日本の女性研究者

資源保全学

研究者リスト >> 江田 慧子
 

江田 慧子

 
アバター
研究者氏名江田 慧子
 
コウダ ケイコ
eメールk-keiko16ntu.ac.jp
所属帝京科学大学
部署こども学部

研究キーワード

 
チョウ類群集 , オオルリシジミ , 生物多様性 , 保全生態 , 絶滅危惧種

研究分野

 
  • 生物資源保全学 / 生物資源保全学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
帝京科学大学 こども学部学校教育学科 講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
信州大学 先鋭領域融合研究所群山岳科学研究所 助教
 
2013年4月
 - 
2014年3月
信州大学 山岳科学総合研究所 助教
 
2012年10月
 - 
2013年3月
信州大学 山岳科学総合研究所 特別研究員
 
2011年4月
 - 
2012年9月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

受賞

 
2016年4月
信州大学同窓会連合会 平成28年度信州大学同窓会連合会賞
 
2015年11月
信毎文化事業財団 第20回信毎選賞
 
2013年11月
日本鱗翅学会 第60回日本鱗翅学会優秀講演発表賞
 
2013年3月
日本学術振興会 第3回日本学術振興会育志賞
 
2012年4月
信州大学 平成23年度信州大学学長賞
 

Misc

 
中村寛志, 白鳥晋矢, 江田慧子, CHAVEZ Filadelfo Guevara
昆虫と自然   49(1) 8-11,1(1)   2014年1月
中村 寛志, 白鳥 晋矢, 江田 慧子
昆虫と自然   49(1) 8-11,図巻頭1p   2014年1月
江田 慧子, 中村 寛志
環動昆 = Japanese journal of environmental entomology and zoology : 日本環境動物昆虫学会誌   25(3) 111-119   2014年
尾崎 絵理, 江田 慧子, 中村 寛志
蝶と蛾   64(3) 103-107   2013年11月
在来コマツナギ,中国産コマツナギおよびクサフジに対するミヤマシジミのメス成虫の産卵選択を調べるために2011年にリシャール法を用いた2つの実験を信州大学農学部昆虫生態学研究室で行った.3種の植物を順番に用いて産卵させた実験では,在来コマツナギへは全ての個体が産卵したが,中国産コマツナギには実験に供した9個体中6個体(66.7%)が産卵した.またクサフジにはどのメスも産卵しなかった.在来コマツナギへの産卵数は372卵(77.8%)であったのに対して,中国産コマツナギへの産卵数は106卵(22...
尾崎絵理, 中村寛志, 江田慧子
New Entomol   62(3-4) 58   2013年10月