日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 村松 里衣子
 

村松 里衣子

 
アバター
研究者氏名村松 里衣子
 
ムラマツ リエコ
所属国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
部署神経研究所 神経薬理研究部
職名部長
学位博士(薬学)
科研費研究者番号90536880

プロフィール

神経回路の修復メカニズムについて研究しています。
特に、神経系と血管系のクロストークに注目しています。

研究キーワード

 
軸策 , 接着因子 , 血管 , 血管新生 , 多発性硬化症 , 皮質脊髄路 , 包括脳ネットワーク , 発生 , 再生 , 軸索 , 神経回路

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 神経薬理研究部 部長
 
2014年4月
 - 
2018年3月
大阪大学大学院医学系研究科 准教授
 
2013年10月
 - 
2017年5月
JST さきがけ研究員
 
2011年
 - 
2014年3月
大阪大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 
2010年6月
   
 
大阪大学医学系研究科 助教
 
2008年11月
 - 
2010年5月
大阪大学大学院医学系研究科 特任助教
 
2008年4月
 - 
2008年10月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2008年3月
   
 
東京大学大学院薬学系研究科 博士課程修了、博士(薬学)取得(3月24日)
 
2007年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会特別研究員(DC2)
 
2005年3月
   
 
東北大学大学院薬学研究科 修士課程修了
 

受賞

 
2018年
日本薬理学会第34回学術奨励賞
 
2018年
第32回岡本研究奨励賞
 
2015年
大阪大学総長奨励賞
 
2014年
第三回「明日の象徴」研究者部門
 
2014年
大阪大学総長奨励賞
 

論文

 
Csóka B, Németh ZH, Szabó I, Davies DL, Varga ZV, Pálóczi J, Falzoni S, Di Virgilio F, Muramatsu R, Yamashita T, Pacher P, Haskó G
JCI insight   3(11)    2018年6月   [査読有り]
Nakasone A, Muramatsu R, Kato Y, Kawahara Y, Yamashita T
Biochemical and biophysical research communications   500(3) 609-613   2018年6月   [査読有り]
Lin H, Muramatsu R, Maedera N, Tsunematsu H, Hamaguchi M, Koyama Y, Kuroda M, Ono K, Sawada M, Yamashita T
EBioMedicine   27 71-85   2018年1月   [査読有り]
Kuroda M, Muramatsu R, Maedera N, Koyama Y, Hamaguchi M, Fujimura H, Yoshida M, Konishi M, Itoh N, Mochizuki H, Yamashita T
The Journal of clinical investigation   127(9) 3496-3509   2017年9月   [査読有り]
Kuroda M, Muramatsu R, Yamashita T
Biochemical and biophysical research communications   482(4) 1160-1164   2017年1月   [査読有り]
Matoba K, Muramatsu R, Yamashita T
Scientific reports   7 40397   2017年1月   [査読有り]
Shibuya Y, Hirasawa N, Sakai T, Togashi Y, Muramatsu R, Ishii K, Yamashita M, Takayanagi M, Ohuchi K.
Life Science      2004年9月   [査読有り]
Koyama R, Muramatsu R, Sasaki T, Kimura R, Ueyama C, Tamura M, Tamura N, Ichikawa J, TakahashiN, Usami A, Yamada MK, Matsuki N, Ikegaya Y.
Journal of Pharmacological Sciences   104(2) 191-194   2007年5月   [査読有り]
Muramatsu R, Ikegaya Y, Matsuki N, Koyama R.
Neuroscience      2007年7月   [査読有り]
中枢神経傷害後の皮質脊髄路の再編成と機能回復のメカニズ ム
村松里衣子, 山下俊英
脳21      2013年1月   [招待有り]
Takahashi C, Muramatsu R, Fujimura H, Mochizuki H, Yamashita T.
Cell Death & Disease      2013年8月   [査読有り][招待有り]
病態モデルと神経-血管相互作用
村松里衣子、山下俊英
血管医学      2013年10月   [招待有り]
中枢神経炎症からの再生メカニズム
村松里衣子、山下俊英
Annual Review神経  2014      2014年1月   [招待有り]
Muramatsu R, Yamashita T
Neuroscience research   78 45-9   2014年1月   [査読有り]
Muramatsu R, Yamashita T
Neuroscience research   81-82 38-41   2014年4月   [査読有り]
Sumimoto S, Muramatsu R, Fujii S, Yamashita T
Biochemical and biophysical research communications   450(1) 593-7   2014年7月   [査読有り]
Sumimoto S, Muramatsu R, Yamashita T
Brain research   1594 46-51   2015年1月   [査読有り]
Miyake S, Muramatsu R, Hamaguchi M, Yamashita T
Cell death & disease   6 e1638   2015年2月   [査読有り]
Muramatsu R, Kuroda M, Matoba K, Lin H, Takahashi C, Koyama Y, Yamashita T
The Journal of biological chemistry   290(18) 11515-25   2015年5月   [査読有り]
Ozaki T, Muramatsu R, Sasai M, Yamamoto M, Kubota Y, Fujinaka T, Yoshimine T, Yamashita T
Scientific reports   6 25893   2016年5月   [査読有り]

Misc

 
Molecular mechanism of inhibition in axonal regeneration after CNS injuries
Muramatsu R & Yamashita T.
Neurochemistry: Molecular Aspects, Cellular Aspects and Clinical Applications      2010年4月   [依頼有り]
RGMはT細胞活性化を制御し、自己免疫性脳脊髄炎に関与する
村松里衣子,山下俊英
ライフサイエンス 新着論文レビュー      2011年   [依頼有り]
中枢神経傷害後の皮質脊髄路の再編成と機能回復のメカニズ ム
村松里衣子、山下俊英
脳21   16 42-45   2013年   [依頼有り]
中枢神経回路の再編
村松里衣子、山下俊英
日本薬理学雑誌   (134) 46-47   2009年   [査読有り][依頼有り]
中枢神経回路の障害と修復を制御する生体システム
村松里衣子、山下俊英
脳21   15 499-502   2012年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
ミエリン:脳内環境辞典
濱口真慈, 村松里衣子, 山下俊英 (担当:共著)
メディカル ドゥ   2017年3月   ISBN:4944157649

講演・口頭発表等

 
中枢神経系の修復研究における生化学的なアプローチ [招待有り]
村松里衣子
はじめてのライフサイエンス基礎講座2015   2015年5月   
中枢神経系の傷害と修復を制御する分子機構 [招待有り]
村松里衣子、山下俊英
自然科学研究機構生理学研究所 部門公開セミナー   2015年3月   
中枢神経傷害後の神経-血管相互依存性の分子実体の解明 [招待有り]
村松里衣子、山下俊英
第88回日本薬理学会   2015年3月   
Molecular mechanism of neurovascular wiring in pathological central nervous system [招待有り]
村松里衣子、山下俊英
2nd International Symposium on Neuro-vascular Wiring   2015年1月   
中枢神経傷害の治療標的分子―プロスタサイクリン― [招待有り]
村松里衣子、山下俊英
大阪大学蛋白質研究所セミナー第5回神経科学と構造生物学の融合研究会   2014年12月   

担当経験のある科目

 
  • 選択必修科目神経科学特論 (大阪大学医学部)
  • 形態学 (大阪大学医学部)
  • 発生学 (大阪大学医学部)
  • 神経解剖学 (大阪大学医学部)

所属学協会

 
日本解剖学会 , 日本薬理学会(学術評議員) , 日本神経化学会(評議員) , 日本神経科学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 村松 里衣子
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 村松 里衣子
中枢性脱髄疾患の神経組織修復に関する研究
厚生労働省: 障害者対策総合研究事業(神経・筋疾患分野)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 村松里衣子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 村松里衣子
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 村松里衣子

委員歴

 
2013年5月
 - 
現在
日本神経化学会  将来計画委員会委員
 
2012年7月
 - 
現在
日本神経化学会  ダイバーシティ推進委員会委員