日本の女性研究者

生物学

Researcher List >> OSUMI Noriko
 

OSUMI Noriko

 
Avatar
NameOSUMI Noriko
Nicknamesendaitribune
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/2ae18d2d5da50218f47a1fd4bc04e981.html
AffiliationTohoku University
SectionGraduate School of Medicine, United Centers for Advanced Research and Translational Medicine, Center for Neuroscience,Developmental Neuroscience
Job titleProfessor
Research funding number00220343
Twitter IDsendaitribune

Research Interests

 
autism , transgenerational epigenetics , neuroepigenome , Brain development , neurogenesis , molecular mechanism

Research Areas

 
  • Basic medicine / General anatomy (including histology/embryology) / 
  • Biological science / Developmental biology / 
  • Neuroscience / Neuroscience in general / 
  • Neuroscience / Nerve anatomy/Neuropathology / 

Academic & Professional Experience

 
2002
 - 
2010
Professor, Tohoku University School of Medicine
 
1998
 - 
2002
Professor, Tohoku University School of Medicine
 
1996
 - 
1998
Associate Professor, National Center of Neurology & Psychiatry
 
1991
 - 
1996
Research Associate, Tokyo Medical & Dental University
 
1989
 - 
1991
Research Associate, Tokyo Medical & Dental University
 

Education

 
 
 - 
1989
Graduate School, Division of Dental Research, Tokyo Medical and Dental University
 
 
 - 
1985
Faculty of Dentistry, Tokyo Medical and Dental University
 

Committee Memberships

 
2014
 - 
2016
京都大学再生医科学研究所 京都大学再生医科学研究所運営委員会委員
 
2013
 - 
2016
東京大学先端科学技術研究センター 先端研ボードメンバー
 
2014
 - 
2015
京都大学 物質−細胞統合システム拠点 学術有識者委員
 
2014
 - 
2015
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 研究員(客員教授)(自然科学研究機構新分野創成センター)
 
2013
 - 
2014
京都大学 物質‐細胞統合システム拠点 学術有識者委員
 

Awards & Honors

 
2012
TWAS Associate Fellow(第三世界科学アカデミー アソシエイトフェロー)
 
2006
NISTEP Award from MEXT
 
2002
東レ科学技術振興財団研究奨励賞
 
2000
持田記念研究奨励賞
 
2000
三菱財団研究奨励賞
 

Published Papers

 
Eguchi K, Shindo T, Ito K, Ogata T, Kurosawa R, Kagaya Y, Monma Y, Ichijo S, Kasukabe S, Miyata S, Yoshikawa T, Yanai K, Taki H, Kanai H, Osumi N, Shimokawa H
Brain stimulation   11(5) 959-973   Sep 2018   [Refereed]
Mochizuki K, Tando Y, Sekinaka T, Otsuka K, Hayashi Y, Kobayashi H, Kamio A, Ito-Matsuoka Y, Takehara A, Kono T, Osumi N, Matsui Y
Development (Cambridge, England)   145(23)    Dec 2018   [Refereed]
Mochizuki K, Hayashi Y, Sekinaka T, Otsuka K, Ito-Matsuoka Y, Kobayashi H, Oki S, Takehara A, Kono T, Osumi N, Matsui Y
Cell reports   24(10) 2682-2693.e6   Sep 2018   [Refereed]
Inada H, Numayama-Tsuruta K, Mochizuki K, Sasaki-Hoshino M, Osumi N
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms      Jul 2018   [Refereed]
Lo Van A, Sakayori N, Hachem M, Belkouch M, Picq M, Fourmaux B, Lagarde M, Osumi N, Bernoud-Hubac N
Molecular neurobiology      Jun 2018   [Refereed]
Mogi A, Yomoda R, Kimura S, Tsushima C, Takouda J, Sawauchi M, Maekawa T, Ohta H, Nishino S, Kurita M, Mano N, Osumi N, Moriya T
Neuroscience   379 45-66   May 2018   [Refereed]
Yamashita W, Takahashi M, Kikkawa T, Gotoh H, Osumi N, Ono K, Nomura T
Development (Cambridge, England)   145(8)    Apr 2018   [Refereed]
Osumi N
Nature   555(7697) S59   Mar 2018   [Refereed]
Kimura R, Yoshizaki K, Osumi N
Advances in experimental medicine and biology   1012 75-81   2018   [Refereed]
Kikkawa T, Casingal CR, Chun SH, Shinohara H, Hiraoka K, Osumi N
Brain research      Feb 2018   [Refereed]
[The effect of polyunsaturated fatty acids on neocortical development].
Sakayori N, Osumi N
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   89(2) 269-272   Apr 2017   [Refereed]
Kikkawa T, Takahashi M, Osumi N
Current protocols in neuroscience   78 3.30.1-3.30.16   Jan 2017   [Refereed]
Sato T, Kikkawa T, Saito T, Itoi K, Osumi N
Development, growth & differentiation   59(9) 701-712   Nov 2017   [Refereed]
Urano-Morisawa E, Takami M, Suzawa T, Matsumoto A, Osumi N, Baba K, Kamijo R
PloS one   12(4) e0174940   2017   [Refereed]
Blume M, Inoguchi F, Sugiyama T, Owada Y, Osumi N, Aimi Y, Taki K, Katsuyama Y
Development, growth & differentiation   59(8) 657-673   Oct 2017   [Refereed]
Ueharu H, Yoshida S, Kikkawa T, Kanno N, Higuchi M, Kato T, Osumi N, Kato Y
Journal of anatomy   230(3) 373-380   Dec 2016   [Refereed]
Nagai N, Koyanagi E, Izumida Y, Liu J, Katsuyama A, Kaji H, Nishizawa M, Osumi N, Kondo M, Terasaki H, Mashima Y, Nakazawa T, Abe T
Investigative ophthalmology & visual science   57(15) 6527-6538   Dec 2016   [Refereed]
Yoshizaki K, Furuse T, Kimura R, Tucci V, Kaneda H, Wakana S, Osumi N
PloS one   11(11) e0166665   Nov 2016   [Refereed]
Lo Van A, Sakayori N, Hachem M, Belkouch M, Picq M, Lagarde M, Osumi N, Bernoud-Hubac N
Biochimie   130 163-167   Aug 2016   [Refereed]

Misc

 
Sakayori Nobuyuki, Osumi Noriko
Journal of Lipid Nutrition   27(1) 14-20   Mar 2018
Arachidonic acid (ARA) and docosahexaenoic acid (DHA) are the principal n-6 andn-3 polyunsaturated fatty acids (PUFAs) in the brain, respectively, and essentialfor proper brain development. Previous in vitro studies have revealed that ARAinduces a...
【自閉症学-自閉症・発達障害の病態解明に向けて】 自閉スペクトラム症発症リスクとエピジェネティクス
木村 龍一, 稲田 仁, 大隅 典子
医学のあゆみ   268(3) 180-183   Jan 2019
従来、自閉スペクトラム症(ASD)は、子どもの遺伝的素因が胎児期に母体環境と相互作用することにより発症すると考えられてきた。しかし、妊娠前の両親の環境要因さえも子どもの発育に影響することが明らかとなりつつあり、その病因解明には多様な観点からの研究が必要となっている。環境要因の変化を受けて、エピゲノム変化が配偶子に誘導されることから、近年、この配偶子エピゲノムが世代を超えて受け継がれることにより、子孫のASDリスクに寄与する可能性が指摘されている。環境要因により誘導される配偶子エピゲノムの成...
大動脈瘤の新たな標的を探る〜基礎研究の知見を臨床へ活かす道筋〜動脈瘤の新たな標的を探る〜基礎研究の知見を臨床へ活かす道筋〜動脈瘤の新たな標的を探る〜基礎研究の知見を臨床へ活かす道筋〜究倫理教育を考える 生命科学研究における研究倫理と論文指導
大隅 典子
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   91回 [2S06p-03]   Sep 2018
ディジタル時代の研究倫理と論文指導
大隅 典子
日本歯周病学会会誌   60(春季特別) 90-90   May 2018
木村 龍一, 稲田 仁, 大隅 典子
医学のあゆみ   268(3) 180-183   Jan 2019
雄性生殖系列細胞におけるヒストン修飾の分子的特徴
舘花 美沙子, 木村 龍一, 大隅 典子
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2LBA-073]   Dec 2017
CRISPR/Cas9ゲノム編集技術を用いた大脳皮質発生過程における放射状グリア細胞内Cyclin D2 mRNA輸送機構の解析
吉川 貴子, 井上 由紀子[上野], 井上 高良, 大隅 典子
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2LBA-083]   Dec 2017
哺乳類終脳の初期発生におけるPax6下流遺伝子delta-cateninの機能解析
錢 昇希, 吉川 貴子, 大隅 典子
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3LBA-129]   Dec 2017
マウス胎児脳における染色体整列因子CAMPの発現部位の同定
永井 正義, 家村 顕自, 吉川 貴子, 大隅 典子, 田中 耕三
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3LBA-131]   Dec 2017
【エピジェネティクスと臨床-DOHaD学説のインパクト】 父加齢・エピゲノム・精神疾患
大隅 典子, 木村 龍一
Medical Science Digest   43(12) 612-615   Nov 2017
個体の発生起源は生殖細胞形成まで遡れる。卵子形成よりも精子形成でははるかに多数の細胞分裂を経ることから、遺伝的変異やエピジェネティックな変化が生じやすい。本稿では主に自閉症等の精神疾患の発症に関して、父親の加齢という一種の環境因子が次世代の脳発生を介して、個体の行動に与える影響に関する最近の知見を紹介する。「成人病胎児期発症仮説」Developmental Origin of Health and Disease(DOHaD)という概念では、これまで胎児の発生に関わる母体環境に大きな注目が...
鼻甲介に含まれる神経堤由来細胞の骨誘導を応用した口唇口蓋裂に対するバイオリサイクル医療の確立
吉田 寛, 須澤 徹夫, 高橋 正皓, 大隅 典子, 山口 徹太郎, 上條 竜太郎, 槇 宏太郎
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 194-194   Oct 2017
鼻甲介に含まれる神経堤由来細胞の骨誘導を応用した口唇口蓋裂に対するバイオリサイクル医療の確立
吉田 寛, 須澤 徹夫, 高橋 正皓, 大隅 典子, 山口 徹太郎, 上條 竜太郎, 槇 宏太郎
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 194-194   Oct 2017
【ここまで明らかになったω3脂肪酸】 脳の発生・発達におけるDHAの役割
酒寄 信幸, 大隅 典子
ビタミン   91(9) 547-554   Sep 2017
脂質、特にω3多価不飽和脂肪酸(PUFA)の脳形成における役割に焦点を当て、以下の項目で概説した。1)ω-3PUFAの生化学的・栄養学的背景、2)培養神経幹細胞におけるDHAの役割、3)脳形成におけるω-3PUFAの役割、4)低ω-3/高ω-6食が情動の発達に及ぼす影響、5)今後の課題。ω-3PUFAが脳形成を制御する発生学的メカニズムの一端が解明され、PUFA代謝物に着目した新規の作用機序モデルが示された。しかし、ω-3PUFAが脳形成を制御するメカニズムにはまだ解明すべき問題が多く残さ...
精神疾患とエピジェネティクス 父加齢の次世代マウス行動への影響に関わるエピゲノム機構
大隅 典子
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 100-100   Sep 2017
大隅 典子
心身医学   57(7) 702-709   Jul 2017
神経幹細胞からの神経細胞の産生(神経新生)は、胎児期に爆発的に生じるが、その後も生涯にわたり海馬などの脳の一部では維持される。生後の神経新生は外界の影響を受けやすく、自発運動によって向上したりストレスによって低下したりすることがモデル動物において知られている。われわれは神経新生の低下と、統合失調症などのエンドフェノタイプとみなされるプレパルス抑制テストの低下の間に因果関係を見い出し、幼若期の神経新生低下が成体になってからの感覚ゲート機構や不安に大きくかかわることを明らかにした。われわれは神...
マウス鼻甲介に含まれる神経堤由来細胞を用いた骨誘導法の確立
吉田 寛, 須澤 徹夫, 槇 宏太郎, 上條 竜太郎, 大隅 典子
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 290-290   Sep 2017
【ここまで明らかになったω3脂肪酸】 脳の発生・発達におけるDHAの役割
酒寄 信幸, 大隅 典子
ビタミン   91(9) 547-554   Sep 2017
皮膚科研究の目指すべき道とは 「個性」を科学する 脳・神経系の多様性から「個性」創発の理解へ
大隅 典子
日本皮膚科学会雑誌   127(5) 841-841   May 2017
精神疾患とエピジェネティクス 父加齢の次世代マウス行動への影響に関わるエピゲノム機構
大隅 典子
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 100-100   Sep 2017
酒寄 信幸, 大隅 典子
生化学   89(2) 269-272   Apr 2017
脳の発生発達と神経新生における脂質栄養 心のレジリエンスのために
大隅 典子
脂質栄養学   26(2) 152-152   Aug 2017
神経堤細胞は八面六臂
大隅 典子
日本口腔科学会雑誌   66(2) 61-61   Jul 2017
大隅 典子
日本口腔科学会雑誌   66(2) 61-61   Jul 2017
神経堤は,ヒトであれば受精後3~4週目,原腸陥入という現象により中胚葉が形成される時期,外胚葉の正中部が神経板となり,徐々に巻き上がって神経管となる頃,表皮外胚葉と神経上皮の境界部に形成される一過性の領域を指す。神経堤の細胞は脱上皮して神経堤細胞として体内を遊走し,移動先において多様な細胞に分化する。医学の一般常識としては,「神経堤細胞=末梢神経系の原基」という捉え方であろうが,顎顔面領域では骨,軟骨,歯牙等,口腔領域の組織に大きく寄与する。また,下垂体等の内分泌系組織の発生にも関わり,最...
マウス鼻甲介に含まれる神経堤由来細胞を用いた骨誘導法の確立
吉田 寛, 須澤 徹夫, 槇 宏太郎, 上條 竜太郎, 大隅 典子
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 290-290   Sep 2017
精神栄養学の新展開 多価不飽和脂肪酸の神経新生に対する効果および精神疾患との関連
大隅 典子
日本神経精神薬理学会年会プログラム・抄録集   46回 86-86   Jul 2016
カタチと機能 神経幹細胞の形態から考察する哺乳類大脳新皮質の進化
大隅 典子
組織細胞化学   2016 145-153   Jul 2016
保坂 雅子, 倉田 祥一朗, 山内 紀子, 大隅 典子, 田中 真美, 米永 一郎
化学工学   81(1) 20-23   Jan 2017
Sakayori Nobuyuki, Osumi Noriko
VITAMINS   91(9) 547-554   2017
Docosahexaenoic acid (DHA) is the principal -3 polyunsaturated fatty acids (PUFAs) in the brain, and it is essential for proper brain development. -3 PUFAs are not synthesized de novo in mammals, and thus they must be obtained from diets. Reveal...
大隅 典子
心身医学 = Japanese journal of psychosomatic medicine   57(7) 702-709   2017
妊娠中の偏った多価不飽和脂肪酸摂取は仔の大脳新皮質形成を妨げ不安を高める
酒寄 信幸, 有田 誠, 大隅 典子
脂質栄養学   25(2) 160-160   Aug 2016
神経新生の分子機構と脳機能 精神神経疾患の治療・介入へのターゲット
大隅 典子
心身医学   56(6) 571-571   Jun 2016
【エピゲノムの遺伝】 精子形成過程におけるエピゲノム修飾と次世代への影響
大隅 典子, 木村 龍一
BIO Clinica   31(5) 470-474   May 2016
DOHaDという概念に注目が集まって久しいが、多くは胎児が子宮内で育つ環境の影響に着目している。しかしながら個体の発生の起源は生殖細胞形成まで遡る。卵子形成よりも精子形成でははるかに多数の細胞分裂を経ることから、遺伝的変異やエピジェネティックな変化が生じやすい。本稿では主に自閉症等の精神疾患の発症に関して、父親の加齢というファクターが次世代に与える影響に関して最近の知見を紹介し、DOHaD概念はさらに拡大して捉えるべきであることを主張したい。(著者抄録)
研究倫理(研究不正の現状と対策)および医療安全 研究の公正性を保つために、学会は何をすべきか
大隅 典子
日本内分泌学会雑誌   92(1) 137-137   Apr 2016
妊娠中の偏った多価不飽和脂肪酸摂取は仔の大脳新皮質形成を妨げ不安を高める
酒寄 信幸, 大隅 典子
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   70回 221-221   Apr 2016
酒寄 信幸, 大隅 典子
学術の動向 : SCJフォーラム = Trends in the sciences : SCJ Forum   21(4) 59-62   Apr 2016
三世代コホート調査の進捗について
目時 弘仁, 石黒 真美, 小原 拓, 佐藤 ゆき, 菊谷 昌浩, 栗山 進一, 寳澤 篤, 大隅 典子, 清元 秀泰, 菅原 準一, 鈴木 洋一, 冨永 悌二, 布施 昇男, 峯岸 直子, 辻 一郎, 呉 繁夫, 八重樫 伸生, 山本 雅之
宮城県公衆衛生学会会誌   (48) 10-10   Mar 2016
自閉症モデルとしての齧歯類母子分離超音波発声
大隅 典子
ベビーサイエンス   15 13-14   Mar 2016
SAKAYORI Nobuyuki, OSUMI Noriko
TRENDS IN THE SCIENCES   21(4) 4_59-4_62   2016
大隅 典子
旭硝子財団助成研究成果報告 Reports of research assisted by the Asahi Glass Foundation   1-10   2016
雄性生殖細胞系列におけるPax6の発現 Pax6の新規機能
木村 龍一, 吉崎 嘉一, 小池 航平, 稲田 仁, 大隅 典子
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1P0905]-[1P0905]   Dec 2015
神経発生と卒中の培養系モデルに対するドコサヘキサエン酸(DHA)とDHAを含む構造化リン脂質の作用に関する研究(Study of the effects of docosahexaenoic acid(DHA) and a structured phospholipid containing DHA on an in vitro model of neurogenesis and stroke)
Lo Van Amanda, Sakayori Nobuyuki, Hachem Mayssa, Picq Madeleine, Lagarde Michel, 大隅 典子, Bernoud-Hubac Nathalie
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1P0979]-[1P0979]   Dec 2015
周皮細胞(ペリサイト)の病態生理学的重要性 脳内周皮細胞の発生起源 ジキルかハイドか?
大隅 典子
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2W27-p   Dec 2015
初代培養アストロサイトにおける脂肪酸の増殖能への効果とFabp7の役割の解析
太田 悠自, 稲田 仁, 大隅 典子
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P0254]-[2P0254]   Dec 2015
Pax6はほ乳類大脳皮質内抑制性ニューロンの産生に関与する
中村 龍司, 吉川 貴子, 佐藤 達也, 大隅 典子
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P1040]-[2P1040]   Dec 2015
精神疾患関連遺伝子の生理機能について Pax6変異と父加齢の相互作用からみた次世代継承エピゲノム現象による自閉症様行動異常(Pax6 mutation and paternal aging interplay underlying an autistic behavior through transgenerational epigenomic alterations)
大隅 典子
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 115-115   Sep 2015
父親のPax6ハプロ不全は加齢による仔マウスの言語コミュニケーション障害を早期に生じさせる(Paternal Pax6 haploinsufficiency accelerate vocal communication deficits by advanced paternal aging)
吉崎 嘉一, 木村 龍一, 小池 航平, 稲田 仁, 大隅 典子
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 196-196   Sep 2015
【脳神経回路リモデリング ヒトの個性と心の根源への挑戦+特別フォーラム】 フォーラム これからの脳神経研究を考える 「三つ子の魂」を神経科学的に考える 脳の発生発達と高次機能
大隅 典子
実験医学   33(9) 1397-1398   Jun 2015
吉川 貴子, 大隅 典子
医学のあゆみ   251(12) 1118-1122   Dec 2014
GFAP-Creで誘導したPax6欠損マウスの表現型の解析
稲田 仁, 大隅 典子
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [3P1310]-[3P1310]   Dec 2015
大隅 典子
上原記念生命科学財団研究報告集   28 ROMBUNNO.55-3   Dec 2014
自閉症関連因子FMRPの発現制御とその意義について検討した。Pax6の機能が失われたPax6変異ラットの発生途中の大脳皮質原基におけるFMRPタンパク質の局在の様相について観察した。胎齢13.5日(E13.5)の野生型ラット大脳皮質原基において、FMRPは脳原基の軟膜側に強く局在した。Pax6の機能が失われたことにより、FMRPの発現量が減少する可能性が示唆された。野生型マウスの大脳皮質原基において、FMRPとCyclin D2の局在の様子を観察し、E15.5の野生型マウス大脳皮質原基ba...

Books etc

 
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2014   ISBN:9784895927710
東北大学出版会会報 第26号 宙(おおぞら)
東北大学出版会   2012   
岩波書店   2010   ISBN:9784006002343
日立評論 Special Edition Autumn 2010 日立創業100周年記念講演録
日立評論社   2010   
「シリーズ 朝倉〈言語の可能性〉第4巻 言語と生物学」 第5章 言語の遺伝学的基盤
朝倉書店   2010   
東京化学同人   Feb 2006   ISBN:4807906240
岩波書店   Mar 2005   ISBN:4000053892
脳科学ライブラリー 2 脳の発生・発達 -神経発生学入門-
朝倉書店   2010   
(財)加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 20年の歩み
芝サン陽印刷株式会社   2009   
小児脳神経外科学
金芳堂   2009   

Conference Activities & Talks

 
次世代継承エピゲノム現象と先天異常
第54回日本先天異常学会学術集会   2014   
男女共同参画企画公開シンポジウム「活き活きと確かな成長両輪で」
第111回日本内科学会総会・講演会   2014   
Fatty Acid-Binding Protein 7 Deficiency Slows the Progression of Age-Related Hearing Loss in Mice by Modulating Metabolic Pathways
37th ARO MidWinter Meeting   2014   
Unbalanced n-6/n-3 polyunsaturated fatty acid ratio disturbs neocortical development in mice
ELyT Workshop 2014 in Frejus, France   2014   
Bio-Science and Engineering (B)
ELyT Workshop 2014 in Frejus, France   2014   

Association Memberships

 
北米神経科学会(2014/04-2015/03) , 北米神経科学会(2013/04-2014/03) , 北米神経科学会(2012/04-2013/03) , 日本解剖学会(2014/04-2015/03) , 日本解剖学会(2013/04-2014/03) , 日本解剖学会(2012/04-2013/03) , 日本分子生物学会(2014/04-2015/03) , 日本分子生物学会(2013/04-2014/03) , 日本分子生物学会(2012/04-2013/03) , 日本神経化学会(2014/04-2015/03) , 日本神経化学会(2013/04-2014/03) , 日本神経化学会(2012/04-2013/03) , 日本発生生物学会(2014/04-2015/03) , 日本発生生物学会(2013/04-2014/03) , 日本発生生物学会(2012/04-2013/03) , 日本細胞生物学会 (2014/04-2015/03) , 日本細胞生物学会 (2013/04-2014/03) , 日本細胞生物学会 (2012/04-2013/03) , 日本神経科学学会(2014/04-2015/03) , 日本神経科学学会(2013/04-2014/03)

Works

 
脳の発生発達における脂肪酸シグナルの機能解明
2012 - 2015
自閉症関連因子FMRPの発現制御とその意義
2013 - 2014
神経新生に対する機能分子の作用に関するin vitroアッセイ系の確立
2012 - 2013
脳腫瘍形成における神経堤由来細胞の関与について
2011 - 2012
神経幹細胞の増殖分化に対する高度不飽和脂肪酸の効果
2011 - 2012