日本の女性研究者

資源保全学

Researcher List >> Yuri Maesako
 

Yuri Maesako

 
Avatar
NameYuri Maesako
URLhttp://www.est.osaka-sandai.ac.jp/~maesako/
AffiliationOsaka Sangyo University
SectionFaculty of Design Technology, Department of Environmental Science and Technology
Job titleProfessor
DegreePhD.(Nara Women's University), Master(Nara Women's University)
Research funding number90208546
ORCID ID0000-0003-2925-5317

研究分野

 
  • Environmental science/Agricultural science / Biological resource conservation / Conservation of biological resources
  • Life sciences / Biodiversity and systematics / Biodiversity/Systematics
  • Life sciences / Ecology and environmental science / Ecology/Environment

経歴

 
Apr 1995
 - 
Sep 2016
奈良女子大学文学部・文学研究科非常勤講師 (隔年開講), 文学部/文学研究科
 
Apr 2012
 - 
Sep 2012
信州大学理学部非常勤講師
 
Apr 1998
 - 
Mar 2007
奈良佐保短期大学教授 (助教授/講師)
 
Apr 1996
 - 
Mar 2005
滋賀大学教育学部非常勤講師
 
Apr 1988
 - 
Mar 1991
奈良女子大学理学部助手
 

学歴

 
 
 - 
Mar 1985
Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture, Nara Women's University
 

委員歴

 
Jun 2018
 - 
May 2020
大阪府  大阪府環境審議会 委員
 
Apr 2017
 - 
Mar 2020
植生学会  企画委員長、運営委員
 
Apr 2011
 - 
Mar 2016
植生学会  表彰委員
 
 
 - 
Mar 2013
学校法人佐保会  学園理事/評議員
 
2000
 - 
2000
国際植生学会  国際植生学会2000年大会実行委員(executive committee, excursion committee, chairperson)
 

受賞

 
Jul 2018
科研費による研究成果の社会還元・普及事業に継続的にとりくみ,子供たちの科学する心を育み知的好奇心の向上に貢献したことにより,日本学術振興会より授与された。, ひらめきときめきサイエンス推進賞, 日本学術振興会
 
Oct 2013
高槻市功労表彰
 
Sep 2010
植生学の業績が優れていると認められることにより植生学会より授与された。, 植生学会賞, 植生学会
 
Nov 2009
奈良市表彰
 
2004
ネイチャーゲーム指導優秀賞
 

論文

 
前迫ゆりほか
社叢学会記録   234-250   Jul 2019   [Invited]
2011-2017年度まで社叢学会が東日本大震災後の社叢および地域を調査した記録をまとめたものであり,前迫は調査,執筆および出版委員会委員として,出版にかかわった。担当:笠野・八重垣神社ほか。本出版委員長:薗田稔(国士舘大学),委員:前迫ゆり,渡辺弘之(京大名誉教授),糸谷正俊(理事),茂木栄(国士舘大学),片岡智子(理事),森本幸裕(京大名誉教授)
藤井弘章, 亀田佳代子, 牧野厚史, 前迫ゆり
山階鳥類学雑誌   51(1) 1-28   Jul 2019   [Refereed]
江戸時代から現代までの古文書および集落文書などを紐解き,琵琶湖地域のサギ類,カワウの民族学的研究を通して,現代の自然環境の保全に寄与することをめざした。
前迫ゆり
社叢学研究   16 64-71   Mar 2019   [Refereed]
前迫ゆり, 幸田良介, 佐々木奨, 杉浦聖斗, 花谷祐哉
地域自然史と保全   40(2) 83-91   Dec 2018   [Refereed]
照葉樹林のシカ生息密度を自動撮影装置によるカメラトラップ法と糞塊密度の両方によって,評価し,植生毎に,シカの森林利用に差異が生じるかどうかを検証した。<br />
その結果,春日山原始林全域においてシカは生息しているが,その利用には分布の偏りがあることが明らかにされた。適応的管理において重要な知見が得られた。
藤井弘章, 亀田佳代子, 牧野厚史, 前迫ゆり
民族文化   (30) 33-71   Oct 2018   [Refereed]
竹生島における山林資源の利用と活用を民族学の視点を中心に丹念に調べるとともに,社会学,鳥類学,生態学の領域においても社寺林の歴史的背景と重要性について考察した

MISC

 
みどりのトラスト   (90) 1-2   Jul 2017
植生情報(植生学会)   (21) 10-11   Apr 2017   [Invited]
前迫ゆり
植生情報   (21) 63-66   Apr 2017   [Invited]
前迫ゆり他
TOMOIKI PROJECT   1-14   Mar 2017
地域連携事業に関するパンフレット。同時に、報告書も発刊した。
前迫ゆり, 武田義昭, 前迫ゆり監修
大阪さともりネット2017      Mar 2017

書籍等出版物

 
文一総合出版   Mar 2006   ISBN:4829911905
シカの食害により、森林の次世代の実生や稚樹が消えて森林の存続が危ぶまれている問題は日本各地で起こっている重要な環境問題でもある。本章では著者のフィールド研究をもとに、世界文化遺産春日山原始林に言及した。人間文化研究機構・総合地球環境学研究所ライブラリーの一冊。

講演・口頭発表等

 
澤田佳宏, 前迫ゆり
日本生態学会大会(神戸)   15 Mar 2019   日本生態学会
山口隼平, 平 祥和, 前迫ゆり
地域自然史と保全研究大会   3 Mar 2019   関西自然保護機構
藤原聖真, 前迫ゆり
地域自然史と保全研究大会   3 Mar 2019   関西自然保護機構

所属学協会

 
British Ecological Society , 日本植物学会 , 野生生物と社会 , 日本景観生態学会 , Landscape and Ecological Engineering

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
公益財団法人自然保護助成基金: 第28期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成
Project Year: 2018 - 2020
滋賀県琵琶湖環境科学研究センター: 
Project Year: Apr 2010 - Mar 2011