日本の女性研究者

Biomedical Engineering

Researcher List >> ITO Yuko
 

ITO Yuko

 
Avatar
NameITO Yuko
AffiliationTokyo Metropolitan University
SectionFaculty of Health Sciences, Division of Occupational Therapy
Job titleAssociate Professor
Degree(BLANK)

Research Interests

 
assesment , sensory integration , eye hand coodination , Autistic Spectrum Disorder , Developmental Disorder , Occupational Therapy , Developmental Disorders

Research Areas

 
  • Childhood science / Childhood science (childhood environment science) / 
  • Health/Sports science / Applied health science / Sensory Friendly
  • Biomedical engineering / Rehabilitation science/Welfare engineering / Occupational Therapy

Education

 
 
 - 
1998
Graduate School, Division of Science and Engineering, Nihon University
 
 
 - 
1996
Faculty of Liberal Arts, The Open University of Japan
 

Published Papers

 
岩永竜一郎, 加藤寿宏, 伊藤祐子, 仙石泰仁, 徳永瑛子, 東恩納拓也, 樫川亜衣, 上田茜
日本発達系作業療法学会誌   6(1) 1‐7   Mar 2019   [Refereed]
小林隆司, 伊藤祐子, 牧利恵, 石橋裕
日本保健科学学会誌(Web)   21(3) 136‐141 (WEB ONLY)   Dec 2018   [Refereed]
助川文子, 助川文子, 伊藤祐子
作業療法   37(6) 616‐626   Dec 2018   [Refereed]
Effect of the sensory integration therapy for children with developmental disorders -using the assessment of communication and interaction skills (ACIS)
Y. Ito, K. Tateyama, M. Arikawa, M. Akamatsu, Y. Yamanishi, T. Yamada
The Journal of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine      Jul 2018   [Refereed]
【不器用児支援のこれから】 不器用を主訴とする児への感覚統合療法の効果 事例検討
山西 葉子, 土田 玲子, 新庄 玉恵, 立山 清美, 伊藤 祐子, 有川 真弓, 赤松 めぐみ, 山田 孝
感覚統合研究   17 1-15   Mar 2017   [Refereed]
事例は6歳男児で、診断名は「発達性協調運動障害」「学習障害疑い」で、保護者の主訴は「手先が不器用」「体のコントロールができない」「力加減が苦手」「癇癪を起こす」であった。感覚統合療法では達成目標を「食事中に箸や食器を落とさない」「食事中に左手の支えなしに座る」「絵描き歌で空間の混乱なく描ける」とし、週に1回、1回60分、計9回実施した。その効果を調べるため、介入前後に『ゴール達成スケーリング』(以下GAS)、『カナダ作業遂行測定』、『JPAN感覚処理・行為機能検査』(以下JPAN)等で評価...
岩永竜一郎, 加藤寿宏, 伊藤祐子, 仙石泰仁, 徳永瑛子, 東恩納拓也, 樫川亜衣, 上田茜
日本発達系作業療法学会誌   5(1) 15‐23-23   Feb 2017
本研究の目的は、教師が子どもの協調運動の問題をアセスメントできる質問紙を作成し、その因子を探ることである。これまでの研究で開発した「学校版 感覚・運動発達アセスメントシート」の運動面のアセスメント試案を関東、関西の小学校の教師に実施してもらい、先行研究で収集したデータと合わせ、7〜12歳の児童767名のデータを収集した。そして、そのデータについて因子分析を行った。データを集計したところ、試案に含まれていた60項目の中の21項目は回答率が90%以下であったため、これらをアセスメントシートから...
伊藤祐子, 伊藤祐子
東京作業療法   5 7‐10-10   Feb 2017
東京都作業療法士会子ども委員会は、平成27年度に都立特別支援学校に外部支援専門家として関わっている作業療法士と、特別支援学校で外部の専門家を活用する役割を担うコーディネーター教員にアンケート調査を実施した。本報告では、東京都作業療法士会における特別支援教育人材育成研修で取り組むべき課題を明らかにし、現在外部支援専門家として活動している作業療法士および今後の特別支援教育への関与に興味を持っている作業療法士が、特別支援学校から期待されていることについて理解を深めることを目的として、コーディネー...
小林隆司, 伊藤祐子, 石橋裕
作業療法   36(1) 109‐112-112   Feb 2017
本研究の目的は,学童保育における障害をもつ児童の受け入れ状況とリハビリテーション専門職(以下,専門職)による支援ニーズについてアンケート調査手法を用いて明らかにすることであった.岡山県内の340の学童保育にアンケート用紙を郵送し,124施設から回答を得た.結果,在籍児童総数に対する障害をもつ児童数の比率は8.68%で,そのうち発達障害が7.05%を占めた.1学童保育あたりの障害をもつ児童数は3.84人であった.専門職への希望は,「月に1回程度」,「実際の現場」で直接,「学童保育での具体的な...
【効果研究】 総説 感覚統合療法の効果研究の現状と効果研究に用いる指標
立山 清美, 伊藤 祐子, 有川 真弓, 赤松 めぐみ, 山田 孝, 山西 葉子
感覚統合研究   16 1-7   Mar 2016
感覚統合療法(SIT)は、1976年に日本に紹介され、学習障がい児だけでなく自閉スペクトラム症、注意欠陥・多動症、発達性協調運動症などの発達障がい児へと適応が拡大しているが、エビデンスが不十分であることが指摘されている。今回、SIT効果研究の現状と効果測定の指標について概説した。日本国内では、治療頻度と効果の関係が十分に吟味・検討されないまま、現場の事情により治療頻度が左右される傾向が見受けられる。効果研究では以下の指標が用いられている。1)GAS(ゴール達成スケーリング)。2)日本版ミラ...
宮本礼子, BONTJE Peter, 須山夏加, 須山夏加, 伊藤祐子
作業療法   34(6) 630‐641-641   Dec 2015
今回,障害者に対する態度の背景にある動機づけや感情を評価する尺度(Interaction with Disabled Persons Scale)の日本版(以下,IDP-J)を作成し,信頼性・妥当性を検討した.尺度翻訳にはデュアルパネル法を用いた.完成したIDP-Jを用いて168名の保健医療系学生に調査を実施し,120名の有効回答でラッシュモデル分析を行った結果,評定尺度構造は適切であることが示された.テスト項目難度値は対象者の能力推定値よりも広範囲に分布し,回答能力を十分評価しうることが...
Tri Budi Santoso , Ohshima Nobuo, Bontje Peter, Ito Yuko
18(2) 81-95   Sep 2015   [Refereed]
Santoso TB, Ito Y, Ohshima N, Hidaka M, Bontje P
The American journal of occupational therapy : official publication of the American Occupational Therapy Association   69(5) 6905185020p1-8   Sep 2015   [Refereed]
伊藤 祐子, 立山 清美, 赤松 めぐみ
感覚統合研究   (15) 51-60   2015
MADOKORO NAOKO, ITO YUKO
日本保健科学学会誌   16(3) 123-132   Dec 2013
For the Duchenne Muscular Dystrophy (DMD) patients in the process that shifted from in a wheelchair-ridden to bed-ridden, I performed a random ed clinical trail and carried out occupational therapy and compared the change of the QOL of intervented...
Yoshiyuki Takahashi, Shin Ichiro Yamamoto, Kaoru Inoue, Takashi Komeda, Takayuki Arimatsu, Yuko Ito, Hiroyuki Koyama, Yukio Kawakami
2012 9th France-Japan and 7th Europe-Asia Congress on Mechatronics, MECATRONICS 2012 / 13th International Workshop on Research and Education in Mechatronics, REM 2012   391-396   Dec 2012
Physical therapists play an important role to help people to regain social life after a disease or physical handicap. However, they can obtain their skills only from their practical experiences. The physical therapist trainee can enrich is experie...
ITO YUKO, TATEYAMA KIYOMI, AKAMATSU MEGUMI, ARIKAWA MAYUMI, YAMADA TAKASHI
日本感覚統合学会研究大会プログラム抄録集   30th 26   2012
Kaoru Inoue, Yuko Ito, Yumi Ikeda, Yoshiyuki Takahashi, Takafumi Terada, Takashi Komeda
Assistive Technology Research Series   29 804-809   Dec 2011   [Refereed]
Objective and Main contents: A Haptic-Rehab System (Inter-Riha.co.Ltd), a rehabilitation system with Haptic Device, can reproduce various sensations, abounding with realistic touches through Virtual Reality. This paper describes the overview of th...
Yumi Ikeda, Kaoru Inoue, Yuko Ito, Takafumi Terada, Yoshiyuki Takahashi, Osamu Nitta, Kenji Iwasaki, Seiki Kaneko
Rigakuryoho Kagaku   26(2) 275-281   Jun 2011
[Purpose] We investigated the effects of training the upper extremity using the haptic device (HD) on healthy elderly persons to establish the quantitative assessment of level of disorder (motor, sensory, and cognition) and also motor and sensory ...
IKEDA Yumi, INOUE Kaoru, ITO Yuko, TERADA Takafumi, TAKAHASHI Yoshiyuki, NITTA Osamu, IWASAKI Kenji, KANEKO Seiki
Journal of exercise physiology   26(2) 275-281   Apr 2011
[Purpose] We investigated the effects of training the upper extremity using the haptic device (HD) on healthy elderly persons to establish the quantitative assessment of level of disorder (motor, sensory, and cognition) and also motor and sensory ...
Takhashi Y, Komeda T, Koyama H, Yamamoto S, Arimatsu T, Kawakami Y, Inoue K, Ito Y
IEEE ... International Conference on Rehabilitation Robotics : [proceedings]   2011 5975510   2011   [Refereed]

Misc

 
伊藤祐子, 峯島孝雄, 井上薫, 河野光伸
日本大学理工学部学術講演会講演論文集   41st(1) 296-297   1997
池田 由美, 井上 薫, 高橋 良至, 寺田 尚史, 伊藤 祐子, 笹田 哲, 鈴木 圭介, 李 虎奎, 米田 隆志
理学療法学   30(2) 95-95   Apr 2003
井上薫, 峯島孝雄, 伊藤祐子
日本大学理工学部学術講演会講演論文集   40th 303-304   1996
Sensory Integration Therapy
Bulletin of Tokyo Metropolitan College of Allied Medical Sciences   (9) 299   1996
Inoue Kaoru, Kohno Mitsunobu, Itoh Yuko, Kikuchi Emiko
The journal of Tokyo Academy of Health Science   2(2) 189-192   Sep 1999
It seems that not only for the muscle power but also the posture, trunk angles and the alignment of supine etc.would affect the work efficiency. We studied the work efficiency quantitatively measuring power of"lifting-work". Sixty-five healthy ind...
Inoue Kaoru, Ito Yuko, Sasada Satoshi
The journal of Tokyo Academy of Health Science   2(1) 52-58   Jun 1999
In community care for elderly people, occupational therapists are often tend to pay attention to only elderly people. But we should offer occupational therapy service for their families or helpers also. In this study, we planned interview research...
三浦 香織, 伊藤 祐子, 笹田 哲
作業療法   20(特別1) 216-216   May 2001
Miura Kaori, Sasada Satoshi, Ito Yuko
The journal of Tokyo Academy of Health Science   1(1) 115-118   Dec 1998
就学前発達障害児の通園施設療育者を対象に、療育で使用するおもちゃについて、どのように考え使用しているか、自由記述によるアンケート調査を実施した。おもちゃは子どもの発達にあったものが選択され、発達を促す目的で使用され、シンプルさ、材質の良さ・豊富さが求められており、療育におけるおもちゃの役割が示されていた。おもちゃは一つでいろいろな目的・用途に利用されており、よく使われるおもちゃはボール、積み木などシンプルで応答性の高いものであった。またおもちゃは高価すぎると考えられており、おもちゃが質量と...
Inoue Kaoru, Ito Yuko, Sasada Satoshi, kinose Takashi, Terayama Kumiko
The journal of Tokyo Academy of Health Science   1(1) 111-113   Dec 1998
温水洗浄便座のリモコンスイッチの表示部に関する聞き取り調査を行ない、「わかりやすい」、「読みやすい」表示文字、用語の具備すべき条件について検討した。その結果、調査対象リモコンスイッチの文字色のコントラスト、大きさには大きな問題がなく、表示用語については、誤解の生じる危険性があるなどの問題点が明らかとなった。
Inoue Kaoru, Ito Yuko, Kinose Takashi, Terayama Kumiko, Mineshima Takao
The journal of Tokyo Academy of Health Science   2(3) 233-237   Dec 1999
We reviewed how the younger generation, middle-and advanced-aged genera-tion and people with hemiplegia evaluated the visibility and ease of use of the remote control for toilet seats incorporating a bidet. Review and comparison of their evaluatio...

Conference Activities & Talks

 
宮崎麻美, 伊藤祐子, 藤本泰成, 宮本礼子
日本保健科学学会誌(Web)   6 Oct 2018   
Current Situation of Educational Guidance for Students with Developmental Disorders in Ordinary Class of Junior High School - Survey of Difficulties of Teachers -
ITO Yuko
ISPRM2018   Jul 2018   
The Possibility of Using Smartphone on Occupations Among Thai Elderly People
ITO Yuko
Jul 2018   
Occupation-Based Treatment for Children with Cancer: A Case study focus on the Environment in Indonesia
Jul 2018   
伊藤祐子, 池上洋, 酒井康年, 田邉美樹子, 波多野裕子, 山崎仁智, 八重樫貴之, 日高幹代, 飛田孝行, 田中亮, 岩本薫, 住田多恵子, 小出由貴子
東京作業療法   25 Feb 2018   
伊藤祐子, 池上洋, 酒井康年, 田邉美樹子, 波多野裕子, 山崎仁智, 八重樫貴之, 日高幹代, 飛田孝行, 田中亮, 岩本薫, 住田多恵子, 小出由貴子
東京作業療法   25 Feb 2018   
片岡新, 伊藤祐子
東京作業療法   25 Feb 2018   
宮本礼子, 伊藤祐子, 藤本泰成, 鶴田浩煕, 井上薫
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   Sep 2018   
池田知美, 池田知美, 伊藤祐子, 石橋裕, 中井昭夫
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   Sep 2018   
八重樫貴之, 小林隆司, 伊藤祐子
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   Sep 2018   
片岡新, 片岡新, 関口裕昭, 志村みさと, 伊藤祐子
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   Sep 2018   
小林隆司, 鮫島仁史, 伊藤祐子, 石橋裕, 牧利恵
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   Sep 2018   
伊藤 祐子, 立山 清美, 有川 真弓, 赤松 めぐみ, 山西 葉子, 山田 孝
日本感覚統合学会研究大会プログラム抄録集   Oct 2017   
A trial of interdisciplinary education to create useful assistive devices for people with disability. – Introduction of 'Needs and Ideas Forum'–
ITO Yuko
Oct 2017   
八重樫貴之, 伊藤祐子
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   Sep 2017   
助川文子, 伊藤祐子
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   Sep 2017   
須山夏加, 井上薫, 伊藤祐子, 國谷昇平, SNOW Wilaiwan
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   Sep 2017   
伊藤祐子, 伊藤祐子
東京作業療法   25 Feb 2017   
立山清美, 伊藤祐子, 有川真弓, 赤松めぐみ, 山田孝
日本感覚統合学会研究大会プログラム抄録集   Nov 2016   
池田知美, 伊藤祐子
日本保健科学学会誌   26 Sep 2016   

Association Memberships

 
JAPAN ACADEMY OF LEARNING DISABILITIES , THE JAPAN SOCIETY FOR MEDICAL EDUCATION , JAPANESE SOCIETY OF OCCUPATIONAL BEHAVIOR , THE JAPANESE SOCIETY FOR WELLBEING SCIENCE AND ASSISTIVE TECHNOLOGY

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Yuko ITO
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Kaoru INOUE
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): Kaoru INOUE
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2006    Investigator(s): Kaoru INOUE
Study on Childrens play and Sensory Integration