日本の女性研究者

農学

Researcher List >> Mari YOTSU
 

Mari YOTSU

 
Avatar
NameMari YOTSU
Alternative NamesYOTSU Mari,論文ではMari Yotsu-Yamashitaで表記
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/dafdd920d7d29a5a8f59a82dd990c736.html
AffiliationTohoku University
SectionGraduate School of Agriculture Division of Bioscience and Biotechnology for Future Bioindustries
Job titleProfessor
Degree農学博士(Tohoku University)

研究キーワード

 
作用蛋白質 , target protein , structure determination , biosynthesis , natural products , natural toxins

研究分野

 
  • Life sciences / Bioorganic chemistry / Bio-oranic Chemistry

経歴

 
Apr 2004
 - 
Today
Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
 
Jun 1994
 - 
Mar 1995
The Ohio State University
 
Apr 1998
   
 
Faculty of Agriculture, Tohoku University
 

委員歴

 
Oct 2019
 - 
Today
内閣府  食品安全委員会専門委員
 
Oct 2019
 - 
Today
内閣府  食品安全委員会専門委員
 
Dec 2017
 - 
Dec 2022
日本学術会議  連携委員
 
Dec 2017
 - 
Dec 2022
日本学術会議  連携委員
 
Apr 2015
 - 
Mar 2019
日本農芸化学会  英文誌編集委員
 

受賞

 
Mar 2000
日本農芸化学会奨励賞, 日本農芸化学会
 

論文

 
Satoshi Numano, Yuta Kudo, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita
Marine Drugs   17(12) 653   Nov 2019   [Refereed]
IF 3.772 open access
Kanna Adachi, Tomoshi Yamada, Hayate Ishizuka, Mana Oki, Shunsuke Tsunogae, Noriko Shimada, Osamu Chiba, Tatsuya Orihara, Masafumi Hidaka, Takatsugu Hirokawa, Minami Odagi, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita, Kazuo Nagasawa
Chem. Eur. J.      Nov 2019   [Refereed]
IF 5.16
Ryuichi Watanabe, Masato Tanioka, Hajime Uchida, Ryoji Matsushima, Hiroshi Oikawa, Masahiro Matsumiya, Mari Yotsu-Yamashita, Toshiyuki Suzuki
J. Agric. Food Chem.   67(46) 12911-12917   Oct 2019   [Refereed]
IF 3.571
Takashi Minowa, Yuko Cho, Yasukatsu Oshima, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita
Toxins   11 539   Sep 2019   [Refereed]
IF 3.895 open access

MISC

 
山下 まり1, 此木 敬一1, 稲垣 英利2, 森 直樹3, 森 哲4
化学と生物   58(2) 111-119   Feb 2020   [Refereed][Invited]
山下まり, 工藤雄大
月刊化学   71(12) 66-67   Dec 2016
国際共著論文
山下まり
バイオサイエンスとインダストリー   66(11) 624-626   Nov 2008

書籍等出版物

 
山下まり, 此木敬一 (Part:共著, 5.1貝毒)
朝倉書店   Aug 2019   
山下まり, 此木敬一 (Part:共著, 35, no.12 1443-1448)
中外医学社   Dec 2017   
M. Carmen Louzao, Natalia Vilarino, Mari Yotsu-Yamashita (Part:共著, Chaptor 29, Polycavernosides and Other Scarce New Toxins pp 857-284)
CRC Press, Taylor & Francis group   Apr 2014   
山下まり (Part:共著, 第2節-5. 大型藻類の毒 p268-270)
(株)エヌ•テイー•エス社   2012   ISBN:9784864690027
監修、編集委員長:渡邉信
山下まり (Part:共著, 第9章フグ毒化関連タンパク質 p111-121)
恒星社厚生閣   2012   ISBN:9784769912859
日本水産学会監修 編集:長島裕二、村田修、渡部終五

講演・口頭発表等

 
青木朋子, 佐々木大介, 赤川貢, 須山享三, 山下まり
第42回天然物化学談話会   11 Jul 2007   
張 準浩, 品田哲郎, 大船泰史, 山下まり
第4回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   4 Jun 2007   
青木朋子, 佐々木大介, 赤川貢, 須山享三, 山下まり
第4回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   4 Jun 2007   
山下まり
長瀬科学振興財団H19年度成果報告会   20 Apr 2007   
本人が発表
張 準浩, 山下まり
2007年度 日本水産学会   30 Mar 2007   
丸田聡, 山下まり, 東北大院, 山岡薫, 島国
2007年度 日本水産学会   30 Mar 2007   
本人の発表
山下まり, 廣木禎彦
2007年度(平成19年度)日本農芸化学会大会   26 Mar 2007   
本人の発表
張 準浩, 山下まり, 東北大院農, 品田哲郎, 大船泰史
2007年度(平成19年度)日本農芸化学会大会   25 Mar 2007   
青木朋子, 佐々木大介, 赤川貢, 須山享三, 山下まり
平成18年度日本農芸化学会北海道支部、東北支部合同支部会   11 Nov 2006   
山下まり
Sendai Postsymposium of ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC   30 Jul 2006   
本人の講演
Mari Yotsu-Yamashita, Kazumi Abe, Yuki Taya, Tetsuya Seki
ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products   23 Jul 2006   
本人の講演
山下まり
日本農芸化学会東北支部シンポジウム   6 Jul 2006   
本人の講演
張 準浩, 山下まり
第17回萬有製薬仙台シンポジウム   24 Jun 2006   
丸田聡, 山岡薫, 山下まり
第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   29 May 2006   
張 準浩, 山下まり
第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   29 May 2006   
山下まり
山田科学振興財団2006年度研究交歓会   20 May 2006   
本人が講演
阿部 一美, 山下 まり
日本農芸化学会2006年度大会   27 Mar 2006   
丸田 聡, 山下 まり
日本農芸化学会2006年度大会   27 Mar 2006   
張 準浩, 山下 まり
日本農芸化学会2006年度大会   27 Mar 2006   
八巻洋恵, 山下まり, 荒木直生, 庄司有希, 渡辺康一, 山口高弘
第47回天然有機化合物討論会   7 Oct 2005   
山下まり
2nd Yamada Symposium "Key Natural Organic Molecules in Biological Systems   10 Sep 2005   
本人が講演
山下まり
第8回マリンバイオテクノロジー学会シンポジウム「海洋天然物研究の最前線」   29 May 2005   
本人が講演
阿部一美, 山下まり
第二回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   16 May 2005   
田谷 有妃, 山下 まり
第二回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   16 May 2005   
千代川 真也, 山下 まり
日本農芸化学会2005年度大会   31 Mar 2005   
八巻 洋恵, 山下まり
日本農芸化学会2005年度大会   31 Mar 2005   
本人が発表
山下まり
第19回大学と科学公開シンポジウム 不思議な生物現象の化学、   29 Jan 2005   
本人が講演
山下まり
名古屋大学磯部 稔セミナー   17 Dec 2004   
本人が講演
MariYotsu-Yamashita, Daisuke Sasaki
The first Asia-Pacific International Peptide Symposium, The 41st Japanese   31 Oct 2004   
本人が発表
山下まりa, 阿部一美, 田谷有妃a, 安元健, 関哲也a, 山田俊一a, Fe
第46回天然有機化合物討論会   6 Oct 2004   
佐々木 大介, 赤川貢, 山下まり, 須山享
日本農芸化学会創立80周年記念東北支部第139回大会   19 Sep 2004   
山下まり
第81回日本生理学会大会シンポジウム   26 Jun 2004   
本人が講演
山下まり
安元健名誉教授 日本学士院賞・恩賜賞受賞記念シンポジウム   25 Jun 2004   
本人が講演
田谷有妃, 山下まり, 宮澤陽夫, 安元健, 福代康夫, Mirriam A. Formeloza, Fe F.A. Bajarias
第一回東北大学バイオサンエンスシンポジウム   14 Apr 2004   

所属学協会

 
理研NMR施設利用者懇談会(2008.5-) , 癌分子標的治療研究会(2008.3-) , 日本ケミカルバイオロジー学会 , 日本水産学会 , 日本化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
文科省: 
Project Year: Oct 2017 - Mar 2021
JSPS: 最先端次世代研究開発支援プログラム
Project Year: Feb 2011 - Mar 2014

社会貢献活動

 
[その他]  1 Apr 2012 - Today
審査
[その他]  Jun 2004 - 31 Dec 2005
外部資金の審査
[その他]  朝日新聞  18 Jan 2018
[その他]  河北新報朝刊  18 Mar 2017
研究室研究紹介 本人の取材内容
[その他]  3 Dec 2015
研究費の獲得について 科研費を中心として

その他

 
Apr 2010   天然物の構造決定
天然物の構造決定
Apr 2006   紅藻カタオゴノリ由来の致死毒ポリカバノシドA類縁体と新規プロスタグランジンの単離と構造決定
ヒト致死性食中毒原因海藻カタオゴノリより、ポリカバノシドA類縁体を単離、構造決定した。また、新規プロスタノイドの検索、単離、構造の推定をおこなった。
Jun 2005   フィリピン産カタオゴノリGracilaria edulis由来のプロスタグランジン類に関する研究
フィリピン産カタオゴノリGracilaria edulis由来のプロスタグランジン類に関する研究
Apr 2004   フグ骨格筋Na+チャネルの発現とフグ血漿中フグ毒結合蛋白質による毒の体内輸送と蓄積
フグのフグ毒耐性機構に関わる2つの蛋白質の機能を明らかにした。