日本の女性研究者

Geography

Researcher List >> SEKINE Tomoko
 

SEKINE Tomoko

 
Avatar
NameSEKINE Tomoko
e-mailsekine.tomokonihon-u.ac.jp
AffiliationNihon University
SectionCollege of Humanities and Sciences, Department of Geography
Job titleProfessor
Research funding number90297763

Research Interests

 
geographical information science , geographical information systems , accessibility , living environment , living environment evaluation system , historical GIS

Research Areas

 
  • Geography / Geography / 地理情報システム
  • Human geography / Human geography / Human geography
  • Area studies / Area studies / Area studies

Academic & Professional Experience

 
Apr 1993
 - 
Mar 1995
日本学術振興会特別研究員
 
Apr 1995
 - 
Mar 1999
日本大学文理学部地理学科副手
 
Apr 1999
 - 
Mar 2004
日本大学文理学部地理学科助手
 
Apr 2004
 - 
Mar 2007
日本大学文理学部地理学科専任講師
 
Apr 2007
 - 
Mar 2012
日本大学文理学部地理学科准教授
 

Education

 
 
 - 
1989
地理学, Faculty of Liberal Arts and Science (Natural Sciences), Nihon University
 
 
 - 
1991
地理学専攻, Graduate School, Division of Science and Engineering, Nihon University
 
 
 - 
1995
地理学, Graduate School, Division of Science and Engineering, Nihon University
 

Awards & Honors

 
Feb 2018
小地域統計を用いた生活関連施設への近接性の研究, シンフォニカ統計GIS活動奨励賞, 公益財団法人 統計情報研究開発センター(Sinfonica)
 

Published Papers

 
GISによる近接性研究の進展
関根智子
E-journal GEO   13(1) 101-108   Apr 2018   [Refereed]
Progress in Dialect Geography Using Geographical Information System
関根智子
方言の研究   (4) 5-19   Sep 2018   [Refereed]
GISを使用した方言研究について、方言地図の作成、方言分布の空間分析、WebGISを使用した方言地図の配信を論じた。方言の地理空間データの作成は、研究者間でデジタルデータの共有化につながり、GIS上で原データから方言の地点分布図を作成できるようになる。方言の地点分布図に対しては、クリップ分析やカーネル密度分析、等値線の生成などの空間分析を行い、階級区分や密度、等値線などのさまざまな表現方法を使用して、方言分布と形成過程の解釈につながる。方言のWebGISでは、クライアントに方言の地理空間デ...
生活関連施設への近接性の測定からみた8分の1地域メッシュの有効性について
関根智子
ESTRELA   (4) 8-13   Apr 2018   [Refereed]
境界に関する地理学的研究
関根智子・高阪宏行
日本大学文理学部情報科学研究所年次研究報告書   (17) 1-10   Feb 2017
河川の集水域と神話の伝承:出雲のヤマタノオロチ神話を事例として
関根智子・古川翔一・高阪宏行
日本大学文理学部情報科学研究所年次研究報告書   (16) 1-9   Feb 2016   [Refereed]

Misc

 
GISの社会貢献
『地理情報科学:GISスタンダード』   154-163   Mar 2015

Books etc

 
GISを利用した社会・経済の空間分析
高阪宏行 (Part:Joint Work, 1-158)
古今書院   Aug 2005   

Conference Activities & Talks

 
GISによる『出雲国風土記』と『延喜式』に記載されている神社の空間分析-出雲郡の神祇官社(式内社)を事例として-
日本地理学会春季学術大会   29 Mar 2015   日本地理学会
A Study on Carrier Support and Regional Distribution of Female Physicians
烏山芳織・落合豊子・関根智子
地理情報システム学会第22回研究発表大会   27 Oct 2013   一般社団法人地理情報システム学会
Distribution and changing trend of population and household in Tokyo’s 23wards -Analysis to small area statistics of four population censuses from 1995 to 2010-
草野邦明・関根智子・高阪宏行
地理情報システム学会第21回研究発表大会   14 Oct 2012   
Urbanization of the Greater Tokyo Area from changes in population from 1920 through 2005.
佐藤正志・関根智子・高阪宏行
地理情報システム学会第21回研究発表大会   13 Oct 2012   
サーフェスモデルによる町丁字別人口の面補間
小西 純・関根智子・高阪宏行
地理情報システム学会第20回学術研究発表大会   15 Oct 2011   一般社団法人地理情報システム学会
 国勢調査町丁目・字データを使用して、サーフェスモデルにより町丁目・字内で面補間をする場合、町丁目・字の境界内で面補間を行う方法について説明するとともに、面補間の問題点を考察した。

Association Memberships

 
The Association of Japanese Geographers , Geographical Information System of Association , 人文地理学会 , 日本国際地図学会 , 経済地理学会

Research Grants & Projects

 
東アジアにおける都市形成プロセスの実態解明とそのデジタル化をめぐる研究
Project Year: 2016 - 2017    Investigator(s): 加藤直人
道路属性を考慮した近接性の測定システムの開発
Project Year: 2005 - 2006
地理教育におけるGISの活用に関する研究
Project Year: 2000 - 2003
地理情報システムを用いたインターネット上での対話型地図アニメーションに関する研究
Project Year: 2000 - 2001
人文地理学における空間データの構築、管理、分析手法の開発とその適用
Project Year: 1998 - 2003

Social Contribution

 
公益社団法人統計情報研究開発センター 統計データによる都市地域分類研究会
[Advisor]  公益社団法人統計情報研究開発センター  10 Jul 2009
役職・活動名:統計データによる都市地域分類研究会委員
国土地理院G空間EXPO Geoアクティビティコンテスト
[Others]  国土交通省国土地理院  G空間EXPO Geoアクティビティコンテスト  2014
Geoアクティビティコンテストの審査員
国土交通大学校専門課程環境・まちづくりGIS研修
[Lecturer]  (国土交通省国土交通大学校)  2013 - 2017
せたがや自治政策研究所 政策研究塾-データを利用した政策立案(実践編)-
[Lecturer]  世田谷区政策研究課・調査課 せたがや自治政策研究所  26 Nov 2018
せたがや自治政策研究所 政策研究塾-データを活用した政策立案-
[Lecturer]  世田谷区政策研究課・調査課 せたがや自治政策研究所  2 Aug 2018
地理空間データを使用してGISによる地理空間分析による政策立案について講義した。