日本の女性研究者

生物学

研究者リスト >> 藤井 紀子
 

藤井 紀子

 
アバター
研究者氏名藤井 紀子
 
フジイ ノリコ
eメールnfujiirri.kyoto-u.ac.jp
URLhttp://hlweb.rri.kyoto-u.ac.jp/fl/
所属京都大学
部署複合原子力科学研究所放射線生命科学研究部門
職名客員教授
学位博士(医学)
科研費研究者番号90199290

研究キーワード

 
ラセミ化 , 蛋白質異常凝集 , 白内障 , 老化 , D-アミノ酸 , クリスタリン

研究分野

 
  • 生物科学 / 機能生物化学 / 

学歴

 
 
 - 
1980年
東京医科歯科大学 医学研究科 生化学
 
 
 - 
1974年
明治大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
生命の起原及び進化学会誌 "Viva Origino" 編集委員長
 
2002年4月
 - 
現在
生命の起原及び進化学会・事務局長
 
2003年
   
 
- US-JAPAN CCRG (Cooperative Cataract Research Group) 世話人
 
2004年
   
 
- 水晶体研究会 世話人
 
2004年
   
 
-日本光医学・光生物学会 理事
 
2004年10月
 - 
現在
D-アミノ酸研究会運営委員長
 
2006年6月
   
 
- 日本女性科学者の会理事
 
2007年4月
 - 
2008年3月
 科学技術振興機構男女共同参画アドバイザリー委員会委員
 
2007年6月
   
 
- 日本白内障学会理事
 
1990年
   
 
生命の起原及び進化学会  編集委員長,運営委員,学会事務局責任者
 
2004年
   
 
水晶体研究会  世話人
 
2003年
   
 
US-JAPAN CCRG (Cooperative Cataract Research Group)  世話人
 
2004年
   
 
日本光医学・光生物学会  理事
 
2004年
   
 
D-アミノ酸研究会  運営委員長
 

受賞

 
2015年7月
日本光医学・光生物学会 第8回日本光医学・光生物学会 学会賞
 
1998年
「日本女性科学者の会」奨励賞
 

論文

 
Dーアミノ酸から見た老化と進化
藤井紀子、村岡嗣朗、原田馨、三井洋司
バイオトレンド   2 26-30   1990年   [査読有り]
新分析技術によって明らかになった生体内D−アミノ酸の推移
藤井紀子、村岡嗣朗、原田馨
ぶんせき   10 782-785   1990年   [査読有り]
N. Fujii; S. Muraoka; K. Harada
Biochimica et Biophysica Acta (BBA)/Protein Structure and Molecular   999(3) 239-242   1989年   [査読有り]
S. Muraoka; N. Fujii; I. Tamanoi; K. Harada
Biochemical and Biophysical Research Communications   146(3) 1432-1438   1987年   [査読有り]
武者塚古墳ー毛髪による古温度の推定
藤井紀子、下山晃
茨城県教育委員会   91-94   1986年   [査読有り]
N. Fujii; I. Tamanoi; H. Joshima; M. Kashima; K. Harada
Journal of radiation research   27(2) 183-190   1986年   [査読有り]
アミノ酸のラセミ化を利用する分子時計
藤井紀子、原田馨
化学の領域   36 606-616   1982年   [査読有り]
Takata T and Fujii N.
FEBS J.   -in press   [査読有り]

書籍等出版物

 
The Importance of the Idea of “Parachirality” in Life Science.
藤井 紀子 (担当:共著)
Elsevier Inc.   2017年   ISBN:978-0-12-812824-4
D-Amino acid residues in proteins related to aging and age-related diseases and a new analysis of the isomers in proteins
藤井 紀子 (担当:共著)
Springer   2016年   ISBN:978-4-431-56075-3
皮膚蛋白質中のアスパラギン酸残基異性体と紫外線による皮膚老化の関連性
藤井 紀子,高田匠 (担当:共著, 範囲:8章)
シーエムシー出版   2015年4月   
CSJ カレントレビュー17 「極限環境の生体分子―過酷な環境下での機能を科学する」 2014 日本化学会 放射線、紫外線照射、老化によるタンパク質への影響とその分析
藤井 紀子 (担当:共著, 範囲:放射線、紫外線照射、老化によるタンパク質への影響とその分析 藤井紀子 )
日本化学会   2014年   
Age Related Macular Degeneration - The Recent Advances in Basic Research and Clinical Care.
Yuichi Kaji, Tetsuro Oshika and Noriko Fujii.
InTech   2012年   
D-amino-acid-containing proteins in living body--The Soai Reaction and Related Topic
Noriko Fujii, Kenzo Aki and Norhiko Fujii. edited by Gyula P?ly, Claudia Zucchi, Luciano Caglioti.
Accademia Nazionale di Scienze Lettere e Arti Modena、 Italy.   2012年   
Experimental studies of chemical evolution using nuclear reactions and their associated radiations and nuclear reactions.
藤井 紀子
"The role of Radiation in the Origin and Evolution of Life". edited by Akaboshi, M. et al. Kyoto Univ. Academic Press, Kyoto,,/,163-173   2000年   
Tryptophanase-catalyzed D-tryptophan degradation reaction and its siginificance for chiral homogeneity.
藤井 紀子
"The role of Radiation in the Origin and Evolution of Life. "edited by Akaboshi, M. et al. Kyoto Univ. Academic Press, Kyoto,,/,243-257   2000年   
Progress in Biochilarity
Shimada A., Fujii, N., and Saito T.
Elsevier Science   2000年   
The role of Radiation in the Origin and Evolution of Life. pp163-173
Akaboshi, M., Kawai, K., Tanaka, Y. Kawamoto, K. and Fujii, N.
Kyoto Univ. Academic Press   2000年   
The role of Radiation in the Origin and Evolution of Life. pp243-257
Shimada, A., Shishido, H., Kogure, H., Nakamura, I., Fujii, N. and Akaboshi, M.
Kyoto Univ. Academic Press   2000年   
Radiodecomposition of D, L-aspartic acid by tritium-β-rays.
藤井 紀子
"Advanves in Biochilarity", edited by Palyi et. al.,/,387-392   1999年   
Spontaneous D-aspartic acid formation at specific sites of lens protein during aging
藤井 紀子
"Advanves in Biochilarity", edited by Palyi et. al.,/,305-313   1999年   
Advanves in Biochilarity pp305-313
Fujii, N., Momose Y., and Akaboshi, M.
Elsevier Science   1999年   
実用分光法シリーズNo4 分光学の医学応用 pp188-206 (1999)
水野有武・藤井紀子
アイピーシー出版部   1999年   

講演・口頭発表等

 
生体分子ホモキラリティーのパラダイムシフト − D-アミノ酸研究の新展開
藤井紀子、本間浩
第88回日本生化学会・第37回日本分子生物学会年会合同大会   2015年12月   
蛋白質異常凝集とD-アミノ酸 (八谷:アミロイド再考) [招待有り]
藤井 紀子
第88回日本生化学会・第37回日本分子生物学会年会合同大会   2015年12月   
Crystallin racemization and insolubilization of lens proteins [招待有り]
Noriko Fujii
International Conference on the Lens 2015   2015年12月   
蛋白質異常凝集とD-アミノ酸 [招待有り]
藤井紀子
第88回日本生化学会・第37回日本分子生物学会年会合同大会   2015年12月   
老化における蛋白質ホモキラリテイーの破れ [招待有り]
藤井 紀子
さきがけ20周年記念講演会 さきがけ研究21「場と領域」研究領域   2015年11月14日   
「LC-MSを用いた白内障クリスタリン中の異性体アミノ酸の迅速分析法」 [招待有り]
藤井紀子
第54回日本白内障学会総会・第41回水晶体研究会 合同開催   2015年9月18日   
LC-MSを用いた白内障クリスタリン中の異性体アミノ酸の迅速分析法 [招待有り]
藤井 紀子
第54回日本白内障学会総会・第41回水晶体研究会   2015年9月   
The importance of the idea of “Parachirality” in life science [招待有り]
Noriko Fujii
3rd International Symposium on the SOAI Reaction and Related Topic   2015年9月   
LC-MSを用いた皮膚コラーゲン中のD-アスパラギン酸残基の部位の決定
藤井 紀子、鈴木 結
第37回日本光医学・光生物学会   2015年7月   
Isomerizations of aspartyl residues in lens crystallins from age-related cataracts. [招待有り]
藤井 紀子
Asia-ARVO 2015 Symposium   2015年2月16日   
Rapid Analysis of D-amino acids in Proteins using LC-MS [招待有り]
Noriko Fujii
Origins 2014   2014年7月6日   
Organising committee
LC-MS/MS による蛋白質中のAsp 異性体の迅速解析 [招待有り]
藤井紀子
第15 回日本蛋白質科学会年会   2015年6月24日   
LC-MS/MS による蛋白質中のAsp 異性体の迅速解析 [招待有り]
藤井 紀子
第15 回日本蛋白質科学会年会   2015年6月   
血液中のD-アミノ酸含有ペプチドの探索
HA SEONGMIN, 高田匠、藤井紀子
第15 回日本蛋白質科学会年会   2015年6月   
ラット水晶体タンパク質に対するγ線照射の影響
金 仁求、齊藤 毅、金本尚志,藤井 智彦、藤井 紀子
第40回生命の起原および進化学会学術講演会   2015年3月   
結合型D-アミノ酸形成が誘起する水晶体蛋白質の不溶化
高田匠、藤井紀子
第40回生命の起原および進化学会学術講演会   2015年3月   
Rapid Analysis of the Isomers of Individual Asp residues in Lens Crystallins from Elderly Donors Using LC-MS [招待有り]
Noriko Fujii
International Conference on the Lens   2014年1月19日   
LC-MSによる結合型D-アミノ酸分析
藤井 紀子、 高田匠、 藤井智彦
第40回生命の起原および進化学会学術講演会   2015年3月   
放射線照射によるシアル酸(Neu5Ac)の脱炭酸反応生成物ADOAの生成促進
藤井智彦1、飯島亮介2、油井聡2、藤井紀子3、岸本成史
日本薬学会 第135年会   2015年3月   
ペプチド・蛋白質中の異性化したアスパラギン酸残基の新しい分析方法
藤井智彦1、岸本成史1,2、藤井紀子
日本薬学会 第135年会   2015年3月   
Isomerizatons of [招待有り]
Noriko Fujii, Takumi Takata, Norihiko Fujii, Hiroshi Sasaki
Asia-ARVO 2015 Symposium   2015年2月16日   
Protein aggregation and racemization of amino acids [招待有り]
Noriko FUJII, Norihiko FUJII, Takumi TAKATA, Hiroki MAEDA, Hiroaki SAKAUE
Japan-Hungary Joint Seminar "Mechanism and regulation of aberrant protein aggregation"   2014年11月18日   
放射線照射によるγークリスタリン中のアミノ酸残基の酸化
金 仁求、高田 匠、齊藤 毅、藤井 智彦、藤井 紀子
第87回日本生化学会   2014年10月   
LC-MSを用いた皮膚蛋白質中のアスパラギン酸(Asp)残基の異性体分析
鈴木 結、藤井 紀子、坂上 弘明
第87回日本生化学会   2014年10月   
A new method for the analysis of isomerization of individual Asp residues in proteins using LC-MS. [招待有り]
Noriko Fujii
2nd Annual Conference and EXPO of AnalytiX-2013   2013年3月20日   
Asp異性化がポリペプチド会合体へ及ぼす影響
高田匠、藤井紀子
第87回日本生化学会   2014年10月   
Analysis of Aspartyl Isomers in Skin Protein by LC-MS/MS.
Yui SUZUKI, Noriko FUJII, Hiroaki SAKAUE
The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research IDAR2014   2014年9月2日   
The Hunt for D-aspartyl endopeptidase in various living things:Vertebrates, Aquatic animals and Plants.
Tadatoshi Kinouchi and Noriko Fujii
The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research IDAR2014   2014年9月2日   
Oxidation and Racemization of Rat Lens Crystallins by gamma Irradiation
Ingu Kim, Takeshi Saito and Noriko Fujii
The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research IDAR2014   2014年9月2日   
Inversion of Aspartyl Residue Disturbs Assembly of Crystallin in Human Cataract Lens.
Hiroaki SAKAUE, Takumi TAKATA, Norihiko FUJII, Hiroshi SASAKI and Noriko FUJII
The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research IDAR2014   2014年9月2日   
Asp Isomerization in Eye Lens Derived Peptide Associated with Pepitde-Pepitde and Peptide _Protein Interactions.
Takumi Takata, Hiroaki Sakaue, Noriko Fujii
The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research IDAR2014   2014年9月2日   
Vice president
水晶体蛋白質のアスパラギン酸残基の異性化と立体構造との関係
藤井 智彦、 岸本 成史、 佐々木 洋、 藤井 紀子
第53回 日本白内障学会総会   2014年9月   
アスパラギン酸残基の異性化によるクリスタリン会合体の解離
藤井 紀子、 坂上弘明、 高田匠、 藤井智彦、佐々木 洋
第53回 日本白内障学会総会   2014年9月   
A novel rapid comprehensive analysis of D-amino acids in cataract lens proteins using LC-MS [招待有り]
Noriko Fujii
The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research IDAR2014   2014年9月   
Abnormal protein aggregation due to the presence of D-aspartyl residues in cataractous lenses. [招待有り]
Noriko Fujii, Norihiko Fujii and Masaaki Sugiyama
12th Annual Meeting of International Union of Materials Research Societies (IUMRS) - International Conference in Asia (ICA)   2011年9月19日   
Deamidations In β-crystallin Family Are Highly Correlated With Lens Insolubulization During Aging
T. Takata, N. Fujii, K. Lampi.
第14 回日本蛋白質科学会年会   2014年6月   
老化や酸化ストレスによるD-アミノ酸含有蛋白質の蓄積 [招待有り]
藤井紀子
第14回 日本抗加齢医学会総会   2014年6月   
加齢性眼疾患における蛋白質の変化をとらえる化学的アプローチ [招待有り]
藤井紀子
第118回日本眼科学会総会   2014年4月   
LC-MSを用いた皮膚蛋白質中のアスパラギン酸(Asp)残基の異性体分析
鈴木 結、坂上 弘明、藤井 紀子
生命の起原および進化学会第 39回 学術講演会   2014年3月   
γ線照射によるγ-クリスタリン中のアミノ酸残基の酸化
金仁求、高田匠、齊藤剛、藤井智彦、 金本尚志、藤井紀子
生命の起原および進化学会第 39回 学術講演会   2014年3月   
放射線照射による蛋白質への影響 [招待有り]
藤井紀子
シンポジウム「宇宙にひろがる人類文明の未来」   2014年2月   
D−アスパラギン酸が惹起する蛋白質の異常凝集と加齢性疾患 [招待有り]
藤井紀子
ビタミン B 研究委員会 平成25年度シンポジウム   2014年1月31日   
脱アミド化が引き起こすβB1-βA3クリスタリン分子間相互作用変化
高田匠, Kirsten Lampi, 藤井紀子
第40回 水晶体研究会   2014年1月   
水晶体構成タンパク質中のアスパラギン酸の異性化と立体構造の関係
藤井 智彦、佐々木 洋、藤井 紀子
第40回 水晶体研究会   2014年1月   
βB2-クリスタリンC末端Asn残基の異性化が引き起こす同一分子間相互作用変化
西岡紀理、藤井智彦、高田匠、藤井紀子
第40回 水晶体研究会   2014年1月   
放射線照射による水晶体クリスタリンの構造機能変化とAsp異性体の一斉解析、シンポ名:「放射線と水晶体」 [招待有り]
藤井紀子
第67回日本臨床眼科学会総会シンポジウム   2013年10月31日   
白内障患者の水晶体蛋白質に生じている化学変化をとらえる定量的アプローチ [招待有り]
藤井紀子
TRF研究会   2013年10月30日   
LC-MSを用いたタンパク質中のDアスパラギン酸残基の新しい分析方法 
藤井智彦、藤井紀子
第9回D-アミノ酸研究会学術講演会   2013年9月   
紫外線による皮膚コラーゲン中のアミノ酸の異性化
鈴木結、坂上弘明、藤井紀子
第9回D-アミノ酸研究会学術講演会   2013年9月   
ヒト扁桃におけるアスパラギン残基の脱アミドおよびアスパラギン酸残基の異性
前田裕貴、藤井智彦、高橋裕一、藤井紀子
第9回D-アミノ酸研究会学術講演会   2013年9月   
αAクリスタリンの部分ペプチドを用いたAsp異性化シミュレーション 
安岐 健三 、藤井紀子
第86回日本生化学会大会   2013年9月   
The effects of gamma irradiation on lens proteins of human alpha A- and alpha B-cyrstallins
Norihiko. Fujii1, Tamao. Hisano2, Takeshi. Saito1, & Noriko. Fujii
XVIII International Congress of Eye Research   2008年9月24日   
Effect of primary and higher order structures on the racemization of Asp 58 and Asp 151 in alpha A-crystallin [招待有り]
N. Fujii and T. Nakamura
XVIII International Congress of Eye Research   2008年9月24日   
加齢、紫外線、電離放射線による水晶体蛋白質の変化 (16:50-17:20)講演 [招待有り]
藤井紀子
文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯を見渡す放射線生物・医学の学際教育」   2013年8月25日   
蛋白質の異常凝集 (8/24、16:30-17:30)講義 [招待有り]
藤井紀子
文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯を見渡す放射線生物・医学の学際教育」   2013年8月24日   
蛋白質の異常凝集 
藤井 紀子
文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯を見渡す放射線生物・医学の学際教育」   2013年8月   
加齢、紫外線、電離放射線による水晶体蛋白質の変化
藤井 紀子
文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯を見渡す放射線生物・医学の学際教育」   2013年8月   
紫外線照射によるペプチド中のトリプトファン残基の酸化とアスパラギン酸残基の異性化の関係
藤井紀子、蔡思敏、藤井智彦
第35回 日本光医学光生物学会    2013年7月   
LC-MSによる白内障の水晶体蛋白質中のアスパラギン酸残基の異性体の分析 [招待有り]
藤井紀子、藤井智彦
第52回 日本白内障学会総会   2013年6月27日   
Structural investigation of βB2 crystallin and its complex in an aqueous solution. 2
Masaki Sugiyama, Norihiko Fujii and Noriko Fujii.
XX Biennial Meeting of the International Society for Eye Research (ISER 2012)   2012年7月21日   
The dissociation of a-crystallin-aggregate due to a specific D-Asp residue in αB-crystallin.
XX Biennial Meeting of the International Society for Eye Research (ISER 2012)   2012年7月21日   
Characterization of alpha-crystallin aggregates from human eye lenses and recombinant human alpha A- and alpha B -crystallins aggregates. [招待有り]
Noriko Fujii, Yoshiari Shimmyo, Masaaki Sugiyama, Miyo Sakai, Yutaka Sadakane, Tooru Nakamura, Sakie Kurabayashi, Yukio Morimoto, Masahiko Annaka , Tadatoshi Kinouchi, Yuji Goto and Kirsten Lampi
XVII International Congress of Eye Research   2006年10月29日   
Identification of β-aspartic acid residues in protein by MALD-TOFMS.
Norihiko Fujii, Yuzo Yamazaki and Noriko Fujii
XX Biennial Meeting of the International Society for Eye Research (ISER 2012)   2012年7月21日   
Simultaneous inversion and isomerization of Asp residues at N-and C-terminal regions in _B2-crystallin from the aged human cataractous lenses.
Noriko Fujii, Tomohiro Minooka, Norihiko Fujii, Takehiro Kawaguchi and Hiroshi Sasaki.
XX Biennial Meeting of the International Society for Eye Research (ISER 2012)   2012年7月21日   
Simultaneous isomerization at the Asp-4 residue in βB2-crystallin from the aged human eye lenses
Norihiko Fujii,Takehiro Kawaguchi, Hiroshi Sasaki and Noriko Fujii
International Conference on the Lens   2012年1月15日   
Quality control of damaged mitochondrial proteins by D-aspartyl endopeptidase.
Kinouchi Tadatoshi and Noriko Fujii
7th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM) and 10th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine   2010年12月16日   
THE ASP ISOMERS AFFECT THE PROPERTIES OF aA-CRYSTALLIN MIMIC PEPTIDE
Noriko Fujii, Norihiko Fujii, Masashi Kida and Tadatoshi Kinouchi
XIX Biennial Meeting of the International Society for Eye Research (ISER 2010)   2010年7月18日   
Differentiating alpha- and beta-aspartic acids by MALDI and PSD on Curved Field Reflectron
Yuzo Yamazaki1, Norihiko Fujii2 and Noriko Fujii2
18th International Mass Spectrometry Conference,   2009年8月30日   
PROTECTION EFFECTS BY METALLOTHIONEIN IN MOUSE LENS EPITHELIAL CELL
Takeshi Saito, Tomoyuki Tezuka, Ryuichi Konno, Noriko Fujii
International Symposium on Origins of Life and Astrobiology30th SSOEL-JAPAN MEETING ISOLAB’05   2005年6月27日   
KINETIC STUDY OF RACEMIZATION OF ASPARTYL RESIDUES IN MODEL PEPTIDES CORRESPONDING TO SECTIONS OF ELASTIN.
Katsunori Kuge, Shingo Tajima and Noriko Fujii
International Symposium on Origins of Life and Astrobiology30th SSOEL-JAPAN MEETING ISOLAB’05   2005年6月27日   
CHARACTERIZATION OF NEW D-BETA-ASPARTATE CONTAINING PROTEINS IN A LENS-DERIVED CELL LINE
Takumi Takata, Tadashi Shimo-Oka ,Kunio Miki and Noriko Fujii
International Symposium on Origins of Life and Astrobiology30th SSOEL-JAPAN MEETING ISOLAB’05   2005年6月27日   
Mammalian D-aspartyl endopeptidase: a scavenger for noxious racemized proteins in aging.
Tadatoshi Kinouchi, Toshiro Hamamoto, Yasuo Kagawa and Noriko Fujii
International Symposium on Origins of Life and Astrobiology30th SSOEL-JAPAN MEETING ISOLAB’05   2005年6月27日   
Spontaneous D-amino acid Formation in Protein from Elderly Human Tissues. [招待有り]
Noriko Fujii, Katsunori Kuge, Ryota Motoie, Tadashi ShimoOka and Shingo Tajima
2005 Isolab   2005年6月27日   
Simultaneous racemization and glycation of amino acid residues in proteins in UVB irradiated skin
Yuhei Mori, Kenzo Aki, Tadatoshi Kinouchi, TakehiroKawaguti , Masashi Kida , Hiroaki Sakaue , Noriko Fujii
the First International Congress of D-Amino Acid Research   2009年7月1日   
Substrate specificity and properties of mammalian D-aspartyl endpeptidase
Tadatoshi Kinouchi, Takeshi Saito and Noriko Fujii
the First International Congress of D-Amino Acid Research   2009年7月1日   

所属学協会

 
生命の起原及び進化学会 , International Society of Eye Research , 日本放射線影響学会 , 日本生化学会 , 日本放射化学会 , 水晶体研究会 , US-JAPAN CCRG (Cooperative Cataract Research Group) , 日本質量分析学会 , 日本光医学・光生物学会 , D-アミノ酸研究会

競争的資金等の研究課題

 
D-アミノ酸と老化
研究期間: 1994年   
タンパク質中のアスパラギン酸残基の反転と異性化
研究期間: 1994年   
紫外線と皮フのD-アミノ酸
研究期間: 2000年