日本の女性研究者

化学

研究者リスト >> 江口 美佳
 

江口 美佳

 
アバター
研究者氏名江口 美佳
 
エグチ ミカ
所属茨城大学
部署理工学研究科(工学野)物質科学工学領域
職名教授
学位工学博士(慶應義塾大学)
その他の所属茨城大学
科研費研究者番号40302327

プロフィール

(研究経歴)
層状バナジウム酸化物への電気化学的リチウム挿入反応
銅・バナジウム複合酸化物のリチウム挿入反応に関する研究
ナトリウム・バナジウム複合酸化物へのリチウム挿入挙動
ネイルエナメルにおける顔料の微粒子化および粘度コントロール
3価クロムめっき浴からのクロム電析
燃料電池に関する研究
バイオセンサに関する研究

研究分野

 
  • 基礎化学 / 物理化学 / 工業物理化学
  • 材料化学 / デバイス関連化学 / 機能材料・デバイス

経歴

 
1991年4月
 - 
1992年3月
花王株式会社 東京研究所 研究員
 
1995年4月
 - 
1995年10月
慶應義塾大学 理工学部 非常勤講師
 
1995年10月
 - 
1998年3月
新技術開発事業団 特別研究員 (派遣先:金属材料技術研究所)
 
1998年4月
 - 
2005年6月
茨城大学 工学部 物質工学科 助手
 
2005年7月
   
 
茨城大学 工学部 物質工学科 講師
 

学歴

 
 
 - 
1995年
慶應義塾大学 理工学研究科 応用化学専攻
 

委員歴

 
2011年3月
 - 
2013年2月
日本化学会  関東支部幹事
 

受賞

 
2006年3月
表面技術協会 第12回学術奨励講演賞
 

論文

 
Preparation of catalyst for polymer electrolyte fuel cell using the Marimo-like carbon
Koki Baba, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando, Mika Eguchi
Transactions of the Materials Research Society of Japan   42(2) 51-56   2017年4月   [査読有り]
We have investigated the influence of the concentrations of both the chloroplatinic acid and sodium borohydride solution on the formation of the Pt nanoparticles in this study.A lower chloroplatinic acid concentration and higher sodium borohydride...
Gas-leak-induced pinhole formation at polymer electrolyte membrane fuel cell electrode edges
Hiroyuki Gunji, Mika Eguchi, Fumiaki Sekine, Yasuyuki Tsutsumi
International Journal of Hydrogen Energy   42(1) 562-574   2017年1月   [査読有り]
Pinhole formation in the membrane is a polymer electrolyte membrane fuel cell (PEMFC) failure mode typically due to mechanical causes. This study reports the discovery of thermal pinhole formation caused by a gas leak.
The study was prompted...
Durable Marimo-like carbon support for Platinum nanoparticle catalyst in polymer electrolyte fuel cell
Koki BABA, Mikka NISHITANI-GAMO, Toshihiro ANDO, Mika EGUCHI
Electrochimica Acta   213 447-451   2016年7月   [査読有り]
This study deals with the electrochemical stability of carbon-based catalyst supports as the cathode material of a polymer electrolyte fuel cell (PEFC). The platinum catalyst on the carbon black supports (Pt/CB) was investigated for use in the PE...
TiO2/Marimo carbon composite for lithium secondary batteries
Kenta Iwasawa, Koki Baba, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando, Mika Eguchi
Solid State Ionics      2015年
Carbon materials are generally used as a conductive electrode material for lithium-ion batteries to improve the conductivity of the active material. The electrodes of lithium-ion batteries consist of mixtures of an active material and conductive ...
マリモ状カーボン繊維を利用した物質拡散性に優れる燃料電池用触媒の開発
馬場恒生,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩
エフシー開発技術誌   26-30   2015年11月

Misc

 
Development of the PEFC electrode using a novel carbon nanomaterial
Koki Baba, Mika Eguchi, Yoshio Kobayashi, Maya Kobori, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando
The 19th International Conference on Solid State Ionics   Mon-D-067   2013年6月
Polymer electrolyte fuel cells (PEFCs) can convert
chemical energy to electric energy with high efficiency.
Carbon supported Pt catalyst (Pt/C) was used as the fine
powder metal catalyst. Amorphous carbon was used as
the carbon support...
Proposal of method of measuring flow rate distribution of PEFC stack No.29
F. Sekine, M. Eguchi, Y. Kobayashi, Y. Tsutsumi
2nd International Fuel Cell Summer Seminar2011   p.111   2011年8月
重水素燃料電池
堤 泰行,江口美佳,小泉 智
燃料電池   10(2) pp.73-76   2010年10月
Visualization of defects on flat surfaces by the laser sheet
Katsuhiro Uno, Tsukasa Yamaaki, Mika Eguchi and Isao Shimizu
8th Japan-Finland Joint Symposium on Optics in Engineering   6E 57-58   2009年9月   [依頼有り]
シート状にしたレーザーを平面試料に斜めから照射し,表面の広範囲の凹凸を一度に計測する手法と,表面の欠陥部分のみを光学的に抽出する手法について,その有効性を実験的に確認した。
水素限界電流を利用したPEFCスタックのセル間流量分布計測
堤 泰行,関根史明,江口美佳,小林芳男
燃料電池   9(2) pp.68-71   2009年9月

書籍等出版物

 
Fuel Cell Efficiency, A new nondestructive method for measuring flow rate distribution between cells by electrochemical techniques in an actual polymer electrolyte fuel cell stack
Mika Eguchi, Fumihiko Sekinea, Yoshio Kobayashi, Yasuyuki Tsutsumi (担当:共著)
Nova Science Publishers, Inc.   2012年2月   ISBN:978-1-61209-619-3

講演・口頭発表等

 
Charge-Discharge characteristics of the Li<SUB>4</SUB>Ti<SUB>5</SUB>O<SUB>12</SUB>/Marimo-like carbon composite
長谷川 康太,岩澤 健太,蒲生西谷美香,安藤寿浩,江口美佳
第28回日本MRS年次大会   2018年12月18日   日本MRS
We developed a novel carbon fibrous material, Marimo-like carbon(MC) and applied it as a lithium secondary battery material. The MC was composed of a high density of carbon nanofilaments(CNFs) 1). The CNFs of MC had a kind of cup stacking type str...
Durability of the Pt/Marimo-like carbon catalyst on the PEFC performance
桂 佑依,蒲生西谷美香,安藤寿浩,江口美佳
第28回日本MRS年次大会   2018年12月18日   日本MRS
We studied the Marimo-like carbon (MC) to apply as a catalyst support for polymer electrolyte fuel cell (PEFC). The MC consisted of carbon nano-filaments and have a space volume of several hundred nanometers. The diffusion of fuel gas and product ...
Li<SUB>4</SUB>Ti<SUB>5</SUB>O<SUB>12</SUB>/マリモカーボン複合体を用いたリチウムイオン電池用負極の電池性能, IBK-18-021
長谷川 康太,岩澤 健太,蒲生西谷 美香,安藤 寿浩,江口 美佳
平成30年度 電気学会東京支部茨城支所研究発表会   2018年11月17日   
リチウムイオン電池の電極では,導電性を向上させるために導電助剤を添加する。本研究では,導電助剤としてマリモカーボン(MC)を用いた。MCは酸化ダイヤモンドを核として,放射状に成長した炭素繊維が絡み合った球状構造を持つ新規炭素材料である。このMCを用いることで良好な分散状態を形成することが期待できる。本研究では,Li4Ti5O12を用いてLi4Ti5O12/MC複合体を合成し,電池性能を検討した。
低加湿条件における固体高分子形燃料電池の発電性能, IBK-18-020
桂 佑依,小田倉 圭祐,蒲生西谷 美香,安藤 寿浩,江口 美佳
平成30年度 電気学会東京支部茨城支所研究発表会   2018年11月17日   
固体高分子形燃料電池(PEFC)の課題として,発電性能の向上や低コスト化が挙げられる。これらの課題を解決するため,本研究では,PEFC触媒担体としてのマリモカーボンの適用と運転条件における低加湿での発電性能について検討した。マリモカーボンは,グラファイトが積層した炭素繊維から成り,数百nmの空隙が存在する。この構造から,マリモカーボンを用いたPEFCでは,燃料ガスと生成水の高い拡散性が期待できる。
固体高分子形燃料電池用カソード触媒の反応解析, IBK-18-018
小澤 航,蒲生西谷 美香,安藤 寿浩,江口 美佳
平成30年度 電気学会東京支部茨城支所研究発表会   2018年11月17日   
固体高分子形燃料電池(PEFC)のカソードでは,酸素還元反応(ORR)が起こる。ORR測定を行うことにより,4電子反応と2電子反応が同時に測定され,2つの反応の割合を計算することができる。ORR測定には,測定の精度に問題があることが報告されている。これを改善するために本研究では,過酸化水素の還元を直接測定する過酸化水素還元反応(HPRR)測定を行い,ORR測定結果と組み合わせて解析を行った。得られた解析結果を3種類の触媒で比較した。

所属学協会

 
電気化学会 , 表面技術協会 , The Electrochemical Society , 日本化学会

特許

 
2016-121868 : 触媒シートの製造方法,及び空気極の製造方法
阿部英俊,小出彩乃,柳下浩平,松山龍次,鵜野美佳
本発明の目的は,マンガン触媒を用いた構成で電子の移動をスムーズにすることで分極特性を改善し,且つ安価な触媒シート及び空気極を製造し,提供することにある。電池の電極に用いられる触媒シートの製造方法において,導電材と有機物バインダとを水及びマンガン触媒前駆体の溶液中で混練した後,成形乾燥してシート部材を作成し,前記シート部材を,大気中で触媒が得られる温度で熱処理し,触媒シートを形成することを特徴とする。
2016-121869 : 触媒シートの製造方法,及び空気極の製造方法
阿部英俊,小出彩乃,松山龍次,柳下浩平,鵜野美佳
本発明の目的は,マンガン触媒を用いた構成で電子移動を円滑化可能とし,分極特性を改善し,且つ安価な触媒シート及び空気極を製造し,提供することにある。電池の電極に用いられる触媒シートの製造方法において,導電材と有機物バインダと水を混練した後,成形乾燥してシート部材を作成し,前記シート部材に,マンガン触媒前駆体の溶液を含浸,乾燥,及び熱処理する一連の工程を,一回又は複数回行って目的の触媒量を担持した触媒シートを得ることを特徴とする。
2016-121870 : 触媒シート,及び空気極
柳下浩平,阿部英俊,松山龍次,小出彩乃,鵜野美佳
マンガン系触媒を用いた空気極には,γ型の二酸化マンガン,及びα型の二酸化マンガンを含有し,これら二酸化マンガンの合計重量に対するα型の二酸化マンガンの割合を10重量%以下にしたものがある。そこで、 本発明の目的は、 触媒に二酸化マンガンを用いた構成で電池性能の向上を図り易くすることにある。上記目的を達成するために、 本発明は、 電池の電極に用いられ、 導電材と楼水性を有する材料と二酸化マンガンとを含有する触媒シー トにおいて、 前記二酸化マンガンは、 結晶構造が異なる2種類以上の二酸化マン...
2011-175873 : 燃料電池,燃料電池システムおよび発電方法
小泉 智,山口大輔,プトラ・アナンダ,江口美佳,堤 泰行,鈴木裕也
2004-10445 : Li-V酸化物の製造方法