日本の女性研究者

生活科学

研究者リスト >> 保田倫子
 

保田倫子

 
アバター
研究者氏名保田倫子
 
ヤスダ ミチコ
URLhttps://www.researchgate.net/profile/Michiko_Yasuda
所属椙山女学園大学
部署生活科学部 管理栄養学科
職名講師
学位博士(農学)(京都大学)
その他の所属静岡県立大学
科研費研究者番号00707036

研究キーワード

 
乳がん , 光環境ストレス , フラボノイド , グルカン , グリコーゲン , Food science

研究分野

 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 
  • 生活科学 / 食生活学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
静岡県立大学  食品栄養環境科学研究院 客員共同研究員
 
2017年4月
 - 
現在
椙山女学園大学 生活科学部 管理栄養学科 講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
静岡県立大学 食品栄養科学部環境生命科学科 食品栄養環境科学研究院 助教
 
2015年4月
 - 
2016年3月
名城大学 農学部 非常勤講師
 
2015年1月
 - 
2015年3月
Texas Tech University Health Science Center 客員研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2010年3月
京都大学大学院 農学研究科 食品生物科学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
名古屋大学 工学部 化学生物工学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター  専門調査員
 

受賞

 
2010年2月
日本農芸化学会関西支部 第463回講演会若手優秀発表賞受賞 発がん抑制遺伝子Pdcd4 の炎症における役割とその制御因子の究明
 

論文

 
Furuyashiki T, Ogawa R, Nakayama Y, Honda K, Kamisoyama H, Takata H, Kamasaka H, Yasuda M, Kuriki T, Ashida H
Food Sci. Technol. Res.   24(1) 119-27   2018年   [査読有り]
Hierarchy in the home cage affects behaviour and gene expression in group-housed C57BL/6 male mice
Yasuyuki Horii, Tatsuhiro Nagasawa, Hiroyuki Sakakibara, Aki Takahashi, Akira Tanave, Yuki Matsumoto, Hiromichi Nagayama, Kazuto Yoshimi, Michiko T. Yasuda, Kayoko Shimoi & Tsuyoshi Koide
Scientific Reports   7 6991   2017年8月   [査読有り]
Estrogen- and stress-induced DNA damage in breast cancer and chemoprevention with dietary flavonoid
Michiko T. Yasuda, Hiroyuki Sakakibara and Kayoko Shimoi
Genes and Environment   39(10) 1-9   2017年2月   [査読有り][招待有り]
Exploration of food materials and components showing the suppressing effect on absorption of strontium and the promoting effect on excretion of cesium in vivo.
Uehara Y, Ishizuka K, Shimamura Y, Yasuda M, Shimoi K, Masuda S
Integr. Cancer Sci. Ther.   3(6) 1-4   2016年12月   [査読有り]
Adsorptive Property of Food Materials and Chemicals to Cesium and Strontium.
Uehara Y, Ishizuka K, Shimamura Y, Yasuda M, Shimoi K, Masuda S
Nat. Prod. Commun.,      2016年12月   [査読有り]
Hiroyuki Sakakibara, Michiko Torii Yasuda and Kayoko Shimoi
J Phys Fitness Sports Med   5(2) 143-152   2016年5月   [査読有り][招待有り]
Black soybean seed coat polyphenols prevent AAPH-induced oxidative DNA-damage in HepG2 cells.
Yoshioka Y, Li X, Zhang T, Mitani T, Yasuda M, Nanba F, Toda T, Yamashita Y, Ashida H
J. Clin. Biochem. Nutr.   59(3) 1-7   2016年   [査読有り]
Yasuda MT, Fujita K, Hosoya T, Imai S, Shimoi K
J Agric Food Chem   63(35) 7693-7699   2015年   [査読有り]
Terasaki M, Yasuda M, Makino M, Shimoi K
Environ. Sci.: Water Res.Technol   1 375-382   2015年   [査読有り]
Zhang T, Yamashita Y, Yasuda M, Yamamoto N, Ashida H.
Food Funct.   6(1) 134-144   2015年1月   [査読有り]
Terasaki M, Yasuda M, Shimoi K, Jozuka K, Makino M, Shiraishi F, Nakajima D.
Sci Total Environ.   493 156-161   2014年9月   [査読有り]
Yamazaki S, Miyoshi N, Kawabata K, Yasuda M, Shimoi K.
Arch Biochem Biophys.   1(557) 18-27   2014年9月   [査読有り]
Yamazaki S, Sakakibara H, Takemura H, Yasuda M, Shimoi K.
J Steroid Biochem Mol Biol.   143 122-129   2014年9月   [査読有り]
Effects of luteolin on vascular endothelium exposed to inflammatory stimuli.
Yasuda M, Shimoi K
Proceedings ASIAHORCS 2013   199-203   2014年1月   [査読有り][招待有り]
Yasuda M, Kawabata K, Miyashita M, Okumura M, Yamamoto N, Takahashi M, Ashida H, Ohigashi H.
J Agric Food Chem.   62(2) 462-467   2014年1月   [査読有り]
Furuyashiki T, Ogawa R, Nakayama Y, Honda K, Kamisoyama H, Takata H, Yasuda M, Kuriki T, Ashida H.
Nutr Res.   33(9) 743-752   2013年9月   [査読有り]
Yasuda M, Furuyashiki T, Nakamura T, Kakutani R, Takata H, Ashida H.
Food Funct.   4(9) 1387-1393   2013年9月   [査読有り]
Xu X, Yasuda M, Mizuno M, Ashida H.
Biochim Biophys Acta.   1820(10) 1656-1663   2012年10月   [査読有り]
Nakamura-Tsuruta S, Yasuda M, Nakamura T, Shinoda E, Furuyashiki T, Kakutani R, Takata H, Kato Y, Ashida H.
Carbohydr Res.   1(350) 49-54   2012年3月   [査読有り]
Yasuda M, Schmid T, Rübsamen D, Colburn NH, Irie K, Murakami A.
Mol Carcinog.   49(9) 837-848   2010年9月   [査読有り]
Programmed Cell Death 4を介して炎症及び発がんプロモーションを抑制する食品因子に関する研究
保田倫子
京都大学      2010年5月   [査読有り]

Misc

 
発がん抑制因子PDCD4の炎症における役割は?
保田倫子
生物工学会誌「バイオミディア」   93(9) 553   2015年7月   [査読有り][依頼有り]

講演・口頭発表等

 
茹で調理が肉および魚のリン、たんぱく質含有量に及ぼす影響
佐久間理英、大谷侑里香、風岡舞、田口莉麻、横山礼奈、、保田倫子、三田有紀子、新井 英一
第72回日本栄養・食糧学会大会   2018年5月   
消化管粘膜上皮による管腔内化学物質受容と粘膜機能(分泌・バリア機能)への影響
唐木晋一郎、保田倫子
第95回日本生理学会大会   2018年3月28日   
明暗シフトが生体機能に及ぼす影響
山本 幸佳、沼田 実、保田 倫子、三浦 信彦、高橋 統一、平野 明伽音 、下位 香代子
日本農芸化学会2018年度大会(名古屋)、2A23a06   2018年3月16日   
女性のバイオリズムや就寝時刻と尿中エストラジオール代謝物に関する研究
松田怜奈、齊藤裕子、保田倫子、下位香代子
日本酸化ストレス学会東海支部 第6回学術集会、O-14   2018年2月10日   
明暗シフトによる生体リズムの撹乱が乳がん進展に及ぼす影響
沼田実、保田倫子、三浦伸彦、茶山和敏、柴田雅朗、宋復燃、浅井知浩、奥直人、下位香代子
第40回日本分子生物学会年会(2017年・ConBio2017)3P-0963   2017年12月8日   
ヒトにおける唾液コルチゾールの日内リズム消失要因の解明
齊藤裕子、松田怜奈、櫻川智史、保田倫子、下位香代子
第27回日本産業衛生学会全国協議会(高知)   2017年11月24日   
Breast cancer and flavonoids
Kayoko Shimoi, Minoru Numata, Michiko Torii Yasuda
7th International Conference on Polyphenols and Health (8th ICPH), Quebec, Canada   2017年10月   
海外留学に関するあれやこれやの数例 [招待有り]
保田倫子
第23回フードサイエンスフォーラム(宮崎)シンポジウム②研究者の海外留学 SY2-1   2017年9月10日   
日常的な食品素材を用いた高フラボノイド食摂取によるフラボノイド類の体内動態および生体内炎症マーカーの関連
萬年遼、保田倫子、佐野文美、熊澤茂則、合田敏尚、下位香代子、市川陽子
第11回日本ポリフェノール学会   2017年8月   
2型糖尿病モデルSpontaneously Diabetic Torii-Leprfa (SDT fatty) ラットを用いたシンバスタチンの肝障害ポテンシャルリスク評価
高橋統一,大信田慎一,鈴木優典,山田直人,近藤千真,豊田 薫,合田圭佑,領家克典,石井千鶴,小林章男,正田俊之,公納秀幸,菅井象一郎,保田倫子,下位香代子
第44回日本毒性学会学術年会   2017年7月10日   
腸管を介したセシウム移行に食品因子が及ぼす効果
保田倫子、徳山千佳、唐木晋一郎、下位香代子
第26回環境化学討論会   2017年6月8日   
エリスロポエチンの日内リズムとアルキル化剤による小核誘発頻度
伊藤圭一、益森勝志、保田倫子、下位香代子
第26回環境化学討論会   2017年6月8日   
放射性セシウムによる内部被ばくを防ぐ食品成分探索のための評価系
保田倫子、徳山千佳、唐木晋一郎、下位香代子
日本農芸化学会大会2017 大会   2017年3月20日   
セシウムおよびストロンチウムによる内部被曝を軽減化する食品素材・成分の探索
上原祐也、石塚加奈、島村裕子、保田倫子、下位香代子、増田修一
日本農芸化学会大会2017 大会   2017年3月19日   
マウスへの2日間単独隔離ストレスは肝臓におけるHO-1の遺伝子発現を上昇させる
保田倫子、本山径子、小林章男、榊原啓之、下位香代子
日本酸化ストレス学会東海支部第5回学術集会   2017年2月18日   
消化管粘膜上皮による管腔内化学物質受容と上皮膜機能調節機構
唐木晋一郎、保田倫子
第22回Hindgut Club Japanシンポジウム   2016年12月3日   
光ストレスは乳がんの進展に影響するのか?
沼田実、保田倫子、下位香代子
富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2016   2016年12月2日   
Effects of nocturnal light exposure on biological responses in C3H/He mice
Michiko Yasuda, Yuto Watanabe, Taka-aki Suzuki and Kayoko Shimoi
第21回静岡 健康・長寿学術フォーラム   2016年11月25日   
セシウムの腸管における透過に関する評価系の確立
保田倫子、唐木晋一郎、下位香代子
第21回日本フードファクター学会(JSoFF2016)   2016年11月19日   
放射性物質による内部被爆を防ぐ食品素材・成分の探索
上原祐也、石塚加奈、島村裕子、保田倫子、下位香代子、増田修一
第71回 日本栄養・食糧学会中部支部大会   2016年11月19日   
光ストレスによる乳がん進展への影響
沼田実、保田倫子、下位香代子
地域コミュニティカンファレンス2016   2016年10月15日   
「これまでの紆余曲折について」近未来のフードサイエンスの展望~私がこのテーマにたどり着いた理由~ [招待有り]
保田倫子
第22回フードサイエンスフォーラム   2016年9月9日   
動物飼育における光環境の影響
保田倫子、伊藤圭一、渡辺悠人、益森勝志、鈴木敬明、榊原啓之、下位香代子
第43回日本毒性学会学術年会   2016年6月30日   
食品因子による光曝露ストレス緩和に向けた実験系の構築
保田倫子、渡辺悠人、鈴木敬明、榊原啓之、下位香代子
第70回日本栄養・食糧学会大会   2016年5月15日   
ヒトにおける日常的な食品素材を用いた高フラボノイド食摂取後のフラボノイド類の体内動態の検討
萬年遼、保田倫子、細谷孝博、佐野文美、熊澤茂則、合田敏尚、下位香代子、市川陽子
第70回日本栄養・食糧学会大会   2016年5月15日   
食材のフラボノイド・総ポリフェノール含有量および抗酸化活性に調理が及ぼす影響についての検討
隈本美佳子、保田倫子、細谷孝博、萬年遼、佐野文美、下位 香代子、市川 陽子
第70回日本栄養・食糧学会大会   2016年5月15日   
暗期の光曝露ストレスが血栓関連因子に及ぼす影響
保田倫子、渡辺悠人、鈴木敬明、榊原啓之、下位香代子
2016年度日本農芸化学会   2016年3月30日   
男女共同参画ランチョンシンポジウム「私のしごと」 [招待有り]
保田倫子
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
夜に光を浴びると体はどうなる?
渡辺悠人、保田倫子、鈴木敬明、下位香代子
富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2015   2015年12月11日   
光曝露ストレスが線溶阻害因子PAI-1の発現に与える影響
渡辺悠人、鈴木敬明、保田倫子、下位香代子
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)   2015年12月3日   
化学物質の投与時刻が小核誘発頻度に及ぼす影響
下位香代子、伊藤圭一、益森勝志、榊原啓之、保田倫子
日本環境変異原学会 第44回大会   2015年11月28日   
The disposition of dietary-derived flavonoids after ingesting the flavonoid-enriched meals in humans
萬年遼、保田倫子、細谷孝博、佐野文美、熊澤茂則、合田敏尚、下位香代子、市川陽子
第20回静岡 健康・長寿学術フォーラム   2015年11月6日   
Stress, breast cancer and flavonoids - A role of quercetin conjugate as a β2-adrenergic receptor antagonist [招待有り]
Kayoko Shimoi, Shunsuke Yamazaki, Noriyuki Miyoshi, Kyuichi Kawabata, Michiko Yasuda
7th International Conference on Polyphenols and Health   2015年10月28日   
光環境の変化が血栓症の発症リスクに与える影響
渡辺悠人、保田倫子、下位香代子
第2回時間栄養科学研究会/第10回NutriRhythm(ニュートリズム)検討会~時間栄養学の橋渡し研究~   2015年9月2日   
The disposition of dietary-derived flavonoids after consuming the flavonoid-enriched meals in humans,
Ryo Mannenn, Michiko Yasuda, Takahiro Hosoya, Ayami Sano, Shigenori Kumazawa, Toshinao Goda, Kayoko Shimoi, Yoko Ichikawa
12th Asian congress of Nutrition (ACN2015)   2015年5月17日   
CsとSrの吸収抑制および排泄促進効果を示す食品素材・成分の探索
上原祐也、島村裕子、保田倫子、増田修一
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月27日   
エチルニトロソウレアによる小核誘発とエリスロポエチン分泌の日内リズムとの関連性
伊藤圭一、益森勝志、向井大輔、林真、榊原啓之、保田倫子、下位香代子
日本環境変異原学会(JEMS)第43回大会   2014年12月   
テアフラビン類の難吸収性に影響する因子の解析
石井剛志、竹内由紀、安井美奈、小林彰子、保田倫子、下位香代子、越阪部奈緒美、中山勉
第11回日本カテキン学会年次学術大会   2014年11月   
セシウムの排泄に緑茶抽出物が及ぼす効果
保田倫子、地本純子、増田修一、下位香代子
第19回日本フードファクター学会(JSoFF2014)   2014年11月   
テアフラビン類の膜脂質における分子挙動
石井剛志、竹内由紀、安井美奈、小林彰子、保田倫子、下位香代子、越阪部奈緒美、中山勉
第19回日本フードファクター学会(JSoFF2014)   2014年11月   
Absorption and bioavailability of luteolin and its glycosides from the flowers of Chrysanthemum morifolium in rats and Caco-2 cells
Michiko Yasuda, Kotone Fujita, Takahiro Hosoya, Shinjiro Imai, Kayoko Shimoi
The XXVIIth International Conference on Polyphenols (ICP2014)   2014年9月   
ノルアドレナリンによる乳がん細胞の浸潤をケルセチン抱合体は抑制する
山崎 隼輔、三好規之、川畑球一、保田倫子、下位香代子
第73回日本癌学会学術総会   2014年9月   
機能性評価を目的とした高フラボノイド試験食の開発
萬年遼、保田倫子、佐野文美、熊澤茂則、合田敏尚、下位香代子、市川陽子
第8回日本ポリフェノール学会学術大会   2014年8月   
フラボノイド類の乳がん予防における役割
下位香代子、竹村ひとみ、山崎隼輔、保田倫子
第8回日本ポリフェノール学会学術大会   2014年8月   
食事由来のフラボノイドの機能性評価を目的とした高フラボノイド試験食の開発と検討
萬年遼、保田倫子、佐野文美、熊澤茂則、合田敏尚、下位香代子、市川陽子
日本栄養改善学会第3回東海支部会学術総会   2014年6月   
典型的な日本型の食事をベースにした高フラボノイド食の立案と検討
萬年遼、保田倫子、佐野文美、熊澤茂則、合田敏尚、下位香代子、市川 陽子
第68回日本栄養・食糧学会大会   2014年5月   
ヒト乳腺細胞および乳がん細胞におけるカテコールアミンによるβ-シグナリングにおよぼすquercetin-3-O-glucuronideの影響
山崎 隼輔、三好規之、保田倫子、下位香代子
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月   
オリベトールによる抗肥満効果に関する研究
鈴木麻衣子、片柳悠紀、保田倫子、下位香代子、今井伸二郎
日本薬学会第134年会   2014年3月   
レポータージーンアッセイとERODアッセイを用いた塩素化パラベンによるAhR活性化
寺崎正紀、保田倫子、牧野正和、下位香代子
第16回環境ホルモン学会研究発表会   2013年12月   
群飼育マウスにおける上下関係が行動に与える影響
長澤達弘、高橋阿貴、田邊彰、小出剛、榊原啓之、保田倫子、下位香代子
第36回日本分子生物学会年会   2013年12月   
ノルアドレナリンと4-hydroxyestradiol誘発DNA損傷に対するα2‐アドレナリン受容体を介したQuercetin-3-O-glucuronideの抑制効果
山崎隼輔、榊原啓之、三好規之、保田倫子、下位香代子
日本環境変異原学会(JEMS)第42回大会   2013年12月   
ノルアドレナリンによるMDA-MB-231乳がん細胞の浸潤促進に対するQuercetin-3-O-glucuronideの抑制効果
山崎隼輔、保田倫子、下位香代子
第18回日本フードファクター学会学術集会   2013年11月   
Effects of social isolation stress on the expression of heme oxygenase-1 in mouse liver
Michiko Yasuda, Keiko Motoyama, Akio Kobayashi, Asako Matsui, Hiroyuki Sakakibara, Kayoko Shimoi
第18回 静岡健康・長寿学術フォーラム   2013年11月   
Effects of luteolin on vascular endothelium exposed to inflammatory stimuli [招待有り]
Michiko Yasuda, Takahiro Hosoya, Kayoko Shimoi
The 5th ASIAHORCs Joint Symposium   2013年11月   
Social isolation stress induces the expression of heme oxygenase-1 in mouse liver
Michiko Yasuda, Keiko Motoyama, Akio Kobayashi, Asako Matsui, Hiroyuki Sakakibara, Kayoko Shimoi
Antioxidants and Redox Process in Health – Bilateral Meeting Brazil Japan   2013年10月   
Black soybean seed coat polyphenols prevent oxidative DNA damage in HepG2 cells
Kaori Hayashibara, Tianshun Zhang, Xiu Li, Michiko Yasuda, Hitoshi Ashida
Antioxidants and Redox Process in Health – Bilateral Meeting Brazil Japan   2013年10月   
Quercetin-3-O-glucronide inhibits the binding of noradrenaline to α2-adrenergic receptor, consequently suppresses γ-H2AX induction by co-treatment with 4-OHE2 and noradrenaline in MCF-10A cells
10. Shunsuke Yamazaki, Hiroyuki Sakakibara, Michiko Yasuda, ○Kayoko Shimoi
VI International Conference on Polyphenols and Health (VI ICPH)   2013年10月   
ベンゾ[a]ピレンの生体応答は明期と暗期で異なるか?
大塚好美、松井朝子、保田倫子、榊原啓之、下位香代子
環境科学会2013 年会   2013年9月   
消化管における酵素合成グリコーゲン(ESG)の挙動
保田倫子、信田衣里、鶴田(中村)祥子、中村俊之、古屋敷隆、高田洋樹、芦田均
第67回日本栄養・食糧学会大会   2013年5月   
パン酵母由来β-グルカン(BBG)のマクロファージにおける抗炎症作用
保田倫子、許小娟、水野雅史、芦田均
2013年度日本農芸化学会   2013年3月   
Enzymatically synthesized glycogen as a novel functional food ingredient
Hitoshi Ashida, Takashi Furuyashiki, Ryo Kakutani, Hideki Kajiura, Michiko Yasuda, Hiroki Takata, Takashi Kuriki
American Association for Cancer Research Annual Meeting 2006International Society for Nutraceuticals & Functional Foods (ISNFF) 2012 Annual Conference & Exhibition   2012年12月   
β-Glucan from Saccharomyces cerevisiae Reduces Lipopolysaccharide-Induced Inflammatory Responses in RAW264.7 Macrophages
Michiko Yasuda, Xiaojuan Xu, Masashi Mizuno, Hitoshi Ashida
The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2012)   2012年11月   
パン酵母由来β-グルカンのTLR2およびTLR4を介した炎症反応に対する抑制作用
保田倫子、許小娟、水野雅史、芦田均
第17回日本フードファクター学会学術集会・第9回カ日本テキン学会 合同大会 2012   2012年11月   
酸化ストレスマーカー8-OHdGの生成に対する黒大豆種皮抽出物の阻害効果について
張天順、保田論子、中村俊之、芦田均
第65回日本酸化ストレス学会   2012年6月   
酵素合成グリコーゲン(ESG)の腸管内における免疫賦活作用の検討
保田倫子、古屋敷隆、角谷亮、高田洋樹、鶴田(中村)祥子、中村俊之、芦田均
第66回日本栄養・食糧学会大会   2012年5月   
食餌誘導性肥満マウスにおける酵素合成グリコーゲン摂取の効果
小川瑠衣、中山陽子、本田和久、上曽山博、古屋敷隆、高田洋樹、保田倫子、芦田均
第66回日本栄養・食糧学会大会   2012年5月   
消化吸収を考慮した酵素合成グリコーゲン(ESG)の機能解明
保田倫子、古屋敷隆、角谷亮、高田洋樹、中村俊之、鶴田(中村) 祥子、芦田均
2012年度日本農芸化学大会   2012年3月   
抗グリコーゲンモノクローナル抗体における糖特異性の比較解析
信田衣里、鶴田(中村)祥子、保田倫子、中村俊之、古屋敷隆、角谷亮、高田洋樹、芦田均
2012年度日本農芸化学大会   2012年3月   
Inhibition effect of black soybean seed coat extract on 8-OHdG production as a DNA damage biomarker
張天順、保田論子、中村俊之、芦田均
2012年度日本農芸化学大会   2012年3月   
Function of enzymatically synthesized glycogen and its metabolite in intestine
Michiko Yasuda, Takashi Furuyashiki, Ryo Kakutani, Hiroki Takata, Toshiyuki Nakamura, Sachiko Nakamura-Tsuruta, Hitoshi Ashida
International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF 2011)   2011年11月   
Comparative analysis of sugar-binding specificities of two anti-glycogen monoclonal antibodies using surface plasmon resonance
Michiko Yasuda, Sachiko Nakamura-Tsuruta, Toshiyuki Nakamura, Takashi Furuyashiki, Ryo Kakutani, Hiroki Takata, Hitoshi Ashida
International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF 2011)   2011年11月   
Effect of enzymatically synthesized glycogen on fat accumulation and lipid metabolism in mice fed a high-fat diet
Rui Ogawa, Yoko Nakayama, Kazuhisa Honda, Hiroshi Kamisoyama, Takashi Furuyashiki, Hiroki Takata, Michiko Yasuda, Hitoshi Ashida
International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF 2011)   2011年11月   
食餌性肥満マウスの脂質代謝に及ぼす酵素合成グリコーゲンの影響
小川瑠衣、古屋敷隆、中山陽子、本田和久、上曽山博、高田洋樹、保田倫子、芦田均
2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会   2011年10月   
Metabolism and function of enzymatically synthesized glycogen in intestine
Michiko Yasuda, Takashi Furuyashiki, Ryo Kakutani, Hiroki Takata, Toshiyuki Nakamura, Sachiko Nakamura-Tsuruta, Hitoshi Ashida
XI Asian Congress of Nutrition 2011(ACN2011)   2011年7月   
パン酵母β-グルカンのマクロファージにおける炎症抑制効果
保田倫子、許小娟、水野雅史、芦田均
第65回日本栄養・食糧学会大会   2011年5月   
酵素合成グリコーゲンが高脂肪食摂取ラットの脂質代謝に及ぼす影響
小川瑠衣、中山陽子、本田和久、上曽山博、古屋敷隆、高田洋樹、保田倫子、芦田均
第65回日本栄養・食糧学会大会   2011年5月   
酵素合成グリコーゲンは脂質の吸収を抑制する
古屋敷隆、小川瑠衣、保田倫子、高田洋樹、栗木隆、芦田均
第65回日本栄養・食糧学会大会   2011年5月   
酵素合成グリコーゲンの腸管における挙動
保田倫子、古屋敷隆、角谷亮、高田洋樹、中村俊之、鶴田(中村)祥子、芦田均
2011年度日本農芸化学大会   2011年3月   
抗グリコーゲンモノクローナル抗体の特異性評価
鶴田(中村)祥子、古屋敷隆、角谷亮、高田洋樹、中村俊之、保田倫子、芦田均
2011年度日本農芸化学大会   2011年3月   
Genistein suppresses lipopolysaccharide-induced downregulation of programmed cell death 4 in RAW 264.7 mouse macrophages [招待有り]
Akira Murakami, Michiko Yasuda, Nancy H. Colburn, and Kazuhiro Irie
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2010年12月   
新規発がん抑制因子Pdcd4 の炎症反応における役割の究明
保田倫子、Nancy Colburn H.、村上明
第22回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会大会合同大会   2010年12月   
表面プラズモン共鳴法を用いた抗グリコーゲンモノクローナル抗体(IV58B6)の特性評価
鶴田(中村)祥子、古屋敷隆、角谷亮、高田洋樹、中村俊之、保田倫子、芦田均
第22回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会大会合同大会   2010年12月   
パン酵母由来β-グルカンの炎症抑制作用
許小娟、保田倫子、水野雅史、芦田均
第15回日本フードファクター学会(JSoFF2010)   2010年10月   
発がん抑制遺伝子Pdcd4 の炎症における役割とその制御因子の究明
保田倫子、Colburn H. Nancy、入江一浩、村上明
日本農芸化学会関西支部例会(第463回講演会)   2010年2月   
新規発がん抑制因子Pdcd4の炎症における役割と誘導食品因子の究明
保田倫子、Colburn H. Nancy、村上明
第14回日本フードファクター学会(JSoFF2009)   2009年11月   
炎症反応におけるPdcd4の役割とそれを制御する食品因子の究明
保田倫子、村上明
2009年度日本農芸化学大会   2009年3月   
Linoleic acid metabolite suppresses skin inflammation and tumor promotion in mice and induces programmed cell death 4 in mouse epidermal JB6 cells
Michiko Yasuda, Akira Murakami, Takashi Nishizawa, Takuji Tanaka, Nancy H. Colburn, Hajime Ohigashi
2006年11月   
リノール酸代謝産物のマウス皮膚炎症及び発がん抑制分子機構
保田倫子、村上明、田中卓二、西川泰、大東肇
第65回日本癌学会   2006年9月   
リノール酸代謝産物13-HOAによるマウス皮膚炎症及び発がん抑制作用とその分子メカニズム
保田倫子、村上明、西沢隆、田中卓二、西川泰、上中居和男、Colburn H. Nancy、大東肇
第13回日本がん予防学会   2006年7月   
Linoleic acid metabolite suppresses skin tumor promotion in mice and induces programmed cell death protein 4 in mouse epidermal JB6 cells
Akira Murakami, Takashi Nishizawa, Michiko Yasuda, Takuji Tanaka, Nancy H. Colburn, Hajime Ohigashi
American Association for Cancer Research Annual Meeting 2006   2006年4月   
リノール酸代謝産物13-HOAによるマウス皮膚発がんプロモーション抑制作用とその分子機構
保田倫子、村上明、西沢隆、田中卓二、西川泰、上中居和男、Colburn H. Nancy、大東肇
2006年度日本農芸化学大会   2006年3月   
エタノールの細胞毒性に対する直鎖脂肪酸・アルコールの添加効果
保田倫子、北畠直文
日本農芸化学会関西支部大会   2004年10月   
アルミニウム トリス(2,6ージフェニルフェノキシド) (ATPH)を用いる遠隔不斉誘導1: 不斉1,6付加反応への応用
石川拓男、保田倫子、斎藤進、石原一彰、山本尚
日本化学会第83春季年会   2003年3月   

担当経験のある科目

 
  • 卒業研究 (椙山女学園大学)
  • 栄養総合演習(食べ物と健康のうち、人間と食品、食品の表示と規格基準) (椙山女学園大学)
  • 専門演習 (椙山女学園大学)
  • 食品学実験II (椙山女学園大学)
  • 食品学実験I (椙山女学園大学)
  • 食品学I (椙山女学園大学)
  • ファーストイヤーゼミ (椙山女学園大学)
  • 環境生命科学英語 (静岡県立大学)
  • 環境健康科学 (静岡県立大学)
  • 環境科学入門 (静岡県立大学)
  • 環境生命科学実験 (静岡県立大学)
  • フィールドワーク演習 (静岡県立大学, 静岡県立大学大学院)
  • 食品化学総論 (名城大学)
  • 環境生物学総論 (静岡県立大学大学院)
  • 環境生物学総論 (静岡県立大学)
  • 環境分析・評価特論Ⅱ (静岡県立大学大学院)
  • 生物学実験 (静岡県立大学)

所属学協会

 
日本食品科学工学会 , フードサイエンスフォーラム , 日本毒性学会 , 日本分子生物学会 , 日本癌学会 , 日本栄養・食糧学会 , 日本フードファクター学会 (JSoFF) , 日本農芸化学会

社会貢献活動

 
新規がん抑制タンパク質PDCD4
【寄稿】  ネスレ栄養科学会議  栄養科学トピックス、07-005  2007年 - 2007年