日本の女性研究者

地域研究

研究者リスト >> 大谷 順子
 

大谷 順子

 
アバター
研究者氏名大谷 順子
 
オオタニ ジュンコ
所属大阪大学
部署人間科学研究科 人間科学専攻
職名教授
学位Ph.D., Master of Science in Population Science (MS), Master of Public Health (MPH)
その他の所属大阪大学, 大阪大学, 大阪大学

研究キーワード

 
国際保健・人口学 , 社会開発 , 社会学 , 健康政策 , 社会調査研究方法 , 中国 , 中央アジア

研究分野

 
  • 地域研究 / 地域研究 / 
  • 社会学 / 社会学 / 
  • 社会医学 / 公衆衛生学・健康科学 / 

経歴

 
2005年
 - 
2010年
:  九州大学アジア総合政策センター 協力教員(兼任)  
 

論文

 
「アジアにおける国際間売買春旅行とエイズ」
大谷順子
『国際協力研究』      1996年10月   [査読有り]
International Sex Tourism in Asia and Vulnerability to HIV/AIDS
Junko Otani
Technology and Development      1998年1月   [査読有り]
Healthy Living for Urban Ageing Society; Case of Kobe
Junko Otani
The World Federation of Public Health Associations’ 9th International Congress, Beijing, China      2000年9月   [査読有り]
Older people’s experiences after the Kobe Earthquake in Japan; Application of QSR NVivo in a non-English context
Junko Otani
Strategies in qualitative research: issues and results from analysis using QSR NVivo and NUD*IST, London Institute of Education, UK      2000年9月   [査読有り]
Gendered Dynamics of Community Care Development: The Kobe experience
Junko Otani
Journal of Asian Women's Studies      2000年12月   [査読有り]

Misc

 
'Elderly survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Japan:NVivo application to Japanese field research' In: Methods in Practice, Lyn Richards (ed)
Sage: London      2009年
'Intergenerational contracts and rapidly ageing populations in Japan' In: Ageing and Health: A Global Challenge for the 21st Century
World Health Organization (WHO)   382-389    1999年
'Natural disaster as a social issue: Comparative review of the 1995 Great Hanshin Earthquake of Kobe-Osaka, Japan, the 1995 Heat Wave of Chicago, USA, and other disasters with referencesd to Tsunami and Hurricane' In: Development and Social Policy
Kyushu University      2006年
Book Review: "War in the Blood; Sex, Politics and AIDS’ by Chris Beyrer
Junko Otani
Health Policy and Planning(Oxford University Press)   13(4) 465-468   1998年
Combining Gender and Economic Analysis - Book Review: ‘Engendering Development’ The World Bank Policy Research Report on Gender and Development, 2000, Oxford University Press
Journal of Asian Women's Studies   9 126-127   2000年

書籍等出版物

 
『事例研究の革新的方法―阪神大震災被災高齢者の五年と高齢化社会の未来像―』(単著)
大谷順子
九州大学出版会   2006年11月   ISBN:4-87378-922-2
『国際保健政策からみた中国―政策実施の現場から』九大アジア叢書8巻 (単著)
大谷順子
九州大学出版会   2007年5月   ISBN:978-4-87378-942-2
『質的データの取り扱い』
大谷順子,大杉卓三 (担当:共訳)
北大路書房   2009年7月   ISBN:978-4-7628-2683-2
《災難後的重生―阪神大震災對高齡化社會的衝撃―》(中文版・単著)
原著・中文版監修:大谷順子,翻訳:徐涛
南天書局有限公司(台湾)   2010年2月   ISBN:978-975-638-727-2
《通過国際衛生政策看中国》(中文版・単著)
大谷順子
中国世紀出版集団有限公司中国社科文献出版社(北京・香港)   2009年2月   ISBN:978-988-99744-0-4

講演・口頭発表等

 
"Gender difference in happiness and loneliness in old age" Research Committee 11: Sociology of Ageing,
XVI International Sociological Association (ISA) World Congress of Sociology: The Quality of Social Existence in a Globalised World 第16回国際社会学会総会:グローバル化の進む世界の社会的存在の質、南アフリカ共和国ダーバン,2006.07   2006年   
Mixed methods for an exploratory study looking at the earthquake elderly survivors
The 3rd Mixed Methods Conference, Cambridge, UK   2007年   
Kodokushi (dying alone) among the older survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Kobe
7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, Japan   2003年   
Community generation at the highly aged Post-1995 Kobe Earthquake communities in Japan: Model for Government and Non-Government cooperation
Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain   2002年   
Media focus on older people in the Post-Kobe Earthquake communities in Japan
Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain   2002年   

Works

 
現代中央アジア地域における社会開発に関する調査研究
2011年
現代中央アジア地域における社会開発に関する調査研究
2010年
三菱財団人文科学研究
2010年
現代中央アジア地域における社会開発に関する調査研究
2009年
研究成果公開促進費学術図書 "Older People in Natural Disasters"(English英文)出版
2009年

競争的資金等の研究課題

 
質的研究手法の研究-英語質的データ分析ソフトの日本とアジアコンテクストへの応用
科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2008年
九州大学教育研究プログラム・拠点形成プロジェクト(P&P) アジア総合研究
その他の研究制度
研究期間: 2006年 - 2008年
中国・中央アジアなどシルクロード地域における国際社会開発