日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 山下 まり
 

山下 まり

 
アバター
研究者氏名山下 まり
 
ヤマシタ マリ
通称等の別名(旧姓など)論文ではMari Yotsu-Yamashitaで表記
eメールmari.yamashita.c1tohoku.ac.jp
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/dafdd920d7d29a5a8f59a82dd990c736.html
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 生物産業創成科学専攻
職名教授
学位農学博士(東北大学)

研究キーワード

 
自然毒 , 天然物 , 生理活性 , 生合成 , 構造決定 , 作用蛋白質

研究分野

 
  • 農芸化学 / 生物有機化学 / 生物有機化学

経歴

 
1994年6月
 - 
1995年3月
オハイオ州立大学化学科訪問研究員
 
1998年4月
   
 
東北大学農学部助教授
 
2004年4月
 - 
現在
東北大学大学院農学研究科教授
 

委員歴

 
2017年12月
 - 
2022年12月
日本学術会議  連携委員
 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本農芸化学会  英文誌編集委員
 
2015年4月
 - 
2016年2月
日本農芸化学会男女共同参画委員会  委員
 

受賞

 
2000年3月
日本農芸化学会 日本農芸化学会奨励賞
 

論文

 
Interactions of C-11 Hydroxyl of Tetrodotoxin with the Sodium Channel Outer Vestibule
 Gaurav Choudhary, Mari Yotsu-Yamashita, Lisa Shang, Takeshi Yasumoto and Samuel C. Dudley, Jr.,
Biophys. J.   84 287-294   2003年3月   [査読有り]
 Tagiri-Endo, M., Ono, K., Nakagawa, K., Yotsu-Yamashita, M., and Miyazawa, T
Lipids   37 1007-1012   2002年3月   [査読有り]
 Mari Yotsu-Yamashita,Yuki Shoji,Takahiro Terakawa, Shunichi Yamada, Teruo Miyazawa and Takeshi Yasumoto,
Biosci. Biotechnol. Biochem., 66 (11)2520-2524, 2002.   66 (11) 252-2524   2002年3月   [査読有り]
Yotsu-Yamashita, M.; Sugimoto, A; Terakawa, T.; Shoji, Y.; Miyazawa, T; Yasumoto, T.
Eur. J. Biochem   268(22) 5937-5946   2001年3月   [査読有り]
Yuki Shoji, Mari Yotsu-Yamashita, Teruo Miyazawa and Takeshi Yasumoto,
Anal. Biochem(/)-.   290(1) 10-17   2001年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Notophthalmus viridescens, Toxicon(/)-   39 1261-1263   2001年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
J. Toxicol. Toxin Reviews(/)-   20(1) 51-66   2001年   [査読有り]
日本農芸化学会2001年度大会、京都
山下 まり
フグ血漿中のサキシトキシン、テトロドトキシン結合蛋白質のcDNAのクローニングと糖部の切断について      2001年   [査読有り]
日本農芸化学会2001年度大会、京都
山下 まり
ヒガンフグFugu pardalis(/)-肝臓から単離した新規テトロドトキシン誘導体について      2001年   [査読有り]
2001年、テトロドトキシンのESI-MS(LC/MS, MS/MS, LC/MS/MS)
山下 まり
平成13年度水産学会春季大会、藤沢      2001年   [査読有り]
4-L-CYSTEINE TETRODOTOXIN : A POSSIBLE METABOLITE OF TETRODOTOXIN, PURIFIED FROM LIVER OF THE PUFFER FISH, FUGU PARDALIS, Nago, Okinawa, Japan
YOTSU-YAMASHITA Mari
10th International Symposium on Marine Natural Products      2001年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
E.J.Nunez-Vazquez, M.Yotsu-Yamashita, A.P.Sierra-Beltran, T.Yasumoto and J.L.Ochoa, Toxicon(/)-   38 729-734   2000年   [査読有り]
Topics on tetrodotoxin and saxitoxin
YOTSU-YAMASHITA Mari
Gordon conference, Marine Natural Products, 27th Feb.-3rd March, Ventura, CA.Short Talk, Mari Yotsu-Yamashita.(Oral)      2000年   [査読有り]
フグ血漿中で高分子と結合して存在するテトロドトキシン、サキシトキシン(II)
山下 まり
日本農芸化学会2000年度大会、東京、庄司有希、山下まり、寺川貴裕、安元健(ポスター)      2000年   [査読有り]
パナマ産ヤドクガエルAtelopus zetekiの毒zetekitoxinの構造研究
山下 まり
日本農芸化学会2000年度大会、東京、山下まり、Young Hae Kim(ポスター)      2000年   [査読有り]
山下 まり
日本農芸化学会2000年度大会、東京、山下まり受賞講演      2000年   [査読有り]
日本農芸化学会東北支部第131回例会、2000年、弘前大学
山下 まり
2000年度農芸化会奨励賞記念講演、"テトロドトキシンに関する生物化学的研究"      2000年   [査読有り]
日本農芸化学会東北支部第132回大会、仙台 2000年
山下 まり
フグ血漿中に存在するサキシトキシン、テトロドトキシン結合タンパク質の精製と性状      2000年   [査読有り]
第42回天然有機化合物討論会、2000年11月6日-8日、那覇
山下 まり
ヤドクガエルAtelopus zeteki(/)-の毒zetekitoxinの構造解析      2000年   [査読有り]
フグ血漿中で高分子と結合して存在するテトロドトキシン、サキシトキシン
 山下まり
日本農芸化学会、北海道・東北支部合同学術講演会およびシンポジウム、1999年札幌、山下まり、庄司有希、小野寺秀幸、宮澤陽夫、安元健      1999年3月   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Biosci. Biotechnol. Biochem.   (63) 961-963   1999年   [査読有り]
"Effects of Specific Modifications of Several Hydroxyls of Tetrodotoxin on its Affinity to Rat Brain Membrane"
YOTSU-YAMASHITA Mari
J. Pharmacol. Exp. Ther.   (289) (3)1688-1696   1999年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Louis Barriault, Serge L.Boulet, Kenshu Fujiwara, Akio Murai, Leo A.Paquette and Mari Yotsu-Yamashita, Bioorg.& Med.Chem.Lett.(/)-   9 2069-2072   1999年   [査読有り]
Toxicity of dangerous prey : variation of tetrodotoxin levels within and among populations of the newt Taricha granulosa(/)-
YOTSU-YAMASHITA Mari
Charles T.Hanifin, Mari Yotsu-Yamashita, Takeshi Yasumoto, Edmund D.Broodie III and Edmund D. Broodie Jr., J.Chem.Ecology(/)-   25 2161-2175   1999年   [査読有り]
ヒガンフグ骨格筋Na+チャンネルとテトロドトキシン耐性について
山下 まり
第41回天然有機化合物討論会、10月13-15日、名古屋、山下まり、西森克彦、似内陽子、伊勢村正子(ポスター)      1999年   [査読有り]
Synthesis and Confirmation of the Structures of Polonicumtoxins A, B, and C
YOTSU-YAMASHITA Mari
Heterocylces   48 79-93   1998年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
J. Am. Chem. Soc.      1998年   [査読有り]
海産毒ポリカバノシドAの糖の絶対配置の決定
山下 まり
日本農芸化学会1998年度大会      1998年   [査読有り]
ヒガンフグ(Fugu pardalis)血漿中のサキシトキシン結合タンパク質について(II)
山下 まり
平成10年度日本水産学会春季大会      1998年   [査読有り]
パナマ産Atelopus属のカエル毒の分析
山下 まり
日本農芸化学会東北支部大会第129回      1998年   [査読有り]
フグによる毒の蓄積と耐性機構
山下 まり
科研費特別物推進研究、東大、"超活性海洋天然物の精密構造解析"成果発表及び紹待シンポジウム、第一回海洋生物の生理・生態の化学基盤      1997年   [査読有り]
ポリカバノシドAの糖の絶対配置について
山下 まり
第11回海洋生物活性談話会      1997年   [査読有り]
ヒガンフグ(Fugu pardalis)筋肉電位依存性Na+チャンネル遺伝子の解析(III)
山下 まり
日本農芸化学会1996年度大会      1997年   [査読有り]
ヒガンフグ(Fugu pardalis)筋肉電位依存性Na+チャンネルcDNAのクローニング
山下 まり
第70回日本生化学会      1997年   [査読有り]
Chemical and Biochemical Studies on Tetorodotoxin
YOTSU-YAMASHITA Mari
The 9th Naito Conference on Bioactive Natural Products and Their Modes of Actiona[1] : Chemical and Biological Basis for the diversity of MArine Life Shonan Village Center      1997年   [査読有り]
ヒガンフグ(Fugu pardalis)筋肉電位依存性Na+チャンネルcDNAの解析(IV)
山下 まり
日本農芸化学会東北支部第126回例会・シンポジウム      1997年   [査読有り]
ヒガンフグ(Fugu pardalis)血漿中のサキシトキシン結合タンパク質について
山下 まり
日本水産学会1997年春期      1997年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Toxicon   34 407-416   1996年   [査読有り]
Chemical and etiological studies on tetrodotoxin and its analogs
YOTSU-YAMASHITA Mari
J. Toxicol. Toxin Reviews   15 81-90   1996年   [査読有り]
ヒガンフグ筋肉のナトリウムチャンネルについて
山下 まり
生理学研究会、国立生理学研究所、生理学研究所研究会『膜電位依存性イオンチャネル研究の新展開』      1996年   [査読有り]
ヒガンフグ(Fugu pardalis)血漿中のサキシトキシン結合タンパ質の検出と性状について
山下 まり
日本農芸化学会1996年度大会      1996年   [査読有り]
ヒガンフグ(Fugu pardalis)筋肉Na+チャンネル遺伝子の解析(II)
山下 まり
日本農芸化学会1996年度大会      1996年   [査読有り]
テトロドトキシン群、サキシトキシン群のSybyl CoMFAにより定量的構造活性相関
山下 まり
第10回海洋生物活性談話会      1996年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Tetrahedron Lett.   5563-5566   1995年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Toxicon   33 246-249   1995年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Tetrahedron Lett.   36 9329-9332   1995年   [査読有り]
淡水産渦鞭毛藻Peridinium polonicumの生産する魚毒成分ポロニカムトキシンA,B,Cの構造と合成
山下 まり
第37回天然有機化合物討論会講演要旨集   475-480   1995年   [査読有り]
ナトリウムチャンネルのテトロドトキシン結合部位
山下 まり
動物学会1995年度年会、東京都立大学、シンポジウム(海洋生物学-生物学と化学の接点を求めて、バクテリアと海洋生物)      1995年   [査読有り]
Structure elucidation and syntheses of polonicumtoxins A, B and C
YOTSU-YAMASHITA Mari
209th ACS National Meeting, Anaheim, CA, USA      1995年   [査読有り]
淡水産渦鞭毛藻Peridinium polonicumの生産する有毒成分ポロニカムドキシンの合成
山下 まり
日本農芸化学会1995年度大会      1995年   [査読有り]
Synthesed of polonicumtoxins
YOTSU-YAMASHITA Mari
7th International Conference on Toxic Phytoplankton      1995年   [査読有り]
淡水産渦鞭毛藻Peridinium polonicumの生産する魚毒成分ポロニカムトキシンA、B、Cの構造と合成
山下 まり
第37回天然有機化合物討論会      1995年   [査読有り]
Preparation of tetrodotoxin derivatives and determination of binding potencies to sodium channels
YOTSU-YAMASHITA Mari
AFMC International Medicinal Chemistry Symposium      1995年   [査読有り]
大型海藻オゴノリ類による食中毒と原因物質
山下 まり
化学と生物   32 422-424   1994年   [査読有り]
ヒガンフグ(Fugu pardalis)筋肉Na+チャンネル遺伝子の解析
山下 まり
日本農芸化学会1994年度大会      1994年   [査読有り]
フグNa+チャンネルに対するテトロドトキシンの結合について
山下 まり
第9回海洋生理活性物質談話会      1994年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
J. Am. Chem. Soc.   115 1147-1148   1993年   [査読有り]
テトロドトキシンの誘導体の調整とNa<SUP>+</SUP>チャンネル結合活性の測定
山下 まり
第35回天然有機化合物討論会講演要旨集   495-502   1993年   [査読有り]
グアム産カタオゴノリによる食中毒原因物質ポリカバノシドBの構造
山下 まり
日本農芸化学会1993年度大会      1993年   [査読有り]
テトロドトキシンの提導体の調整とNa<SUP>+</SUP>チャンネル結合活性の測定
山下 まり
第35回天然有機化合物討論会      1993年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Biosci. Biotech. Bioche.   56 370-371   1992年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Toxicon   1489-1492   1992年   [査読有り]
グアム産オゴノリ近縁種Polycavemosa tsudaiによる食中毒原因物質ポリカバノシド(Polycavernoside)の構造
山下 まり
第34回天然有機化合物討論会講演要旨集   612-619   1992年   [査読有り]
フグ毒の謎
山下 まり
化学増刊121、化学で探る海洋生物の謎   5-12   1992年   [査読有り]
海産自然毒について-ふぐ毒、おごのり毒
山下 まり
東北食中毒研究会、第5回全体会議、仙台、勾当台会館、特別講演      1992年   [査読有り]
グアム産オゴノリ近縁種(Polycavernosa tsudai)による食中毒原因物質の構造
山下 まり
日本農芸化学会1992年度大会      1992年   [査読有り]
グアム産オゴノリ近縁種Polycavernosa tsudaiによる食中毒原因物質ポリカバノシド(Polycavernoside)の構造
山下 まり
第34回天然有機化合物討論会      1992年   [査読有り]
The structre of plycavernoside A, The major toxin respnsible for food Poisoning caused by the seaweed Polycavernosa tsudai in Guam
YOTSU-YAMASHITA Mari
33rd Annual Meeting of American Society of Pharmacognosy Colonial Villiamsburg, Virginia, USA      1992年   [査読有り]
テトロドトキンの誘導体の調製と活性について
山下 まり
日本農芸化学会1991年度大会      1991年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Toxicon   28 238-241   1990年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Tetrahedron Lett.   31 3187-3190   1990年   [査読有り]
Taxonomy of Four Marine Bacterial Strain That Produce Tetrodotoxin
YOTSU-YAMASHITA Mari
Int. J. Syst. , Bacteriol.   40 331-336   1990年   [査読有り]
コスタリカ産矢毒ガエルの毒チリキトキシン
山下 まり
化学と生物   28 769-770   1990年   [査読有り]
テトロドトキシンの新同族体の構造と11-オキソテトロドトキシンの調製
山下 まり
日本農芸化学会1990年度大会      1990年   [査読有り]
テトロドトキシンの同族体の化学
山下 まり
第5回海洋生理活性物質談話会      1990年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Agric. Bio. Chem.   53 893-895   1989年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Pure & Appl Chem.   61 505-508   1989年   [査読有り]
矢毒カエル皮膚毒chiriquitoxinの構造
山下 まり
第31回天然有機化合物討論会講演要旨集   577-584   1989年   [査読有り]
コスタリカ産矢毒蛙の皮膚毒chiriquitoxinの推定構造
山下 まり
日本農芸化学会1989年度大会      1989年   [査読有り]
矢毒カエル皮膚毒chiriquitoxinの構造
山下 まり
第31回天然有機化合物討論会      1989年   [査読有り]
New Tetrodotoxin Analoges from Newts
YOTSU-YAMASHITA Mari
Bordon Research Conference, Natural Products, New Hampton, New Hampshire, USA      1989年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
J. Am. Chem. Soc.   110 2344-2345   1988年   [査読有り]
細菌によるフグ毒の生産
山下 まり
水産学シリーズ70、フグ毒研究の最近の進歩   76-84   1988年   [査読有り]
テトロドトキシンの天然同族体
山下 まり
化学と生物   26 624-626   1988年   [査読有り]
テトロドトキシン同族体の分析と各種イモリにおける分布
山下 まり
日本農芸化学会昭和63年度大会      1988年   [査読有り]
Distribution of New Tetrodotoxin Analogs in Newts
YOTSU-YAMASHITA Mari
3the World Congress on Animal, Plant and MIcrobial Toxins (Oklahoma, USA)      1988年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Toxicon   25 225-228   1987年   [査読有り]
イモリのテトロドトキシン新誘導体について
山下 まり
第29回天然有機化合物討論会講演要旨集   240-247   1987年   [査読有り]
カニ体表から分離した細菌Alteromonas spp.の生産する抗菌物質
山下 まり
第106回日本農芸化学会東北支部例会      1987年   [査読有り]
イモリのテトロドトキシン新誘導体について
山下 まり
第29回天然有機化合物討論会      1987年   [査読有り]
YOTSU-YAMASHITA Mari
Agric. Biol. Chem.   50 793-795   1986年   [査読有り]
Interspecies Distribution and Possible Origin of Tetrodotoxin
YOTSU-YAMASHITA Mari
Ann. N. Y. Acad. Sci   479 44-51   1986年   [査読有り]
フィジー産ハマダイ内臓の脂溶性毒
山下 まり
昭和60年度日本水産学会春季大会      1985年   [査読有り]
Tetrodotoxin content of Rough-skinned Newts, Taricha granulosa (Salamandridae), from their northern distribution range, British Columbia, Canada, and Southeast-Alaska, US
Dietrich Mebs*, Mari Yotsu-Yamashita, Stefan W. Toennes
Salamandra-German Journal of Herpetology   accepted    [査読有り]
IF=1.46 国際共同研究

Misc

 
テトロドトキシンはモノテルペン由来か?
山下まり、工藤雄大
月刊化学   71(12) 66-67   2016年12月
国際共著論文
グアム産ヒラムシにおけるテトロドトキシンの役割
山下まり
化学と生物   44(9) 584-586   2006年9月
毒のサイエンス 毒をためこむ不思議な魚・フグ ー生命科学によるフグ毒の謎へのアプローチ
山下まり
ビオフィリア   5(1) 9-13   2009年1月
Topics, テトロドトキシン類縁体のHILIC/MSによる一斉分析
山下まり
バイオサイエンスとインダストリー   66(11) 624-626   2008年11月

書籍等出版物

 
月刊 臨床神経科学、Clinical Neuroscience, 貝毒、魚毒、腔腸動物の毒、神経毒とNeuroscience 2017
山下まり*、此木敬一 (担当:共著, 範囲:35, no.12 1443-1448)
中外医学社   2017年12月   
Seafood and Freshwater Toxins: Pharmacology, Physiology, and Detection
M. Carmen Louzao, Natalia Vilarino, and Mari Yotsu-Yamashita, (担当:共著, 範囲:Chaptor 29, Polycavernosides and Other Scarce New Toxins pp 857-284)
CRC Press, Taylor & Francis group   2014年4月   ISBN:976-1-4665-05
水産学シリーズ174 フグ研究とトラフグ生産技術の最前線 第9章フグ毒化関連タンパク質 p111-121
山下まり (担当:共著, 範囲:第9章フグ毒化関連タンパク質 p111-121)
恒星社厚生閣   2012年   ISBN:978-4-7699-1285-9
日本水産学会監修 編集:長島裕二、村田修、渡部終五
藻類ハンドブック 第2節-5. 大型藻類の毒 p268-270
山下まり (担当:共著, 範囲:第2節-5. 大型藻類の毒 p268-270)
(株)エヌ•テイー•エス社   2012年   ISBN:978-4-86469-002-7
監修、編集委員長:渡邉信
天然物化学-海洋生物編
山下まり (担当:共著, 範囲:p108-115)
アイピーシー   2008年4月   

講演・口頭発表等

 
紅藻ハナヤナギ(Chondria armata)から同定したドウモイ酸の推定生合成中間体のLC-MS分析法の検討
前野優香理,山下まり*,長 由扶子,此木敬一,小瀧裕一,寺田竜太
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月28日   
本人の発表
15N同位体標識培地による渦鞭毛藻の麻痺性貝毒及び生合成中間体への15N取り込み挙動の解析
長 由扶子*,土屋成輝,此木敬一,大島泰克,山下まり
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月28日   
海洋生物における新規テトロドトキシン関連化合物の探索
上山 望*,杉本敬太,長 由扶子,此木敬一,山下まり
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
クロイソカイメン共生菌が生産する新規有毒二次代謝産物の構造決定
菊池颯*、岡田華弥、長 由扶子、吉田慎一朗、權 垠相、山下まり、此木敬一
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
記憶喪失性貝毒ドウモイ酸の生合成経路に関する研究
前野優香理*,小瀧 裕一,長 由扶子,此木敬一,山下まり
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
化学的手法による天然毒の生合成研究
山下まり
名古屋大学大学院生命農学研究科セミナー   2017年10月10日   
本人による発表
Prediction of Biosynthetic Pathways of Tetrodotoxin and Saxitoxin Based on the Structures of Intermediates
Mari Yothu-Yamasita
The 5th Tohoku University (TU)-Dalian University of Technology (DUT) Joint Symposium on Chemistry   2017年9月25日   
本人の講演
Biosynthetic pathway of saxitoxin based on the structures of its intermediate
Mari Yotsu-Yamashita*, Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Yasukatsu Oshima
108) The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium "Fisheries Science for Future Generations   2017年9月22日   
本人の講演
フグの新規スピロ環状グアニジノ化合物の単離、構造決定と海産テトロドトキシンの生合成経路の推定
上山望*、杉本敬太、工藤雄大、長由扶子、此木敬一、西川俊夫、山下まり
第59回天然有機化合物討論会   2017年9月20日   
上山望 天然有機化合物討論会奨励賞(ポスターの部受賞)
C11位に着目した新規サキシトキシン類誘導体の合成と活性評価
安達栞菜*、大木麻菜、原田大資、此木敬一、 山下まり、長澤和夫
第34回有機合成化学セミナー   2017年9月12日   

所属学協会

 
日本農芸化学会 , アメリカ化学会 , AOAC International , 日本化学会 , 日本水産学会 , 日本ケミカルバイオロジー学会 , 癌分子標的治療研究会(2008.3-) , 理研NMR施設利用者懇談会(2008.5-)

競争的資金等の研究課題

 
新学術領域 化学コミュニケーションのフロンテイア
文科省: 
研究期間: 2017年10月 - 2021年3月    代表者: 計画班分担
テトロドトキシンとサキシトキシンの中間体を基盤とした生合成機構の解明
JSPS: 基盤B
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 山下 まり
新規生合成中間体の構造に基づくテトロドトキシンとサキシトキシンの生合成経路の解明
JSPS: 基盤B
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山下 まり
食中毒に関わる海洋天然物の生合成・蓄積・変換機構の解明と食品衛生への応用
JSPS: 最先端次世代研究開発支援プログラム
研究期間: 2011年2月 - 2014年3月    代表者: 山下 まり

社会貢献活動

 
福島成蹊高校での理科講演会
【その他】  2013年5月24日
福島成蹊高校理科講演会
宮城県仙台第三高等学校理数科講演会
【その他】  2012年1月24日
題目:海洋生物毒の謎を化学と生物で解明したい
郷土の鍋食材禁止知らず フグ肝販売背景は
【その他】  朝日新聞  2018年1月18日
研究室探訪
【その他】  河北新報朝刊  2017年3月18日
研究室研究紹介 本人の取材内容
科学の泉、海洋生物の毒
【出演, 寄稿】  河北新報  2013年8月20日
6回連載、2013年8月20日-25日、

その他

 
2010年4月   天然物の構造決定
天然物の構造決定
2006年4月   紅藻カタオゴノリ由来の致死毒ポリカバノシドA類縁体と新規プロスタグランジンの単離と構造決定
ヒト致死性食中毒原因海藻カタオゴノリより、ポリカバノシドA類縁体を単離、構造決定した。また、新規プロスタノイドの検索、単離、構造の推定をおこなった。
2005年6月   フィリピン産カタオゴノリGracilaria edulis由来のプロスタグランジン類に関する研究
フィリピン産カタオゴノリGracilaria edulis由来のプロスタグランジン類に関する研究
2004年4月   フグ骨格筋Na+チャネルの発現とフグ血漿中フグ毒結合蛋白質による毒の体内輸送と蓄積
フグのフグ毒耐性機構に関わる2つの蛋白質の機能を明らかにした。