日本の女性研究者

Mathematics, Physics

Researcher List >> KOMURASAKI Satoko
 

KOMURASAKI Satoko

 
Avatar
NameKOMURASAKI Satoko
e-mailsatokomath.cst.nihon-u.ac.jp
AffiliationNihon University
SectionCollege of Science and Technology, Department of Mathematics
Job titleAssociate Professor
DegreeDoctor of Science(Ochanomizu University)
Research funding number90318361

Research Interests

 
Computational Fluid Dynamics , Incompressible Flow , Thermal convection , Hydrothermal convection , supercritical fluid , Visualization

Research Areas

 
  • Mechanical engineering / Fluid engineering / Computational Fluid Dynamics
  • Mathematics / Foundations of mathematics/Applied mathematics / Foundations of mathematics/Applied mathematics

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Mar 2004
'Research Assistant (Full-Time), College of Science and Technology, Nihon University'
 
Apr 2004
 - 
Mar 2012
'Lecturer (Full-Time), College of Science and Technology, Nihon University'
 
Apr 2012
   
 
日本大学理工学部 准教授
 

Education

 
 
 - 
1997
情報科学, Faculty of Science, Ochanomizu University
 
 
 - 
1999
複合領域科学, Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture, Ochanomizu University
 

Awards & Honors

 
Sep 2001
密度成層流中の旋風の数値シミュレーションとその可視化, 日経サイエンス可視化技術シンポジウム2001 Visual Science Festa入賞, 日経サイエンス社
 
Oct 1998
火災旋風をモデルとした数値計算とその可視化, 第4回日経サイエンスビジュアリゼーションコンテスト優秀賞(日経サイエンス賞), 日経サイエンス社
 

Published Papers

 
Simulation of a Complex Unsteady Flow of Sub- and Supercritical Fluid under Constant Pressure
Satoko Komurasaki
Proceedings of The 29th International Symposium on Transport Phenomena   ISTP29-186    Oct 2018   [Refereed]
高効率エネルギー変換のための次世代技術に関する準備研究
田辺光昭, 浅井朋彦, 飯島晃良, 木村元昭, 小紫誠子, 田中勝之, 中根昌克, 吉田幸司
日本大学理工学部理工学研究所 研究ジャーナル   138 34-46   Feb 2017   [Refereed]
Simulation of a Supercritical Water Flow Issuing from a Hydrothermal Vent in the Deep Sea
Satoko Komurasaki
Proceedings of The 14th Asia Congress of Fluid Mechanics   475-480   Oct 2013   [Refereed]
A Hydrothermal Convective Flow at Extremely High Temperature
Satoko Komurasaki
Proceedings of The Seventh International Conference on Computational Fluid Dynamics   ICCFD7-2012-3001 (online)   Jul 2012   [Refereed]
Simulation of a Convective Flow Forming a Pattern of the Human Brain
Satoko Komurasaki, Kunio Kuwahara
Journal of Visualization   11(3) 197-204   Jul 2008   [Refereed]

Misc

 
深海カルデラ内の熱水活動によって誘起される流れの数値解析
小紫誠子, 大西楢平, 茂田正哉, 福西祐
京都大学数理解析研究所講究録   1724 118-125   Jan 2011
揚力体におけるジェットによる循環制御のシミュレーション
桑原邦郎, 山本恵理子, 小紫誠子
京都大学数理解析研究所講究録   1539 149-156   Feb 2007
ソルトフィンガー型対流の数値シミュレーション
小紫誠子, 桑原邦郎, 河村哲也
京都大学数理解析研究所講究録   1539 70-78   Feb 2007
Formation of a Tornado and Its Breakdown
小紫 誠子, 河村 哲也, 桑原 邦郎
京都大学数理解析研究所講究録   1121 120-128   Jan 2000
回転する高温熱源による熱対流における渦崩壊
小紫 誠子, 河村 哲也, 桑原 邦郎
京都大学数理解析研究所講究録   1081 180-191   Feb 1999

Books etc

 
環境流体シミュレーション
河村 哲也, 菅 牧子, 桑原 邦郎, 小紫 誠子 (Part:Joint Work)
朝倉書店   Nov 2001   
流体計算と差分法
桑原邦郎, 河村哲也, 小紫誠子, 大井田淳一 (Part:Joint Work)
朝倉書店   Mar 2005   
風の事典
編集:真木太一・新野宏・野村卓史・林陽生・山川修治青木正敏 他多数と共著 (Part:Joint Work, 170)
丸善出版   Nov 2011   ISBN:978-4-621-08404-5

Conference Activities & Talks

 
Simulation of a Lava Flow with Viscosity Varying by Temperature
曽根宏幸,小紫誠子
第33回数値流体力学シンポジウム   27 Nov 2019   日本流体力学会
温度低下とともに粘度が上昇する溶岩流の流れを,簡易的なモデルを用いた数値シミュレーションによって捉え,溶岩が形成する地形を再現する.
Influence of Initial Conditions on Topography Generated by Water Flow Erosion
菅原拓音,小紫誠子
第33回数値流体力学シンポジウム   27 Nov 2019   日本流体力学会
初期に与える起伏パターンや流れる水の量が,水の浸食の結果形成される地形パターンにどのような影響を与えるのか,数値シミュレーションによって解析する.
Simulation of Water Flow Erosion with Various Distributions of Local Resistances
百々知史, 小紫誠子,河村哲也
第33回数値流体力学シンポジウム   27 Nov 2019   日本流体力学会
流水の浸食により形成される地形において,土壌の耐食性の空間分布パターンが,地形形状に与える影響を数値シミュレーションを用いて解析する.土壌耐食性の空間分布や浸食方法について数ケースを比較検討する.
一般セッション座長
小紫誠子
日本流体力学会年会2019   14 Sep 2019   日本流体力学会
流水の浸食による斜面上の凹凸パターンの発達
百々知史,小紫誠子
日本流体力学会年会2019   14 Sep 2019   日本流体力学会

Association Memberships

 
The Visualization Society of Japan , American Institute of Aeronautics & Astronautics , American Physical Society , Japan Society of Fluid Mechanics

Research Grants & Projects

 
海底熱水系の超臨界流体モデルによる数値解析
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017
深海の熱水噴出を例とした超臨界水の流れのダイナミクス
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013
ソルトフィンガー型対流と均一密度層形成の数値シミュレーション
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009
熱対流の数値シミュレーションによる脳の形成のモデル化
日本大学: 日本大学学術研究助成金・一般研究(個人)
Project Year: Apr 2006 - Mar 2007
密度成層を考慮した火災施風の数値シミュレーション
Project Year: Apr 2001 - Mar 2003