日本の女性研究者

実験動物学

研究者リスト >> 内尾こずえ
 

内尾こずえ

 
アバター
研究者氏名内尾こずえ
 
ウチオ コズエ
通称等の別名山田-内尾こずえ(Kozue UCHIO-YAMADA)
URLhttp://animal.nibiohn.go.jp/
所属国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
部署疾患モデル小動物研究室
職名主任研究員
学位農学博士(京都大学)

研究キーワード

 
腎臓 , 疾患モデル , 実験動物学 , 腎疾患

研究分野

 
  • 基礎生物学 / 形態・構造 / 腎
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 疾患モデル

経歴

 
2011年1月
 - 
現在
(国)医薬基盤・健康・栄養研究所 疾患モデル小動物 主任研究員
 
2005年4月
 - 
2010年12月
(国)医薬基盤・健康・栄養研究所 疾患モデル小動物研究室 研究員
 
2003年10月
 - 
2005年3月
国立感染症研究所 獣医科学部 研究員
 
2003年4月
 - 
2003年9月
京都府立医科大学 解剖学教室生体機能形態科学 プロジェクト研究員
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
京都大学大学院 農学研究科博士課程 応用生物科学専攻
 
1998年4月
 - 
2000年3月
京都大学大学院 農学研究科修士課程 応用生物科学専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
京都大学 農学部 畜産学科
 

論文

 
C1r/C1s deficiency is insufficient to induce murine systemic lupus erythematosus.
Uchio-Yamada K., Tanaka M., Manabe N.
Genes and Immunity      2018年3月   [査読有り]
Essential role of CARD14 in murine experimental psoriasis.
Tanaka M, Kobiyama K, Honda T, Uchio-Yamada K, Natsume-Kitatani Y, Mizuguchi K, Kabashima K, Ishii KJ.
Journal of Immunology   200 71-81   2018年1月   [査読有り]
変形性関節症および関節リウマチ患者由来ヒト滑膜細胞の軟骨分化能
大西-笠松礼、小阪拓男、佐藤元信、山田-内尾こずえ、吉田東歩、小原有弘
Tissue Culture Research Communications   36 1-11   2017年1月   [査読有り]
Incorrect strain information for mouse cell lines; sequential influence of misidentification on sublines.
Uchio-Yamada K, Kasai F, Ozawa M, Kohara A
In Vitro Cell Dev Biol Anim   53(3) 225-230   2017年   [査読有り]
Tensin2-deficient mice on FVB/N background develop severe glomerular disease.
Uchio-Yamada K., Monobe Y., Akagi K., Yamamoto Y., Ogura A., Manabe N.
J Vet Med Sci.   78(5) 811-818   2016年5月   [査読有り]
Parametric analysis of colony morphology of non-labelled live human pluripotent stem cells for cell quality control.
Kato R, Matsumoto M, Sasaki H, Joto R, Okada M, Ikeda Y, Kanie K, Suga M, Kinehara M, Yanagihara K, Liu Y, Uchio-Yamada K, Fukuda T, Kii H, Uozumi T, Honda H, Kiyota Y, Furue MK.
Sci Rep.   6 34009   2016年   [査読有り]
Zygosity determination in hairless mice by PCR based on Hr(hr) gene analysis.
Suzuki O, Koura M, Noguchi Y, Uchio-Yamada K, Matsuda J.
Exp Anim.   62(3) 267-273   2013年3月   [査読有り]
Gene Expression Analysis Detected Low Expression Level of C1s Gene in ICR-derived Glomerulonephritis (ICGN) Mice.
Tamura K., Uchio-Yamada K., Manabe N. Noto T., Hirota R., Unami A., Matsumoto M., Miyamae Y.
Nephron Exp Nephrol.   123 34-45   2013年   [査読有り]
Tenc1 Deficient Mice Develop Glomerular Disease in a Strain-Specific Manner.
Uchio-Yamada K., Sawada K., Tamura K., Katayama S., Monobe Y., Yamamoto Y., Ogura A., Manabe N.
Nephron Exp Nephrol.   123 22-33   2013年   [査読有り]
ICRマウスの遺伝子資源としての有用性
山本美江、山田-内尾こずえ、高野薫、小倉淳郎、浅野敏彦、中川雅郎
Proceedings of Okayama Association for Laboratory Animal Science   28 59-62   2012年   [査読有り]

所属学協会

 
日本繁殖生物学会 , 日本腎臓学会 , 日本実験動物学会 , 日本獣医学会

競争的資金等の研究課題

 
アルツハイマー病に対する生体恒常性維持機構の解明と糖尿病によるその破綻
日本学術振興会: 文科科研費基盤B
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 里直行
腎疾患高感受性C57BL/6マウス系統の開発
日本学術振興会: 文科科研費若手B
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 内尾こずえ
創薬・疾患研究のための細胞・組織コレクション供給体制確立に関する研究
厚生労働省: 創薬基盤推進研究事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 小原有弘
新規腎臓病モデルマウスの開発
日本学術振興会: 文科科研費若手B
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 内尾こずえ
糖尿病とアルツハイマー病の相互病態修飾におけるインスリン・シグナルの役割
日本学術振興会: 文科科研費基盤B
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 里直行