日本の女性研究者

人文学

研究者リスト >> 坂本 真樹
 

坂本 真樹

 
アバター
研究者氏名坂本 真樹
 
サカモト マキ
eメールmaki.sakamotouec.ac.jp
URLhttp://www.sakamoto-lab.hc.uec.ac.jp/
所属電気通信大学
部署大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名教授
学位修士(学術)(東京大学), 博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号80302826

研究分野

 
  • 情報学 / 認知科学 / 
  • 情報学 / 感性情報学 / 
  • 言語学 / 言語学 / 

経歴

 
2015年4月
   
 
電気通信大学 教授
 
2017年4月
 - 
2020年3月
北陸先端科学技術大学院大学 教育連携客員教授
 
2016年4月
 - 
2017年3月
北陸先端科学技術大学院大学 教育連携アドバイザー
 
2014年12月
 - 
2016年3月
北陸先端科学技術大学院大学 教育連携客員准教授
 
2013年11月
 - 
2016年3月
独立行政法人理化学研究所 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1998年3月
東京大学 総合文化研究科 言語情報科学専攻
 
1985年4月
 - 
1988年3月
東京都立西高等学校  
 
 
 - 
1993年3月
東京外国語大学 外国語学部 ドイツ語学科
 

委員歴

 
2010年10月
 - 
2013年9月
日本広告学会  関東部会評議員
 
2015年6月
 - 
2018年5月
人工知能学会編集委員会  人工知能学会編集委員
 
2015年11月
 - 
2018年6月
ソサイエティ論文誌編集委員会  常任査読委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
情報処理学会アクセシビリティ研究運営委員会  運営委員
 
2017年1月
 - 
2018年12月
認知科学会  認知科学会運営委員
 

受賞

 
2018年
電気通信大学 平成29年度優秀教員賞
 
2015年9月
情報処理学会FIT運営委員会 第14回情報科学技術フォーラムFIT奨励賞 屋外広告の多目的最適化に関する研究
 
2015年6月
人工知能学会 2014年度人工知能学会論文賞 オノマトペごとの微細な印象を推定するシステム
 
2013年12月
ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会 ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会第1回ステージ発表賞
 
2012年11月
International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems Best Application Award
 

論文

 
Study on Automatic Suggestion System of Texts Considering Impression of E-mails
Masato Konno, Jinhwan Kwon, Maki Sakamoto
Proceedings of the 18 the International Symposium on Advanced Intelligent Systems ISIS 2017   1 1-4   2018年   [査読有り]
オノマトペCAPTCHAの開発と評価
滋野莉子,山田道洋,菊池浩明,坂本真樹
情報処理学会論文誌   59(9) 1666-1677   2018年9月   [査読有り]
Tomohiko Inazumi, Jinhwan Kwon, Kohei Suzuki, Maki Sakamoto
Fukuda S. (eds) Advances in Affective and Pleasurable Design. AHFE 2018. Advances in Intelligent Systems and Computing   774 371-378   2018年6月   [査読有り]
Maki Sakamoto, Jinhwan Kwon, Hikaru Tamada, Yumi Hirahara
PlosONE   13(4) 1-15   2018年4月   [査読有り]
Texture Suggestion System Considering the Elderly's Preference on 3D Printing
Tomohiko Inazumi, Jinhwan Kwon, Shinsaku Hiura, Maki Sakamoto
AAAI Spring Symposium Series Beyond Machine Intelligence: Understanding Cognitive Bias and Humanity for Well-Being AI   230-236   2018年3月   [査読有り]

Misc

 
言語研究から人工知能研究へ
坂本真樹
東京外語会会報   144 3-4   2018年10月   [依頼有り]
子どもが使う痛みの表現に寄り添いたい
坂本真樹
子どもの発達を応援するコミュニケーションペーパー「こころん」   14    2018年4月
物理・知覚・感性の対応付けに基づく実社会の多様な質感情報表現
坂本真樹
文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究多元質感知NewsLetter   2 20-21   2018年3月
「認知科学」と「人工知能」はもっと交流を
坂本真樹
認知科学   24(3) 267-268   2017年9月   [依頼有り]
広告効果の多目的最適化
坂本真樹
人工知能   32(4) 523-528   2017年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
感性情報学ーオノマトペから人工知能までー
坂本真樹
コロナ社   2018年7月   ISBN:978-4-339-02886-7
基礎心理学実験法ハンドブック
渡邊淳司,坂本真樹 (担当:分担執筆, 範囲:3.5.7節オノマトペ・触相図)
朝倉書店   2018年6月   ISBN:978-4-254-52023-1
感覚重視型技術の最前線~心地良さと意外性を生み出す技術~
早川智彦,渡邊淳司,坂本真樹 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 感覚のオノマトペと官能評価)
シーエムシー出版   2018年3月   
感覚重視型技術の最前線~心地良さと意外性を生み出す技術~
坂本真樹,渡邊淳司 (担当:分担執筆, 範囲:第2章五感と快不快)
シーエムシー出版   2018年3月   
狙いどおりの触覚・触感をつくる技術
坂本真樹、渡邊淳司 (担当:分担執筆, 範囲:第5章第1節多様な触感を微細に表現するオノマトペによる質感評価システムと個人差把握への応用)
サイエンス&テクノロジー   2017年11月   ISBN:978-4-86428-162-1

講演・口頭発表等

 
やさしいAI,言語(オノマトペ),認知,感性から人の主観をとりいれた設計のアプローチ [招待有り]
坂本真樹
日本機械学会市民講座   2018年9月9日   日本機械学会
物理量ー知覚特性ー言語表現が結びついた質感DBの構築
サカモトマキ,中内茂樹,渡邊淳司,渡辺亮
第6回多元質感知領域班会議   2018年6月29日   
光沢感における質感と音声の干渉現象
若松滉太,權眞煥,坂本真樹,中内茂樹
第6回多元質感知領域班会議   2018年6月8日   
室内空間における雰囲気を考慮した素材提案システムの構築に関する研究
稲住朋彦,小田島祐貴,權眞煥, 坂本真樹
第32回人工知能学会全国大会   2018年6月8日   
物理量ー知覚特性ー言語表現が結びついた質感DBの構築
坂本真樹,中内茂樹,渡邊淳司,權眞煥
第5回多元質感知領域班会議   2018年3月6日   

担当経験のある科目

 
  • メディア分析法 (電気通信大学)
  • 認知プロセス論特論 (電気通信大学)
  • 総合情報学基礎 (電気通信大学)
  • 認知言語学 (電気通信大学)
  • 総合情報学実験(メディア情報学) (電気通信大学)

所属学協会

 
Cognitive Science Society , 国際認知言語学会 , 日本認知科学会 , 日本認知言語学会 , 日本言語学会 , 言語処理学会 , 人工知能学会 , 感性工学会 , 電子情報通信学会 , 日本広告学会 , 情報処理学会 , 日本バーチャルリアリティ学会

Works

 
東京デザインウィーク “Haptic Design Showcase” ~触覚xデザインに関する体系と「今」が分かる作品を展示~
芸術活動   2016年10月 - 2016年11月
研究室で作成した触り心地の地図「質感オノマトペマップ」
を展示

主催:JST ACCEL「身体性メディア」プロジェクト
協力:新学術領域研究「多元質感知」、NTTコミュニケーション科学基礎研究所、
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)
「みる・きく・さわる」のふしぎ展
渡邊淳司、坂本真樹   芸術活動   2014年4月

競争的資金等の研究課題

 
会話の空気を読み取るAIによるフワキラ空間の構築
科学技術振興機構: 未来社会創造事業
研究期間: 2018年11月 - 2019年3月
オノマトペや比喩による主観表現に着目した病態分類に基づく診断推論支援システム構築
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 坂本真樹
物理・知覚・感性の対応付けに基づく実社会の多様な質感情報表現
研究期間: 2015年7月 - 2020年3月    代表者: 坂本真樹
高齢者の身体的・認知的変化に応じた介護コンシェルジュエージェントシステム
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 高玉圭樹
日常診療から認知症診断までオノマトペを用いて感性を尊重する高齢者支援手法の提案
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 坂本真樹

特許

 
PCT/JP2016/075849 : 音象徴語・物理特徴情報提供装置、音象徴語・物理特徴情報提供方法および音象徴語・物理特徴情報提供プログラム
坂本真樹、鍵谷龍樹
特願2016-152911 : 音象徴語・パーソナリティ情報提供装置、音象徴語・パーソナリティ情報提供方法および音象徴語・パーソナリティ情報提供プログラム
坂本真樹、草場祐亮
特願2015-178379 : 音象徴語・物理特徴情報提供装置、音象徴語・物理特徴情報提供方法および音象徴語・物理特徴情報提供プログラム
坂本真樹
PCT : 音象徴語の感覚関連性分布図生成装置
坂本真樹
特願2015-102432 : 画像検索方法、音象徴語取得方法、係数生成方法、プログラムおよび装置
坂本真樹、鍵谷龍樹

その他

 
2014年
株式会社バッハベルクからの依頼で通販番組の台本の執筆・監修を行った