日本の女性研究者

Engineering

Researcher List >> Keiko Udo
 

Keiko Udo

 
Avatar
NameKeiko Udo
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/4e7cf2e83dfdb01acbf074a0f1c0e4e2.html
AffiliationTohoku University
SectionInternational Research Institute of Disaster ScienceHazard and Risk Evaluation Research Division
Job titleAssociate Professor
Degree博士(工学)(University of Tsukuba)
Research funding number80371780

研究キーワード

 
remote sensing , climate change , beach erosion , aeolian sand , sediment transport

研究分野

 
  • Social infrastructure (civil Engineering, architecture, disaster prevention) / Hydroengineering / 

委員歴

 
Nov 2018
 - 
Today
仙台市水道局  水道事業基本計画検討委員会委員
 
Dec 2016
 - 
Today
国土交通省東北地方整備局 阿武隈川水系河川整備委員会  委員
 
Dec 2016
 - 
Today
国土交通省東北地方整備局 阿武隈川水系河川整備委員会  委員
 
Jun 2016
 - 
Today
土木学会 Coastal Engineering Journal  Editor
 
Jun 2016
 - 
Today
土木学会 Coastal Engineering Journal  Editor
 

受賞

 
Mar 2019
気候変動に伴う海面上昇による全国の砂浜消失将来予測とその不確実性評価, 日本海洋工学会JAMSTEC中西賞, 日本海洋工学会
 
Nov 2018
Projections of Future Beach Loss in Japan Due to Sea-Level Rise and Uncertainties in Projected Beach Loss, Coastal Engineering Journal Award (Annual best paper award), JSCE Coastal Engineering Committee
 
May 2015
第14回インテリジェント・コスモス奨励賞, 公益財団法人インテリジェント・コスモス学術振興財団
 
May 2008
漂砂―飛砂複合輸送による砂浜変形過程の解明, 建設工学奨励金, 財団法人建設工学研究振興会
 
Dec 2001
第56回土木学会年次学術講演会優秀講演者表彰, 土木学会
 

論文

 
Janaka Bamunawala, Roshanka Ranasinghe, Ad van der Spek, Shreedhar Maskey, Keiko Udo
Journal of Coastal Research   85 636-640   2018   [Refereed]
Sompratana Ritphring, Chatuphorn Somphong, Keiko Udo, So Kazama
Journal of Coastal Research   85 541-545   2018   [Refereed]
Tsukasa Kuribayashi, Keiko Udo
Journal of Coastal Research   85 301-305   2018   [Refereed]
Kaoru Tojo, Keiko Udo
Journal of Coastal Research   85 171-175   2018   [Refereed]

MISC

 
有働 恵子
混相流   33(1) 28-35   Mar 2019
菅原大助, 後藤和久, 有働恵子
土木学会東日本大震災報告書      2016
有働恵子
東日本大震災東北支部学術合同調査委員会報告書      2013

書籍等出版物

 
V. C. Hoang, H. Tanaka, Y. Mitobe, K. Udo, A. Mano (Part:共著, 6. The Yamamoto Coast Over Five Years; The Reconstruction of an Embankment with Tsunami-Induced Embayment, pp 387-403)
Springer International Publishing   2017   
Keiko Udo, Kaoru Tojo, Yuriko Takeda, Hitoshi Tanaka, Akira Mano (Part:共著, Chapter8: Characteristics of Shoreline Retreat Due to the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami and Its Recovery After Three Years, pp113-123)
Springer International Publishing   2016   ISBN:9783319285269
Kontar, Y, V. Santiago-Fandino, T. Takahashi (Part:共著, pp 225-236)
2014   
真野明, 有働恵子, 田中仁 (Part:共著, 第3部 第3章 津波による海岸堤防の破堤メカニズム――沿岸水路の加災・減災効果 154頁~164頁)
明石書店   2013   

所属学協会

 
Japan Society of Civil Engineers , JAPAN GEOSCIENCE UNION

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
Funded Research
Project Year: Apr 2010 - Today
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2003 - Today

社会貢献活動

 
[その他]  15 Mar 2007 - 16 Mar 2007
地域防災力の向上の一環として,地域の防災組織を育成指導する人材の育成を行う.
[その他]  7 Nov 2017
講演題目:”Past and future beach erosion in Japan”
[その他]  3 Jul 2017
講演題目:”Past and future beach erosion in Japan”
[企画]  富山テレビ みんなのニュースBBTチャンネル8  27 Jan 2017
[その他]  19 Nov 2016
日本における水害のこれまでとこれからに関する講演

その他

 
Apr 2017   直線状海岸砂丘上における風場特性に関する研究
直線状海岸砂丘上における風場特性に関する研究を行う
Nov 2016   砂浜消失リスクに関する総合的研究
高波,津波,気候変動等による砂浜消失リスクを総合的に評価する
Nov 2015   気候変動適応技術社会実装プログラム
気候変動に伴う日本全国の将来の砂浜消失予測を行いこれに対する適応策を立案する
Jul 2015   タイ国における統合的な気候変動適応戦略の共創推進に関する研究
気候変動に伴うタイ全土の将来の砂浜消失予測を行いこれに対する適応策を立案する
Apr 2015   砂浜消失リスクに関する総合的研究
砂浜消失リスクに関する総合的研究