国立大学)
  • 磁気・極限物理工学実習S (横浜国立大学)

所属学協会

 
日本応用物理学会

競争的資金等の研究課題

 
温熱療法を目指したスーパースピングラス磁気ナノ微粒子の創製と医療への応用
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 一柳優子
がん細胞特異的磁気ナノ微粒子のハイパーサーミアへの応用
萌芽研究: 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
磁気ナノ微粒子を利用したベクターフリーiPS細胞の創生
科学技術振興機構: 
研究期間: 2010年10月 - 2011年3月    代表者: 一柳優子
生体組織イメージングのためのイオン化支援磁気ナノ微粒子の開発
科学技術振興機構: 
研究期間: 2009年6月 - 2010年3月    代表者: 一柳優子
磁気ナノ微粒子を用いたイオン化支援材料の開発
高橋産業経済研究財団研究助成: 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 一柳優子

特許

 
特願2016-037758 : 質量分析用マトリクス剤、質量分析方法、及び質量分析イメージング方法
一柳優子、森本翔大
特願2012-133436 : 温熱療法用Ni-Zn系フェライト磁気ナノ微粒子、及びそれを用いた温熱療法用薬物結合複合体
一柳優子、竹内宏賢、大類翔太
特許第5670094号 : マグネタイトナノ微粒子の製造方法
一柳 優子
2006-311611 : 機能性磁気ナノ微粒子とその用途
瀬藤光利、平修、畠中貴弘、一柳優子
官能基を修飾した機能性超磁気ナノ微粒子に、核酸、ペプチドなどを修飾可能にすることを発案した。
2006-064689 : 機能性磁気超ナノ微粒子及びその用途
瀬藤光利、平修、一柳優子

その他

 
2005年5月
機能性ナノ微粒子
2001年
γ-α相共存型Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>強磁性+1微粒子材料の磁気メディア応用に関する研究
2000年
シリカに内包された磁性ナノクラスターの局所構造解析