日本の女性研究者

科学教育・教育工学

研究者リスト >> 永井 由佳里
 

永井 由佳里

 
アバター
研究者氏名永井 由佳里
 
ナガイ ユカリ
eメールynagaijaist.ac.jp
所属北陸先端科学技術大学院大学
職名教授

プロフィール

デザイン学,デザイン思考,知識創造プロセスを研究し社会実装しています.
STEAMラーニングの国際研究と実践コミュニティを組織し、先導的に活動中です。

研究キーワード

 
Design Creativity , STEAM教育 , 創造性 , デザイン , 理数科系教育 , 科学教育 , 教授・学習システム , 構成科学 , 教育工学 , 多様性教育 , 概念 , 動的認知 , 創造と認知 , 学習支援 , 思考過程モデル , イメージ表現 , 観察実験 , 知識マネジメント , 創造性教育 , 情報技術

研究分野

 
  • 情報学 / 情報学基礎 / デザイン学
  • 情報学 / 知能情報学 / 
  • 情報学 / 認知科学 / 
  • 科学教育・教育工学 / 科学教育 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
北陸先端科学技術大学院大学 副学長(教育改革担当) イノベーションデザイン国際研究センター長
 
2011年
 - 
現在
北陸先端科学技術大学院大学 教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 研究科長
 
2008年
 - 
2011年
北陸先端科学技術大学院大学 准教授
 
2007年
   
 
-    北陸先端科学技術大学院大学准教授
 

学歴

 
2006年2月
 - 
2009年8月
シドニー工科大学 計算科学 Ph.D in Computing Sciences 
 
1999年4月
 - 
2002年3月
千葉大学 自然科学研究科 人間・地球環境科学専攻
 
1986年4月
 - 
1990年3月
武蔵野美術大学 造形学研究科 デザイン専攻
 
1982年4月
 - 
1986年3月
武蔵野美術大学 造形学部 視覚伝達デザイン学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本学術会議連携会員(哲学・情報)  永井由佳里
 
2011年1月
 - 
現在
ICDC  International Programme Chair
 
2009年12月
 - 
現在
Design Research Society  Fellow
 
2007年2月
 - 
現在
the Design Society  SIG co Chair
 

受賞

 
2018年11月
KICSS2019 Best Presentation Award
 
2018年9月
ICCI Best Student Paper Prize
 
2018年2月
The Design Society, ICDC Programme Committee Top 10 % Paper Award
 
2016年11月
KICSS The Best Paper Award
 
2006年7月
Design Computing and Cognition 優秀論文賞 DCC06 
 

論文

 
Tu Jui-Che, Nagai Yukari, Shih Min-Chieh
SUSTAINABILITY   10(5)    2018年5月   [査読有り]
Nagai Yukari, Doi Toshio, Ito Kunio, Yuasa Yoshiaki, Fujitani Takeshi, Naito Jun-ichi, Ogata Mitsuaki, Miura Ikuo
FRONTIERS IN GENETICS   9    2018年4月   [査読有り]
Cascini Gaetano, Nagai Yukari, Georgiev Georgi V., Zelaya Jader
INTERNATIONAL JOURNAL OF DESIGN CREATIVITY AND INNOVATION   6(1-2) 1-2   2018年   [査読有り]
Cascini Gaetano, Nagai Yukari, Georgiev Georgi V., Zelaya Jader
INTERNATIONAL JOURNAL OF DESIGN CREATIVITY AND INNOVATION   6(3-4) 129   2018年   [査読有り]
Wang Weizhen, Nagai Yukari, Fang Yuan, Maekawa Masami
INTERNATIONAL JOURNAL OF CLOTHING SCIENCE AND TECHNOLOGY   30(3) 302-319   2018年   [査読有り]
Taura Toshiharu, Nagai Yukari
INTERNATIONAL JOURNAL OF DESIGN CREATIVITY AND INNOVATION   5(3-4) 131-148   2017年   [査読有り]
Nagai Yukari, Taura Toshiharu, Zelaya Jader, Georgiev Georgi V.
INTERNATIONAL JOURNAL OF DESIGN CREATIVITY AND INNOVATION   5(3-4) 3-4   2017年   [査読有り]
SIGGRAPH ASIA 2017 SYMPOSIUM ON EDUCATION (SA'17)      2017年   [査読有り]
Georgi V. Georgiev,Yukari Nagai,Toshiharu Taura
IJCAET   8(1/2) 144-163   2016年   [査読有り]
Studies of Design Creativity: A Review and its Prospects
Nagai Yukari, Taura Toshiharu
JOURNAL OF THE INDIAN INSTITUTE OF SCIENCE   95(4) 341-351   2015年10月   [査読有り]

Misc

 
中田泰子, 八十出浩之, 寺野稔, 永井由佳里, 岡野絹枝
産学連携学会大会講演予稿集(CD-ROM)   16th 218‐219   2018年6月
近藤健次, 永井由佳里
日本創造学会論文誌   21 42‐63   2018年2月
田浦俊春, 永井由佳里
デザイン学研究特集号   25(1) 50‐66   2017年8月
Ding Wei, Ding Wei, Yukari Nagai, Liu Jing, Guo Xiao
International Journal of Design Creativity and Innovation   1-13   2018年2月
© 2018 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group The integration of multiple domains is encouraged in order to respond to the need for societal wellbeing. For example, smart clothing is expected to be beneficial for health monitoring...
宮田一乘, 永井由佳里, 由井薗隆也, 國藤進
デザイン学研究特集号   25(1) 28‐39   2017年8月

講演・口頭発表等

 
創造的デザインにおける未知なる触感の役割
第20回設計工学・システム部門講演会,産業技術研究所臨海副都心センター   2010年   
リズム特徴に着目した合成的動作生成とその感性評価
第20回設計工学・システム部門講演会,産業技術研究所臨海副都心センター   2010年   
ケーススタディプロジェクト「Natural Fabrications」:創造的な実践に基づく研究
第57回日本デザイン学会春季研究発表大会,長野大学   2010年   
デザイン思考を啓発する「風合い」インタラクション
第57回日本デザイン学会春季研究発表大会,長野大学   2010年   
リズム特徴に注目した動きのデザイン
第57回日本デザイン学会春季研究発表大会,長野大学   2010年   
Creative Design Thinking based on Understanding Human Imagination
The First International Conference on Design Creativity (ICDC2010), Kobe   2010年   
Fabrications of Natural and Artificial: A Case Study of Enhancing Users' Impressions
The First International Conference on Design Creativity (ICDC2010), Kobe   2010年   
A Study on the Convergence of Meaning and Creativity of the Generated Concepts in Design
The First International Conference on Design Creativity (ICDC2010), Kobe   2010年   
Research Methodology for Internal Observation of Design Thinking in the Creative Self-formation Process
The First International Conference on Design Creativity (ICDC2010), Kobe   2010年   
Design of Emotional and Creative Motion by Focusing on Rhythmic Features
The First International Conference on Design Creativity (ICDC2010),Kobe   2010年   
Discussion on Direction of Design Creativity Research (Part 2) - Research Issues and Methodologies: From the Viewpoint of Deep Feelings and Desirable Figure
The First International Conference on Design Creativity (ICDC2010), Kobe   2010年   
Discussion on Direction of Design Creativity Research (Part 1) - New Definition of Design and Creativity: Beyond the Problem-Solving Paradigm
The First International Conference on Design Creativity (ICDC2010),Kobe   2010年   
Users' Tactile Interactions with New Product Materials: An ,Analysis of Depth Impressions Based on Associative Concept Networks
ASME 2010 International Design Engineering Technical Conferences (IDETC) and Computers and Information in Engineering Conference (CIE), Canada   2010年   
Virtual impression networks for capturing deep impressions
FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON DESIGN COMPUTING AND COGNITION (DCC'10), University of Stuttgart, Stuttgart, Germany   2010年   
Understanding the nature of deep impressions by analyzing the structure of virtual impression networks
INTERNATIONAL DESIGN CONFERENCE - DESIGN 2010 , Dubrovnik, Croatia   2010年   

所属学協会

 
日本創造学会(理事・論文誌編集委員長) , 日本認知科学会(常任運営員) , フェロー DRS (Design Research Society) , Head Editor of IJ Design Creativity and Innovation , Chair of Advisory Board, Design Society , 芸術工学会 , 日本デザイン学会(理事) , 美学会 , 基礎造形学会 , 大学版画学会 , Design Research Society , 日本認知科学会

Works

 
メディア・アートのインスタレーション作品シリーズ
芸術活動   1986年
希望の印2000, カレンダーデザイン
芸術活動   1999年
希望のしるし2001, カレンダーデザイン
芸術活動   2000年
希望のしるし2002(しぜんがいいね)カレンダーデザイン
芸術活動   2001年
シンボル
芸術活動   2001年

競争的資金等の研究課題

 
デザイン思考過程における心的イメージ形成に関する基礎的研究
研究期間:  - 2002年
視覚障害者のための文字デザインについての研究
デザイン教育環境におけるコンピュータの位置づけ
研究期間:  - 2002年
デザイン思考過程に関する研究
研究期間: 2002年 - 2004年
創造性及びその教育方法に関する研究
研究期間: 2003年 - 2006年