日本の女性研究者

資源保全学

研究者リスト >> 簡 梅芳
 

簡 梅芳

 
アバター
研究者氏名簡 梅芳
 
カン バイホウ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/077bf987e359d7242e5926a4fea6223a.html
所属東北大学
部署大学院環境科学研究科 先進社会環境学専攻 資源戦略学講座 環境修復生態学分野
職名助教
学位博士(生命科学)(東北大学), 修士(生命科学)(台湾国立中興大学), 学士(生命科学)(台湾国立中興大学)

研究キーワード

 
環境生物工学 , 遺伝子工学

研究分野

 
  • 環境学 / 環境技術・環境負荷低減 / 
  • 生物資源保全学 / 生物資源保全学 / 
  • 土木工学 / 土木環境システム / 環境生物工学

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東北大学大学院 環境科学研究科 助教
 
2010年4月
 - 
2014年3月
東北学院大学 工学総合研究所 研究員
 
2008年9月
 - 
2010年3月
愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 研究員
 
2008年4月
 - 
2008年8月
東北学院大学 教育研究支援係 臨時職員
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
東北大学 大学院 生命科学研究科 博士後期課程
 
2004年9月
 - 
2005年3月
国立中興大学 大学院 生命科学研究科 博士後期課程
 
2002年9月
 - 
2004年6月
国立中興大学 大学院 生命科学研究科 修士課程
 
1998年9月
 - 
2002年6月
国立中興大学 生命科学部 植物学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
環境微生物系学会合同大会2017実行委員会  委員
 

受賞

 
2018年10月
15th International Phytotechnology Conference 最優秀口頭発表賞第3位 Enhancement or Inhibition: Understanding the role of plant root exudates in bacterial polycyclic aromatic hydrocarbons degradation using sudangrass
 
2018年6月
NPO法人環境バイオテクノロジー学会 最優秀ポスター賞 Plant-induced variability in bacterial PAHs degradation in hydroponic culture of sudangrass
 
2018年3月
NPO法人環境エネルギー技術研究所 第9回研究奨励賞 植物・微生物による効果的なヒ素除去機構の解明と汚染現場に適用するための技術提案
 
2012年10月
日本生物工学会 第64回日本生物工学会 トピックス集 ヒ素高蓄積植物根圏の細菌相の解析と植物によるヒ素蓄積機構に関する研究
 
2009年9月
Interdisciplinary Symposium “Biological Responses to Chemical Contaminants: from Molecular to Community Level” The best oral presentation award Distribution of mercury resistance determinants in highly mercury polluted area of Taiwan
 

論文

 
Enhancement of inhibition: understanding the role of plant root exudates in bacterial polycyclic aromatic hydrocarbons degradation using sudangrass
J.A. Dominguez, Mei-Fang Chien, Chihiro Inoue
Proceedings of 15th International Phytotechnologies Conference      2018年9月   [査読有り]
Gene expression of a phosphate transporter and an arsenate reductase in Pteris vittata during arsenic uptake
Shujun Wei, Mei-Fang Chien, Yi Huang-Takeshi Kohda, Chihiro Inoue
Proceedings of 15th International Phytotechnologies Conference      2018年9月   [査読有り]
Efficient arsenic phytoremediation by co-culture of Pterix multifida with a multifunctional rhizobiacterium
Chongyang Yang, Mei-Fang Chien, Chihiro Inoue
Proceedings of 15th International Phytotechnologies Conference      2018年9月   [査読有り]
Cadmium removal from mine drainage using Arabidopsis halleri ssp. gemmifera through hydroponic culture
Zhaojie Qian, Mei-Fang Chien, YiHuang-Takeshi Kohda, Nobuyuki Kitajima, Kentaro Hayashi, Akihiro Kanayama, Chihiro Inoue
Proceedings of 15th International Phytotechnologies Conference      2018年9月   [査読有り]
根圏微生物が引き出すファイトレメディエーションのさらなる可能性
楊重陽、簡梅芳
アグリバイオ   2(7) 682-683   2018年7月   [査読有り][招待有り]
Influence of Temperature on Arsenic Uptake by Pteris cretica from Hydroponic Solution
F. Rahman, K. Sugawara, Y. Huang, M.-F. Chien, C. Inoue
Proceedings of 14th International Phytotechnologies Conference   76-76   2017年9月   [査読有り]
VISUALIZATION OF ZINC TRANSLOCATION DYNAMIC IN HYPERACCUMULATOR ARABIDOPSIS HALLERI SSP. GEMMIFERA AND NON-ACCUMULATOR ARABIDOPSIS THALIANA
Y. Huang, Z. Qian, M.-F. Chien, K. Sugawara, N. Suzui, Y. Yin, N. Kawachi, H. Watabe, N. Kitajima, C. Inoue
Proceedings of 14th International Phytotechnologies Conference   43-43   2017年9月   [査読有り]
Adsorption of Cd and Zn to the root of Arabidopsis halleri ssp. gemmifera
Z.-J. Qian1, Y. Huang, M.-F. Chien, C. Inoue
Proceedings of 14th International Phytotechnologies Conference   68-68   2017年9月   [査読有り]
Comparative analysis of arsenate reductase gene expression in two arsenic hyperaccumulator Pteris ferns
Shujun Wei, Mei-Fang Chien, Chihiro Inoue
Proceedings of 14th International Phytotechnologies Conference   31-31   2017年9月   [査読有り]
WBC11 as a Potential Gene for Cadmium Accumulation/Transportation in Arabidopsis halleri ssp. gemmifera
C. D. A. Wiyono, M.-F. Chien, C. Inoue
Proceedings of 14th International Phytotechnologies Conference   31-31   2017年9月   [査読有り]
Mei-Fang Chien, Naoya Ikeda, Kengo Kubota and Chihiro Inoue
Solid State Phenomena   262 421-424   2017年8月   [査読有り]
Ge Cui, Mei-Fang Chien, Koichi Suto, Chihiro Inoue
Appl Microbiol Biotechnol      2017年7月   [査読有り]
Arsenic, Lead and Cadmium Removal Potential of Pteris multifida from Contaminated Water and Soil
Farzana Rahman, Kazuki Sugawara, Yi Huang, Mei-Fang Chien, Chihiro Inoue
International Journal of Phytoremediation   20(12) 1187-1193   2018年12月   [査読有り]
Ganiyu Oladunjoye Oyetibo, Mei-Fang Chien, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Hitoshi Suzuki, Oluwafemi Sunday Obayori, Sunday Adekunle Adebusoye, Matthew Olusoji Ilori, Olukayode Oladipo Amund, Ginro Endo
International Biodeterioration & Biodegradation   120 143-151   2017年2月   [査読有り]
Ganiyu Oladunjoye Oyetibo, Keisuke Miyauchi, Yi Huang, Mei-Fang Chien, Matthew Olusoji Ilori, Olukayode Oladipo Amund, Ginro Endo
International Biodeterioration & Biodegradation   119 614-625   2017年   [査読有り]
Phenotypic and genotypic analysis of arsenic accumulation and transformation in three Pteris ferns
Shujun Wei, Mei-Fang Chien, Kazuki Sugawara, Chihiro Inoue
Proceedings of 13th International Phytotechnologies Conference   83   2016年9月   [査読有り]
Analysis of bacteria in rhizosphere of two arsenic hyperaccumulators and their effects on phytoremediation of arsenic
Ryota Makita, Mei-Fang Chien, Hirofumi Nagayama, Chihiro, Inoue
Proceedings of 13th International Phytotechnologies Conference,   117   2016年9月   [査読有り]
Phytofiltration potential of Pteris multifida for accumulating As, Pb, Cd and Se from mixed metal solution
Farzana Rahman, Kazuki Sugawara, Mei-Fang Chien, Chihiro, Inoue
Proceedings of 13th International Phytotechnologies Conference   50   2016年9月   [査読有り]
Kazuaki Matsui, Satoshi Yoshinami, Masaru Narita, Mei-Fang Chien, Le T. Phung, Simon Silver and Ginro Endo
FEMS Microbiology Letters   363(5) fnw013   2016年1月   [査読有り]
Mei-Fang Chien, Ryota Makita, Kazuki Sugawara, Chihiro Inoue
Advanced Materials Research   1130 568-572   2015年11月   [査読有り]
Evaluation of arsenic behavior in temperate-zone plant, Pteris multifida
Kazuki Sugawara, Mei-Fang Chien, Chihiro Inou
Proceedings of 12th International Phytotechnologies Conference   137   2015年9月   [査読有り]
Characterization of rhizobacteria isolated from arsenic hyperaccumulator ferns
Mei-Fang Chien, Ryota Makita, Hirofumi Nagayama, Kazuki Sugawara, Chihiro Inoue
Proceedings of 12th International Phytotechnologies Conference   107   2015年9月   [査読有り]
Study on As uptake and removal by As hyper-accumulator Pteris vittata and it’s rhizosphere bacteria
Mei Fang Chien, Kazuki Obata, Yi Huang, Keisuke Miyauchi, Ginro Endo, Chihiro Inoue
Proceedings of 11th International Phytotechnologies Conference   147   2014年9月   [査読有り]
簡 梅芳,小畑和貴,黄  毅,宮内啓介,遠藤銀朗
土木学会論文集   69(7) III9-III15   2013年11月   [査読有り]
簡 梅芳,宮内啓介,井上千弘,北島信行,遠藤銀朗
土木学会論文集   69 19-24   2013年   [査読有り]
Mei-Fang Chien, Ryo Nakahata, Tetsuya Ono, Keisuke, Miyauchi, Ginro Endo
Frontiers of Chemical Science and Engineering   6(2) 192-197   2012年   [査読有り]
Ying-Ning Ho, Dony Chacko Mathew, Shu-Chuan Hsiao, Chun-Hao Shih, Mei-Fang Chien, Hsing-Mei Chiang, Chieh-Chen Huang
Journal of Hazardous Materials   219-220 43-49   2012年   [査読有り]
地震・津波被災によるヒ素汚染土壌の植物による浄化技術の開発
遠藤銀朗,宮内啓介,簡 梅芳,井上千弘,北島信行
Chemical Engineering   57 29-34   2012年
Kuo-Hsing Lin, Mei-Fang Chien, Ju-Liang Hsieh, and Chieh-Chen Huang
Appl. Microbiol. Biotechnol.   87 561-569   2010年   [査読有り]
Mei-Fang Chien, Masaru Narita, Kuo-Hsing Lin, Kazuaki Matsui, Chieh-Chen Huang, and Ginro Endo
Journal of Bioscience and Bioengineering   110 94-98   2010年   [査読有り]
Bacterial mercury resistance of TnMERI1 and its’ application in bioremediation
Chieh-Chen Huang, Mei-Fang Chien, and Kuo-Hsing Lin
Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry   3 23-29   2010年   [査読有り]
Distribution of mercury resistance determinants in highly mercury polluted area of Taiwan
Mei-Fang Chien, Kao-Hung Lin, Juu-En Chang, Chieh-Chen Huang, Ginro Endo, and Satoru Suzuki
Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry   3 31-36   2010年   [査読有り]
Ju-Liang Hsieh, Ching-Yi Chen, Meng-Hsuen Chiu, Mei-Fang Chien, Jo-Shu Chang, Ginro Endo, and Chieh-Chen Huang.
J. Hazardous Materials   161 920-925   2009年   [査読有り]
Mei-Fang Chein, Saeko Tosa, Chieh-Chen Huang, and Ginro Endo
Microbes and Environments   24 28-32   2009年   [査読有り]
Mei-Fang Chien, Chieh-Chen Huang, Tomonobu Kusano, and Ginro Endo
GENE   408 164-171   2008年   [査読有り]
Development of new in situ molecular breeding method for application of microbial environment purification capability --gene introduction by bacterial intron--
Mei-Fang Chien, Saeko Tosa, Chieh-Chen Huang, Tomonobu Kusano, and Ginro Endo
Bulletin of Environmental and Disaster Prevention Research Institute Tohoku Gakuin University   19 39-45   2007年

講演・口頭発表等

 
Study on As uptake and rhizobacteria of two As hyperaccumulators forward to As phytoremediation
Ryota Makita, Kazuki Sugawara and Chihiro Inoue
International Biohydrometallurgy Symposium 2015   2015年10月5日   
Characterization of rhizobacteria isolated from arsenic hyperaccumulator ferns
Ryota Makita, Hirofumi Nagayama, Kazuki Sugawara, Chihiro Inoue
12th International Phytotechnologies Conference   2015年9月27日   
ヒ素超蓄積植物の栽培実験およびその根圏微生物相の解析
牧田涼太、永山浩史、井上千弘
資源素材学会   2015年9月8日   
植物のヒ素吸収とヒ素耐性に寄与する根圏微生物の機能解析
牧田涼太、永山浩史、井上千弘
日本環境バイオテクノロジー学会   2015年6月29日   
ヒ素超蓄積シダ植物モエジマシダとイノモトソウの根圏微生物の特徴づけ
牧田涼太, 菅原一輝, 井上千弘
日本水環境学会2014年度大会   2015年3月16日   

所属学協会

 
日本水環境学会 , 日本農芸化学会 , 日本生物工学会 , 環境バイオテクノロジー学会 , アメリカ微生物学会

競争的資金等の研究課題

 
レアメタルの持続可能な利用を目的としたモリブデンの生物学的濃縮・回収技術の開発
日本学術振興会: 科学研究費挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 簡梅芳
植物・微生物による効果的なヒ素除去機構の解明と汚染現場に適用するための技術提案
NPO環境エネルギー技術研究所: 環境エネルギー技術研究所第9回研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 簡梅芳
レアメタルの濃縮回収を同時にこなす革新的な生物学的地下資源開発技術の基盤構築
公益財団法人 新井科学技術振興財団: 平成27年度研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2018年9月    代表者: 簡梅芳
植物根圏環境の解明による新しいファイトエクストラクション技術の構築と展開
東北大学 学際科学フロンティア研究所: 領域創成研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 簡 梅芳
ヒ素による土壌環境汚染を効率的に除去するための生物学的浄化技術の開発
日本学術振興会: 科学研究費若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 簡梅芳

社会貢献活動

 
東北大学女性限定研究者の採用・昇進枠創設へ
【企画】  NHK総合テレビ  2017年8月17日
東北大学が平成29年度から5年間女性限定の研究者採用・昇進枠を創設することに当たって、現場で働く女性研究者の現状として取材を受けました。

その他

 
2016年4月   レアメタルの濃縮回収を同時にこなす革新的な生物学的地下資源開発技術の基盤構築
日本のレアメタルはほぼ海外からの輸入に頼っているが、供給が困難時に備えて、最も欠かせない7種類のレアメタルは国家に備蓄されている。合金や機械産業に多く利用されるモリブデンはその一つであり、21日分も常に備えている。一方、モリブデンは全ての生物にとって必須な微量元素である。生物は環境中のモリブデンを感知し、結合して輸送したり取り込んだりするシステムが備えられている。本研究は、レアメタルのモリブデンを最初のターゲットとして、環境におけるモリブデン応
答遺伝子を探索した上、生物工学を活かした効率的濃縮・回収システムの創出を目指す。本研究は以下三つの研究項目にわけて実施する:(1)モリブデン応答遺伝子の探索、(2)レアメタルの濃縮システムの基盤技術の確立、(3)濃縮したレアメタルの回収システムの基盤技術の確立。
2012年4月   水銀汚染水の生物学的除去・回収するバイオリアクターの開発
水銀及び水銀化合物は様々な産業において使われており、日本では年間約14トン、世界的には年間約4000トンの需要量がある。しかし、高い生物毒性を持つ水銀化合物は、環境中の残留や生態系での生物濃縮などの作用を通して、世界的に大変深刻な健康被害及び環境公害問題を引き起こしており、日本においては、「水俣病」の原因環境汚染物質と確認された。水俣病のような被害が世界において二度と起こらないように、既存の水銀汚染に対する効果的、経済的、かつ安全な除去・回収技術の開発と適用が必要とされる。環境中には、水俣病の原因物質である有機水銀等の水銀化合物を分解し毒性の低い金属水銀に変換する微生物が存在しており、これらの微生物の持つ水銀浄化能力を利用した効果的な環境浄化(バイオレメディエーション)技術は、深刻化する水銀汚染を改善するための有効な対策の一つと考えられる。申請者はこれまで環境中の水銀還元細菌を持つ水銀耐性遺伝子の分子生物学的特性、環境中の生態学的分布、またバイオレメディエーションの開発に向けた組み換え微生物や植物の研究を行ってきた。本研究は、水銀還元環境細菌を固定化することにより、安全かつ有効な水銀汚染処理に適用できる生物学的水銀除去・回収システムの開発を目的とする。