日本の女性研究者

Humanities

Researcher List >> MARUMO Mieko(yuka)
 

MARUMO Mieko(yuka)

 
Avatar
NameMARUMO Mieko(yuka)
Alternative Names丸茂 美惠子(祐佳)(マルモ ミエコ(ユウカ))
e-mailmarumo.miekonihon-u.ac.jp
URLhttp://marumo-yuka.sakura.ne.jp
AffiliationNihon University
SectionCollege of Art, Department of Theatre
Job titleProfessor
Research funding number70297860

Research Interests

 
日本舞踊 , 歌舞伎舞踊 , 上方舞 , 作品研究 , 舞踊史 , 舞踊理論 , 舞踊技法 , 舞踊体系 , 舞踊教育 , 舞踊身体 , 身体重心 , 文理融合 , モーションキャプチャ , 3DCG , アジアの舞踊 , Nihon Buyo , works , techniques , traditional Korean dance , tradition

Research Areas

 
  • Art studies / Art at large / Art at large
  • Art studies / Aesthetics and studies on art / Aesthetics and studies on art
  • Cultural anthropology / Cultural anthropology / History of Japanese playing
  • Science education/Educational technology / Science education / Science Education
  • Informatics / Cognitive science / Cognitive Science

Academic & Professional Experience

 
Sep 1980
 - 
Mar 1983
日本大学芸術学部演劇学科補助員
 
Apr 1989
 - 
Mar 1994
東京国立文化財研究所芸能部調査員(非)
 
Apr 1995
 - 
Mar 1997
日本大学芸術学部非常勤講師
 
Apr 1997
 - 
Mar 2003
日本大学専任講師
 
Mar 2000
 - 
Aug 2000
(韓国国立)韓国芸術綜合学校舞踊院招へい講師
 

Education

 
 
 - 
1995
Performing Arts, Division of Art and Design, Nihon University Graduate School
 
 
 - 
1977
Theatre, Faculty of Arts, Nihon University
 

Published Papers

 
An Analysis of the Feminine seen in "Okuri",a Fundamental Body Motion of Japanese Traditional Dance
八村広三郎、吉村ミツ、小島一成
舞踊学(舞踊学会)   (27)    Mar 2005   [Refereed]
『舞曲扇林』の成立-成立期三期区分説の提唱-
歌舞伎 研究と批評(歌舞伎学会)   (16) 193-204   Dec 1995   [Refereed]
On "UKAREB(]E87B3[)ZU" danced by Onoe Kikugorou VI
Japanese Society for Dance Research, CHOREOLOGIA   (15) 1-11   Feb 1993   [Refereed]
日本大学総合学術情報センター所蔵 顔見世番付記載振付師年表(改訂版)
吹田響子、宮田麻衣子
「デジタルミュージアウム研究プロジェクト」報告書      Mar 2010
「日本舞踊における「腰」に関する動作の考察-スポーツ動作との比較-」
小沢徹、丸茂 美惠子、三戸勇気、川上央、入江寿弘、篠田之孝
芸術学部紀要「論文篇」   (59) 67-72   Mar 2014   [Refereed]

Misc

 
「信光の能の舞踊化」(特別企画 華やかに、劇的に、観世信光の世界)
丸茂祐佳
『観世』   83(11) 30-36   Nov 2016   [Invited]

Books etc

 
舞曲扇林-日本舞踊 基本と本質-
丸茂祐佳
私家版   Oct 2011   
歌舞伎・日本舞踊最古の理論書『舞曲扇林』を翻刻・校訂し、注釈・考察に本書の解題を付けたもの。
二世花柳壽應 一期一會
編著者 丸茂祐佳
二世花柳壽應   Jun 2016   
四世花柳壽輔が二世壽應を襲名するまでの舞台写真・芸談・対談・上演記録。
日本舞踊 西川流史
丸茂祐佳
西川流宗家   Jun 2008   
舞踊 正派若柳流史
丸茂祐佳
正派若柳会   Sep 2003   
おどりの譜-日本舞踊 古典技法の復活-
丸茂祐佳
国書刊行会   Sep 2002   

Conference Activities & Talks

 
Evaluating methods of traditional dabces:Case study in Nihon Buyo
Yukitaka Shinoda,Yuki Mito
CORD Special Conference:GROBAL PERSPECTIVES ON DANCE PEDAGOGY/De Montfort University   27 Jun 2009   CORD
モーションキャプチャを用いた日本舞踊実習の試み-IT利用による舞踊の人材育成-
竹田陽子、渡沼玲史、三戸勇気、入江寿弘
教育改革IT戦略大会   3 Sep 2009   (社)私立大学情報教育協会
Japanese Dance Notation:Focusing on the Kikakutoobufu,which was published toward the end of the Bakufu era
Yuka MARUMO
in commemoration of the 60th anniversary of the National Gugak Center   8 Apr 2011   Ntional Gugak Center
日本舞踊について
東北アジア舞踊国際学術会議   12 Nov 2009   韓国ソウル大学校
日本舞踊における“伝統”の継承のための理念と方法 [Invited]
丸茂美惠子
2015国際学術シンポジウム“アジアダンスの記憶術”   11 Sep 2015   韓国舞踊歴史記録学会・韓国文化芸術委員会芸術資料院

Association Memberships

 
舞踊学会 , 日本演劇学会 , 日本演劇協会 , 国際交流基金賛助会員 , ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)賛助会員 , 国際演劇協会 , 伝統文化活性化国民協会(~平成23) , 楽劇学会 , 歌舞伎学会

Research Grants & Projects

 
Essential Research on the Educational and Training System of Nihon Buyo from the Integreted Literary,Artistic & Scientific Approach and Research on a Comparison Nihon buyo and Traditional Asian Dance Forms
文部科学省: 私立大学学術研究高度化推進事業(オープン・リサーチ・センター整備事業)
Project Year: 2005 - 2009
日本舞踊を中心とした身体重心の可視化及び教育支援システムの開発と検証
日本学術振興会: 科学研究費補助金
Project Year: 2011 - 2013

Social Contribution

 
日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(審査・評価第二部会人文学・社会科学小委員会)
[]  1 Dec 2011 - 31 Dec 2013
東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京企画コンペ審査委員
[Others]  東京都歴史文化財団  2017 - 2017
日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(審査第三部会人文学小委員会審査委員)
[]  2 Jun 2016 - 30 Nov 2017

Others

 
Nov 2017
舞台評「尾上流の能取物 伝統は革命」
Oct 2017
講演会第四回おどり出前講座「道成寺物―鐘の岬-」
Aug 2017
平成29年度ひらめき☆ときめきサイエンス「君の体の重心は。3次元画像で探ってみよう!」実施代表者
Jul 2017
テレビ出演にっぽんの芸能「江島生島」
Jul 2017
舞台評「日本舞踊と琉球舞踊 粋と美ら」