日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 石毛 久美子
 

石毛 久美子

 
アバター
研究者氏名石毛 久美子
 
イシゲ クミコ
所属日本大学
部署薬学部薬学科
職名教授
学位博士(薬学)(東京大学)
科研費研究者番号40212873

研究キーワード

 
神経化学・神経薬理学

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学 / 神経化学・神経薬理学
  • 薬学 / 生物系薬学 / 生物系薬学

経歴

 
1989年4月
 - 
2001年3月
日本大学助手
 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本大学専任講師
 
2004年4月
 - 
2007年3月
日本大学助教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
日本大学 理工学部 薬学
 

委員歴

 
1997年4月
   
 
日本薬理学会  学術評議員
 
2004年10月
 - 
2006年9月
日本薬理学会  代議員
 

受賞

 
1999年
日本神経精神薬理学会学術賞
 

論文

 
Increased Expression of 15-Hydroxyprostaglandin Dehydrogenase in Spinal Astrocytes During Disease Progression in a Model of Amyotrophic Lateral Sclerosis.
Miyagishi H, Kosuge Y, Takano A, Endo M, Nango H, Yamagata-Murayama S, Hirose D, Kano R, Tanaka Y, Ishige K, Ito Y.
Cell Mol Neurobiol.   37(3) 445-452   2017年4月   [査読有り]
In vivo neurochemical evidence that delta1-, delta2- and mu2-opioid receptors, but not mu1-opioid receptors, inhibit acetylcholine efflux in the nucleus accumbens of freely moving rats.
Kiguchi Y, Aono Y, Watanabe Y, Yamamoto-Nemoto S, Shimizu K, Shimizu T, Kosuge Y, Waddington JL, Ishige K, Ito Y, Saigusa T.
Eur J Pharmacol.   789 402-410   2016年10月   [査読有り]
Neuroprotective effect of S-allyl-l-cysteine derivatives against endoplasmic reticulum stress-induced cytotoxicity is independent of calpain inhibition.
Imai T, Kosuge Y, Saito H, Uchiyama T, Wada T, Shimba S, Ishige K, Miyairi S, Makishima M, Ito Y.
J Pharmacol Sci.   130(3) 185-188   2016年3月   [査読有り]
Characterization of Motor Neuron Prostaglandin E2 EP3 Receptor Isoform in a Mouse Model of Amyotrophic Lateral Sclerosis.
Kosuge Y, Miyagishi H, Shinomiya T, Nishiyama K, Suzuki S, Osada N, Ishige K, Okubo M, Kawaguchi M, Ito Y.
Biol Pharm Bull.   38(12) 1964-1968   2015年12月   [査読有り]
New insights into the mechanism of neurolathyrism: L-β-ODAP triggers [Ca(2+)]i accumulation and cell death in primary motor neurons through transient receptor potential channels and metabotropic glutamate receptors.
Kusama-Eguchi K, Miyano T, Yamamoto M, Suda A, Ito Y, Ishige K, Ishii M, Ogawa Y, Watanabe K, Ikegami F, Kusama T.
Food Chem Toxicol.   67 113-122   2014年5月   [査読有り]

Misc

 
Pathophysiological role of prostaglandin E2-induced up-regulation of the EP2 receptor in motor neuron-like NSC-34 cells and lumbar motor neurons in ALS model mice
Kosuge Y, Miyagishi H, Yoneoka Y, Yoneda K, Nango H, Ishige K, Ito Y.
Neurochem Int.      2017年   [査読有り]
Ishiuchi K, Kosuge Y, Hamagami H, Ozaki M, Ishige K, Ito Y, Kitanaka S.
J Nat Med.   69(3) 421-426   2015年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
わかりやすい薬理学-薬の効くプロセス-(第10版)
伊藤芳久、石毛久美子 (担当:共著)
創風社   2016年4月   ISBN:978-4-88352-233-0
わかりやすい薬理学-薬の効くプロセス-(第9版)
伊藤芳久、石毛久美子 (担当:共著)
創風社   2015年9月   ISBN:978-4-88352-216-3
わかりやすい薬理学-薬の効くプロセス-(第8版)
伊藤芳久 (担当:共著)
創風社   2014年9月   ISBN:978-4-88352-216-3
わかりやすい薬理学-薬の効くプロセス-(第7版)
伊藤芳久 (担当:共著)
創風社   2013年9月   ISBN:978-4-88352-187-6
わかりやすい薬理学-薬の効くプロセス-(第6版)
伊藤芳久 (担当:共著)
創風社   2012年9月   ISBN:978-4-88352-187-6

講演・口頭発表等

 
脳虚血・再灌流後の海馬CA1領域の神経細胞死及び長期増強現象低下に対するMithramycinの保護効果
長田暢弘、小菅康弘、宮岸寛子、石毛久美子、伊藤芳久
第85回日本薬理学会年会   2012年3月14日   
HT22細胞におけるBmal1の誘導に及ぼすホルスコリンおよびアミロイドβタンパク質の影響
大石汐理、石毛久美子、小菅康弘、伊藤芳久.HT22細胞におけるBmal1の誘導に及ぼすホルスコリンおよびアミロイドβタンパク質の影響
第125回日本薬理学会関東部会   2011年10月15日   
老齢マウスの脳内メラトニンについて
池口麻衣子、石毛久美子、小菅康弘、伊藤芳久
第125回日本薬理学会関東部会   2011年10月15日   
筋萎縮性側索硬化症(ALS)モデルマウスの運動ニューロンにおけるPGE2受容体の発現解析
米岡祐貴、宮岸寛子、長田暢弘、小菅康弘、石毛久美子、伊藤芳久
第125回日本薬理学会関東部会   2011年10月15日   
内因性アルデヒド4-hydroxynonenalを標的とした筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬開発の可能性
宮岸寛子、小菅康弘、齋藤弘明、石毛久美子、宮入伸一、伊藤芳久
第125回日本薬理学会関東部会   2011年10月15日   

所属学協会

 
日本臨床薬理学会 , 米国神経科学会(Society for Neuroscience) , 日本神経化学会 , 日本神経精神薬理学会 , 日本神経科学学会 , 日本薬学会 , 日本薬理学会

競争的資金等の研究課題

 
新規脳保護薬のメカニズムと脳梗塞治療薬としての可能性の検討
研究期間: 2014年 - 2016年
新規脳保護薬のメカニズムと脳梗塞治療薬としての可能性の検討
研究期間: 2014年 - 2016年
新規脳保護薬の探索とその保護メカニズム
研究期間: 2011年 - 2013年
新規脳保護薬の探索とその保護メカニズム
研究期間: 2011年 - 2013年
新規脳保護薬の探索とその保護メカニズム
研究期間: 2011年 - 2013年

特許

 
特願2016-016245 : 神経変性疾患治療薬
特願2015-137590 : 小胞体ストレスによる細胞死抑制剤、小胞体ストレス制御剤、および該制御剤を有効成分とする予防・治療剤