日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 黒澤美枝子
 

黒澤美枝子

 
アバター
研究者氏名黒澤美枝子
所属国際医療福祉大学
部署基礎医学研究センター
職名教授
学位医学博士(北海道大学)
その他の所属国際医療福祉大学, 国際医療福祉大学

研究キーワード

 
扁桃体中心核セロトニン , 側坐核ドーパミン , 情動 , 体性ー自律神経反射 , 自律神経

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般 / 情動と自律機能
  • 基礎医学 / 生理学一般 / 自律神経生理学

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
国際医療福祉大学  薬学部 教授
 
1999年4月
 - 
現在
国際医療福祉大学 基礎医学研究センター 教授
 
1999年4月
 - 
2007年3月
国際医療福祉大学 保健学部 教授
 
1995年4月
 - 
1999年3月
国際医療福祉大学 保健学部 助教授
 
1994年2月
 - 
1995年3月
スウェーデン・カロリンスカ研究所 薬理学部門 ヴェネグレン財団研究員
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1985年3月
北海道大学 大学院医学研究科 生理学専攻
 
1979年4月
 - 
1981年3月
お茶ノ水女子大学 大学院理学研究科 生物学専攻
 
1975年4月
 - 
1979年3月
お茶の水女子大学 理学部 生物学科
 

受賞

 
2013年3月
日本生理学会 入澤宏・彩記念JPS優秀論文賞
 
2016年10月
日本自律神経学会 自律神経誌優秀論文賞
 

論文

 
ラット動脈圧・心拍数並びに扁桃体中心核セロトニン放出に対する脳内コルチコトロピン放出因子の関与
徳永 亮太, 下重 里江, 高木 憲彰, 黒澤 美枝子
自律神経   51(3) 181-185   2014年9月
ラット動脈圧・心拍数並びに扁桃体中心核セロトニン放出に対する脳内コルチコトロピン放出因子(CRF)の関与について検討した。雄性Wistarラットを用いた。α-helical CRF(9-41)の脳室内投与により、平均動脈圧と中心核のセロトニン放出は減少した。心拍数はα-helical CRF(9-41)の脳室内投与により若干の低下傾向を示した。脳内CRFは恐怖・不安などの情動に関わる神経系機能(中心核セロトニン放出)と動脈圧という循環機能の両方の緊張性に影響を与えていることが示唆された。中...
三陰交への鍼通電刺激が麻酔下ラットの動脈圧におよぼす影響 足三里刺激との比較
中野 朋儀, 下重 里江, 丸山 仁司, 黒澤 美枝子
自律神経   50(1) 58-64   2013年3月
雌性ラットを用いて三陰交に鍼通電刺激を行い、動脈圧に及ぼす影響を足三里刺激と比較した。鍼通電刺激は麻酔下で1.5、3、6mAの強度のパルスを高頻度(80Hz)または低頻度(2Hz)で30秒間加えた。その結果、低頻度刺激の場合は三陰交刺激でのみ昇圧反応がみられ、刺激後30秒で前値の115%、刺激終了10秒後には103%となった。高頻度刺激の場合は両部位とも昇圧が認められたが、6mA刺激時において三陰交刺激では開始10秒後に前値の131%に達し、終了後4分半でも111%であったが、足三里刺激で...
Hori M, Shimoju R, Tokunaga R, Ohkubo M, Miyabe S, Ohnishi J, Murakami K, Kurosawa M
Neuroreport   24(5) 241-245   2013年3月   [査読有り]
Suzuki Y, Ichinomiya S, Kurosawa M, Matsuda J, Ogawa S, Iida M, Kubo T, Tabe M, Itoh M, Higaki K, Nanba E, Ohno K
Molecular genetics and metabolism   106(1) 92-98   2012年5月   [査読有り]
Maruyama K, Shimoju R, Ohkubo M, Maruyama H, Kurosawa M
The journal of physiological sciences : JPS   62(3) 259-266   2012年5月   [査読有り]

Misc

 
自律機能ならびに情動とかかわる脳神経伝達物質放出に及ぼす体性感覚刺激の影響
黒澤 美枝子, 下重 里江, 徳永 亮太
理学療法学   42(8) 661-662   2015年12月
【自律神経をもう一度考える】 自律神経の制御 鍼灸の自律神経への影響
黒澤 美枝子, 下重 里江
JOHNS   31(8) 1053-1057   2015年8月
体性感覚刺激と自律神経機能
黒澤 美枝子
自律神経   52(1) 18-23   2015年3月
【自律神経系の最新情報】 自律神経系の正常における構造と機能 自律神経系の構成要素とその薬理学
黒澤 美枝子, 下重 里江
Clinical Neuroscience   32(12) 1341-1344   2014年12月
触刺激と情動・自律反応 皮膚への触刺激による側坐核ドーパミン放出
下重 里江, 黒澤 美枝子
日本生理学雑誌   76(3) 72-73   2014年5月
【中脳被蓋野の神経学update】 脳内報酬系中枢としての中脳腹側被蓋野
黒澤 美枝子, 下重 里江, 徳永 亮太
神経内科   78(2) 174-179   2013年2月
触刺激による鎮痛・情動・自律反応 皮膚への触刺激による側坐核ドーパミン放出
黒澤 美枝子, 丸山 貴美子, 下重 里江
自律神経   49(2) 92-94   2012年6月
鍼灸の自律神経に対する効果 体性 自律神経反射
黒澤 美枝子
日本東洋医学雑誌   62(3) 466-472   2011年5月
体性感覚刺激に反応した交感神経-副腎髄質機能(Sympatho-adrenal medullary function in response to somatosensory stimulation)
Kurosawa Mieko
自律神経   45(1) 32-40   2008年2月
肝臓支配の自律神経
黒澤 美枝子
日本医事新報   (4309) 91-92   2006年11月

書籍等出版物

 
本間 研一, 大森 治紀, 大橋 俊夫, 河合 康明, 黒澤 美枝子, 鯉淵 典之, 伊佐 正, 小澤 瀞司, 福田 康一郎
医学書院   2014年   ISBN:9784260017817
黒澤 美枝子, 長谷川 薫
中外医学社   2012年   ISBN:9784498076563
Tortora Gerard J., Derrickson Bryan, 桑木 共之, 黒澤 美枝子, 高橋 研一, 細谷 安彦, 石橋 隆治
丸善出版   2012年   ISBN:9784621085769

講演・口頭発表等

 
Responses of blood pressure to stroking of the skin in healthy young subjects under the condition of elevated sympathetic nervous system(和訳中)
Arimoto Kunihiro, Shimoju Rie, Kurosawa Mieko
自律神経   2018年6月   
体性感覚刺激時のラット側坐核ドーパミン放出におよぼす同核セロトニンの関与
下重 里江, 蒔田 祥子, 柴田 秀史, 黒澤 美枝子
国際医療福祉大学学会誌   2018年3月   
侵害性皮膚刺激時の自律機能、内分泌機能、情動の変化における脳内コルチコトロピン放出因子の関与
黒澤 美枝子, 下重 里江
国際医療福祉大学学会誌   2018年3月   
Contribution of opioids to the responses of dopamine release in the nucleus accumbens to tactile stimulation in rats(和訳中)
Shimoju Rie, Takaoka Masamune, Takaku Kazuyori, Shibata Hideshi, Kurosawa Mieko
The Journal of Physiological Sciences   2018年3月   
自律神経と体内環境 閉経モデル動物における骨格筋刺激時の動脈圧反応
下重 里江, 黒澤 美枝子
自律神経   2017年12月