日本の女性研究者

文化財科学

研究者リスト >> 菅原真弓
 

菅原真弓

 
アバター
研究者氏名菅原真弓
 
スガワラ マユミ
eメールsugawaralit.osaka-cu.ac.jp
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10449556.ja.html
所属大阪市立大学
部署大学院文学研究科 アジア都市文化学専攻
職名教授
学位博士(哲学)(学習院大学)
科研費研究者番号10449556

プロフィール

1993年 学習院大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士前期課程修了
1999年 学習院大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士後期課程単位修得退学
2000年5月~2006年4月 財団法人中山道広重美術館学芸員
2006年5月~2009年3月 京都造形芸術大学芸術学部専任講師
2009年4月~2014年3月 京都造形芸術大学芸術学部准教授
2014年4月~2017年3月 和歌山大学 「教養の森」センター准教授
2017年4月~ 大阪市立大学大学院文学研究科教授
2008年 博士(哲学)取得

研究キーワード

 
日本美術史 , アートマネジメント , 新聞 , 博物館学 , ミュージアムマネジメント , 明治 , 版画 , 19世紀 , 浮世絵 , 美術史

研究分野

 
  • 文化財科学・博物館学 / 文化財科学・博物館学 / 
  • 芸術学 / 美術史 / 日本近世絵画史、版画史

経歴

 
 
   
 
大阪市立大学 大学院文学研究科 教授
 
2017年4月
 - 
現在
大阪市立大学 大学院文学研究科 教授
 
2014年4月
 - 
2017年3月
和歌山大学 「教養の森」センター 准教授
 
2009年4月
 - 
2014年3月
京都造形芸術大学 芸術学部 准教授
 
2006年5月
 - 
2009年3月
京都造形芸術大学 専任講師
 

委員歴

 
2018年7月
 - 
現在
美術史学会  西支部常任委員
 
2018年4月
 - 
現在
大阪市地方独立行政法人大阪市博物館機構評価委員会  評価委員会委員
 
2017年4月
 - 
現在
岐阜市歴史博物館  資料評価委員 委員長
 
2017年1月
 - 
現在
国際浮世絵学会  常任理事
 
2015年7月
 - 
2018年6月
美術史学会  西支部委嘱委員
 
2016年7月
 - 
2017年7月
日本学術振興会  特別研究員等専門委員
 
2012年10月
 - 
2014年3月
長野県教育委員会  長野県名勝地調査検討委員
 
2011年4月
 - 
現在
堺市博物館  博物館協議会委員
 
2005年4月
 - 
2017年3月
岐阜市歴史博物館  資料評価委員
 

論文

 
雑誌『歌舞伎新報』に掲載されるビジュアルイメージ~明治の浮世絵師落合芳幾を中心に~
菅原真弓
伝統芸能の近代化とメディア環境(2017年度「研究科プロジェクト推進研究」成果報告書)   68-89   2018年3月   [招待有り]
落合芳幾の役者絵研究―『歌舞伎新報』所載の表紙絵、挿絵、口絵を中心に―
菅原真弓
名古屋芸術大学研究紀要   39 139-161   2018年3月   [査読有り]
浮世絵研究の功罪~近代における浮世絵受容とその波紋~
菅原真弓
美術史論集   (18) 27-44   2018年2月   [査読有り]
広島市立大学芸術資料館蔵・歌川芳艶「瓢軍談五十四場」について
菅原真弓
平成二十五~二十七年度 広島市立大学特定研究報告書 広島県および周辺地域における文化財(古美術品)の基礎的調査および研究 (二)浮世絵版画編   4-35   2017年3月   [招待有り]
落合芳幾研究―「東京日日新聞」錦絵を中心に―
菅原真弓
名古屋芸術大学研究紀要   38 159-178   2017年3月   [査読有り]
浮世絵師・落合芳幾に関する基礎的研究
菅原真弓
GENESIS(京都造形芸術大学紀要)   (20) 59-76   2016年12月   [査読有り]
学芸員になるために : 使うことができる「資格」を目指して
菅原真弓
年報 : gaudeamus igitur sparsos congregavit   (2) 56-58   2016年3月
豊原国周研究2~国周描く美人画作品について~
菅原真弓
名古屋芸術大学研究紀要   37 173-188   2016年3月   [査読有り]
日本美術における「奇想」の受容~月岡芳年を中心に~
菅原真弓
神戸大学美術史論集   (15) 1-34   2016年2月   [査読有り]
生きるための知恵
菅原真弓
年報 : gaudeamus igitur sparsos congregavit   (1) 33-35   2015年3月
コラム 紅嫌い
菅原真弓
写楽と豊国:展覧会カタログ   78-78   2015年1月
菅原 真弓
京都造形芸術大学紀要   (19) 80-97   2014年
西南戦争錦絵という媒体(メディア)-月岡芳年作品を中心にー
菅原真弓
GENESIS   (16) 96-110   2013年11月   [査読有り]
菅原 真弓
京都造形芸術大学紀要   (18) 69-88   2014年11月   [査読有り]
月岡芳年と明治の媒体(メディア)
菅原真弓
没後120年 月岡芳年展      2012年10月
大学における博物館学教育―資格の有用性をめざして
菅原真弓
豊穣の日本美術      2012年3月
菅原 真弓
浮世絵研究 : 太田記念美術館紀要   (3) 29-41   2012年
菅原 真弓, Mayumi Sugawara
京都造形芸術大学紀要   (16) 95-109   2011年
菅原 真弓
京都造形芸術大学紀要   (15) 96-103   2010年
菅原 真弓
京都造形芸術大学紀要   (14) 134-150   2009年
十九世紀日本版画における風景主題と歴史主題
菅原真弓
学習院大学      2008年7月   [査読有り]
描かれた「東海道中膝栗毛」
菅原真弓
「東海道中膝栗毛」の世界展      2008年6月
菅原 真弓
京都造形芸術大学紀要   (13) 101-128   2008年
菅原 真弓, 塩飽 悦子
全博協研究紀要   (11) 5-19   2008年
小林清親の光と広重受容
菅原真弓
GENESIS   (11)    2007年11月   [査読有り]
菅原 真弓
京都造形芸術大学紀要   (12) 97-113   2007年
公開講座報告 歌麿、国芳、どっちの美人画?
菅原真弓
岐阜の博物館   (149)    2005年11月
時代を映す鏡、美人画
菅原真弓
名古屋テレビ所蔵 美人画      2005年10月
博物館展示のいま 3 美術館から持ち帰るもの
菅原真弓
歴博   (132)    2005年9月
中川とも―煩悩即菩提
菅原真弓
中川とも―情念の造形      2004年1月
「名所」の変貌―小林清親「日本名勝図会」をめぐって
菅原真弓
「名所」の変貌―広重から清親へ      2003年10月
歌川国芳の武者絵について
菅原真弓
武者絵でたどる木曽街道      2002年10月
木曽路の名所・図会
菅原真弓
木曽路の名所・図会      2001年9月
「木曽海道六拾九次」研究上の問題点
菅原真弓
木曽海道六拾九次之内      2001年9月
『前賢故実』の波紋―月岡芳年を中心に
菅原真弓
没後120年 菊池容齋と明治の美術      1999年10月   [招待有り]
菅原 真弓
哲学会誌   23 43-71   1999年4月
菅原 真弓
哲学会誌   (23) 43-71   1999年4月
菅原 真弓
美術史   141(0) 64-77,3-4   1996年
【参考資料】月岡芳年落款年譜
菅原真弓(古川真弓)
浮世絵芸術   (116)    1995年7月   [査読有り]
月岡芳年画風変遷試考
菅原真弓(古川真弓)
浮世絵芸術   (115)    1995年3月   [査読有り]
月岡芳年の伝記に関する諸問題
菅原真弓(古川真弓)
学習院大学人文科学論集   (3)    1994年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
菅原真弓
中央公論美術出版   2018年8月   ISBN:480550854X
滅びゆく浮世絵の歴史の掉尾に位置し、今なお鮮烈な印象を与え続ける月岡芳年(一八三九‐一八九二)。三十歳で明治維新に立ち会った絵師は、激動の時代を直視し、変転する「浮世」をリアルに描ききった―。報道、伝記・回顧録などの資料を博捜し、作品主題と構図に緻密な分析を加えることで、血肉を備えた一人の浮世絵師の人物像を浮かび上がらせる。
南海鉄道旅客案内
菅原真弓
和歌山大学紀州経済史文化史研究所   2015年10月   
2015年10月開催の特別展「南海鉄道旅客案内」展(於・和歌山大学紀州経済史文化史研究所)のカタログ。
京都造形芸術大学所蔵 豊原国周「市川團十郎演芸百番」
菅原真弓
京都造形芸術大学芸術館   2014年1月   
日本美術全集16 激動期の美術
山下裕二編 (担当:分担執筆, 範囲:作品解説執筆、16点)
小学館   2013年10月   ISBN:978-4-09-601116-4
菅原 真弓
二玄社   2011年7月   ISBN:4544212049
中江 克己, 室伏 哲郎, 菅原 真弓
宝島社   2010年   ISBN:9784796675628
菅原 真弓
ブリュッケ   2009年11月   ISBN:4434138928
博物館実習のてびき
菅原真弓 (担当:編者)
京都造形芸術大学   2009年3月   
塩谷 純, 安村 敏信, 横田 洋一, 菅原 真弓, 岡本 祐美, 山梨 絵美子, 児島 薫 (担当:共著)
ぺりかん社   2008年10月   ISBN:483151215X
別冊太陽 浮世絵師列伝
菅原真弓 (担当:分担執筆)
平凡社   2006年1月   ISBN:978-4582944938
名古屋テレビ所蔵 美人画
菅原真弓 (担当:編者)
2005年10月   
中川とも―情念の造形
菅原真弓 (担当:編者)
㈶中山道広重美術館   2004年1月   
「名所」の変貌―広重から清親へ
菅原真弓 (担当:編者)
㈶中山道広重美術館   2003年10月   
武者絵でたどる木曽街道
菅原真弓 (担当:編者)
2002年10月   
吉村コレクション
菅原真弓 (担当:編者)
㈶中山道広重美術館   2002年5月   
木曽路の名所・図会
菅原真弓 (担当:編者)
㈶中山道広重美術館   2001年9月   
木曽海道六拾九次之内
菅原真弓 (担当:編者)
㈶中山道広重美術館   2001年9月   
中山道広重美術館コレクション 2001 版画
菅原真弓 (担当:編者)
㈶中山道広重美術館   2001年9月   
小林 忠, 富田 智子, 内田 欽三, 内藤 正人, 菅原 真弓, 山本 ゆかり, 田沢 裕賀, 田辺 昌子, 神谷 浩 (担当:共著)
美術出版社   1998年4月   ISBN:4568400449

講演・口頭発表等

 
葛飾北斎VS歌川広重 [招待有り]
菅原真弓
歴史リレー講座 日本史・宿命のライバルⅡ   2018年12月22日   
大阪を描く・大阪で描くー近世〜近代の絵図・地誌類・絵画作品から [招待有り]
菅原真弓
大阪市立大学文学部・文学研究科オープンファカルティ2018 公開シンポジウム   2018年11月23日   
浮世絵版画における肖像表現
菅原真弓
ミュージアム連続講座2018 「形を写す、姿を描くー美術・工芸から芸能、自然史までー」   2018年11月15日   
浮世絵美人図鑑~あなたのタイプはどれ?~ [招待有り]
菅原真弓
神戸凮月堂で楽しむ~午後のカルチャータイム(神戸新聞文化センター)   2018年9月26日   
「浪花百景」研究~作品に見られる歌川広重学習を中心に~
菅原真弓
美術史学会西支部例会   2018年9月15日   
浮世絵にみる日本の中の異国 [招待有り]
菅原真弓
港区歴史フォーラム 幕末明治の外交   2018年9月2日   
北斎の娘・葛飾応為~「好き」を貫いて生きた女絵師~ [招待有り]
菅原真弓
いこう!らむカレッジ 女性の生き方シリーズ③(東大阪市立男女共同参画センター)   2018年7月28日   
広重描く日本の風景 [招待有り]
菅原真弓
歌川広重展(呉市立美術館)   2018年4月21日   
浮世絵研究の功罪~近代における浮世絵受容とその波紋~
菅原真弓
明治美術学会   2018年3月10日   
「名所図会」から見る町の今昔 [招待有り]
菅原真弓
大阪市立大学大学院文学研究科・大阪市立住まい情報センター共催シンポジウム「身近な町を面白がる!」   2018年2月3日   
明治の歌川派―浮世絵の掉尾を飾る明治期の絵師たち [招待有り]
菅原真弓
平成29年度中山道広重美術館連続講座「歌川列伝!」   2018年1月20日   
世界最高の技術力! 日本美術の華・浮世絵の魅力 [招待有り]
菅原真弓
関西桜友会平成29年12月度二木会   2017年12月14日   
大阪と浮世絵 ~描かれた大坂、大阪で描かれた浮世絵~ [招待有り]
菅原真弓
近鉄文化センター 大阪市立大学共催講座   2017年11月25日   
今、北斎がアツい!~「画狂老人」執念の画業をひもとく~ [招待有り]
菅原真弓
NHK文化センター神戸教室 一日講座   2017年9月30日   
宿命のライバル!北斎と広重 [招待有り]
菅原真弓
NHK文化センター梅田教室 一日講座   2017年9月14日   
和歌山の文化資源再発見~歴史・文化・風俗~ [招待有り]
菅原真弓
マナビィスト支援セミナー及び企画ゼミ(紀北の部)   2017年9月   
講座 現代アートってどう見るの [招待有り]
菅原真弓
平成28年度高等教育機関コンソーシアム和歌山共同事業   2017年1月14日   
平成28年度マナビィスト支援セミナー【紀北の部】 [招待有り]
菅原真弓
きのくに県民カレッジ:マナビィスト支援セミナー【紀北の部】   2016年12月17日   和歌山県立図書館
全5回。~2017年3月。
講座 現代アートってどう見るの [招待有り]
菅原真弓
平成28年度高等教育機関コンソーシアム和歌山共同事業   2016年11月27日   
歴史画の”発端“―浮世絵師・月岡芳年の歴史画を軸に― [招待有り]
菅原真弓
奈良県立万葉文化館「古代への憧憬―近代に花開いた古典の美―」関連講演会   2016年10月15日   
「ワイドショーより面白い幕末明治の浮世絵」 [招待有り]
菅原真弓
わだい浪切サロン   2016年3月16日   
浮世絵版画と近代日本~近代浮世絵の『メディア性』 [招待有り]
菅原真弓
和歌山大学土曜講座2015 現代社会と人文社会科学   2016年2月6日   
錦絵の魅力 武者絵の世界 [招待有り]
菅原真弓
高槻市立しろあと歴史館企画展「錦絵と土人形にみる江戸の人気者―源平合戦から忠臣蔵まで―」関連連続講座   2016年1月30日   
浮世絵から読み解く江戸時代の恋物語
菅原真弓
「浮世絵恋物語~浮いた話のひとつふたつ」展関連イベント   2015年10月12日   
豊原国周の大首絵作品について
菅原真弓
第68回美術史学会全国大会   2015年5月24日   
「豊原国周と明治の浮世絵」
菅原真弓
京都造形芸術大学芸術館特別展「劇聖VS明治の写楽~豊原国周描く九代目市川團十郎」展関連事業   2014年1月14日   
街道絵に描かれたもの [招待有り]
菅原真弓
竹内街道 記録と記憶のシンポジウム   2013年12月23日   
おもしろきこともなき世をおもしろく~洛中洛外図から見る今~ [招待有り]
菅原真弓
近代産業遺産アート再生プロジェクト   2013年12月15日   
取り戻せ!オモロイ文化 [招待有り]
菅原真弓
金星夜会(京都造形芸術大学大阪芸術学舎)   2013年12月13日   
広重が見た近江中山道―大英博物館の広重『スケッチ帖』をめぐって [招待有り]
菅原真弓
愛荘町立歴史文化博物館平成24年度秋季特別展「中山道愛知川宿」ギャラリートーク   2012年12月   
"岐阜"を描いた浮世絵師・歌川広重~遺された『スケッチ帖』に見る広 [招待有り]
菅原真弓
第23回国際クロマトグラフィー会議   2012年11月   
月岡芳年と絵金
菅原真弓
「生誕200年記念 大絵金展 極彩の闇」記念シンポジウム   2012年10月28日   
歌川広重と木曽街道の旅
菅原真弓
美術史学会西支部例会   2009年11月   
キュレーター?学芸員?それとも雑芸員?はたまた学芸人? [招待有り]
菅原真弓
名古屋芸術大学美術学部アートクリエーターコース特別講義   2008年12月   
描かれたやじさん、きたさん―浮世絵版画から [招待有り]
菅原真弓
「『東海道中膝栗毛』の世界展」特別講演会、常葉美術館   2008年6月   
小林清親の広重受容について
菅原真弓
第60回美術史学会全国大会   2007年5月   
浮世絵師・歌川広重について [招待有り]
菅原真弓
大津市歴史博物館土曜講座   2007年3月   
浮世絵の謎を探る~街道絵を中心に [招待有り]
菅原真弓
くさつ・歴史発見塾、草津宿歴史交流館   2007年2月   
岐阜と錦絵 [招待有り]
菅原真弓
特別展覧会「錦絵が語る美濃と飛騨」公開講演会、岐阜県博物館   2006年10月   
浮世絵にみる中山道の魅力−岐阜県の宿場を中心に− [招待有り]
菅原真弓
岐阜県高等学校教育研究会図書館部会研究協議会講演会   2006年2月   
広重とめぐる中山道の旅 [招待有り]
菅原真弓
岐阜県シルバー大学講座、岐阜県・岐阜県教育委員会   2006年1月   
広重とめぐる中山道の旅 [招待有り]
菅原真弓
六本木ミニカルチャー講座、岐阜県・岐阜県観光協会・岐阜県東京事務所   2005年10月   
月岡芳年と明治の浮世絵
菅原真弓
山口県立萩美術館・浦上記念館平成17年度美術講座   2005年10月   
描かれた中山道 [招待有り]
菅原真弓
岐阜県観光ボランティア連絡会講演会   2005年10月   
広重と「名所江戸百景」 [招待有り]
菅原真弓
岐阜県公平委員会連合会講演会   2005年4月   
江戸時代の旅とくらし―広重の浮世絵版画にみる― [招待有り]
菅原真弓
土岐市郷土史研究会研究例会   2004年11月   
「木曽海道六拾九次之内」の諸問題 [招待有り]
菅原真弓
第9回国際浮世絵大会   2004年11月   
「木曽海道六拾九次之内」を楽しむ [招待有り]
菅原真弓
馬頭町広重美術館特別企画展「中山道広重美術館蔵「木曽海道六拾九次」」公開講演会   2004年5月   
〈作品〉と〈鑑賞者〉の橋渡し―地域の美術館として― [招待有り]
菅原真弓
恵那地区明るい選挙推進委員会研修会   2004年2月   
描かれた近江路−歌川広重「木曽海道六拾九次之内」から見る [招待有り]
菅原真弓
近江中山道400年記念「近江路は歴史とロマンの交差点」シンポジウム   2002年10月   
中山道広重美術館の開設について [招待有り]
菅原真弓
岐阜県博物館協会会員研修会   2002年9月   
木曽路の名所・図会 [招待有り]
菅原真弓
岐阜県恵那警察署学術研修会   2001年11月   
地域教育における中山道広重美術館の役割 [招待有り]
菅原真弓
平成13年度東濃地区公立幼稚園研究総会   2001年10月   
広重と木曽街道―手で見る、イメージで見る浮世絵版画 [招待有り]
菅原真弓
平成13年度岐阜県盲青年等社会生活教室   2001年7月   
中山道広重美術館のコレクションについて
菅原真弓
国際浮世絵学会春季大会   2001年5月   
酒井抱一の古画学習について
菅原真弓
第52回美術史学会全国大会   1999年5月   
冷泉為恭と復古大和絵
菅原真弓
霞会館芸術講座   1997年12月   
月岡芳年と幕末の浮世絵 [招待有り]
菅原真弓
東京伝統木版画工芸協会研修会   1996年5月   
武者絵の研究―「歴史画」としての視点から
菅原真弓
第3回国際北斎会議 Student Workshop    1996年4月   
冷泉為恭と復古大和絵―「年中行事図巻」を中心に
菅原真弓
第6回 JAWS   1996年3月   
月岡芳年の歴史画について
菅原真弓
美術史学会東支部例会   1994年12月   
月岡芳年の歴史画について
菅原真弓
学習院大学哲学会   1994年7月   
芳年画業の新時代区分―伝記資料の検討を中心に
菅原真弓
日本浮世絵協会   1993年5月   

担当経験のある科目

 
  • 大阪の地域・文化実践演習 (大阪市立大学)
  • 表現・表象文化論演習Ⅱ (大阪市立大学)
  • 都市環境学研究 (大阪市立大学)
  • アーツマネジメント (大阪市立大学)
  • 博物館経営論 (神戸大学)
  • 「学問」と私 (和歌山大学)
  • 博物館・情報メディア論 (神戸大学)
  • 日本美術史 (和歌山大学)
  • 視覚芸術研究 (神戸学院大学)
  • 博物館概論 (京都造形芸術大学)
  • 博物館資料論 (京都造形芸術大学)
  • 博物館経営論 (京都造形芸術大学)
  • 博物館実習 (京都造形芸術大学)
  • 文化史 (京都造形芸術大学)
  • 美術史 (京都造形芸術大学)
  • 美術の歴史 東洋 (日本女子大学)
  • 日本美術史 (放送大学)
  • 版画史 (名古屋芸術大学)

所属学協会

 
文化資源学会 , 美術史学会 , 国際浮世絵学会 , 明治美術学会

Works

 
南海鉄道旅客案内(特別展、和歌山大学紀州経済史文化史研究所)
菅原真弓   芸術活動   2015年10月 - 2015年11月
劇聖VS明治の写楽~豊原国周描く九代目市川團十郎(特別展、京都造形芸術大学芸術館)
菅原真弓   芸術活動   2014年1月 - 2014年2月
コレクション展Ⅲ~京都四條南座吉例顔見世興行によせて~(京都造形芸術大学芸術館)
菅原真弓   芸術活動   2013年11月 - 2013年12月
大学は宝箱!京都・大学ミュージアム連携 出開帳 in 博多(企画参加、九州産業大学美術館)
菅原真弓   芸術活動   2013年10月 - 2013年10月
爪あと―京都造形芸術大学通信教育課程卒業生修了生全国公募展(京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2013年8月 - 2013年8月
瓜生山春の顔見世2013(ディレクション、京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ)
菅原真弓   芸術活動   2013年4月 - 2013年4月
大学は宝箱!京の大学ミュージアム収蔵品展(企画参加、京都大学総合博物館)
菅原真弓   芸術活動   2012年10月 - 2012年10月
無主の境―第三回京都造形芸術大学通信教育課程卒業生修了生全国公募展(京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2012年8月 - 2012年8月
めばえ2012-学科優秀作品選抜展(博物館実習企画、京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2012年6月 - 2012年6月
豊原国周~飛び出す国周と空飛ぶ菊五郎(特別展、京都造形芸術大学芸術館)
菅原真弓   芸術活動   2012年4月 - 2012年5月
芸術館 静かに再スタート コレクション展Ⅰ(京都造形芸術大学芸術館)
菅原真弓   芸術活動   2011年11月 - 2011年12月
朱夏の肖像―第二回京都造形芸術大学通信教育課程卒業生修了生全国公募展(京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2011年8月 - 2011年8月
めばえ2011-学科優秀作品選抜展(博物館実習企画、京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2011年6月 - 2011年6月
没後十年 三尾公三のまなざし(企画補助、展示、京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2011年5月 - 2011年5月
走る女性―自動車広告の中の女たち(監修、指導、京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2011年1月 - 2011年1月
千壽萬歳―第一回京都造形芸術大学通信教育課程卒業生修了生全国公募展(京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2010年8月 - 2010年8月
めばえ2010-学科優秀作品選抜展(博物館実習企画、京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2010年6月 - 2010年6月
めばえ―学科優秀作品選抜展(博物館実習企画、京都造形芸術大学)
菅原真弓   芸術活動   2009年6月 - 2009年6月
山本芳翠―郷土が生んだ偉大な画人(企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2007年1月 - 2007年3月
北斎と広重―風景画の二大巨匠(開館五周年記念特別企画展2、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2006年10月 - 2006年12月
歌川広重展―中山道広重美術館五年間の歩み―(開館五周年記念特別企画展1、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2006年4月 - 2006年7月
吉田博―大正新版画の光(企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2005年12月 - 2006年2月
名古屋テレビ所蔵 美人画―春信、歌麿から夢二、深水まで(開館四周年記念特別企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2005年10月 - 2005年12月
木曽海道六拾九次之内(開館四周年記念事業・特別展観、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2005年9月 - 2005年9月
名所江戸百景―百万都市江戸の自画像(春季特別企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2005年4月 - 2005年6月
19世紀西洋版画 幻想の世界(第24回岐阜県移動美術館、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2004年12月 - 2004年12月
東海道と木曽街道―広重の二大街道絵(開館三周年記念特別企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2004年9月 - 2004年11月
広重・国芳・三代豊国 木曽街道のすべて(春季特別企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2004年4月 - 2004年6月
中川とも―情念の造形(企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2004年1月 - 2004年4月
版画家としてのシャガール―夢想と追憶のポエジー(特別企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2003年12月 - 2003年12月
「名所」の変貌―広重から清親へ(開館二周年記念特別企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2003年10月 - 2003年12月
木曽海道六拾九次之内(開館二周年記念事業・特別展観、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2003年9月 - 2003年9月
名所江戸百景(特別企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2003年4月 - 2003年6月
武者絵でたどる木曽街道-歌川国芳「木曽街道六十九次之内」を中心に(開館一周年・姫街道400年祭記念事業:特別企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2002年10月 - 2002年12月
木曽海道六拾九次之内(開館一周年・姫街道400年祭記念事業:特別展観、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2002年9月 - 2002年10月
吉村コレクション名品展(受贈記念企画展、中山道広重美術館)
菅原真弓   芸術活動   2002年5月 - 2002年7月
木曽路の名所・図会(中山道広重美術館開館記念特別企画展覧会、岐阜県恵那市)
菅原真弓   芸術活動   2001年9月 - 2001年11月
恵那市所蔵浮世絵の全貌(中山道広重美術館開館一年前企画展覧会)
菅原真弓   芸術活動   2000年10月 - 2000年10月

競争的資金等の研究課題

 
明治・大正、昭和初期の波止場文化と宣伝媒体の研究
大阪市立大学: 文部科学省「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」 平成30年度 連携型共同研究助成
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 菅原真弓
大阪の地誌類に関する学際的研究
大阪市立大学都市文化研究センター: 研究科プロジェクト推進研究
研究期間: 2018年7月 - 2019年3月    代表者: 菅原真弓
明治・大正、昭和初期の波止場文化と宣伝チラシの研究
大阪市立大学: 文部科学省「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」 平成29年度 連携型共同研究助成
研究期間: 2017年10月 - 2018年3月    代表者: 菅原真弓
「メディアとしてのグラフィック・アート~日本・西洋・和歌山~」
和歌山大学: 平成26年度「独創的研究支援プロジェクト」B
研究期間: 2014年7月 - 2015年3月    代表者: 菅原真弓
豊原国周研究
出光福祉文化財団: 出光福祉文化財団研究助成
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 菅原真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 菅原 真弓
19世紀日本版画史の再検討―明治期を中心にー②
京都造形芸術大学: 京都造形芸術大学特別制作研究費助成
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 菅原真弓
博士論文「十九世紀日本版画における風景主題と歴史主題」出版助成
学習院大学大学院人文科学研究科: 学習院大学大学院人文科学研究科博士論文刊行助成
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 菅原真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 菅原 真弓
著書『浮世絵版画の19世紀』の出版について
京都造形芸術大学: 京都造形芸術大学特別制作研究費助成
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 菅原真弓
19世紀日本版画史の再検討―明治期を中心にー
京都造形芸術大学: 京都造形芸術大学特別制作研究費助成
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 菅原真弓
日本版画史における19世紀像の再構築―明治期を中心に
財団法人 三菱財団: 三菱財団人文科学助成
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 菅原真弓
日本19世紀版画の再検討
メトロポリタン東洋美術研究センター: メトロポリタン東洋美術研究センター東洋美術研究振興会基金
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 菅原真弓
「江戸琳派」の再検討―「歴史意識」の視点から
メトロポリタン東洋美術研究センター: メトロポリタン東洋美術研究センター東洋美術研究振興会基金
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 菅原真弓
武者絵の研究
学習院大学: 学習院奨学基金研究助成
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 菅原真弓
冷泉為恭とその画業に関する研究
鹿島美術財団: 鹿島美術財団美術に関する調査研究の助成
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 菅原真弓
芳年画業の検討
太田記念美術館: 太田記念美術館浮世絵研究助成
研究期間: 1993年4月 - 1994年3月    代表者: 菅原真弓

社会貢献活動

 
浮世絵師スター名鑑
【講師】  NHK文化センター梅田教室  2018年10月 - 2019年3月
「歴史画」はなぜ描かれる?
【講師】  京都造形芸術大学 大阪藝術学舎  2018年9月22日 - 2018年9月23日
今に通じる動態表現 月岡芳年展
【インタビュイー, 情報提供】  産経新聞社  産経新聞  2018年9月20日 - 2018年9月20日
知識ゼロから始める浮世絵の楽しみ方~人気絵師たちの物語~
【講師】  神戸新聞文化センター  2018年7月 - 2018年9月
北斎VS広重 それぞれの「名所絵」そして…
【講師】  NHK文化センター  2017年10月 - 2018年9月
伐採されたヤシの木に思いはせて… 大阪市大でイベント
【インタビュイー, 取材協力】  朝日新聞社  朝日新聞  2018年1月22日
絵に映る明治維新
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  日本経済新聞社  日本経済新聞 STYLE/ART  2018年1月 - 2018年1月
明治浮世絵列伝
【講師】  京都造形芸術大学 大阪藝術学舎  2017年8月12日 - 2017年8月13日
広重が描いた日本の絶景
【出演】  NHK Eテレ  日曜美術館  2017年4月30日 - 2017年4月30日
知られざる浮世絵師 月岡芳年の魅力
【講師】  京都造形芸術大学 大阪藝術学舎  2017年2月25日 - 2017年2月26日
版画史・日本版画の歴史1300年をたどる
【講師】  京都造形芸術大学 大阪藝術学舎  2016年7月12日 - 2016年9月13日
近代浮世絵のメディア性(和歌山大学土曜講座 現代社会と人文社会科学)
【寄稿】  ニュース和歌山  ニュース和歌山  2016年2月27日
南海電鉄の歴史と魅力 和歌山大が特別展企画
【インタビュイー】  ニュース和歌山  ニュース和歌山  2015年10月24日
江戸美術の華 琳派と浮世絵、そして…
【講師】  京都造形芸術大学 大阪藝術学舎  2015年7月14日 - 2015年9月15日
明治の写楽 豊原国周
【講師】  京都造形芸術大学 大阪藝術学舎  2015年1月19日 - 2015年3月15日
浮世絵と江戸、明治の美術
【講師】  京都造形芸術大学 大阪藝術学舎  2014年7月9日 - 2014年9月10日
広重をたどって25 旅して描いた「木曽海道」
【インタビュイー, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞社  読売新聞  2013年11月2日
近代浮世絵が果たした役割~芸術性兼ね備えた報道媒体
【寄稿】  産経新聞社  産経新聞  2013年7月22日
幕末明治 最後の浮世絵師 芳年と清親の東京下町
【出演, 助言・指導, 情報提供】  NHK  極上美の饗宴  2012年5月15日
京都みゅーじあむ 京都造形芸術大学芸術館
【出演】  KBS京都  ほじポジたまご  2012年5月
広重の旅 作品に探る
【インタビュイー, 助言・指導, 情報提供】  日本経済新聞社  日本経済新聞  2011年9月21日
「風景画の二大巨匠 特別展「北斎と広重」全6回連載
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞 連載  2006年10月 - 2006年11月
「「北斎と広重」展によせて 宿命の二人 風景それぞれ」
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞 文化面、特集面  2006年10月
「時代彩る女性たち 美人画展から」全8回連載
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞連載  2005年10月 - 2005年11月
「時代を映す美人画 中山道広重美術館、特別展に寄せて」
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞社文化面  2005年10月
「中川とも―情念の造形展によせて」
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞 文化面  2005年2月17日
コラム「ともは愛された 恵那で画家中川とも回顧展」⑥煩悩即菩提 菅原真弓
【インタビュイー】  岐阜新聞社  岐阜新聞東濃版コラム「ともは愛された」  2005年1月24日
「広重の風景と人々−東海道と木曽街道展から」全5回連載
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞  2004年9月 - 2004年10月
「特別展「東海道と木曽街道」あす開幕」
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞 特集面  2004年9月17日
「人の営みへの優しさ:18日から「東海道と木曽街道−広重の二大街道絵」展に寄せて」
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞文化面  2004年9月6日
「ぎふ路往来―中山道四百年」「歴史という‘財産’―広重と英泉2人の絵師」(全8回連載)
【寄稿】  読売新聞社  読売新聞 岐阜県版  2002年1月 - 2002年1月
素描:学芸員とは何ぞや、遠い記憶、ギャラリートーク、合言葉は「笑顔で開館」、「非日常的空間」「憩いの場」「根元的な問題」「展覧会の裏舞台」「美術館が市民権を得る日まで」
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞県内版コラム「素描」  2001年9月 - 2001年11月
「21日開館、中山道広重美術館によせて」
【寄稿】  岐阜新聞社  岐阜新聞文化面  2001年9月18日

その他

 
2017年3月   関ケ原合戦図屏風の調査報告
岐阜県関ケ原町「関ケ原「天下取り」ブランド構築事業の一環として行われた関ケ原町所蔵の「関ケ原合戦図屏風」の調査報告書。実作品の調査に参加し、他の類例との比較の上で考察を行ったもの。