日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 米澤 千夏
 

米澤 千夏

 
アバター
研究者氏名米澤 千夏
 
ヨネザワ チナツ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/66e902b0b2bb93e8056b48a3a9972088.html
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 資源生物科学専攻 資源環境経済学講座 フィールド社会技術学
職名准教授
学位博士(理学)(東京大学)

研究キーワード

 
Remote Sensing , Synthetic Aperture Radar , Geographical Information Science

研究分野

 
  • 環境学 / 環境動態解析 / 
  • 農業工学 / 農業環境・情報工学 / 
  • 境界農学 / 環境農学(含ランドスケープ科学) / 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
東北大学 大学院農学研究科 准教授
 
2005年4月
 - 
2009年3月
宮城大学 食産業学部 講師
 
 
 - 
2005年3月
(財)リモート・センシング技術センター 研究員
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本リモートセンシング学会  評議員
 
2016年5月
 - 
2018年5月
日本リモートセンシング学会  理事
 
2013年5月
 - 
現在
システム農学会  理事
 
2012年7月
 - 
2014年6月
日本リモートセンシング学会  事業推進特別委員会委員
 
2015年1月
 - 
2015年10月
システム農学会2015年秋季大会実行委員会  実行委員長
 
2005年5月
 - 
2015年4月
日本リモートセンシング学会  国際委員
 
2008年9月
 - 
2011年8月
GRSS IGARSS2011組織委員会  委員
 
2006年5月
 - 
2010年3月
日本地理情報システム学会  渉外委員
 
2002年5月
 - 
2009年5月
日本リモートセンシング学会  編集委員
 
2006年11月
   
 
システム農学会2006年秋季大会  実行委員会
 

受賞

 
2017年
地理情報システム学会 ポスターセッション省
 
2001年
Remote Sensing Society 20th Anniversary Poster Award
 

論文

 
岩手県広田湾の養殖筏のオブジェクトベース画像解析による自動抽出
米澤 千夏
社)日本リモートセンシング学会第65回(平成30年度秋季)学術講演会講演論文集   125-126   2018年11月
X-バンド航空機搭載SARによる農地におけるマイクロ波散乱の解析
古屋聡・米澤千夏・石塚直樹・児島正一郎
社)日本リモートセンシング学会第65回(平成30年度秋季)学術講演会講演論文集   17-18   2018年11月
Paddy Rice Field Extraction Using ALOS-2 PALSAR-2 Full Polarimetric Data with Agricultural Parcel Vector Data
米澤 千夏
Proceedings of GARSS 2018 - 2018 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium   5296-5299   2018年7月   [査読有り]
Pi-SAR-L2・PALSAR2による海面養殖施設のマッピングおよび面積の算出
村田裕樹・小松輝久・ 米澤千夏
一社)日本リモートセンシング学会第64回(平成30年度春季)学術講演会講演論文集   51-52   2018年5月
全偏波観測SAR画像とLiDARデータを用いた森林抽出
三浦祐未・ 米澤千夏
一社)日本リモートセンシング学会第64回(平成30年度春季)学術講演会講演論文集   169-170   2018年5月

Misc

 
Classification of Polarimetric SAR Imagery for Forest Extraction with Airborne LiDAR Data
Yumi MIURA and Chinatsu YONEZAWA
Journal of Integrated Field Science   15 92-92   2018年10月
An Experimental Study of Crop Discrimination Using Pi-SAR2 Data
Soh FURUYA, Chinatsu YONEZAWA, Naoki ISHITSUKA and Shoichiro KOJIMA
Journal of Integrated Field Science   15 78-78   2018年10月
YONEZAWA Chinatsu, OGURA Shin-ichiro, SAITO Masanori
Journal of Integrated Field Science   14 112-112   2017年3月
フィールドセンター北山地区針葉樹林地における航空機ハイパースペクトルリモートセンシングによる森林管理の可能性の検討
矢部勝也・米澤千夏*・國井大輔・齊藤元也・小田川信哉
複合生態フィールド教育研究センター報告   28 13-19   2013年
農村調査への地理空間情報と関連機器の利用
米澤千夏
農業経済研究報告   44 76-84   2013年

書籍等出版物

 
Global Warming and Human - Nature Dimension in Northern Eurasia
Watanabe, M., Takakura, H., YONEZAWA, C., YOSHIKAWA, Y. and SHIMADA, M. (担当:共著, 範囲:Detection of Ice-Jam Floods Using PALSAR Full-Polarimetry Data)
Springer   2017年   
コンポスト科学
米澤千夏・斎藤元也 (担当:共著, 範囲:リモートセンシング技術とコンポストの適正利用)
東北大学出版会   2015年7月   
地理情報科学
米澤千夏(浅見泰司、矢野桂司、貞広幸雄、湯田ミノリ編) (担当:共著, 範囲:リモートセンシングとその解析、36-40頁)
古今書院   2015年3月   
高水分バイオマスの液肥利用
矢部光保 編 (担当:共著, 範囲:地理情報システム(GIS)を利用した液肥利用が農村・流域環境に与える影響評価)
筑波書房   2014年12月   ISBN:978-4-8119-0454-2
農業リモートセンシングハンドブック増補版
秋山 侃,冨久尾 歩, 平野 聡,石塚 直樹,小川 茂男,岡本 勝男,斎藤 元也,内田 諭,山本 由紀代,吉迫 宏,瑞慶村 知佳,ほか (担当:共著, 範囲:第2部第1章05(96-99)、第2部第3章04(238-241)、第2部第3章05(234-237)、第2部第2章06(174-179)、第2部第2章09(190-195))
佐藤印刷   2014年7月   ISBN:4990447115

講演・口頭発表等

 
ENVISAT ASAR alternative polarizationモードで取得された画像の都市の特徴抽出への利用可能性の検討
米澤千夏*
(社)日本リモートセンシング学会第35回学術講演会   2003年11月26日   
本人の発表
Perturbation caused by cloud in ERS SAR interferogram
C. YONEZAWA* and S. TAKEUCHI
IGARSS 2003 Symposium   2003年7月21日   
本人の発表
2001年インド西部地震被害地域におけるRADARSAT画像の相関の低下
米澤千夏*, 冨山信弘, 竹内章司
(社)日本リモートセンシング学会第33回学術講演会   2002年11月28日   
本人の発表
Urban Damage Detection Using Decorrelation of SAR Interferometric Data
C. YONEZAWA*, S. TAKEUCHI and N. TOMIYAMA
IGARSS 2002 Symposium   2002年6月24日   
本人の発表
Comparison InSAR Capability for Land Subsidence Detection between C-band and L-band SAR
S. TAKEUCHI*, S. YAMADA and C. YONEZAWA
IGARSS 2002 Symposium   2002年6月24日   
建造物倒壊地域におけるSAR画像の相関の低下についての定量的評価
米澤千夏*, 竹内章司
(社)日本リモートセンシング学会第31回学術講演会   2001年12月6日   
本人の発表
Interferometric Analysis of ALOS/PALSAR Data for Land Subsidence Monitoring and Crustal Deformation Detection
C. YONEZAWA*, T. YAMANOKUCHI, N. TOMIYAMA and S. TAKEUCHI
1st ALOS PI Workshop   2001年3月28日   
本人の発表
関東平野における地盤沈下検出のためのERS/SARインターフェロメトリィ
米澤千夏*, 竹内章司
(社)日本リモートセンシング学会第29回学術講演会   2000年11月30日   
本人の発表
取得間隔の長いERS/SAR干渉ペアによる関東平野における地盤沈下検出の試み
米澤千夏*, 竹内章司
ワークショップ「InSARとその応用」   2000年9月7日   
本人の発表
Land Subsidence Detection Using Long Interval ERS/SAR Data Pairs
C. YONEZAWA* and S. TAKEUCHI
IGARSS 2000 Symposium   2000年7月24日   
本人の発表
Detection of Urban Disaster Using InSAR - A Case Study for the 1999 Great Taiwan Earthquake
S. TAKEUCHI*, Y. SUGA, C. YONEZAWA, A. J. CHEN
IGARSS 2000 Symposium   2000年7月24日   
人工衛星搭載合成開口レーダを用いた都市域の地震による被害地域の抽出
米澤千夏*, 竹内章司, 菅雄三, 小黒剛成, 小川博道, A. J. Chen
第28回可視化情報シンポジウム   2000年7月17日   
本人の発表
ERS-1 SAR Interferogram of the 1995 Hyogoken-nanbu earthquake
C. YONEZAWA* and S. TAKEUCHI
2000 Western Pacific geophysics Meeting   2000年6月27日   
本人の発表
ERS-1/SARインターフェロメトリィによる地盤沈下検出の試み
米澤千夏*, 竹内章司
(社)日本リモートセンシング学会第27回学術講演会   1999年11月18日   
本人の発表
ERS-1/SARデータの相関を用いた兵庫県南部地震による建造物被害地域の抽出
米澤千夏*, 竹内章司
研究集会 干渉SAR技術の応用とその課題 平成11年度東京大学地震研究所共同利用研究集会   1999年9月8日   
本人の発表
干渉SARのための軌道縞シミュレーションの一方法と埼玉県東部地方における地盤沈下検出の試み
米澤千夏*, 竹内章司
研究集会 干渉SAR技術の応用とその課題 平成11年度東京大学地震研究所共同利用研究集会   1999年9月8日   
本人の発表
Detection of Urban Damage Using Interferometric SAR Decorrelation
C. YONEZAWA* and S. TAKEUCHI
IGARSS''99 Symposium   1999年6月28日   
本人の発表
RADARSATデータの干渉性に関する実験的検討
米澤千夏*, 竹内章司
(社)日本写真測量学会平成11年度年次講演会発表会(社)日本リモートセンシング学会第26回学術講演会   1999年5月19日   
本人の発表
RADARSATジオコーデッドデータの幾何補正精度の改善
米澤千夏*, 本澤雅彦, 竹内章司, 小川茂男, 岡本勝男, 斎藤元也
(社)日本リモートセンシング学会第25回学術講演会   1998年11月26日   
本人の発表
The possibility of detecting crustal deformation of the Japanese islands
C. YONEZAWA*, S. TAKEUCHI and M.ONO
EUSAR''98 Symposium   1998年5月25日   
本人の発表
SAR画像における地表の後方散乱特性の変化抽出
米澤千夏*, 竹内章司
(社)日本リモートセンシング学会第24回学術講演会   1998年5月21日   
本人の発表
日本列島をテストサイトとしたDINSARのためのERS-1/SARデータの干渉性の検討
米澤千夏*, 竹内章司
日本リモートセンシング学会第23回学術講演会   1997年11月27日   
本人の発表
Optimization of SAR interferogram by using coherence information
C. YONEZAWA* and S. TAKEUCHI
IGARSS''97 Symposium   1997年8月3日   
本人の発表
SARインターフェログラムの連続性と地形的特徴との関係
米澤千夏*, 竹内章司
日本リモートセンシング学会第22回学術講演会   1997年5月15日   
本人の発表
コヒーレンスを用いたインターフェログラムの最適化
米澤千夏*, 竹内章司
(社)計測自動制御学会第24回リモートセンシングフォーラム   1997年2月28日   
本人の発表
インターフェロメトリックSARのための地形縞シミュレーションの一方法
米澤千夏*, 竹内章司
(社)日本リモートセンシング学会第21回学術講演会   1996年11月15日   
本人の発表

所属学協会

 
日本地球惑星科学連合 , (社)日本リモートセンシング学会 , GIS Association of Japan. , (社)日本写真測量学会 , IEEE Geoscience and Remote Sensing , 地理情報システム学会 , システム農学会

Works

 
Monitoring of agricultural field using full-polarimetric SAR data
2012年
Development of monitoring system for landslide caused by the 2008 Miyagi-Iwate Nairiku Earthquake using polarimetric SAR data
2009年

競争的資金等の研究課題

 
モンゴルの水空間環境解析への地理情報科学の応用
科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 現在
東日本大震災後の農地の復興
科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 現在
地理情報システムの利用研究
経常研究
研究期間: 2008年4月 - 現在
地理情報科学教育
科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月 - 現在
リモートセンシングデータによる農地監視
経常研究
研究期間: 2000年1月 - 現在

社会貢献活動

 
東日本大震災行方不明者捜索
【その他】  2013年4月 - 現在
リモートセンシングデータの捜索活動への活用
高大連携事業に係る講演
【その他】  2017年11月10日
仙台一高において希望者(第一学年、第2学年中心)を対象に「農地のリモートセンシングによる観測」として出前授業をおこなった
みやぎ県民大学
【その他】  2017年9月13日
「宇宙からみた農林水産業」として講義をおこなった
宇宙科学技術推進調整委託費
【その他】  2013年5月 - 2013年6月
審査委員
GIS研究会
【その他】  2011年10月13日
講演

その他

 
2015年4月
被災地農業復興のための合意形成支援マニュアル平成27年度版
2013年12月   合成開口レーダ衛星データを用いた被災農地の復興および生育状況の把握
津波による被災農地について、衛星データ解析により復興に伴い稲作が復活した地域を正確に把握するほか、土地利用のデータや土地改良施策の状況等と比較する。日本スペースイメージング社から提供をうけたデータを、東北大学大学院農学研究科で解析する。
2013年7月   水田における狭小湛水面の検出
航空機搭載合成開口レーダPiSAR-2の観測データの解析により、狭小湛水水田の抽出技術を開発する。
2013年5月   ALOS PALSAR-2 の偏波観測による農地の作付と生育情報の抽出
ALOS-2 に搭載されたPALSAR-2 の全偏波、2 偏波、コンパクトポラリメトィモードおよび単偏波観測で取得さ
れたデータを、農作物のモニタリングに応用する手法を検討・開発する。
宇宙航空研究開発機構よりデータ提供がおこなわれる
2012年1月
フィールドセンターデータベース