日本の女性研究者

生物学

研究者リスト >> 高橋 淑子
 

高橋 淑子

 
アバター
研究者氏名高橋 淑子
URLhttp://develop.zool.kyoto-u.ac.jp/takahashi.html
所属京都大学
部署理学研究科
職名教授 兼理事補
学位理学博士
科研費研究者番号10183857

プロフィール

最近はしっぽの生物学に夢中!そしてこれまで続けてきた細胞移動や血管形成の謎など、一件別の現象にみえることを最終的につなげて大きなスケールの生物学を進めることが夢。胚内を動き回る細胞の気持ちになると、細胞の「ひそひそ話」がよく聞こえるのですよ。大阪フィルハーモニー交響楽団の合唱団に所属。歌って遊んだとき、よいアイデアがでます。

研究キーワード

 
背側大動脈 , 血管-神経相互作用 , ガン転移 , Neural Crest , 形態形成 , 発生 , シグナル分子 , ニワトリ胚 , 分節 , 誘導 , 組織間相互作用 , 神経管 , 細胞移動 , Rho , Notch , 脊椎動物 , 再生 , 中胚葉 , エレクトロポレーション法 , 血管形成

研究分野

 
  • 生物科学 / 細胞生物学 / 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 
  • 生物科学 / 発生生物学 / 

経歴

 
 
   
 
京都大学大学院 教授・京都大学理事補(兼)
 
2012年
 - 
現在
京都大学大学院 理学研究科 教授
 
2005年
 - 
2012年
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教授
 
2001年
 - 
2006年
理化学研究所 チームリーダー(パターン形成研究チーム)
 
1998年
 - 
2001年
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 助教授
 

受賞

 
2016年8月
国際細胞分化学会 第5回アン・マクラーレン賞
 
2011年7月
JOIN広島 JOIN広島大賞
 
2010年11月
広島大学 広島大学長表彰
 
2010年4月
「女性科学者に明るい未来をの会」  猿橋賞  「動物の発生における形作りの研究」
 

論文

 
Watanabe T, Nakamura R, Takase Y, Susaki EA, Ueda HR, Tadokoro R, Takahashi Y
Developmental Biology      2018年5月   [査読有り]
Tadokoro R, Shikaya Y, Takahashi Y
Developmental biology      2018年4月   [査読有り]
Takahashi Y, Takeda H
Dev. Growth Differ.   60(2) 85-86   2018年2月   [査読有り]
Takahashi Y, Kudo R, Tadokoro R, Atsuta Y
The International journal of developmental biology   62(1-2-3) 79-84   2018年   [査読有り]
Watanabe T, Kiyomoto T, Tadokoro R, Takase Y, Takahashi Y
Dev. Growth Differ.   59(9) 677-687   2017年11月   [査読有り]
Saito D, Tamura K, Takahashi Y
Develop. Growth Differ.   59(7) 593-602   2017年9月   [査読有り]
Tadokoro R, Takahashi Y
Current opinion in genetics & development   45 132-138   2017年8月   [査読有り]
Hardtke CS, Takahashi Y
Current opinion in genetics & development   45 iv-v   2017年8月   [査読有り]
*Tadokoro, R. and *Takahashi, Y.
Current Opinion in Genetics & Development   45 132-138   2017年8月   [査読有り]
Nakanoh, S., Fuse, N., Tadokoro, R., Takahashi, Y. and *Agata, K.
Developmental Biology   421(1) 43-51   2017年1月   [査読有り]
Tadokoro, R., Murai, H., Sakai, K., Okui, T., Yokota, Y. and *Takahashi, Y.
Scientific Reports   6 38277   2016年12月   [査読有り]
Atsuta, Y. and *Takahashi, Y.
Development   143(19) 3549-3559   2016年8月   [査読有り]
Saito, D. and *Takahashi, Y.
Mechanisms of Development   138 2-7   2015年11月   [査読有り]
Atsuta, Y. and *Takahashi, Y.
Development   142(13) 2329-2337   2015年6月   [査読有り]
*Nakanoh, S., Fuse, N., Takahashi, Y. and *Agata, K.
Development Growth and Differentiation   57(3) 251-263   2015年4月   [査読有り]
#Murai, H., #Tadokoro, R., Sakai, K. and *Takahashi, Y.
Development Growth and Differentiation   57(3) 232-241   2015年3月   [査読有り]
Takahashi, T., Takase, Y., Yoshino, T., Saito, D., Tadokoro, R. and *Takahashi, Y.
PLOS ONE   10(1) e0116119   2015年1月   [査読有り]
Yoshino, T., Saito, D., Atsuta, Y., Uchiyama, C., Ueda, S., Sekiguchi, K. and *Takahashi, Y.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111(18) 6660-6665   2014年5月   [査読有り]
*Takahashi, Y., Sipp, D. and *Enomoto, H
Science   341(6148) 860-863   2013年8月   [査読有り]
Kita, Y., Kawakami, K., Takahashi, Y. and *Murakami, F
PLoS ONE   8(7) e70091   2013年7月   [査読有り]
Atsuta, Y., Tadokoro, R., Saito, D. and *Takahashi, Y.
Development Growth and Differentiation   55(4) 579-590   2013年5月   [査読有り]
Freeman, S., Chrysostomou, E., Kawakami, K., Takahashi, Y. and *Daudet, N.
Methods in Molecular Biology   916(916) 127-139   2012年8月   [査読有り]
Saito, D., Takase, Y., Murai, H. and *Takahashi, Y.
Science   336(6088) 1578-1581   2012年6月   [査読有り]
Macdonald, J., Taylor, L., Sherman, A., Kawakami, K., Takahashi, Y., Sang, H. M. and *McGrew, M. J.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109(23) 1466-1472   2012年5月   [査読有り]
Adameyko, I., Lallmend, F., Furlan, A., Zinin, N., Aranda, S., Kitambi, S. S., Blanchat, A., Favaro, R., Nicolis, S., L?bke, M., M?ller, T., Birchmeier, C., Suter, U., Takahashi, Y. and *Ernfors, P.
Development   139(2) 397-410   2012年1月   [査読有り]
*Binder, B. J., Landman, K. A., Donald F. Newgreen, D. F., Simkin, J. E., Takahashi, Y. and Zhang, D.
Bulletin of Mathematical Biology   74(2) 474-490   2011年11月   [査読有り]
Wang, H., Bonnet, A., Delfini, MC., Kawakami, K., Takahashi, Y. and *Duprez, D.
Developmental Dynamics   240(5) 1223-1232   2011年5月   [査読有り]
Yokota,Y., Saito, D., Tadokoro, R. and *Takahashi, Y.
Developmental Biology   353(2) 382-395   2011年5月   [査読有り]
Yoshino, T., Saito, D., Tadokoro, R. and *Takahashi, Y.
Development Growth and Differentiation   53(3) 378-388   2011年4月   [査読有り]
Shimokita, E. and *Takahashi, Y.
Development Growth and Differentiation   53(3) 401-410   2011年4月   [査読有り]
Yoshiko Takahashi
Science, Editorial   332(6035) 1241   2011年1月   [査読有り][招待有り]
Hou, X., Omi, M., Harada, H., Ishii, S., Takahashi, Y. and *Nakamua, H.
Development Growth and Differentiation   53(1) 69-75   2011年1月   [査読有り]
Watanabe, T. and *Takahashi, Y.
Current Opinion in Genetics & Development   20(4) 443-447   2010年8月   [査読有り]
Yoshida A, Yamaguchi Y, Nonomura K, Kawakami K, Takahashi Y, Miura M
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   15(5) 501-512   2010年5月   [査読有り]
Ohata E, Tadokoro R, Sato Y, Saito D, Takahashi Y
Developmental biology   335(1) 33-42   2009年11月   [査読有り]
Mejia-Pous, C., Vinuelas, J., Faure, C., Koszela, J., Kawakami, K., Takahashi, Y. and *Gandrillon, O.
BMC Biotechnology   9 81   2009年9月   [査読有り]
Watanabe T, Sato Y, Saito D, Tadokoro R, Takahashi Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(18) 7467-7472   2009年5月   [査読有り]
Harada H, Takahashi Y, Kawakami K, Ogura T, Nakamura H
Development, growth & differentiation   50(8) 697-702   2008年10月   [査読有り]
Sato Y, Watanabe T, Saito D, Takahashi T, Yoshida S, Kohyama J, Ohata E, Okano H, Takahashi Y
Developmental cell   14(6) 890-901   2008年6月   [査読有り]
Takahashi Y, Sato Y
Development, growth & differentiation   50(Supplement 1) 149-155   2008年6月   [査読有り]
Sugio M, Takeuchi K, Kutsuna J, Tadokoro R, Takahashi Y, Yoshida-Noro C, Tochinai S
Gene expression patterns : GEP   8(4) 227-236   2008年4月   [査読有り]
Takahashi Y, Watanabe T, Nakagawa S, Kawakami K, Sato Y
Methods in cell biology   87 271-280   2008年   [査読有り]
Reza HM, Nishi H, Kataoka K, Takahashi Y, Yasuda K
Differentiation; research in biological diversity   75(8) 737-744   2007年10月   [査読有り]
Reza HM, Takahashi Y, Yasuda K
Differentiation; research in biological diversity   75(8) 726-736   2007年10月   [査読有り]
Sato Y, Kasai T, Nakagawa S, Tanabe K, Watanabe T, Kawakami K, Takahashi Y
Developmental biology   305(2) 616-624   2007年5月   [査読有り]
Watanabe T, Saito D, Tanabe K, Suetsugu R, Nakaya Y, Nakagawa S, Takahashi Y
Developmental biology   305(2) 625-636   2007年5月   [査読有り]
Tanabe K, Takahashi Y, Sato Y, Kawakami K, Takeichi M, Nakagawa S
Development (Cambridge, England)   133(20) 4085-4096   2006年10月   [査読有り]
Tadokoro R, Sugio M, Kutsuna J, Tochinai S, Takahashi Y
Current biology : CB   16(10) 1012-1017   2006年5月   [査読有り]
Saito D, Yonei-Tamura S, Takahashi Y, Tamura K
Developmental biology   292(1) 79-89   2006年4月   [査読有り]
Oka Y, Sato Y, Tsuda H, Hanaoka K, Hirai Y, Takahashi Y
Developmental biology   291(1) 25-37   2006年3月   [査読有り]
Aoki H, Hara A, Nakagawa S, Motohashi T, Hirano M, Takahashi Y, Kunisada T
Experimental eye research   82(2) 265-274   2006年2月   [査読有り]
Sato Y, Takahashi Y
Developmental biology   282(1) 183-191   2005年6月   [査読有り]
Takahashi Y
The International journal of developmental biology   49(2月3日) 221-230   2005年   [査読有り]
Takahashi Y, Sato Y, Suetsugu R, Nakaya Y
Cells, tissues, organs   179(1-2) 36-42   2005年   [査読有り]
Nakaya Y, Kuroda S, Katagiri YT, Kaibuchi K, Takahashi Y
Developmental cell   7(3) 425-438   2004年9月   [査読有り]
Tonegawa A, Kasai T, Takahashi Y
Developmental biology   262(1) 32-50   2003年10月   [査読有り]
Kanda S, Shiroi A, Ouji Y, Birumachi J, Ueda S, Fukui H, Tatsumi K, Ishizaka S, Takahashi Y, Yoshikawa M
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   26(3) 225-231   2003年7月   [査読有り]
Suetsugu R, Sato Y, Takahashi Y
Gene expression patterns : GEP   2(1月2日) 157-161   2002年11月   [査読有り]
Morphological boundary forms by a novel inductive event mediated by Lunatic fringe and Notch during somitic segmentation.
Sato Y, Yasuda K, Takahashi Y
Development (Cambridge, England)   129(15) 3633-3644   2002年8月   [査読有り]
Shiroi A, Yoshikawa M, Yokota H, Fukui H, Ishizaka S, Tatsumi K, Takahashi Y
Stem cells (Dayton, Ohio)   20(4) 284-292   2002年   [査読有り]
Takahashi Y, Osumi N, Patel NH.
Proc Natl Acad Sci U S A.   98(22) 12338-12339   2001年10月   [査読有り]
Sudo H1, Takahashi Y, Tonegawa A, Arase Y, Aoyama H, Mizutani-Koseki Y, Moriya H, Wilting J, Christ B, Koseki H.
Dev. Biol.   232(2) 284-300   2001年4月   [査読有り]
Takahashi Y, Kuro-O M, Ishikawa F.
Proc Natl Acad Sci U S A.   97(23) 12407-12408   2000年11月   [査読有り]
pplications of microelectroporation for studies of chick embryogenesis.
Yasuda K, Momose T, Takahashi Y.
Dev. Growth Differ.   42(3) 203-206   2000年6月   [査読有り]
Coelom formation: binary decision of the lateral plate mesoderm is controlled by the ectoderm.
Funayama N, Sato Y, Matsumoto K, Ogura T, Takahashi Y.
Development   126(18) 4129-4138   1999年9月   [査読有り]
Tonegawa A, Takahashi Y.
Dev. Biol.   202(2) 172-182   1998年10月   [査読有り]
Mesodermal subdivision along the mediolateral axis in chicken controlled by different concentrations of BMP-4.
Tonegawa A, Funayama N, Ueno N, Takahashi Y.
Development   124(10) 1975-1984   1997年5月   [査読有り]
BMP-4 mediates interacting signals between the neural tube and skin along the dorsal midline.
Takahashi Y, Tonegawa A, Matsumoto K, Ueno N, Kuroiwa A, Noda M, Nifuji A.
Genes Cells   1(8) 775-783   1996年8月   [査読有り]
Hatta K, Takahashi Y.
Dev Dyn.   205(2) 183-195   1996年2月   [査読有り]
Organization of the spina bifida neural tube in Splotch (Pax-3 defective) mouse embryos.
Takahashi, Y.
Dev Growth Differ   38 23-31   1996年   [査読有り]
Lens-specific activity of the chicken delta 1-crystallin enhancer in the mouse.
Takahashi Y, Hanaoka K, Goto K, Kondoh H.
Int J Dev Biol.   38(2) 365-368   1994年6月   [査読有り]
Morrison-Graham K, Takahashi Y.
Bioessays.   15(2) 77-83   1993年2月   [査読有り]
Monsoro-Burq AH, Bontoux M, Takahashi Y, Le Douarin NM.
C R Seances Soc Biol Fil.   187(3) 368-372   1993年2月   [査読有り]

Misc

 
二分脊椎症の理解に向けたSecondary neurulationの研究
川地 輝明, 下北 英輔, 高橋 淑子
小児の脳神経   42(4) 325-336   2017年11月
胚発生初期における神経管形成不全(NTDs)は、無脳症や二分脊椎症など重篤な中枢神経疾患の原因となる。頭部側NTDsに注目した研究は比較的進んでいる一方で、spina bifidaなど尾側で起こるNTDsについては、尾側神経管形成(Secondary neurulation:SN)のしくみが未解明のため、その理解が遅れている。我々は独自の解析系を用いて、SNに特徴的な細胞挙動を見出した。SN研究からNTDs原因究明への発展性を探る。(著者抄録)
形態形成における細胞および細胞内の再編成-がん・発生・神経におけるその過程- 皮膚呈色における膜小胞を介した細胞間メラニン輸送
高橋 淑子, 田所 竜介
日本細胞生物学会大会講演要旨集   69回 28-28   2017年5月
血管再生医学に向けた血管リモデリングの制御機構の解析
高橋 淑子
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2016年度 106-107   2017年3月
【分野別・必読論文選考対談:次世代に語り継ぐ論文はどれか?】 器官形成
武田 洋幸, 高橋 淑子
細胞工学   35(3) 190-193   2016年2月
もうひとつの脊髄 脊椎動物の進化から脳・脊髄を考える
高橋 淑子, 川地 輝明, 下北 英輔
日本医学会総会会誌   29回(学術講演要旨) 116-116   2015年4月
動物発生にみる細胞のふるまい
高橋 淑子
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [3PL1]-[3PL1]   2014年10月
【動く細胞・群れる細胞:発生・免疫・がんにおける「個」から「集団」レベルの細胞動態を追う】 側板中胚葉の器官形成と上皮-間充織転換
吉野 剛史, 高橋 淑子
細胞工学   33(6) 633-638   2014年5月
【神経-血管ワイヤリングの調節機構】 自律神経の発生における血管の関わり
高橋 淑子, 齋藤 大介
血管医学   14(3) 237-241   2013年11月
自律神経系は、生体の恒常性調節にとってきわめて重要な役割を担う。いわゆる現代病にみられる体調不良(うつ症状を含む)の多くは、自律神経系の機能不全に起因するとも言われる。しかしながら、自律神経系の詳細の多くは、依然謎に包まれたままである。謎解明にあたり有効な手段のひとつは、自律神経系の成立過程の理解である。本稿では、自律神経系のうち交感神経系に焦点を当て、その初期発生機構に関する最近の成果を紹介する。神経堤細胞から交感神経系がつくられる際、血管由来のシグナルを受けて、前駆細胞の移動や分化が正...
ライブイメージング法を用いたメラニン色素輸送の可視化
田所 竜介, 村井 英隆, 酒井 謙一郎, 高橋 淑子
日本小児皮膚科学会雑誌   32(2) 95-99   2013年6月
表皮や毛にメラニン色素が沈着するとき、メラノサイト内で合成されたメラニン顆粒(メラノソーム)が周囲のケラチノサイトに輸送される。このような細胞間輸送の現象は古くから知られていたが、輸送過程のメカニズムについては依然未解決である。本稿では、メラニン輸送研究の現状と問題点を総説したのち、技術的な革新として我々が確立しつつあるトリ胚表皮を利用した、新規のライブイメージング法を紹介する。(著者抄録)
【臓器円環による生体恒常性のダイナミクス 神経・免疫・循環・内分泌系の連関による維持、ライフステージに応じた変容と破綻】 (第3章)臓器・システム連関による生体システムの調節 神経-血管相互作用から読み解く自律神経系の成立機構
高橋 淑子, 齋藤 大介
実験医学   31(5) 759-764   2013年3月
いわゆる"自律神経失調症"に悩まされる現代社会であるが、実は自律神経系の正体は、いまだ謎に包まれている。個体発生の過程では、自律神経系(交感神経系と副交感神経系)を構成する神経節は、すべて神経堤細胞と呼ばれる高い移動能を有する細胞群に由来する。最近の研究から、神経堤細胞の移動や交感神経系への分化には、正中線に沿って走る背側大動脈からのシグナルが重要であることがわかった。そこではBMPシグナルが鍵を握り、その下流で細胞移動を制御する誘引因子の発現などが調節される。神経系と血管系との間に見られ...
仮説と戦略 自律神経系の形成における血管の役割
齋藤 大介, 高橋 淑子
生体の科学   63(6) 606-611   2012年12月
動物発生における形態形成と細胞シグナリング
高橋 淑子
Journal of Nara Medical Association   62(3・4・5) 92-93   2011年10月
動物の形作りと細胞達のつぶやき 管上皮構築をモデルとして
高橋 淑子, 熱田 勇士, 下北 英輔
日本腎臓学会誌   53(3) 298-298   2011年5月
Development and Regeneration 高解像度ライブイメージング解析によるメラニン色素顆粒の輸送機構(Development and Regeneration Ex vivo live-imaging at high resolution to directly visualize melanin transfer from melanocytes to keratinocytes)
高橋 淑子, 酒井 謙一郎, 田所 竜介
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 3S4-5   2010年12月
【血管新生を制御する いかに血管を作り、そして壊せるか】 血管ワイヤリングにおける組織間相互作用
高瀬 悠太, 安江 泰治, 高橋 淑子
細胞工学   29(11) 1087-1092   2010年10月
色素細胞の挙動とメラニン輸送の可視化 表皮培養法を用いたライブイメージング観察(Ex vivo live-imaging at high resolution to directly visualize melanin transfer from melanocytes to keratinocytes)
田所 竜介, 酒井 謙一郎, 村井 英隆, 高橋 淑子
日本細胞生物学会大会講演要旨集   62回 211-211   2010年5月
生命科学における血管新生研究のインパクト 背側大動脈の形成を支える細胞移動とNotch-Ephrinシグナル
高橋 淑子, 大畑 絵美, 佐藤 有紀, 高橋 輝明, 齋藤 大介
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回 2S13p-1   2009年9月
境界形成とEph-Ephrinシグナル
渡邉 忠由, 高橋 淑子
生体の科学   60(4) 330-336   2009年8月
【心血管ネットワーク形成のダイナミクス 組織特異的ガイダンスシグナルから形づくりのプリンシプルに迫る】 胚体内の初期血管パターニングとガイダンス分子 Notch-ephrinシグナルが制御する細胞のふるまい
大畑 絵美, 高橋 淑子
実験医学   27(11) 1697-1703   2009年7月
生体内という三次元空間に広がる血管ネットワークは、個体発生過程において、細胞の分化・増殖・移動など、さまざまな細胞挙動の集大成として確立される。近年、血管形成に必要な分子群は数多くあげられてきたが、それらが実際に、生体内でどのような細胞のふるまいを制御しているのかについては、まだほとんど明らかになっていない。本稿では、トリ・マウス胚の初期血管形成において、細胞のダイナミックな移動現象や血管内皮への分化を促進するNotch-ephrinシグナルに注目し、それらの役割を概説する。(著者抄録)
【幹細胞研究の最近の進歩 多能性幹細胞】 発生と幹細胞 神経冠細胞の移動メカニズム
齋藤 大介, 田所 竜介, 高橋 淑子
最新医学   64(6月増刊) 1244-1258   2009年6月
神経冠細胞(ニューラルクレスト:神経堤細胞とも言う)は,ほぼすべての末梢神経や色素細胞を作り上げるなど,脊椎動物にとって必須の細胞群である.神経冠細胞が持つ多くの特徴の1つに,胚内をダイナミックに移動するという現象がある.本稿では,神経冠細胞に由来するさまざまなサブタイプが,どのような仕組みで移動経路を選択し,またどのようにして目的地点へとたどり着くのかについて,最近の知見を紹介する.(著者抄録)

書籍等出版物

 
「多様な花が生まれる瞬間」シリーズ・遺伝子から探る生物進化6
奥山雄大(著), 斎藤成也 (監修), 塚谷裕一 (監修), 高橋淑子(監修) (担当:監修)
慶應義塾大学出版会   2018年6月   
二分脊椎症の理解に向けたSecondary neurulationの研究
川地輝明、下北英輔、高橋淑子 (担当:共著, 範囲:42(4):325-326)
小児の脳神経(日本小児神経外科学会)   2017年12月   
肌の色が決まる仕組み:メラニン色素の細胞間輸送
田所竜介、高橋淑子 (担当:共著, 範囲:12(1):1-6)
COSMETIC STAGE (株)技術情報協会   2017年10月   
「植物はなぜ自家受精をするのか」シリーズ・遺伝子から探る生物進化5
土松隆志(著), 斎藤成也 (監修), 塚谷裕一 (監修), 高橋淑子(監修) (担当:監修)
慶應義塾大学出版会   2017年8月   
総説「メラニン色素が移動する過程を解明(12月6日日本経済新聞)」
高橋淑子、田所竜介 (担当:共著, 範囲:Vol.72)
化学同人   2017年2月   
「新たな魚類大系統」シリーズ・遺伝子から探る生物進化4
宮正樹(著) 斎藤成也 (監修), 塚谷裕一 (監修), 高橋淑子(監修) (担当:監修)
慶應義塾大学出版会   2016年10月   
「クジラの鼻から進化を覗く」シリーズ・遺伝子から探る生物進化1
岸田 拓士 (著), 斎藤 成也 (監修), 塚谷 裕一 (監修), 高橋淑子(監修) (担当:監修)
慶應義塾大学出版会   2016年2月   
胎児期に刻まれた進化の痕跡」シリーズ・遺伝子から探る生物進化2
入江直樹 (著), 斎藤成也 (監修), 塚谷裕一 (監修), 高橋淑子(監修) (担当:監修)
慶應義塾大学出版会   2016年2月   
「特集:神経―血管ワイヤリング オーバービュー」
*高橋淑子
血管医学(メディカルレビュー社)   2013年9月   
「側板中胚葉の器官形成と上皮-間充織転換」
吉野剛史, *高橋淑子 (担当:共著, 範囲:33(6)633-638)
細胞工学(秀潤社)   2014年6月   
ギルバート発生生物学
阿形清和, 高橋淑子(監訳) (担当:共訳)
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2015年3月   
「神経と血管のワイヤリング」
高橋輝明, *高橋淑子 (担当:共著)
新・血栓止血血管学 血管と血小板(金芳堂)   2015年9月   
「植物の世代交代制御因子の発見」シリーズ・遺伝子から探る生物進化3
榊原恵子(著), 斎藤成也 (監修), 塚谷裕一 (監修), 高橋淑子(監修)高橋 淑子 (担当:監修)
慶應義塾大学出版会   2016年2月   
「自立神経の発生における血管の関わり」
*高橋淑子, 齋藤大介 (担当:共著, 範囲:14(3)9-13)
血管医学(メディカルレビュー社)   2013年9月   
私のメンター~受け継がれる研究の心~Nicole M. Le Douarin -発生研究に興したヌーヴェルヴァーグ
*高橋淑子:
実験医学(羊土社)   2013年3月   
「神経-血管相互作用から読み解く自立神経系の成立機構」 臓器円環による生体恒常性のダイナミクス
齋藤大介, *高橋淑子 (担当:共著, 範囲:31(5)759-764)
実験医学増刊(羊土社)   2013年3月   
「ライブイメージング法を用いた表皮内メラノサイトの可視化」
田所竜介, 村井英隆, 酒井謙一郎, *高橋淑子 (担当:共著, 範囲:32(2)95-99)
日本小児皮膚科学会雑誌((株)日本小児医事出版社)   2013年   
「自立神経系の形成における血管の役割」
齋藤大介, *高橋淑子 (担当:共著, 範囲:63(6)606-611)
生体の科学(医学書院)   2012年12月   
「トランスポゼースを用いた遺伝子発現」目的別で選べる遺伝子導入プロトコール
*高橋淑子
実験医学別冊(羊土社)   2012年7月   
動物発生を支える細胞の振る舞い
*高橋淑子
日仏生物学会誌(日仏生物学会)   2011年   
第22回高遠シンポジウム「生体制御の仕組みー限界への挑戦」
*高橋淑子
実験医学(羊土社)   2010年11月   
「血管ワイヤリングにおける組織間相互作用」
高瀬悠太, 安江泰治, *高橋淑子 (担当:共著)
細胞工学(秀潤社)   2010年11月   
「境界形成とEph-Ephrinシグナル」
渡邉忠由, *高橋淑子 (担当:共著)
生体の医学(最新医学社)   2009年6月   
「神経冠細胞の移動メカニズム」
齋藤大介, 田所竜介, *高橋淑子 (担当:共著)
最新医学「幹細胞研究の最近の進歩」(最新医学社)   2009年6月   
「胚体内の初期血管パターニングとガイダンス因子 -Notch-ephrinシグナルが制御する細胞のふるまい−」
大畑絵美, *高橋淑子 (担当:共著)
実験医学(羊土社)   2009年6月   
「器官形成を支えるEMT」
吉野剛史、下北英輔、*高橋淑子 (担当:共著)
細胞工学 (秀潤社)   2008年4月   
「からだ作りにみる上皮—間充織転換」
吉野剛史、仲矢由紀子、*高橋淑子 (担当:共著)
実験医学(羊土社)   2006年8月   
「オリジナリティを磨くための“好き”と“イグノア”!!」
*高橋淑子
蛋白質核酸酵素(共立出版)   2006年8月   
「発生過程における細胞移動」
大畑絵美,*高橋淑子 (担当:共著)
蛋白質核酸酵素(共立出版)   2006年5月   
「形態形成における間充織 -上皮転換とRhoファミリーの役割- 体節分節をモデルとして研究」
仲矢由紀子, *高橋淑子 (担当:共著)
細胞工学(秀潤社)   2005年   
「私の学会聞き歩き 第57回日本細胞生物学会大会」
*高橋淑子
細胞工学(秀潤社)   2004年10月   
「学会にも改革の嵐」
*高橋淑子
細胞工学(秀潤社)   2004年   
「体節形成のメカニズム
佐藤有紀, *高橋淑子 (担当:共著)
小児外科(東京医学社)   2003年9月   
「Notchの切断と発生分化におけるシグナル伝達」
吉野剛史, 佐藤有紀, *高橋淑子 (担当:共著)
細胞工学(秀潤社)   2003年6月   
「生き物の形を作る時間.」
*高橋淑子
MeSci(日本科学未来館)   2003年   
細胞間コミュニケーション.「細胞生物学」
*高橋淑子
放送大学教育振興会(放送大学TV講義用教科書)   2003年   
発生と分化.「細胞生物学」
*高橋淑子
放送大学教育振興会(放送大学TV講義用教科書)   2003年   
「かたちの魔術師-ニワトリ胚」
*高橋淑子
細胞工学(秀潤社)   2002年11月   
「ニワトリ胚への局所的遺伝子導入法 〜COS細胞と組織移植による方法〜」
佐藤有紀, *高橋淑子, 利根川あかね (担当:共著)
遺伝子医学別冊「図・写真で観る発生・再生実験マニュアル」安田國雄編(メディカルドゥ社)   2002年7月   
「日米若手科学者のドリームチーム対決 第3回JAFoSシンポジウム報告 」
磯崎行雄、*高橋淑子、第3回JAFoS日本側運営委員会 (担当:共著)
科学(岩波書店)   2001年2月   
「生命科学者を志す人たちへのプレゼンテーション法」第2回.
*高橋淑子
実験医学(羊土社)   2001年   
「生命科学者を志す人たちへのプレゼンテーション法」第1回
*高橋淑子
実験医学(羊土社)   2001年   
「鳥類肋骨胸骨部形成におけるBMP4および表皮外胚葉の役割」
須藤英文、古関明彦、青山裕彦、高橋淑子、守屋秀繁 (担当:共著)
日本整形外科學會雑誌   2000年10月   
「背腹軸に沿った中胚葉の部域化のしくみ.」
利根川あかね, *高橋淑子 (担当:共著)
実験医学(羊土社)   2000年   
「からだづくりとHox遺伝子」
*高橋淑子
遺伝子治療開発研究ハンドブック(日本遺伝子治療学会編)エヌ・ティー・エス   1999年5月   
「からだ作りに見る分子時計」
*高橋淑子
細胞工学(秀潤社)   1999年   
「細胞内シグナル伝達」
*高橋淑子
ノギン. バイオサイエンス用語ライブラリー(羊土社)   1998年   
Pax, Hox, Sox.
*高橋淑子
実験医学, Bio Science用語ライブラリー, 脳・神経(御子柴編)   1997年   
「脊椎動物における中胚葉形成の部域化とBMP4の役割」
利根川あかね、上野直人、高橋淑子 (担当:共著)
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集19   1996年8月   

講演・口頭発表等

 
Tail Development and Secondary Neurulation. [招待有り]
高橋 淑子
国際シンポジウム”Amphibian development, regeneration, evolution and beyond” 広島大学   2018年3月13日   広島大学
しっぽの中の神経系 [招待有り]
高橋 淑子
第19回名市大頭脳循環セミナー、名古屋市立大学   2018年3月1日   名古屋市立大学
Live-imaging analyses of melanosome transfer in the 3-D skin. [招待有り]
高橋 淑子
The 42nd Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   2017年12月16日   日本皮膚科学会
Cellular dynamism during secondary neurulation in the forming tail. [招待有り]
高橋 淑子
熊本大学博士課程教育リーディングプログラム/グローバルな健康生命科学パイオニア養成プログラムHIGO, 最先端研究セミナー、熊本大学発生医学研究所   2017年10月25日   熊本大学発生医学研究所
Cellular dynamism during neurulation in the tail region. [招待有り]
高橋 淑子
Institut de la Vision   2017年9月25日   Institut de la Vision
Cell-cell communications mediated by plasma membrane vesicles allow wide spread of pigmentation in the skin. [招待有り]
高橋 淑子
Fundaci?n Centro Nacional de Investigaciones Cardiovasculares Carlos III   2017年9月21日   Fundaci?n Centro Nacional de Investigaciones Cardiovasculares Carlos III
皮膚呈色における膜小胞を介した細胞間メラニン輸送 [招待有り]
高橋 淑子
第69回日本細胞生物学会大会   2017年6月14日   日本細胞生物学会
Growth coordination between external body and internal tissues. [招待有り]
高橋 淑子
第50回日本発生生物学会大会   2017年5月12日   日本発生生物学会
EMT and MET during formation [招待有り]
高橋 淑子
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月1日   日本分子生物学会
Melanosome transfer from melanocytes to keratinocytes is mediated by plasma membrane vesicles. [招待有り]
Yoshiko Takahashi and Ryosuke Tadokoro
The 27th CDB Meeting「Body surface tactics: cellular crosstalk for the generation of super-biointerfaces」   2016年11月14日   理化学研究所 多細胞システム形成研究センター
Cell-cell communications mediated by plasma membrane vesicles allow wide spread pigmentation in the skin. [招待有り]
高橋 淑子
European Molecular Biology Laboratory (EMBL), Heidelberg, Germany / MedUni Vienna, Austria   2016年9月26日   MedUni Vienna, EMBL
もう一つの神経形成:Secondary Neurulation [招待有り]
高橋 淑子
第59回日本神経化学学会・第38回日本生物学的精神医学会合同年会 2016 FUKUOKA   2016年9月9日   日本神経化学学会・日本生物学的精神医学会
Tale of tails [招待有り]
高橋 淑子
Society for Developmental Biology 75th Annual Meeting International Society of Differentiation 19th International Conference, Boston   2016年8月6日   Society for Developmental Biology /International Society of Differentiation
Neural Crest and Its Neighbors. [招待有り]
高橋 淑子
Symposium: Stem Cells, Gene Regulatory Networks and the Evolution of Vertebrates   2016年1月30日   California Institute of Technology
しっぽの中の神経系 [招待有り]
高橋 淑子
新適塾「脳はおもしろい」第11回会合   2016年1月7日   千里ライフサイエンス振興財団
Dynamic cell behavior during tubule formation and vascular development [招待有り]
高橋 淑子
CDB Retreat 2015   2015年9月29日   CDB
The tail story. [招待有り]
高橋 淑子
Symposium of Foundation des Treilles “Cell- and tissue communication in organogenesis: cutting edge approaches”   2015年9月21日   Les Treiles Foundation, France
動物発生における細胞の振る舞い〜細胞間コミュニケーションから組織形成まで〜 [招待有り]
高橋 淑子
日本光脳機能イメージング学会   2015年7月25日   光脳機能イメージング研究会
しっぽを知る [招待有り]
高橋 淑子
第48回日本発生生物学会大会   2015年6月2日   日本発生生物学会
脊椎動物の器官形成 ~細胞の声を聞きながら〜 [招待有り]
高橋 淑子
第48回日本発生生物学会大会   2015年6月2日   日本発生生物学会
もう一つの脊髄 〜脊椎動物の進化から脳・脊髄を考える〜 [招待有り]
高橋 淑子
第29回日本医学学会総会 2015 関西   2015年4月12日   日本医学学会
Angiogenesis in the developing spinal cord: blood vessel exclusion from neural progenitor region is mediated by VEGF, antagonists [招待有り]
高橋 淑子
2nd International Symposium of Neurovascular Wiring   2015年1月28日   新学術領域 血管?神経ワイヤリングにおける相互依存性の成立機構
発生生物学からみる『動くべき細胞』と『動いてはいけない細胞』 [招待有り]
高橋 淑子
名古屋大学医学部セミナー   2015年1月15日   名古屋大学医学部
Cell migration during morphogenesis and development. [招待有り]
高橋 淑子
“Centre for Reproduction, Development and Growth Symposium”   2014年12月12日   University of Hong Kong
Cell communications during skin pigmentation [招待有り]
高橋 淑子
第37回日本分子生物学会年会   2014年11月26日   the Molecular Biology Society of Japan
Inter-epithelial signaling protects tissues from EMT. [招待有り]
高橋 淑子
18th International Conference of the Society for Differentiation in conjunction with the British Society for Developmental Biology   2014年11月3日   Society for Differentiation / the British Society for Developmental Biology
動物発生にみる細胞のふるまい [招待有り]
高橋 淑子
第87回日本生化学会大会   2014年10月17日   日本生化学会
Tissue interactions that control cell migration and EMT during organogenesis [招待有り]
高橋 淑子
Meeting Spanish Society for Developmental Biology   2014年10月13日   Meeting Spanish Society for Developmental Biology
Interactions between neural cells and vascular cells [招待有り]
高橋 淑子
第57回日本神経化学会大会   2014年10月1日   日本神経化学会
In ovo live imaging analyses of endothelial cells during vascular remodeling in chicken embryos. [招待有り]
高橋 淑子
8th International Kloster Seeon Meeting “Angiogenesis”: Molecular Mechanisms and Functional Interactions   2014年9月21日   8th International Kloster Seeon Meeting “Angiogenesis”: Molecular Mechanisms and Functional Interactions
ウォルフ管をモデルとした上皮管形成機構の解析:FGF シグナルは管伸 長と上皮管腔化の進行をコーディネートする [招待有り]
高橋 淑子
47th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists   2014年5月28日   the Japanese Society of Developmental Biologists
Determination of the growing path of blood vessels in the spinal cord during embryogenesis. [招待有り]
高橋 淑子
The 18th International Vascular Biology Meeting 2014   2014年4月15日   International Vascular Biology
器官発生と細胞のふるまい [招待有り]
高橋 淑子
第4回宮崎メディカルアカデミー   2014年2月10日   宮崎大学、第一三共株式会社共催
上皮を支えるストローマ:ついに捉えたストローマの実体 [招待有り]
高橋 淑子
名古屋大学大学院医学研究科セミナー   2014年1月22日   名古屋大学大学院医学研究科
Cell-and tissue communications during organogenesis.Symposium “Building the vertebrate body: from chromatin to organs [招待有り]
高橋 淑子
36th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan   2013年12月3日   日本分子生物学会
Morphogenesis in development: cell communications and tubulogenesis. [招待有り]
高橋 淑子
Institute of Molecular Biology (IMB), Mainz, Germany, hosted by Christof Niehrs   2013年11月26日   Institute of Molecular Biology (IMB)
Morphogenesis in development: cell communications and tubulogenesis. [招待有り]
高橋 淑子
German Cancer Research Center, Heidelberg, Germany, hosted by Christof Niehrs,   2013年11月25日   German Cancer Research Center
Morphogenesis of neural crest cells: from single cell behaviour to tissue shape [招待有り]
高橋 淑子
Pasteur Institute (Department of Developmetal and Stem Cell Biology)   2013年11月22日   Pasteur Institute (Department of Developmetal and Stem Cell Biology)
Morphogenesis of neural crest cells: from single cell behavior to tissue shape [招待有り]
高橋 淑子
Swiss-kyoto Symposium 2013   2013年11月21日   the University of Zurich
器官発生を支える組織間の連携プレー [招待有り]
高橋 淑子
第221回発生研セミナー熊本大学発生医学研究所   2013年10月23日   熊本大学発生医学研究所
細胞の声を聞く [招待有り]
高橋 淑子
第33回バイオプロダクト・セミナー   2013年10月19日   コスモ・バイオ株式会社
Neuro-vascular wiring during development. [招待有り]
高橋 淑子
第86回日本生化学会大会   2013年9月12日   日本生化学会
Perspectives in developmental biology and Japanese science policy. [招待有り]
高橋 淑子
Seminar, SCIENCE Magazine, AAAS   2013年7月12日   SCIENCE Magazine, AAAS
Cell Migration and Morphogenesis During Vertebrate Development. [招待有り]
高橋 淑子
セミナー University of Virginia, Charlottesville, VA, USA, hosted by Doug DeSimone   2013年7月11日   University of Virginia
Morphogenesis of neural crest cells. [招待有り]
高橋 淑子
The 17th International Congress of Developmental Biology   2013年6月19日   The 17th International Congress of Developmental Biology
Coordination between tubular elongation and cell epithelialization is regulated by FGFs emanating from surrounding tissues. [招待有り]
高橋 淑子
The 46th Annual Meeting for the Japanese Society Developmental Biologists   2013年5月29日   日本発生生物学会
Neuro-vascular interactions during development [招待有り]
高橋 淑子
NNAC   2013年5月25日   大阪市立総合医療センター
Neural Crest研究の学術的価値と文化継承 [招待有り]
高橋 淑子
東北大学脳センターシンポジウム「脳科学の基盤、脳構築学の重要性」   2013年3月7日   東北大学
神経系の成り立ちを制御する血管性シグナル [招待有り]
高橋 淑子
第1回IRG(Inflammation and Regeneration) Meeting   2013年1月11日   田辺三菱製薬
Neuro-vascular interactions during neural crest morphogenesis. [招待有り]
高橋 淑子
Neuro-Vascular Wiring Symposium 2012   2012年11月12日   新学術領域 血管?神経ワイヤリングにおける相互依存性の成立機構
Migration of neural crest cells is controlled by dorsal aorta. [招待有り]
高橋 淑子
International Society of Differentiation Conference, “Stem Cells, Development and Regulation”   2012年11月6日   International Society of Differentiation
Neuro-vascular interactions during neural crest development. [招待有り]
高橋 淑子
Seminar   2012年11月2日   invited by Nicole Le Douarin and Alain Chedotal
Neuro-vascular interactions instruct morphogenesis during development [招待有り]
高橋 淑子
第35回日本神経科学大会   2012年9月21日   日本神経科学会
Dynamic cell rearrangements during vascular development [招待有り]
高橋 淑子
Gordon Research Conference on Notch signaling in development, regeneration and disease   2012年8月13日   Gordon Research Conference
発生における血管-神経相互作用 [招待有り]
高橋 淑子
成24年度包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 夏のワークショップ 「神経糖鎖生物学」「血管と神経」「動く細胞と秩序」3領域合同シンポジウム「細胞外と細胞内クロストーク」   2012年7月27日   平成24年度包括型脳科学研究推進支援ネットワーク
生体内におけるメラニン輸送の可視化と制御機構 [招待有り]
高橋 淑子
第36回日本小児皮膚科学会   2012年7月14日   日本小児皮膚科学会
発生における管組織の形成:伸展と上皮の協調メカニズム [招待有り]
高橋 淑子
第1回国内公開シンポジウム-動く細胞と場を読む   2012年1月27日   文部省科学研究費補助金 新学術領域「動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成」

競争的資金等の研究課題

 
メカノセンシンングによる4D血管形成の構成的解析
文部科学省 科学研究補助金: 基盤研究(B)特設分野研究
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 高橋 淑子
脳―腸連関システムの成立・破綻のしくみに立脚した 再生医療基盤技術の開発
戦略的創造研究推進事業CREST「生体恒常性維持・変容・破綻機構のネットワーク的理解に基づく最適医療実現のための技術創出」研究領域: CREST【2014年】【永井良三 研究総括】「生体恒常性維持・変容・破綻機構のネットワーク的理解に基づく最適医療実現のための技術創出」領域
研究期間: 2014年10月 - 2020年3月    代表者: 高橋 淑子
血管リモデリングを制御する血流刺激と細胞挙動
文部科学省: 科学研究補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 高橋 淑子
血管-神経ネットワークの形成・維持に関わる相互依存性
文部科学省: 科学研究補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 高橋 淑子
領域研究「血管-神経ワイヤリングにおける相互依存性の成立機構」の統括と運営
文部科学省: 科学研究補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2010年4月 - 2016年3月    代表者: 高橋 淑子
神経堤細胞をモデルとした生体内での細胞リプログラミング法の開発
JST: 戦略的創造研究推進事業 CREST
研究期間: 2009年 - 2014年    代表者: 高橋 淑子
器官ネットワーク形成における細胞の空間配置
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究A)
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 高橋 淑子
個体システムの理解に向けた血管-神経クロストークの成立基盤
三菱財団: 自然科学研究助成
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 高橋 淑子
個体システムの理解に向けた血管-神経クロストークの成立機構
武田科学振興財団: 生命科学研究助成
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 高橋 淑子
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2006年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2005年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2002年 - 2002年
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 2001年 - 2001年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(B), 特定領域研究)
研究期間: 2000年 - 2004年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2000年 - 2000年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 1999年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 1999年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年 - 1998年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 2001年
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1996年 - 1996年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年 - 1997年
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1995年 - 1995年

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
公益財団法人 山田科学振興財団  選考委員
 
 
 - 
現在
Differentiation  Editorial Board
 
 
 - 
現在
DevelopmentGrowth and Differentiation  Editorial Board
 
2015年1月
 - 
2015年12月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2015年
 - 
現在
日本細胞生物学会  代議員
 
2014年11月
 - 
2017年3月
理化学研究所  センター長選考委員会委員
 
2014年
 - 
現在
Developmental Biology(学術誌)  Handling Editor
 
 
 - 
現在
日本分子生物学会  理事
 
 
 - 
現在
日本発生生物学会  運営委員
 
2015年2月
 - 
2017年2月
文部科学省  第8期科学技術・学術審議会委員
 
 
 - 
現在
国際細胞分化学会  Board of Director
 
 
 - 
2015年
文部科学省  第7期科学技術・学術審議会委員
 
2012年
 - 
2014年11月
文部科学省  日本ユネスコ国内委員
 
2011年
 - 
2013年
日本神経科学会  理事
 
2009年
 - 
2013年
Science (学術誌)  Board of Reviewing Director
 
 
 - 
2010年
日本学術振興会  学術システム研究センター研究員
 

社会貢献活動

 
「卵から体が出来る仕組み」
【講師】  NPO法人大阪府高齢者大学校  「宇宙と生命の神秘に遭遇する科」講義  2017年2月6日
「卵から形ができる不思議」
【講師】  神戸国際中学校・高等学校  グローバル講演会  2016年8月27日
「細胞の声を聞く たった一つの卵から形ができてくる不思議」
【講師】  京都大学ELPs  京都大学ELPs講義  2016年7月9日
「しっぽの科学:発生学者は「しっぽ」をどうみるか」
【講師】  第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学大会合同大会  第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学大会合同大会, 市民公開講座  2015年12月4日
「細胞の声を聞く」
【パネリスト】  慶應義塾大学三田キャンパス  集まれ!理系女子東京大会, 第7回女子生徒による科学研究発表交流会  2015年10月31日
「卵から形が作られる不思議」~細胞の声をきく~
【パネリスト】  スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会Ⅰ部  成27年度大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会Ⅰ部  2015年10月24日
複眼時評「北部キャンパスの野人達」
【寄稿】  京都大学新聞  2015年6月16日
京人―きょうと―
【インタビュイー】  産經新聞  2015年3月9日
「細胞の声をきく!」~卵から体がつくられる不思議~
【講師】  愛知学院大学  第105回愛知学院大学モーニングセミナー  (愛知学院大学)  2014年12月9日
「研究倫理教育の課題と対応」 「真の研究者」の育成急げ
【インタビュイー】  産經新聞  2014年4月21日
「描け!カガクの未来予想図」
【出演, パネリスト】  科学技術振興機構  第3回科学の甲子園 全国大会 特別シンポジウム  (兵庫県立総合体育館)  2014年3月23日
「細胞の声を聞く!」
【出演, 講師】  科学技術振興機構  第3回科学の甲子園 全国大会 特別シンポジウム  (兵庫県立総合体育館)  2014年3月23日
[特別講義]細胞の声を聞く
【講師】  放送大学  (放送大学)  2012年4月 - 2014年3月
サイエンス誌に載った日本人研究者
【その他】  AAAS  Science  2014年3月
「生き物たちのつづれ織り 2014」
【寄稿】  京都大学理学研究科生物科学専攻  京都大学理学研究科生物科学専攻12-13  2014年3月
「生命科学者の熱い脳と冷たい脳」
【寄稿】  日本政策金融公庫調査月報  2014年2月
巻頭随想「生命科学者の熱い脳と冷たい脳」
【寄稿】  日本政策金融公庫  日本政策金融公庫調査月報  2014年2月
新関西笑談
【インタビュイー】  産経新聞  2013年10月15日 - 2013年10月18日
「動物のかたちづくり~細胞の不思議~」
【講師】  京都大学  京都大学理学部九州講演会-ノーベル賞の源へ-  2013年10月13日
nature cafe Report 第13回「理系」で広がるキャリアパス~輝く理系女性たち~
【その他】  ネイチャー ダイジェスト  2013年10月
探究人
【インタビュイー】  京都新聞  2013年9月22日
「卵から体ができあがるしくみ」
【講師】  京都大学理学部・理学研究科  第8回女子中高生のための関西科学塾  2013年6月9日
How Cells Build Up the Body
【寄稿】  Kyoto University Research Activities  2013年
サイエンス誌に載った日本人研究者
【その他】  AAAS  Science  2013年3月
第12回 細胞の声を聞くのがうれしくて研究を続けているんです
【インタビュイー】  テルモ科学技術振興財団  中高生と“いのちの不思議”を考える 生命科学DOKIDOKI研究室 この人に聞く「生命に関わる仕事っておもしろいですか?」  2012年9月2日
卵から体ができあがるしくみ
【講師】  ノートルダム清心高等学校(広島)  (ノートルダム清心高等学校(広島))  2011年11月17日
体をつくる遺伝子たち
【講師】  日仏会館  日仏会館科学講演  (日仏会館ホール(東京))  2011年7月8日
細胞たちのつぶやき~私達のからだづくりと遺伝子~
【その他】  JOIN広島  JOIN広島大賞受賞(広島)  2011年7月1日
「細胞に魅せられて」
【インタビュイー】  NHKラジオ  ラジオ深夜便 ないとエッセー  2011年4月1日 - 2011年4月15日
第1回 パリ留学奮闘記 2011.04.01
第2回 アイデアがひらめくとき 2011.04.08
第3回 細胞のつぶやき 2011.04.15
こころを整える
【パネリスト】  第26回国民文化祭京都2011  2011年3月5日
セッション2「文化が動く~進取の気風を世界へ」
細胞の声をきく:動物の体作りと細胞のコミュニケーション
【講師】  明石生涯学習指導者会  明石生涯学習指導者会後期研修会  2010年11月28日
卵から体が出来上がる仕組み-細胞の社会
【講師】  学研都市6大学連携  学研都市6大学連携「市民公開講座」  (京都)  2010年11月27日
この人に訊く
【出演】  NHK奈良  ならナビ  2010年6月14日
発生生物学に魅せられて ~遺伝子から個体まで~
【講師】  ノートルダム清心高等学校(広島)  2007年11月22日
「夢と刺激を追い求めて~研究者として生きること~」
【講師】  Nature Japan  平成25年度 SSHキャリア企画 「理系」で広がるキャリアパス~輝く理系女性たち~

その他

 
2013年   Faculty of 1000
Faculty Member