日本の女性研究者

生物学

研究者リスト >> 藤井 紀子
 

藤井 紀子

 
アバター
研究者氏名藤井 紀子
 
フジイ ノリコ
eメールnfujiirri.kyoto-u.ac.jp
URLhttp://hlweb.rri.kyoto-u.ac.jp/fl/
所属京都大学
部署複合原子力科学研究所放射線生命科学研究部門
職名客員教授
学位博士(医学)
科研費研究者番号90199290

研究キーワード

 
ラセミ化 , 蛋白質異常凝集 , 白内障 , 老化 , D-アミノ酸 , クリスタリン

研究分野

 
  • 生物科学 / 機能生物化学 / 

学歴

 
 
 - 
1980年
東京医科歯科大学 医学研究科 生化学
 
 
 - 
1974年
明治大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
生命の起原及び進化学会誌 "Viva Origino" 編集委員長
 
2002年4月
 - 
現在
生命の起原及び進化学会・事務局長
 
2003年
   
 
- US-JAPAN CCRG (Cooperative Cataract Research Group) 世話人
 
2004年
   
 
- 水晶体研究会 世話人
 
2004年
   
 
-日本光医学・光生物学会 理事
 
2004年10月
 - 
現在
D-アミノ酸研究会運営委員長
 
2006年6月
   
 
- 日本女性科学者の会理事
 
2007年4月
 - 
2008年3月
 科学技術振興機構男女共同参画アドバイザリー委員会委員
 
2007年6月
   
 
- 日本白内障学会理事
 
1990年
   
 
生命の起原及び進化学会  編集委員長,運営委員,学会事務局責任者
 
2004年
   
 
水晶体研究会  世話人
 
2003年
   
 
US-JAPAN CCRG (Cooperative Cataract Research Group)  世話人
 
2004年
   
 
日本光医学・光生物学会  理事
 
2004年
   
 
D-アミノ酸研究会  運営委員長
 

受賞

 
2015年7月
日本光医学・光生物学会 第8回日本光医学・光生物学会 学会賞
 
1998年
「日本女性科学者の会」奨励賞
 

論文

 
Identification of Isomeric Aspartate residues in βB2-crystallin from Aged Human Lens.
Biochim Biophys Acta-Proteins and Proteomics.   1866 767-774   2018年   [査読有り]
D-Amino acids in protein: The mirror of life as a molecular index of aging.
藤井 紀子
BBA - Proteins and Proteomics   1866 840-847   2018年   [査読有り]
Asp58 modulates lens αA-crystallin oligomer formation and chaperone function.
藤井 紀子
FEBS Journal   285 2263-2277   2018年   [査読有り]
Identification of ᴅ-amino acid-containing peptides in human serum.
藤井 紀子
PLoS ONE   12(12) e0189972   2017年   [査読有り]
生命科学におけるパラキラリティーの重要性
藤井紀子、高田匠
眼薬理    31 20-27   2017年   [査読有り]
D-アミノ酸含有蛋白質と老化―健康―病態
藤井 紀子
食品加工技術   37 80-84   2017年   [査読有り]
藤井 紀子
Glycative Stress Research   4 203-211   2017年   [査読有り]
D-アミノ酸と老化;新規老化マーカーとしてのD-アミノ酸の有用性
藤井紀子, 高田匠
アンチ・エイジング医学―日本抗加齢医学会雑誌   13 383-391   2017年   [査読有り]
藤井 紀子
日本白内障学会誌    29 13-20   2017年   [査読有り]
白内障と酸化ストレス
高田匠、金仁求、藤井紀子
OCULISTA   51 28-34   2017年   [査読有り]
紫外線による白内障と皮膚老化はアミノ酸の形でわかる
藤井 紀子
環境と健康   30 103-110   2017年   [査読有り]
老化、放射線による水晶体タンパク質中のアミノ酸一残基ごとの翻訳後修飾の解析 
藤井紀子、金仁求、斎藤剛、高田匠
放射線生物研究   52(1) 24-34   2017年   [査読有り]
Ferulic Acid Suppresses Amyloid β Production in the Human Lens Epithelial Cell Stimulated with Hydrogen Peroxide.
BioMed. Res. Int.   2017 5343010   2017年   [査読有り]
Isomeric replacement of a single aspartic acid induces a marked change in protein function: The Example of Ribonuclease A.
藤井 紀子
2 260-267   2017年   [査読有り]
加齢によるタンパク質ホモキラリティーの破れ
藤井紀子, 高田匠、坂上弘明、藤井智彦
Viva Origino   44(3) 2   2016年   [査読有り]
老化で生じる蛋白質中のD-アミノ酸とその分布
藤井 紀子
科学と工業   90 315-321   2016年   [査読有り][招待有り]
藤井紀子、高田匠、藤井智彦、金仁求 
日本白内障学会誌   28 59-62   2016年   [査読有り]
Biochimica et Biophysica Acta -General Subjects   1860 183-191   2016年   [査読有り]
Takata T and Fujii N.
J. Pharm. Biomed Anal.   116 139-144   2015年6月   [査読有り]
Ramkumar S, Fujii N, Sakaue H, Fujii N, Thankappan B, Kumari RP, Natarajaseenivasan K, Anbarasu K.
Amino Acids.   47 1035-1043   2015年5月   [査読有り]
Ramkumar S, Thankappan B, Fujii N, Natarajaseenivasan K, Anbarasu K.
76 102-108   2015年5月   [査読有り]
Maeda H, Takata T, Fujii N, Sakaue H, Nirasawa S, Takahashi S, Sasaki H and Fujii N
Anal. Chem   87 561-568   2015年1月   [査読有り]
Kim I, Saito T, Fujii N, Kanamoto T, Chatake T, Fujii N.
Biochem.Biophys.Res.Commu   466 622-628   2015年   [査読有り]
Fujii N, Takata, T.
日本白内障学会誌   27 15-18   2015年   [査読有り]
Fujii N, Takata, T. and Fujii N.
J. Pharm. Biomed. Anal.   116 25-33   2015年   [査読有り]
Sakaue H, Takata T, Fujii N, Sasaki, H and Fujii N.
Biochimica et Biophysica Acta -Proteins and Proteomics   1854 1-9   2014年11月   [査読有り]
Ono K Fujimoto E, Fujimoto N, Akiyama M, Satoh T, Maeda H, Fujii N, Tajima S 
J Biol Chem.   289 29195-29207   2014年8月   [査読有り]
Uehara M, Matsuda K, Kato A, Sato S , Shimizu F, Ooatari1 M, Kai Y, Shimada H, Hatano Y, Okamoto O, Katagiri K, Sasaki T, Fujii N, Fujiwara S.
Eur J Dermatol   24 691-693   2014年7月   [査読有り]
T. Saito; N. Fujii
Radiation Physics and Chemistry   98 57-63   2014年   [査読有り]
Comparison of effect of gamma ray irradiation on wild-type and N-terminal mutants of αA-crystallin.
Ramkumar S, Fujii N, Fujii N, Thankappan B, Sakaue H, Ingu K, Natarajaseenivasan K, Anbarasu K.
Molecular Vision   20 1002-1016   2014年   [査読有り]
D-アミノ酸を指標とする蛋白質の光老化機構の解明
藤井紀子
医学のあゆみ   248 602-607   2014年   [査読有り]
藤井智彦、藤井紀子
日本白内障学会誌   26 33-36   2014年   [査読有り]
D-アスパラギン酸が惹起するタンパク質の異常凝集と加齢性疾患
藤井紀子
Vitamins   88 419-424   2014年   [査読有り]
K. Aki; N. Fujii; N. Fujii
PLoS ONE   8(3)    2013年3月   [査読有り]
Y. Miura; S. Harumiya; K. Ono; E. Fujimoto; M. Akiyama; N. Fujii; H. Kawano; H. Wachi; S. Tajima
Experimental Dermatology   22(1) 36-40   2013年1月   [査読有り]
B. Thankappan; S. Jeyarajan; S. Hiroaki; K. Anbarasu; K. Natarajaseenivasan; N. Fujii
Applied Biochemistry and Biotechnology   170(5) 1184-1193   2013年   [査読有り]
S. Cai; T. Saito; N. Fujii
Free Radical Biology and Medicine   65 1037-1046   2013年   [査読有り]
N. Numoto; A. Kita; N. Fujii; K. Miki
Biochemical and Biophysical Research Communications   425(3) 601-606   2012年8月   [査読有り]
Y. Kaji; T. Oshika; Y. Takazawa; M. Fukayama; N. Fujii
British Journal of Ophthalmology   96(8) 1127-1131   2012年8月   [査読有り]
Structural features of isomerizable aspartyl residues in human α-crystallins
K.-I. Shimizu; A. Kita; N. Fujii; K. Miki
Molecular Vision   18 1823-1827   2012年7月   [査読有り]
D‐アスパラギン酸の生成によるクリスタリンの機能低下
藤井紀子
日本白内障学会誌   24(1) 5-9   2012年6月   [査読有り]
FUJII Noriko;FUJII Norihiko;SUGIYAMA Masaaki
Trans Mater Res Soc Jpn   37(2) 131-134   2012年6月   [査読有り]
Characterization of an antibody that recognizes peptides containing D-β-aspartyl residues
K. Aki; N. Fujii; T. Saito; N. Fujii
Molecular Vision   18 996-1003   2012年4月   [査読有り]
N. Fujii; N. Fujii
Methods in Molecular Biology   794 325-335   2012年   [査読有り]
H. Tamura; N. Ohgami; I. Yajima; M. Iida; K. Ohgami; N. Fujii; H. Itabe; T. Kusudo; H. Yamashita; M. Kato
PLoS ONE   7(6)    2012年   [査読有り]
N. Fujii; H. Sakaue; H. Sasaki; N. Fujii
The Journal of biological chemistry   287(47) 39992-40002   2012年   [査読有り]
A rapid comprehensive LC-MS based survey of the Asp isomers in crystallins from human cataract lenses.
Norihiko Fujii , Hiroakai Sakaue, Hiroshi Sasaki and Noriko Fujii.
J Biol. Chem.   287 39992-40002   2012年   [査読有り]
白内障を見すえた水晶体タンパク質の化学変化の基礎研究
藤井紀子,藤井智彦
IOL &RS   26 290-294   2012年
身近なD-アミノ酸、その存在と役割
藤井 紀子
アミノ酸研究   6 19-24   2012年
N. Fujii; N. Fujii; T. Kawaguchi; H. Sasaki
Biochemistry   50(40) 8628-8635   2011年11月   [査読有り]
N. Fujii; Y. Kaji; N. Fujii
Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences   879(29) 3141-3147   2011年11月   [査読有り]
Y. Sadakane; N. Fujii; K. Nakagomi
Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences   879(29) 3240-3246   2011年11月   [査読有り]
Y. Mori; K. Aki; K. Kuge; S. Tajima; N. Yamanaka; Y. Kaji; N. Yamamoto; R. Nagai; H. Yoshii; N. Fujii; M. Watanabe; T. Kinouchi; N. Fujii
Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences   879(29) 3303-3309   2011年11月   [査読有り]
T. Kinouchi; N. Fujii; N. Fujii
Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences   879(29) 3349-3352   2011年11月   [査読有り]
A. Shimada; H. Ozaki; T. Saito; N. Fujii
Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences   879(29) 3289-3295   2011年   [査読有り]
白内障発症機構の解明?タンパク質化学からのアプローチ
藤井 紀子
日本白内障学会誌   (23) 29-32   2011年   [査読有り]
High Substrate Selectivity of Mammalian D-Aspartyl Endopeptidase
T. Kinouchi, N. Fujii
KURRI Progress Report 2010   104-104   2011年   [査読有り]
N. Fujii; N. Fujii; M. Kida; T. Kinouchi
Amino Acids   39(5) 1393-1399   2010年11月   [査読有り]
S. Mizukami-Murata; H. Iwahashi; S. Kimura; K. Nojima; Y. Sakurai; T. Saitou; N. Fujii; Y. Murata; S. Suga; K. Kitagawa; K. Tanaka; S. Endo; M. Hoshi
Applied Biochemistry and Biotechnology   162(3) 855-870   2010年10月   [査読有り]
T. Saito; T. Tezuka; R. Konno; N. Fujii
Japanese Journal of Ophthalmology   54(5) 486-493   2010年9月   [査読有り]
Y. Yamazaki; N. Fujii; Y. Sadakane; N. Fujii
Analytical Chemistry   82(15) 6384-6394   2010年8月   [査読有り]
M. Sugiyama; N. Fujii; Y. Morimoto; K. Itoh; K. Mori; T. Fukunaga; N. Fujii
Chemistry and Biodiversity   7(6) 1380-1388   2010年   [査読有り]
T. Kinouchi; N. Fujii
Chemistry and Biodiversity   7(6) 1403-1407   2010年   [査読有り]
K. Kuge; K. Kitamura; K. Nakaoji; K. Hamada; N. Fujii; T. Saito; N. Fujii
Chemistry and Biodiversity   7(6) 1408-1412   2010年   [査読有り]
KAJI Yuichi;OSHIKA Tetsuro;TAKAZAWA Yutaka;FUKAYAMA Masashi;FUJII Noriko
Anti Aging Med (Web)   7(10) 107-111   2010年   [査読有り]
E.A. Blakely; N.J. Kleiman; K. Neriishi; G. Chodick; L.T. Chylack; F.A. Cucinotta; A. Minamoto; E. Nakashima; T. Kumagami; T. Kitaoka; T. Kanamoto; Y. Kiuchi; P. Chang; N. Fujii; R.E. Shore
Radiation Research   173(5) 709-717   2010年   [査読有り]
H. Br?ckner; N. Fujii
Chemistry and Biodiversity   7(6) 1333-1336   2010年   [査読有り]
Y. Kaji; T. Oshika; Y. Takazawa; M. Fukayama; N. Fujii
Chemistry and Biodiversity   7(6) 1364-1370   2010年   [査読有り]
N. Fujii; Y. Kaji; N. Fujii; T. Nakamura; R. Motoie; Y. Mori; T. Kinouchi
Chemistry and Biodiversity   7(6) 1389-1397   2010年   [査読有り]
T. Kinouchi; A. Matsuda; S. Kawakami; T. Shimizu; T. Shirasawa; N. Fujii
Chemistry and Biodiversity   7(6) 1398-1402   2010年   [査読有り]
藤井紀子
Amino Acids   39 1393-1399   2010年   [査読有り]
Structure of vitreous body-Approach to liquefaction using animal models-
M. Kodama; M. Hayashi; M. Ishii; N. Fujii; T. Matsuura; Y. Hara
Folia Japonica de Ophthalmologica Clinica   3(11) 1094-1100   2010年   [査読有り]
Relationship between D-amino Acids and Aging
N. Fujii
Gendai Kagaku   466 42-47   2010年
3-Dimensional structure observation of mammalian D-aspartyl endopeptidase by high-resolution atomic force microscopy
T. Kinouchi, N. Fujii
KURRI Progress Report 2009   136-136   2010年   [査読有り]
老化とD-アスパラギン酸
藤井紀子
バイオインダストリー   27 6-12   2010年   [査読有り]
D-アミノ酸と老化の関係
藤井紀子
現代化学   466 42-47   2010年   [査読有り]
Y. Kaji; T. Oshika; F. Okamoto; N. Fujii
British Journal of Ophthalmology   93(7) 974-976   2009年7月   [査読有り]
G. Kashino; S. Fukutani; M. Suzuki; Y. Liu; K. Nagata; S.-I. Masunaga; A. Maruhashi; H. Tanaka; Y. Sakurai; Y. Kinashi; N. Fujii; K. Ono
Journal of Radiation Research   50(4) 377-382   2009年7月   [査読有り]
Y. Kaji; T. Oshika; Y. Takazawa; M. Fukayama; N. Fujii
British Journal of Ophthalmology   93(7) 977-979   2009年7月   [査読有り]
A. Shimada; H. Ozaki; T. Saito; F. Noriko
International Journal of Molecular Sciences   10(6) 2578-2590   2009年6月   [査読有り]
R. Motoie; N. Fujii; S. Tsunoda; K. Nagata; S.-O. Tadashi; T. Kinouchi; N. Fujii; T. Saito; K. Ono
International Journal of Molecular Sciences   10(5) 1999-2009   2009年5月   [査読有り]
K. Sakai-Kato; T. Kinouchi; N. Fujii; K. Imai; N. Utsunomiya-Tate
Amino Acids   36(1) 125-129   2009年1月   [査読有り]
The Formation of D-amino Acids in Protein by UV Irradiation During Aging
N. Fujii
アニテックス    21 31-35   2009年
Screening of D-aspartate?containing proteins using the specific proteolytic enzyme、 D-aspartyl endopeptidase
T. Kinouchi, N. Fujii
KURRI Progress Report 2008   140-0   2009年   [査読有り]
Large Scale Preparation of Bio-Macromolecules with a Jar-Fermentor System to Deuterium Treatments
T. Chatake, T. Saito, N. Fujii and Y. Morimoto
KURRI Progress Report 2009   0-0   2009年
老化、紫外線による蛋白質中のアミノ酸のD-化
藤井紀子
アニテックス    21 31-35   2009年   [査読有り]
N. Fujii; T. Hisano; N. Fujii
Biochimica et Biophysica Acta - Proteins and Proteomics   1784(11) 1507-1513   2008年11月   [査読有り]
杉山正明;藤井紀子;森本幸生;福永俊晴
波紋   18(4) 191-196   2008年10月   [査読有り]
T. Nakamura; M. Sakai; Y. Sadakane; T. Haga; Y. Goto; T. Kinouchi; T. Saito; N. Fujii
Biochimica et Biophysica Acta - Proteins and Proteomics   1784(9) 1192-1199   2008年9月   [査読有り]
The Presence of D-amino Acids in the Proteins Obtained from Elderly Donors
N. Fujii and Y. Kaji
Seikagaku   80 287-293   2008年
M. Sugiyama; N. Fujii; Y. Morimoto; S. Kurabayashi; M.E. Vigild; T. Nakagawa; T. Sato; K. Itoh; K. Mori; T. Fukunaga
Biomacromolecules   9(2) 431-434   2008年   [査読有り]
Recemization of aspartyl residues of proteins in age-related disease
N. Fujii; Y. Kaji
Seikagaku   80(4) 287-293   2008年   [査読有り]
The Role of Advanced Glycated End Products (AGE) and D-amino Acids in Eyes during Aging Ophthalmological Practice
Y. Kaji and N. Fujii
Anti Aging Ophthalmology 22 Bunkodo Tsubta K. Edited   164-169   2008年
Eye Diseases Induced by Post-translational Modifications of Proteins
N. Fujii and Y. Kaji
Japanese Ophthalmology   79 289-293   2008年
New Research of D-amino Acids in Living Body
N. Fujii and H. Homma
Jikken Igaku   26 1278-1284   2008年
老化タンパク質中のD-アミノ酸 (特集 D-アミノ酸制御システムのニューバイオロジー)
藤井紀子、加治優一
生化学    80 287-293   2008年   [査読有り]
蛋白質の異常沈着が引きおこす眼疾患
加治優一, 藤井紀子
Pharma Medica   28 61-64   2008年   [査読有り]
眼の加齢性変化におけるAGEとD-アミノ酸の役割 坪田一男編
加治優一,藤井紀子
文光堂眼科プラクテイス 抗加齢眼科学22   164-169   2008年
ISBN-10: 4830655798
ISBN-13: 978-4830655791
蛋白質の翻訳後修飾がもたらす眼疾患
藤井紀子
日本の眼科   79 289-293   2008年   [査読有り]

書籍等出版物

 
The Importance of the Idea of “Parachirality” in Life Science.
藤井 紀子 (担当:共著)
Elsevier Inc.   2017年   ISBN:978-0-12-812824-4
D-Amino acid residues in proteins related to aging and age-related diseases and a new analysis of the isomers in proteins
藤井 紀子 (担当:共著)
Springer   2016年   ISBN:978-4-431-56075-3
皮膚蛋白質中のアスパラギン酸残基異性体と紫外線による皮膚老化の関連性
藤井 紀子,高田匠 (担当:共著, 範囲:8章)
シーエムシー出版   2015年4月   
CSJ カレントレビュー17 「極限環境の生体分子―過酷な環境下での機能を科学する」 2014 日本化学会 放射線、紫外線照射、老化によるタンパク質への影響とその分析
藤井 紀子 (担当:共著, 範囲:放射線、紫外線照射、老化によるタンパク質への影響とその分析 藤井紀子 )
日本化学会   2014年   
Age Related Macular Degeneration - The Recent Advances in Basic Research and Clinical Care.
Yuichi Kaji, Tetsuro Oshika and Noriko Fujii.
InTech   2012年   
D-amino-acid-containing proteins in living body--The Soai Reaction and Related Topic
Noriko Fujii, Kenzo Aki and Norhiko Fujii. edited by Gyula P?ly, Claudia Zucchi, Luciano Caglioti.
Accademia Nazionale di Scienze Lettere e Arti Modena、 Italy.   2012年   
Experimental studies of chemical evolution using nuclear reactions and their associated radiations and nuclear reactions.
藤井 紀子
"The role of Radiation in the Origin and Evolution of Life". edited by Akaboshi, M. et al. Kyoto Univ. Academic Press, Kyoto,,/,163-173   2000年   
Tryptophanase-catalyzed D-tryptophan degradation reaction and its siginificance for chiral homogeneity.
藤井 紀子
"The role of Radiation in the Origin and Evolution of Life. "edited by Akaboshi, M. et al. Kyoto Univ. Academic Press, Kyoto,,/,243-257   2000年   
Progress in Biochilarity
Shimada A., Fujii, N., and Saito T.
Elsevier Science   2000年   
The role of Radiation in the Origin and Evolution of Life. pp163-173
Akaboshi, M., Kawai, K., Tanaka, Y. Kawamoto, K. and Fujii, N.
Kyoto Univ. Academic Press   2000年   
The role of Radiation in the Origin and Evolution of Life. pp243-257
Shimada, A., Shishido, H., Kogure, H., Nakamura, I., Fujii, N. and Akaboshi, M.
Kyoto Univ. Academic Press   2000年   
Radiodecomposition of D, L-aspartic acid by tritium-β-rays.
藤井 紀子
"Advanves in Biochilarity", edited by Palyi et. al.,/,387-392   1999年   
Spontaneous D-aspartic acid formation at specific sites of lens protein during aging
藤井 紀子
"Advanves in Biochilarity", edited by Palyi et. al.,/,305-313   1999年   
Advanves in Biochilarity pp305-313
Fujii, N., Momose Y., and Akaboshi, M.
Elsevier Science   1999年   
実用分光法シリーズNo4 分光学の医学応用 pp188-206 (1999)
水野有武・藤井紀子
アイピーシー出版部   1999年   

講演・口頭発表等

 
ヒトαB-クリスタリン変異体中のAsp 36 およびAsp-62残基のラセミ化反応速度の解析と構造機能相関
中村徹、酒井美世、定金豊、芳賀達也、後藤祐児、藤井紀子
第3回D−アミノ酸研究会   2007年9月   
D-アスパラギン酸エンドペプチダーゼ活性の酸化ストレスによる影響について
木野内忠稔、藤井紀子
第3回D−アミノ酸研究会   2007年9月   
タンパク質の二次構造によるラセミ化速度の違い
久下勝規、AndreBrack, 殿垣内浩、濱田和彦、藤井紀子
第3回D−アミノ酸研究会   2007年9月   
L-betaーAsp含有ペプチドの逆相HPLC定量法によるAsp残基に異性化速度の解析
定金豊、木葉敬子、永田哲也、川原正博、中込和哉、藤井紀子
第3回D−アミノ酸研究会   2007年9月   
ラミニン蛋白質中のアスパラギン酸とアスパラギン残基のラセミ化
森雄平、加治優一、藤井紀子
第3回D−アミノ酸研究会   2007年9月   
ヒトa−クリスタリン中のAsp残基のラセミ化、異性化と白内障との関連性
石田匠、佐々木洋,藤井紀子
第3回D−アミノ酸研究会   2007年9月   
ヒト白内障beta B2-クリスタリン中のアスパラギン酸残基の部位特異的異性化
内田裕樹、藤井紀子
第3回D−アミノ酸研究会   2007年9月   
タンパク質の異常凝集とD−アミノ酸
藤井 紀子, 加治優一
第3回D−アミノ酸研究会   2007年9月   
老化ストレスによるD-アスパラギン酸エンドペプチダーゼの活性変動について
木野内忠稔、松田映奈、清水孝彦、白澤卓二、藤井紀子
第30回日本基礎老化学会   2007年6月   
水晶体の老化とD-アミノ酸 [招待有り]
藤井紀子
第46回 日本白内障学会総会   2007年6月   
老化ストレスによるD-アスパラギン酸エンドペプチダーゼの活性変動について 
木野内忠稔、藤井紀子
第7回日本蛋白質科学会年会   2007年5月   
ヒトaA-クリスタリン中でのAsp残基のラセミ化反応速度の解析
藤井紀子、中村徹
第7回日本蛋白質科学会年会   2007年5月   
光老化および自然老化マウス皮膚におけるD型アミノ酸の発現解析
徳渕 慎一郎1、石塚由紀子1、小出千春1、藤井紀子
第32回日本研究皮膚科学会(JSID)総会・学術大会   2007年4月   
Spheroid Degenetationにおける蛋白糖化最終産物およびD-アミノ酸の沈着
坂田千穂,加治優一、藤井紀子,高澤豊,深山正久,大鹿哲郎
第111回 日本眼科学会総会   2007年4月   
瞼裂斑における蛋白糖化最終産物とD-アミノ酸の沈着
加治優一、藤井紀子,高澤豊,深山正久,大鹿哲郎
第111回 日本眼科学会総会   2007年4月   
加齢に伴う眼組織へのD-アミノ酸の沈着
大上智弘、加治優一、藤井紀子、高澤豊,深山正久,大鹿哲郎
第111回 日本眼科学会総会   2007年4月   
クリスタリンタンパク構造の反転、異性化の意味するところ [招待有り]
藤井紀子
第111回 日本眼科学会総会   2007年4月   
ペプチド中のAsp残基のラセミ化反応と二次構造との関連
久下 勝規,Andre Brack, 藤井紀子
生命の起原および進化学会第 32回学術講演会 神戸   2007年3月   
哺乳類におけるD-アスパラギン酸含有タンパク質分解酵素について
木野内忠稔、藤井紀子
生命の起原および進化学会第 32回学術講演会 神戸   2007年3月   
ガンマ線照射による水晶体タンパク質の影響
藤井智彦、中村徹、定金豊、齊藤毅、藤井紀子
生命の起原および進化学会第 32回学術講演会 神戸   2007年3月   
1) αA-、αB-クリスタリンのγ線照射に対する感受性の差異
藤井智彦、中村徹、齊藤 剛、藤井紀子
第33回 水晶体研究会   2007年1月   
紫外線照射によるウシa-クリスタリンの光酸化とその生成物
内田裕樹、市 育代、齊藤 剛、小城勝相、藤井紀子
第33回 水晶体研究会   2007年1月   
ヒトαA-クリスタリン変異体中のアスパラギン酸のラセミ化反応速度
中村徹、定金豊、芳賀達也、藤井紀子
第33回 水晶体研究会   2007年1月   
タンパク質中のD−アミノ酸と疾患 [招待有り]
藤井紀子
新産業創造指向融合型研究における男女共同参画の推進   2007年1月   
生体内D−アミノ酸と疾患との関連性 [招待有り]
藤井紀子
NTS   2007年1月   
老化とD−アミノ酸 [招待有り]
藤井紀子
第5回 日本女性科学者の会学術大会   2006年11月   
哺乳類のD−アスパラギン酸エンドペプチダーゼの同定
木野内忠稔、藤井紀子
第2回 D-アミノ酸研究会   2006年9月   
ヒトαA-クリスタリン変異体中のAsp残基のラセミ化反応速度
中村徹、定金豊、芳賀達也、藤井紀子
第2回 D-アミノ酸研究会   2006年9月   
紫外線照射によって増加するマウス皮膚タンパク質中のAsp残基の異性化
山中奈津子、久下勝規、殿垣内浩、北村圭子、元家亮太、下岡正志、藤井紀子
第2回 D-アミノ酸研究会   2006年9月   
D-beta-アスパラギン酸含有蛋白質のマウス組織中での免疫組織化学的検索
元家亮太、角田茂、下岡正志、永田憲司、小野公二、木野内忠稔、藤井紀子
第2回 D-アミノ酸研究会   2006年9月   
紫外線照射によるウシ水晶体αA-クリスタリン中のアスパラギン酸残基の部位特異的異性化における波長依存性
内田裕樹、齊藤毅、藤井紀子
第28回 日本光医学・光生物学会   2006年7月   
加齢に伴うエラスチンペプチド中のアスパラギン酸のラセミ化反応の解析
久下勝規、藤井紀子
第28回 日本光医学・光生物学会   2006年7月   
ヒト水晶体中のα-クリスタリン会合体の加齢による変化
藤井紀子、新名芳有、酒井美世、定金豊、中村徹、森本幸生、木野内忠稔、後藤祐児
第79回 日本生化学会   2006年6月   
中性子溶液散乱を用いたヒトリコンビナントαA-,αB-クリスタリン会合体のサイズと形状に関して
倉林咲枝,杉山正明,齋藤毅,中村徹,藤井紀子
第6回 日本蛋白質科学会年会   2006年4月   
ほ乳類におけるD-アスパラギン酸含有タンパク質に対する特異的な分解酵素について
木野内忠稔、濱本敏郎、香川靖雄、藤井紀子
第6回 日本蛋白質科学会年会   2006年4月   
赤外線照射後の水晶体タンパク質中のD-beta-Asp含有タンパク質の網羅的検索
高田匠、下岡正志、小島正美、三木邦夫、藤井紀子
第6回 日本蛋白質科学会年会   2006年4月   
D−アミノ酸で見る老化-紫外線とストレスによる促進 [招待有り]
藤井紀子
放射線科学研究会   2006年4月   
水晶体中のD-beta-Asp含有タンパク質の発現に関する研究
高田匠、下岡正志、木野内忠稔、藤井紀子
第31回 生命の起原及び進化学会学術講演会    2006年3月   
D-アミノ酸で評価する皮膚蛋白質の損傷 [招待有り]
藤井紀子
太陽紫外線防御研究会   2006年3月   
水晶体alphaA-, alphaB-クリスタリンに対する紫外線影響の差異
藤井紀子、新名芳有、酒井美世、後藤祐児、定金豊、木野内忠稔、齊藤 剛
第32回 水晶体研究会 川崎グランドホテル   2006年1月   
紫外線照射によるウシ水晶体aA-クリスタリン中のアスパラギン酸残基の部位特異的異性化
内田 裕樹、齊藤 剛、藤井紀子
第32回 水晶体研究会 川崎グランドホテル   2006年1月   
ヒトα-クリスタリン会合体のキャラクタリゼーションと紫外線感受性
藤井紀子、新名芳有、酒井美世、定金豊、後藤祐児、木野内忠稔、齊藤 剛
第32回 水晶体研究会 川崎グランドホテル   2006年1月   
ガンマ線照射によるヒトalphaA-, alphaB-クリスタリンの構造と機能変化
藤井 智彦、齊藤 剛、藤井 紀子
第32回 水晶体研究会    2006年1月   
ヒトα-クリスタリン中のアスパラギン酸ラセミ化・異性化部位の変異導入による構造活性相関
中村 徹、酒井 美世、定金 豊、芳賀 達也、後藤 祐児、木野内 忠稔、藤井 紀子
第32回 水晶体研究会    2006年1月   
老化やストレスによって生じるタンパク質中のアミノ酸のラセミ化 [招待有り]
藤井紀子
日本化学会・生命化学研究会   2006年1月   
ヒト水晶体中のα-クリスタリンのラセミ化と異常凝集 [招待有り]
藤井紀子
蛋白質水溶液構造研究会   2005年12月   
水晶体蛋白質中のアスパラギン酸のラセミ化と異常凝集
藤井紀子
日本放射線影響学会第48回大会   2005年11月   
酵母に対する放射線、放射性物質の影響比較
村田里美、岩橋均、櫻井良憲、斎藤剛、藤井紀子、野島久美恵、木村真三、遠藤暁、 田中憲一、菅慎治、北川和英、星正治
日本放射線影響学会第48回大会   2005年11月   
Human recombinant alpha A and alpha B-crystallin receive different structural and functional change by UV-B irradiation.
Y. Shimmyo, N. Fujii, M.Sakai, Y.Goto, Y. Morimoto, Y.Sadakane,K. Lampi
第78回日本生化学会大会    2005年10月   
Discovery of D-beta-Asp in mouse stomach
Ryota Motoie, Tsunoda,Shigeru, Kenji Nagata, Koji Ono, Tadatsohi Kinouchi and Noriko Fujii
第78回日本生化学会大会    2005年10月   
Role of Racemization Sites in Human Alpha Crystallin.
T. Nakamura, M. Sakai, Y. Sadakane, T. Haga, Y. Goto, T. Kinouchi, N. Fujii
第78回日本生化学会大会    2005年10月   
Characterization of alpha-crystallin aggregate of lens from elderly donors
Noriko Fujii, Yoshiari Shimmyo, Miyo Sakai, Yutaka Sadakane, Tooru Nakamura, Tadatoshi Kinouchi, Yuji Goto,, Yukio Morimoto and Kirsten Lampi
第78回日本生化学会大会    2005年10月   
紫外線照射によるウシ水晶体αA-クリスタリン中のアスパラギン酸残基の部位特異的異性化と構造と機能の変化
内田裕樹、齊藤剛、藤井紀子
第26回 光医学・光生物学会   2005年8月   
赤外線照射によるα-クリスタリンの構造と機能変化
内田裕樹、小島正美、齊藤剛、藤井紀子
第31回 水晶体研究会、第44回白内障研究会、第20回 日本眼内レンズ屈折手術学会合同学会    2005年6月   
ヒトaA-クリスタリンの会合体形成とシャペロン機能の関係
中村徹、酒井美世、定金豊、芳賀達也、後藤祐児、藤井紀子
第31回 水晶体研究会、第44回白内障研究会、第20回 日本眼内レンズ屈折手術学会合同学会    2005年6月   
蛋白質翻訳後修飾の役割―ラセミ化 [招待有り]
藤井紀子
大阪大学蛋白質研究所セミナー   2005年1月   
哺乳類におけるD-アスパラギン酸含有蛋白質に特異的な分解酵素について
木野内忠稔、村山繁雄、齋藤祐子、香川靖雄、浜本敏郎
日本生化学会第77回大会    2004年10月   
Studies of Chaperone Function of Recombinant Human Alpha A Crystallin Mutants include Cataract Mutation.
T. Nakamura , N. Fujii, T . Saito, Y. Sadakane and T . Haga
日本生化学会第77回大会    2004年10月   
Induction and protective effect of metallothionein I and II in lens epithelial culture cells
齊藤 剛、手塚智幸、金野柳一、藤井紀子
日本生化学会第77回大会    2004年10月   
水晶体α-クリスタリンへの紫外線損傷
内田裕樹、齊藤剛、藤井紀子
第26回 光医学・光生物学会    2004年7月   
生命世界のホモキラリテイ [招待有り]
藤井紀子
日本医学放射線学会生物部会   2004年7月   
Mammalian D-aspartyl endopeptidase: a scavenger for noxious racemized proteins in aging.
木野内忠稔、香川靖雄、浜本敏郎
日本基礎老化学会第27回大会   2004年6月   
中性子線照射によるα-クリスタリンの構造変化
藤井 智彦、櫻井 良憲、齊藤 毅、藤井 紀子
第30回 水晶体研究会 第43回日本白内障学会合同学会    2004年3月   
水晶体上皮由来培養細胞におけるメタロチオネインの細胞内動態
手塚智幸、齋藤毅、金野柳一、藤井紀子
第30回 水晶体研究会 第43回日本白内障学会合同学会    2004年3月   
エラスチンの合成ペプチド中に存在するアスパラギン酸のラセミ化反応速度論に関する研究
久下勝規、藤井紀子、斎藤毅
生命の起原および進化学会 第29回大会   2004年3月   
外界ストレスに対する生体防御タンパク質の細胞内動態
齊藤 剛、手塚智幸、金野柳一、藤井紀子
生命の起原および進化学会 第29回大会   2004年3月   
The Damaging Effect of UV Irradiation on Lens Alpha-Crystallin [招待有り]
Noriko Fujii, Hiroki Uchida and Takeshi Saito
US-Japan CCRG meeting   2004年2月   
紫外線照射によるマウス水晶体上皮由来培養細胞におけるメタロチオネインmRNAの誘導
齊藤 剛、手塚智幸、金野柳一、藤井紀子
日本放射線影響学会第46回大会   2003年10月   
Identification of mammalian D-aspartyl endopeptidase by MALDI-TOF MS
木野内忠稔、西尾秀喜、西内祐二、常見雅彦、高田克巳、渡邊正知、池田雅志、松井寿夫、香川靖雄、浜本敏郎
第76回日本生化学会大会   2003年10月   
The effects of neutron irradiation on alpha-crystallin from bovine lens
Norihiko Fujii, Noriko Fujii, Takeshi Saito, Yoshinori Sakurai ,
第76回日本生化学会大会   2003年10月   
Kinetic Study of racemization of aspartyl residues in model peptides corresponding to sections of elastin
Katsunori kuge1 , Noriko Fujii 1, Shingo Tagima2 , and Tadashi ShimoOka3
第76回日本生化学会大会   2003年10月   
生物界の右左―生体内D-アミノ酸の存在と役割
藤井紀子
第76回日本生化学会大会   2003年10月   
Lens培養細胞中のD-b-Asp含有タンパクの発現およびその性質
高田匠、藤井紀子、田中愛子、Dawei Yang、下岡正志
第27回生命の起原および進化学会学術講演会 日本獣医畜産大学   2003年3月   
放射線照射による水晶体中のa-クリスタリンへの影響
藤井 智彦、齊藤 毅、藤井 紀子
第27回生命の起原および進化学会学術講演会 日本獣医畜産大学   2003年3月   
放射線と中性子照射によるαクリスタリンの構造と機能変化
藤井 智彦、齊藤 毅、桜井 良憲、藤井 紀子
第29回 水晶体研究会   2003年1月   

所属学協会

 
生命の起原及び進化学会 , International Society of Eye Research , 日本放射線影響学会 , 日本生化学会 , 日本放射化学会 , 水晶体研究会 , US-JAPAN CCRG (Cooperative Cataract Research Group) , 日本質量分析学会 , 日本光医学・光生物学会 , D-アミノ酸研究会

競争的資金等の研究課題

 
D-アミノ酸と老化
研究期間: 1994年   
タンパク質中のアスパラギン酸残基の反転と異性化
研究期間: 1994年   
紫外線と皮フのD-アミノ酸
研究期間: 2000年