日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 岸 博子
 

岸 博子

 
アバター
研究者氏名岸 博子
 
キシ ヒロコ
eメールhirkishiyamaguchi-u.ac.jp
URLhttp://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~lily/index.html
所属山口大学
部署大学院 医学系研究科 医学専攻(医学)分子細胞生理学講座
職名准教授
学位博士(医学)(群馬大学)
科研費研究者番号40359899

研究キーワード

 
分子細胞生理学 , 平滑筋生理学 , 血管平滑筋収縮のシグナル伝達

研究分野

 
  • 基礎医学 / 生理学一般 / 

経歴

 
2002年9月
 - 
2011年9月
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 大学院担当講師
 
2011年10月
 - 
現在
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 大学院担当准教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年3月
群馬大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1999年3月
群馬大学 医学系研究科 薬理学
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本生理学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本平滑筋学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本薬理学会  評議員
 
 
 - 
現在
山口大学医学会  評議員
 

受賞

 
2013年10月
公益社団法人発明協会 会長奨励賞 血管病を予防する機能性食品の開発
 
2012年3月
日本生理学会 ポスターアワード The development of a high-throughput and objective screening system to validate candidate molecules for downstream target of Fyn in SPC/Fyn/ROK pathway which mediates abnormal vascular smooth muscle contraction
 
2007年7月
日本平滑筋学会 論文優秀賞 SPC/Fyn/Rho-kinase経路による血管平滑筋収縮のCa2+-sensitizationへの膜ラフトの関与と、これに対するエイコサペンタエン酸の抑制メカニズム
 

論文

 
Ying Zhang, Hiroko Kishi and Sei Kobayashi
Pharmacological Research   134 200-211   2018年8月   [査読有り]
Atsuko Kawamura, Katsuko Kajiya, Hiroko Kishi, Junko Inagaki, Makoto Mitarai, Hiroshi Oda, Seiji Umemoto and Sei Kobayashi
Current hypertension reviews   14(1) 56-65   2018年4月   [査読有り]
Ying Zhang, Min Zhang, Bochao Lyu, Hiroko Kishi and Sei Kobayashi
Scientific Reports   7 36368   2017年2月   [査読有り]
Atsuko Kawamura, Katsuko Kajiya, Hiroko Kishi, Junko Inagaki, Makoto Mitarai, Hiroshi Oda, Seiji Umemoto and Sei Kobayashi
Hypertension Research   39(11) 777-785   2016年11月   [査読有り]
岸 博子、張 影、小林 誠
山口医学   64(3) 177-181   2015年8月   [査読有り]

Misc

 
【心血管病に関与する細胞内情報伝達系】 血管平滑筋Ca2+感受性増強の細胞内シグナル伝達におけるFynチロシンキナーゼおよび細胞膜ラフトの重要性
岸 博子, 川道 穂津美, 加治屋 勝子, 小林 誠
日本薬理学雑誌   129(4) 245-251   2007年4月
血管平滑筋の異常収縮は、虚血性心疾患やくも膜下出血後の脳血管攣縮などの疾患の病態生理に重要な役割を果たしている。この異常収縮の分子機構として、RhoキナーゼによるCa2+-sensitizationが重要である事が知られているが、我々はこれまでに、Rhoキナーゼの上流の、血管平滑筋Ca2+-sensitizationのシグナル分子として、スフィンゴシルホスホリルコリン(SPC)を同定し、更に、SPCが、Srcファミリーチロシンキナーゼ(Src-TK)を介して、Rhoキナーゼを活性化する事を...
【血管収縮制御の分子機構】 スフィンゴ脂質による血管収縮のカルシウム感受性制御の血管病における意義
加治屋 勝子, 岸 博子, 川道 穂津美, 小林 誠
血管医学   9(3) 231-238   2008年8月
突発性の血管病である血管攣縮は、突然死の主因として恐れられている。血管攣縮は、Rhoキナーゼを介した血管平滑筋のCa2+感受性亢進によって引き起こされる。このRhoキナーゼの上流の活性化経路として見出されたスフィンゴシルホスホリルコリン(SPC)→Fyn→Rhoキナーゼ経路は、従来報告されてきたCa2+感受性亢進の経路とは独立した新規経路であり、コレステロールが局在する細胞膜ラフトを反応の場とする血管異常収縮に特異的なものである。血圧維持を担う正常収縮を抑制せず、Ca2+感受性亢進のみを選...
岸博子, WANG H, 佐藤正史, 最上紀美子, 中尾文昭, 森影則保, 黒川徹, 白尾敏之, 池田典生
Bio Ind   20(11) 5-13   2003年11月
岸博子, 小浜一弘
学術月報   48(11) 1148-1155   1995年11月

書籍等出版物

 
Muscle Contraction and Cell Motility: Fundamentals and Developments
Ying Zhang, Hiroko Kishi, Katsuko Kajiya, Tomoka Morita, Sei Kobayashi (担当:共著, 範囲:Chapter 13, The pivotal role of cholesterol and membrane lipid rafts in the Ca2+-sensitization of vascular smooth muscle contraction leading to vasospasm)
Pan Stanford (2016/11/23), p333 -342, edited by Haruo Sugi   2016年11月   ISBN:978-981-4745-16-1
Molecular Mechanisms of Smooth Muscle Contraction
Kohichi Hayakawa, Hiroko Kishi, Kazuhiro Kohama, Yuan Lin, Akio Nakamura, Tsuyoshi Okagaki, Yinhuan Xue, Li-Hong Ye (担当:共著, 範囲:Chapter 2, The Molecular Anatomy of Myosin Light Chain Kinase)
R. G. Landes Company   1998年   ISBN:1-57059-566-6

講演・口頭発表等

 
大浜円奈, 張影, 横林志織, 岡本嵩史, 岸博子, 森田知佳, 山本健, 小林誠
山口医学   2018年9月10日   
浅田充夫, 呂博超, 張敏, 張影, 岸博子, 森田知佳, 小林誠
山口医学   2018年9月10日   
倉原琳, 平石敬三, 張影, 山村彩, 岸博子, 小林誠, 古賀佳織, 鬼塚美樹, 阿部弘太郎, 塩井成留実, 井上隆司
日本生理学雑誌(Web)   2018年5月   
SPC/Fyn/ROK経路による血管平滑筋異常収縮のシグナル伝達における、膜ラフトの重要性~第二報
岸 博子、梶間 未葵、加治屋 勝子、張 影、森田 知佳、呂 博超、張 敏、小林 誠
第95回日本生理学会大会   2018年3月28日   
ドコサペンタエン酸 (DPA)は、n-3とn-6の両系統とも同じ力価で、Rhoキナーゼの細胞内移動と活性化を抑制する事によって血管異常収縮を抑制する
張 影、張 敏、呂 博超、岸 博子、森田 知佳、小林 誠
第95回日本生理学会大会   2018年3月28日   
Fyn-mediated tyrosine phosphorylation of a novel signaling molecule, paxillin controls stress fiber formation and migration of cancer cells
Shiori Yokobayashi, Ying Zhang, Takafumi Okamoto, Tomoka Morita, Hiroko Kishi, Takeshi Yamamoto, Sei Kobayashi
第95回日本生理学会大会   2018年3月28日   
横林志織, 張影, 岡本嵩史, 岸博子, 森田知佳, 山本健, 小林誠
山口医学   2017年10月6日   
大豆から発見された血管異常収縮の特効薬成分
張 敏, 張 影, 呂 博超, 岸 博子, 加治屋 勝子, 森田 知佳, 小林 誠
山口医学   2017年10月   
Paxillin as a novel signaling molecule regulates actin stress fiber formation and migration of vascular smooth muscle cells by its N-terminus binding to active Fyn
Ying Zhang, Hiroko Kishi, Katsuko Kajiya, Tomoka Morita, Sei Kobayashi
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
The involvement of membrane rafts in the signal transduction of abnormal vascular smooth muscle contraction mediated by SPC/Fyn/ROK pathway
Hiroko Kishi, Ying Zhang, Katsuko Kajiya, Tomoka Morita, Bochao Lyu, Min Zhang, Xiaoyan Li, Sei Kobayashi
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
Tyrosine phosphorylation of paxillin regulates migration and invasion of cancer cells
Takafumi Okamoto, Ying Zhang, Kazumasa Matsunaga, Shiori Yokobayashi, Tomoka Morita, Hiroko Kishi, Sei Kobayashi
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
倉原琳, 平石敬三, 張影, 山村彩, 岸博子, 小林誠, 古賀佳織, 鬼塚美樹, 阿部弘太郎, 塩井成留実, 井上隆司
日本循環薬理学会口演要旨集   2017年   
The MLC20 monophosphorylation-dependent and -independent Ca2+-sensitization, respectively at the early and late phase of vascular smooth muscle abnormal contraction
Hiroko Kishi, Ying Zhang, Tomoka Morita, Bochao Lyu, Min Zhang, Sei Kobayashi
第93回日本生理学会大会   2016年3月   
Flippase mediates the transmembranous transport of sphingosylphosphorylcholine, a spasmogen of human coronary and cerebral arteries
Shoko Iwanaga, Hiroko Kishi, Sei Kobayashi
第93回日本生理学会大会   2016年3月   
張影, 張敏, 呂博超, 岸博子, 小林誠
日本生理学雑誌(Web)   2016年1月   
The novel role of calpain in SPC/Fyn/ROK pathway which mediates the signal transduction of abnormal vascular smooth muscle contraction
Hiroko Kishi, Ying Zhang, Kenji Miyanari, Tomohiko Kimura, Ryodai Takagaki, Bochao Lyu, Sei Kobayashi
第120回日本解剖学会総会全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会   2015年3月   
N-terminus of paxillin regulates actin stress fiber formation by binding to the active Fyn
Ying Zhang, Hiroko Kishi, Kenji Miyanari, Tomohiko Kimura, Ryodai Takagaki, Bochao Lyu, Sei Kobayashi
第120回日本解剖学会総会全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会   2015年3月   
FABP7 is involved in epigenetic modification of mouse caveolin-1 gene promotor
Yoshiteru Kagawa, Hiroshi Kogo, Hiroko Kishi, Sei Kobayashi, Toyoshi Fujimoto
第120回日本解剖学会総会全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会   2015年3月   
Discovery of novel Salacia-derived components which specifically inhibit the ROK-mediated Ca2+-sensitization of vascular smooth muscle contraction
Kenji Miyanari, Kazutaka Nojimoto, Katsuko Kajiya, Yuichi Takada, Tomohiko Kimura, Ying Zhang, Hiroko Kishi, Sei Kobayashi
第120回日本解剖学会総会全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会   2015年3月   
Novel fish-derived peptide fragments which induce endothelium-dependent and –independent vasorelaxation
Tomohiko Kimura, Yuichi Takada, Katsuko Kajiya, Ying Zhang, Kenji Miyanari, Hiroko Kishi, Sei Kobayashi
第120回日本解剖学会総会全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会   2015年3月   

担当経験のある科目

 
  • 循環・呼吸器系ユニット (山口大学)
  • 泌尿・生殖器系ユニット (山口大学)
  • 消化器系ユニット (山口大学)
  • 基礎解剖生理学序説 (山口大学)
  • 機能系実習 (山口大学)
  • 細胞生理化学演習 (山口大学)
  • 自己開発コース (山口大学)
  • 修学論文テュートリアル (山口大学)
  • 医学入門 (山口大学)
  • 医学英語 (山口大学)
  • 社会と医療 (山口大学)
  • 加齢と健康 (山口大学)
  • 生体機能分子制御学特論Ⅰ (山口大学)
  • 生体機能分子制御学特論Ⅱ (山口大学)
  • 生体機能分子制御学演習Ⅰ (山口大学)
  • 生体機能分子制御学演習Ⅱ (山口大学)
  • 生理学 (中村女子高校専攻科、防府高等学校)

所属学協会

 
米国生物物理学会 , 日本呼吸器学会 , 日本循環器学会 , 日本薬理学会 , 日本平滑筋学会 , 日本血管生物医学会 , 日本内科学会 , 日本生理学会 , 日本アレルギー学会

競争的資金等の研究課題

 
新規に同定した細胞接着斑分子paxillinが血管攣縮における役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 張 影
血管平滑筋異常収縮シグナル伝達においてカルパインと細胞骨格が果たす役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 岸 博子
血管病予防食品開発の新展開-血漿中エクソソームの疾病予防バイオマーカーの探索-
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 中村 彰男
細胞骨格制御の観点から難病疾患群に共通する病的シグナル伝達系を解明する
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 岸 博子
細胞膜ミクロドメインのダイナミクス制御による食品成分の血管攣縮予防メカニズム解明
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 加治屋 勝子
血管攣縮の原因シグナル分子の産生機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 小林 誠
血管異常収縮を選択的に阻害する食品成分の同定と作用機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 小林 誠
プロテオミクスと機能解析による、血管平滑筋収縮と細胞骨格の関連の解明
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 岸 博子
血管病発症の分子メカニズム解明と、革新的天然成分による予防的治療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 加治屋 勝子
機能的プロテオミクスと1分子シグナル伝達解析法による血管緊張異常の分子機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 小林 誠
血管平滑筋細胞の形質転換機構の解明-調節因子としてのマイクロRNAの関与-
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 中村 彰男
血管異常収縮における細胞膜ドメインの役割とその構成蛋白の機能の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 小林 誠
機能的プロテオミクスによる脳血管攣縮の原因分子の網羅的探索と創薬への応用
日本学術振興会: 科学研究費 萌芽研究
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 小林 誠
平滑筋の収縮制御機構への新たなる挑戦-血管平滑筋の持続的収縮の制御機序の解明-
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 中村 彰男
リン酸化プロテオミクスを用いた新規血管新生因子の同定
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究B
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 岸 博子
血管の緊張異常を制御する新規の細胞内シグナル分子の同定とその情報伝達機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 小林 誠
脳血管の異常収縮を特異的に阻害する新規の細胞膜脂質分子の同定とシグナル伝達の解明
日本学術振興会: 科学研究費 萌芽研究
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 小林 誠

特許

 
小林 誠, 高▲柿▼ 了大, 岸 博子, 張 影, 加治屋 勝子, 渡邉 和晃
▲高▼松 日出子, 小林 誠, 宮成 健司, 岸 博子, 加治屋 勝子, 野地本 和孝, 高田 雄一
御手洗 誠, 織田 浩司, 大和田 耕司, 古田 久美子, 本多 倫子, 都丸 恵理, 村上 祥子, 河村 敦子, 稲垣 順子, 梅本 誠治, 小林 誠, 岸 博子, 加治屋 勝子
小林 誠, 木村 友彦, 岸 博子, 加治屋 勝子, 高田 雄一, 白土 絵理