日本の女性研究者

数物系科学

研究者リスト >> 中川 書子
 

中川 書子

 
アバター
研究者氏名中川 書子
 
ナカガワ フミコ
eメールf.nakagawanagoya-u.jp
URLhttp://biogeochem.has.env.nagoya-u.ac.jp
所属名古屋大学
部署大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 物質循環科学
職名准教授
学位博士(理学)(東京工業大学)
科研費研究者番号70360899

研究キーワード

 
生物地球化学 , 同位体地球化学 , 環境化学 , 水環境 , 大気環境 , 物質循環

研究分野

 
  • 環境学 / 環境動態解析 / 
  • 地球惑星科学 / 地球宇宙化学 / 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本地球化学会  理事
 
2017年
 - 
現在
愛知県環境審議会  専門委員
 
2016年
 - 
2018年
日本地球惑星科学連合  大会プログラム委員
 

受賞

 
2004年12月
地球化学研究協会 奨励賞 「大気水圏における微量気体成分の同位体化学」
 

論文

 
Nakagawa Fumiko, Tsunogai Urumu, Obata Yusuke, Ando Kenta, Yamashita Naoyuki, Saito Tatsuyoshi, Uchiyama Shigeki, Morohashi Masayuki, Sase Hiroyuki
BIOGEOSCIENCES   15(22) 7025-7042   2018年11月
Nelson David M., Tsunogai Urumu, Ding Dong, Ohyama Takuya, Komatsu Daisuke D., Nakagawa Fumiko, Noguchi Izumi, Yamaguchi Takashi
ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18(9) 6381-6392   2018年5月
Tsunogai Urumu, Miyauchi Takanori, Ohyama Takuya, Komatsu Daisuke D., Ito Masanori, Nakagawa Fumiko
LIMNOLOGY AND OCEANOGRAPHY   63 S458-S476   2018年3月
Tracing the origin and fate of atmospheric nitrate by using stable isotopes.
Tsunogai, U., and F. Nakagawa
Earozoru Kenkyu   31(1) 5-14   2016年   [査読有り]
Accurate and precise quantification of atmospheric nitrate in streams draining land of various uses by using triple oxygen isotopes as tracers.
Tsunogai, U., T. Miyauchi, T. Ohyama, D.D. Komatsu, F. Nakagawa, Y. Obata, K. Sato, and T. Ohizumi
Biogeosciences   13 3441-3459   2016年   [査読有り]
Remote determinations on fumarole outlet temperatures in an eruptive volcano
Tsunogai, U., L. Cheng, M. Ito, D. D. Komatsu, F. Nakagawa, and H. Shinoara
Geophysical Research Letters   43(22) 11620-11627   2016年   [査読有り]
Quantifying the effects of clear-cutting and strip-cutting on nitrate dynamics in a forested watershed using triple oxygen isotopes as tracers.
Tsunogai, U., Komatsu, D. D., Ohyama, T., Suzuki, A., Nakagawa, F., Noguchi, I., Takagi, K., Nomura, M., Fukuzawa, K., and Shibata, H.
Biogeosciences   11 5411–5424   2014年   [査読有り]
Isotopes in Environmental Sciences No. 3, Applying stable isotopes for studying behavior of trace components.
Tsunogai, U. and F. Nakagawa
J. Jpn. Soc. Atmos. Environ.,   49(5) A63-A72   2014年   [査読有り]
Remote temperature sensing on volcanic fumaroles using HIReTS: Applications to Satsuma-Iwojima volcano, Japan.
Tsunogai, U., D.D. Komatsu, and F. Nakagawa
Bulltein of the Volcanological Society of Japan   58(3) 443-459   2013年   [査読有り]
Tracing atmospheric nitrate in groundwater using triple oxygen isotopes: Evaluation based on bottled drinking water.
Nakagawa, F., A. Suzuki, S. Daita, T. Ohyama, D.D. Komatsu and U. Tsunogai
Biogeosciences   10 3547-3558   2013年   [査読有り]
Variation in stable carbon and oxygen isotopes of individual benthic foraminifera: tracers for quantifying the magnitude of isotopic disequilibrium.
Ishimura, T., U. Tsunogai, S. Hasegawa, F. Nakagawa, T. Oi, H. Kitazato, H. Suga, and T. Toyofuku
Biogeosciences   9 4353-4367   2012年   [査読有り]
Coseimic massive methane release from a submarine mud volcano
Tsunogai, U., K. Maegawa, S. Sato, D.D. Komatsu, F. Nakagawa, T. Toki, and J. Ashi
Earth Planet. Sci. Lett.   341-344 79-85   2012年   [査読有り]
Kawagucci, S., Y.T. Yoshida, T. Noguchi, M.C. Honda, H. Uchida, H. Ishibashi, F. Nakagawa, U. Tsunogai, K. Okamura, Y. Takaki, T. Nunoura, J. Miyazaki, W. Lin, H. Kitazato, and K. Takai
Scientific Reports   2 270   2012年   [査読有り]
Quantifying nitrate dynamics in an oligotrophic lake using Δ17O.
Tsunogai, U., S. Daita, D.D. Komatsu, F. Nakagawa, and A. Tanaka
Biogeosciences   8 687-702   2011年   [査読有り]
Stable hydrogen isotopic analysis of nanomolar molecular hydrogen by automatic multi-step gas chromatographic separation.
Komatsu, D.D., U. Tsunogai, K. Kamimura, U. Konno, T. Ishimura, and F. Nakagawa
Rapid Commun. Mass Spectrom.   25 3351-3359   2011年   [査読有り]
Hydrogen isotopes in volcanic plumes: Tracers for remote temperature sensing of fumaroles.
Tsunogai, U., K. Kamimura, S. Anzai, F. Nakagawa, and D.D. Komatsu
Geochimica et Cosmochimica Acta   75 4531-4546   2011年   [査読有り]
Geophysical and geochemical evidence of large scale fluid flow within shallow sediments in the eastern Gulf of Mexico, offshore Louisiana.
Gay, A., Y. Takano, K.W.P. Gilhooly III, C. Berndt, Heeschen, N. Suzuki, S. Saegusa, F. Nakagawa, U. Tsunogai, S.Y. Jiang, M. Lopez
Geofluids   11 34-47   2011年   [査読有り]
三酸素同位体組成を指標に用いた大気沈着窒素-森林生態系間相互作用の定量的評価法
角皆潤・小松大祐・代田里子・中川書子・野口泉・張勁
低温科学   68 107-120   2010年
Origin and fate of deep-sea seeping methane bubbles at Kuroshima knoll, Ryukyu forearc region, Japan.
Tsunogai, U., A. Kosaka, N. Nakayama, D.D. Komatsu, U. Konno, S. Kameyama, F. Nakagawa, H. Sumino, K. Nagao, K. Fujikura, and H. Machiyama
Geochemical Journal   44 477-487   2010年   [査読有り]
Enrichment of nitrous oxide in a water column in the Bering and Chukchi Sea area.
Hirota, A., A. Ijiri, D.D. Komatsu, S.B. Ohkubo, F. Nakagawa, and U. Tsunogai
Mar. Chem   116 47-53   2010年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Influence of urbanization on the sources of atmospheric nitrate; Evidence from the triple oxygen isotopes of nitrate in dry and wet deposition
Fumiko Nakagawa, Dong Ding, Urumu Tsunogai, Takuya Ohyama, Daisuke D. Komatsu, Izumi Noguchi, Takashi Yamaguchi, and David M Nelson
iCACGP-IGAC2018   2018年9月25日   
硝酸の三酸素同位体異常を指標に用いた水―堆積物インターフェースにおける脱窒速度定量
佐野陽子, 角皆潤, 池上文香, 中川書子
2018年度日本地球化学会第65回年会   2018年9月11日   
河床堆積物に対する硝酸の添加培養に基づく河川環境下における硝化速度定量
山本雄大, 角皆潤, 池上文香, 中川書子
2018年度日本地球化学会第65回年会   2018年9月11日   
自然同位体組成を指標に用いた植物中の硝酸同化過程解析
中川書子, 小幡祐介, 伊藤昌稚, 角皆潤
2018年度日本地球化学会第65回年会   2018年9月11日   
大気硝酸の存在量を指標に用いた河川環境における窒素循環速度定量
中川書子, 池上文香, 小幡裕介, 安藤健太, 角皆潤
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   
亜熱帯表層海水中の硝酸の三酸素同位体組成定量への挑戦
彭魏慶, 松本佳海, 鋤柄千穂, 伊藤昌稚, 中川書子, 角皆潤
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   
富士山湧水系はなぜ酸素に富んでいるのか?地下水溶存酸素の酸素同位体組成
角皆 潤, 柏木 章吾, 佐久間 博基, 伊藤 昌稚, 中川 書子, 加藤 憲二
2017年度質量分析学会同位体比部会   2017年11月8日   
硝酸の三酸素同位体異常を利用した河川水中の窒素循環速度測定
池上 文香, 角皆 潤, 小幡 祐介, 安藤 健太, 中川 書子
2017年度質量分析学会同位体比部会   2017年11月8日   
同位体をトレーサーに用いた貧酸素水塊の酸素消費速度実測
柏木 章吾, 角皆 潤, 伊藤 昌稚, 鋤柄 千穂, 中川 書子
2017年度質量分析学会同位体比部会   2017年11月8日   
対流圏オゾンの三酸素同位体異常実測
李 一君, 角皆 潤, 中川 書子, 中根 令以, 佐藤 啓市, 谷本 浩志
2017年度質量分析学会同位体比部会   2017年11月8日   
自然界の三酸素同位体異常を指標に用いた河川・湖沼の窒素循環定量化 [招待有り]
角皆 潤, 中川 書子
第31回東海陸水談話会   2017年10月30日   
対流圏オゾンの三酸素安定同位体組成定量
李 一君, 中川 書子, 角皆 潤, 谷本浩志, 佐藤啓市
第23回大気化学討論会   2017年10月2日   
都市大気中HONOの同位体組成の時間変化
丁 懂, 中川 書子, 角皆 潤, 野口 泉, 山口 高志
第23回大気化学討論会   2017年10月2日   
大気から森林生態系に沈着したHNO3の直接流出率定量化
角皆 潤, 小幡祐介, 大山拓也, 中川書子, 山下尚之, 齋藤辰善, 佐瀨裕之
第23回大気化学討論会   2017年10月2日   
火山性流体中の水同位体組成に発見された負の三酸素同位体異常とその原因
倉 和臣, 角皆 潤, 中川 書子, 大場 武, 篠原 宏志
日本火山学会2017年度秋季大会   2017年9月21日   
火山噴煙中の二酸化炭素のδ18O・水素分子のδD測定による噴気温度および火山ガス由来の水のδD・δ18O推定の試み
大野 鷹士, 森 俊哉, 鋤柄 千穂, 中川 書子, 角皆 潤, 篠原 宏志, 森田 雅明
日本火山学会2017年度秋季大会   2017年9月21日   
海洋学における軽元素安定同位体地球化学の新展開 [招待有り]
角皆 潤, 伊藤 昌稚, 鋤柄 千穂, 小松 大祐, 中川 書子
日本地球化学会第64回年会   2017年9月13日   
炭素および水素の安定同位体比を指標に用いた酸化的水圏環境下における過飽和メタンの起源および挙動解明
三好 友子, 角皆 潤, 中川 書子, 鋤柄 千穂, 伊藤 昌稚, 松下 俊之, 小松 大祐
日本地球化学会第64回年会   2017年9月13日   
溶存酸素の三酸素同位体組成を指標に用いた琵琶湖水中の鉛直輸送解析
伊藤 昌稚, 角皆 潤, 中川 書子, 鋤柄 千穂
日本地球化学会第64回年会   2017年9月13日   
酸素の微量同位体トレーサーを用いた水柱中の酸素消費速度定量法開発
柏木 章吾, 角皆 潤, 伊藤 昌稚, 鋤柄 千穂, 中川 書子
日本地球化学会第64回年会   2017年9月13日   

社会貢献活動

 
名大 MIRAI GSC Global Science Campus
【講師, 情報提供, 企画, 実演】  2017年7月 - 2018年9月
女子中高生理系進学推進セミナー
【講師】  2015年8月

競争的資金等の研究課題

 
同位体分別を補正した次世代型同位体トレーサー法に基づく脱窒速度定量
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 現在
硝酸の三酸素同位体異常を利用した非培養型の窒素循環速度定量法確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 現在
微粒子陸水工学の確立と環境生物化学への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 梅田 信
陸水の三酸素同位体比の時空間変動:新指標で切り拓く新しい水循環像
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
同位体を指標に用いた大気中ガス状亜硝酸の起源推定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月

経歴

 
2001年4月
 - 
2002年3月
科学技術振興事業団研究員(東京工業大学大学院総合理工学研究科)
 
2002年4月
 - 
2003年3月
日本学術振興事業団特別研究員(北海道大学大学院理学研究科)
 
2003年4月
 - 
2006年3月
北海道大学大学院理学研究科 助手
 
2006年4月
 - 
2007年3月
北海道大学大学院理学研究院 助手
 
2007年4月
 - 
2014年4月
北海道大学大学院理学研究院 助教
 

担当経験のある科目

 
  • 地球科学基礎Ⅰ (名古屋大学)
  • 地球環境学 (名古屋大学)
  • 地球惑星科学セミナーⅠ (名古屋大学)
  • フィールドセミナーⅡ (名古屋大学)
  • 物質循環科学 (名古屋大学)
  • 生物地球化学 (名古屋大学)
  • 地球環境科学特別講義 (神戸大学)
  • 基礎地学 (中部大学)
  • 地球惑星科学Ⅰ (北海道大学)
  • 自然科学実験 (北海道大学)
  • 現代地球惑星科学概論Ⅰ (北海道大学)
  • 基礎自然科学実験 (北海道大学)
  • 地球惑星科学セミナー (北海道大学)
  • 地球惑星基礎化学演習 (北海道大学)
  • 地球惑星科学実習 (北海道大学)
  • 地球惑星科学実験Ⅲ (北海道大学)
  • 新自然史科学Ⅱ (北海道大学)

学歴

 
1994年4月
 - 
1996年3月
名古屋大学 理学研究科 大気水圏科学専攻
 
1998年4月
 - 
2001年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 環境理工学創造専攻
 

所属学協会

 
日本地球化学会 , 日本海洋学会 , 大気化学研究会 , 生物地球化学研究会 , American Geophysical Union