日本の女性研究者

工学

研究者リスト >> 林 美鶴
 

林 美鶴

 
アバター
研究者氏名林 美鶴
 
ハヤシ ミツル
URLhttp://www.nav.maritime.kobe-u.ac.jp/air-sea/
所属神戸大学
部署内海域環境教育研究センター
職名准教授
学位修士(商船学)(神戸商船大学), 博士(理学)(九州大学)

研究キーワード

 
物資循環 , 温暖化ガス , 海洋観測 , 数値生態系モデル

研究分野

 
  • 環境学 / 環境動態解析 / 
  • 総合工学 / 船舶海洋工学 / 

学歴

 
 
 - 
1994年3月
神戸商船大学 大学院商船学研究科修士課程修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本海洋学会沿岸海洋研究部会  委員
 
 
   
 
日本航海学会論文査読  委員
 
 
   
 
海洋気象学会  監事
 
 
   
 
OTO ’08 Publicity Committee  委員
 

論文

 
In-situ Measurement of Nitrous Oxide Concentrations in the Exhaust Gases in the Underway Vessels
Mitsuru HAYASHI, Dong-Hoon YOO, Yoshifuru NITTA, Hirotsugu FUJITA
Proceedings of The Twenty-seventh (2017) International Ocean and Polar Engineering Conference   P.681-685 (in USB)   2017年6月   [査読有り]
Distribution of perfluoroalkyl compounds in Osaka Bay and coastal waters of Western Japan
Vladimir P. Be skoski, Katsuya YAMAMOTO, Atsushi YAMAMOTO, Hideo OKAMURA, Mitsuru HAYASHI, Takeshi NAKANO, Chisato MATSUMURA, Keiichi FUKUSHI, Shinpei WADA, Hideyuki INUI
Chemosphere   170 260~265   2017年3月   [査読有り]
Tsunami simulation generated by the greatest scenario earthquake along the Nankai Trough under consideration of tidal currents in a large bay
Mitsuru HAYASHI, Satoshi NAKADA, Shunichi KOSHIMURA, Shota YONEDA, Eiichi KOBAYASHI
International Journal of Offshore and Polar Engineering   4(26) 392-400   2016年12月   [査読有り]
Port resolving,tsunami and tide simulation to find "tsunami vortexes" for safe vessel evacuation
Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI
The 35th JSSTAnnual Conference International Conference on Simulation Technology   Downloaded PDF-File   2016年10月   [査読有り]
Analysis of Marine Phytoplankton in the Yodo River Estuary by the Numerical Ecosystem Model
Mitsuru HAYASHI, Tomomi MIYAWAKI, Ryutaro KOGA
Proceedings of Environmental Management of Enclosed Coastal Seas 11- Sea Coast XXVI Joint Conference   1-10   2016年8月   [査読有り]

Misc

 
TOCS航海中に観測された西部熱帯太平洋域の海洋構造
黒田 芳史, 安藤 健太郎, 三寺 史夫, 柏野 祐二, 林 美鶴, 尻引 武彦, Djoko Hartoyo, Ali Alkatiri, 米山 邦夫, 宗山 敬
海洋科学技術センター試験研究報告   (34) 41-52   1996年11月
神戸商船大学に導入された海洋気象学演習システムとその演習実例の概要
林 美鶴, 石田 廣史
NAVIGATION   (140) 50-59   1996年6月
Direct Measurements of Turbulent Fluxes at the Sea Surface
Osamu TSUKAMOTO, Hiroshi ISHIDA, Mitsuru HAYASHI, Toshihisa ITANO
東京大学海洋研究所 Preliminary Report of The Hakuho Maru Cruise KH-92-5   15-21   1993年

書籍等出版物

 
環境学入門
武田 義明, 林 美鶴, 堀江 修, 星 信彦, 梶並 昭彦, 上田 裕清, 竹中 信幸, 島村 健, 竹内 憲司, 國部 克彦, 松田 毅, 米谷 淳, 吉村 知里
アドスリー   2011年10月   
Water and phosphorus budgets in the Yellow River estuary including the submarine fresh groundwater
林 美鶴, 柳 哲雄 (担当:共著)
CRC Press   2009年   
沿岸海洋科学
林 美鶴
海技大学校   2002年12月   

講演・口頭発表等

 
春季深江丸研究航海にて観測された瀬戸内海海上PM2.5の濃度変化について
川本 雄大, 柿花 諒太朗, 山地 一代, 林 美鶴, 中坪 良平, 板野 恭之, 山本 勝彦, 和田 匡司
第23回大気化学討論会   2017年10月   
Distribution of perfluoroalkyl acids from Osaka Bay to coastal waters of Western Japan
Hideyuki INUI, Katsuya YAMAMOTO, Atsushi YAMAMOTO, Hideo OKAMURA, Mitsuru HAYASHI, Takeshi NAKANO, Chisato MATSUMURA, Keiichi FUKUSHI, Vladimir p. BESKOSKI
The 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances   2017年9月   
練習船深江丸による瀬戸内海におけるPM2.5の洋上観測
川本 雄大, 柿花 諒太朗, 山地 一代, 林 美鶴, 中坪 良平, 板野 泰之, 山本 勝彦, 和田 匡司
第58回大気環境学会年会   2017年9月   
Transportation of Sediment and Heavy Metal Resuspended by a Giant Tsunami Based on Three Dimensional, Tsunami, Ocean, and Particle Tracking Coupled Simulations. [招待有り]
Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA
Water and Environment Technology Conference 2017   2017年7月   
Transportation of Sediment and Heavy Metals Resuspended by a Giant Tsunami Based on Coupled Three-Dimensional Tsunami, Ocean, and Particle-Tracking Simulations
中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一
Japan Society on Water Environment   2017年7月   

担当経験のある科目

 
  • 沿岸海洋学(2012年度以前用) (神戸大学)
  • 沿岸気象海象論 (神戸大学)
  • 応用海洋学1 (神戸大学)
  • 応用海洋学2 (神戸大学)
  • 海上輸送システム学実験(2012年度以前生用) (神戸大学)

所属学協会

 
日本海洋学会 , 日本航海学会 , 海洋気象学会 , 瀬戸内海研究会議

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 林 美鶴
国際化(研究)「海洋観測・解析手法の高度化に関する研究」
研究期間: 2008年       代表者: 林 美鶴
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2007年       代表者: 久保 雅義
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2005年       代表者: 石田 廣史