日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 池田 弘子
 

池田 弘子

 
アバター
研究者氏名池田 弘子
 
イケダ ヒロコ
所属星薬科大学
部署薬物治療学教室
職名准教授
学位博士(歯学)(日本大学)

研究キーワード

 
ドパミン , 大脳基底核 , 視床下部 , 神経科学 , 包括脳ネットワーク

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学 / 

経歴

 
2013年10月
 - 
現在
星薬科大学 薬物治療学教室 准教授
 
2010年10月
 - 
2013年9月
星薬科大学 薬物治療学教室 講師
 
2010年4月
 - 
2010年9月
日本大学歯学部 薬理学教室 専任講師
 
2007年4月
 - 
2010年3月
日本大学歯学部 薬理学教室 助教
 
1999年7月
 - 
2007年3月
日本大学歯学部 薬理学教室 助手
 

学歴

 
 
 - 
1997年3月
星薬科大学 大学院 薬学研究科薬学専攻博士前期課程
 
 
 - 
1995年3月
星薬科大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会  学術評議員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本薬理学会  代議員
 
2005年4月
 - 
現在
日本薬理学会  学術評議員
 

論文

 
Opioid systems in the lateral hypothalamus regulate feeding behavior through orexin and GABA neurons.
Chrismawan Ardianto, Naomi Yonemochi, Shogo Yamamoto, Lizhe Yang, Fumiko Takenoya, Seiji Shioda, Hiroshi Nagase, Hiroko Ikeda, Junzo Kamei
Neuroscience   320 183-193   2016年2月   [査読有り]
Inhibition of opioid systems in the hypothalamus as well as the mesolimbic area suppresses feeding behavior of mice.
Ikeda H, Ardianto C, Yonemochi N, Yang L, Ohashi T, Ikegami M, Nagase H, Kamei J
Neuroscience   311 9-21   2015年10月   [査読有り]
Cannabinoid functions in the amygdala contribute to conditioned fear memory in streptozotocin-induced diabetic mice: interaction with glutamatergic functions.
Ikeda H, Ikegami M, Kai M, Kamei J
Experimental Neurology   269 233-241   2015年7月   [査読有り]
Investigating complex basal ganglia circuitry in the regulation of motor behaviour, with particular focus on orofacial movement.
Ikeda H, Adachi K, Fujita S, Tomiyama K, Saigusa T, Kobayashi M, Koshikawa N, Waddington JL
Behavioral Pharmacology   26 18-32   2015年1月   [査読有り]
Antihyperalgesic effects of ProTx-II, a Nav1.7 antagonist, and A803467, a Nav1.8 antagonist, in diabetic mice.
Tanaka KI, Sekino S, Ikegami M, Ikeda H, Kamei J
7 1-6   2015年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
エネルギー代謝調節におけるドパミン神経の役割
池田弘子,池上めぐみ,三上理沙,米持奈央美,亀井淳三
自然科学研究機構 生理学研究所研究会「臓器相関による生体制御システムとその変容の仕組み」   2016年9月10日   
血糖調節における中枢ドパミンD2受容体の関与
三上理沙,池田弘子,米持奈央美,亀井淳三
第134回日本薬理学会関東部会   2016年7月9日   
悪性腫瘍による不快情動反応の変化
高橋美有,池田弘子,米持奈央美,清水孝恒,亀井淳三
第134回日本薬理学会関東部会   2016年7月9日   
Dopaminergic functions suppress feeding behavior through neuropeptides in the hypothalamus
Naomi Yonemochi, Hiroko Ikeda, Chrismawan Ardianto, Shogo Yamamoto, Junzo Kamei
CINP 2016   2016年7月3日   
Hypothalamic opioid receptors control feeding behavior though orexin and GABA Neurons
Hiroko Ikeda, Chrismawan Ardianto, Naomi Yonemochi, Shogo Yamamoto, Lizhe Yang, Fumiko Takenoya, Seiji Shioda, Hiroshi Nagase, Junzo Kamei
CINP 2016   2016年7月3日   

担当経験のある科目

 
  • 薬理学 (日本大学歯学部付属歯科衛生士学校)
  • クスリと生体反応 (日本大学歯学部)
  • テーラーメイド薬物治療 (星薬科大学)
  • 疾患と薬物治療 (星薬科大学)

所属学協会

 
American Diabetes Association , 日本薬学会 , 日本肥満学会 , 日本神経科学学会 , Society for Neuroscience , 日本神経精神薬理学会 , 日本薬理学会

競争的資金等の研究課題

 
中枢神経による血糖調節機構の解明-中枢ドパミン神経による血糖調節-
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 池田 弘子
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 池田 弘子
科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 池田 弘子
不随意顎運動の発現に関わる大脳基底核機能の行動薬理学的解明
科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 池田 弘子
口腔ジスキネジア発症機構の神経化学的および行動薬理学的検討
科学研究費: 基盤研究(C)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 三枝 禎