日本の女性研究者

健康・スポーツ科学

Researcher List >> OGAWA Kukiko
 

OGAWA Kukiko

 
Avatar
NameOGAWA Kukiko
e-mailogawa.kukikotwmu.ac.jp
AffiliationTokyo Women's Medical University
SectionSchool of Nursing, Department of Nursing
Job titleAssociate Professor
Research funding number70307651

Research Interests

 
Nursing , Education

Research Areas

 
  • Nursing / Clinical nursing / 
  • Nursing / Lifelong developmental nursing / 
  • Health/Sports science / Applied health science / 
  • Education / Education / 
  • Nursing / Clinical nursing / 

Published Papers

 
高橋 優美, 小川 久貴子, 宮内 清子, 原田 通予
東京女子医科大学看護学会誌   11(1) 12-18   Mar 2016
褥婦の疲労に関する看護の効果についての文献検討を行い、現状を分析し課題を明らかにした。医学中央雑誌Web版(Ver.5)とJDream IIIを使用して検索を行った。対象となる文献が1999年以前には見られなかったため、1999年から2014年の文献を対象とした。論文は原著論文に限定し、検索式は「産褥and疲労and(看護orケアor介入)and効果」とした。検索し、内容から該当しないものを除いたところ、対象論文は9件となった。対象論文を熟読して整理し、そこから産褥期の疲労に関する26個の...
宮本 亜由美, 小川 久貴子, 宮内 清子
東京女子医科大学看護学会誌   10(1) 19-25   Mar 2015
10代で出産した母親の育児に関する国内文献を分析に、現状と今後の課題を明らかにした。医学中央雑誌Web(ver.5)とJDream IIIを用い、キーワードを「10代母or未成年母or若年母」and「育児」とした。検索対象年は2002年から2013年とした。論文の種類は原著論文に限定した。総検索は96件であった。重複文献の削除と内容を精読し、34件を分析対象とした。発表年別の文献数は、2005年と2006年が7件で最も多かった。文献種類は研究が14件、報告が13件、概説が7件であった。不安...
南 絵里, 小川 久貴子, 宮内 清子
東京女子医科大学看護学会誌   10(1) 11-17   Mar 2015
分娩期に行われている指圧・お灸について実証されている効果を文献検討した。国内文献については、医学中央雑誌Web(ver.5)とJDREAM IIIを用い、登録開始年から2013年11月5日迄を検索対象年とした。国外文献については、Randomized contoroled trial(RCT)を中心に、世界中の臨床試験のSystematic Reviewを行っているThe Cochrane Collaboration and published in The Cochrane Librar...
異儀田 はづき, 小山 達也, 嵐 弘美, 飯塚 あつ子, 田中 美恵子, 犬飼 かおり, 遠藤 直子, 小川 久貴子, 日沼 千尋, 山元 由美子, 落合 亮太, 松嵜 英士
東京女子医科大学看護学会誌   10(1) 1-10   Mar 2015
本研究の目的は、日本の中学校に勤務する養護教諭が捉える生徒の心の健康問題のサインとそれに関わる養護教諭の技術を明らかにすることである。方法として、中学校に勤務する養護教諭14名にインタビューガイドを用いて半構造化面接を行い、質的に分析を行った。調査期間は2013年2月から9月であった。研究の実施にあたり、東京女子医科大学倫理委員会の承認を得た(承認番号2664)。結果:対象者は全員が女性であり、平均年齢は43.7歳(範囲31-57歳)、養護教諭の平均経験年数は、18.2年(範囲2-35年)...
宮内清子, ケニヨン(中北)充子, 飯塚幸恵, 小川久貴子
女性心身医学   18(3) 439-446   Mar 2014

Misc

 
高齢初産婦の産後1ヵ月までの育児における体験
新村 美紀, 小川 久貴子
日本ウーマンズヘルス学会誌   11(1) 84-91   Oct 2012
高齢初産婦4名を対象に、育児における体験について半構成的面接を実施し、内容を分析した。面接は退院前日と産後1ヵ月の2度行われた。退院前日、産後1ヵ月後とも体験内容として「高齢出産に伴う身体的ハイリスクの認識」「キャリアに裏付けられた精神的・社会的強み」「高齢出産を成し得た事への安堵感と母親への芽生え」「身近な育児を見聞きしていたイメージと実際とのギャップ」「知識に照らし合わせながらの試行錯誤の意識」「更なる自分自身の成長」の6つのカテゴリを抽出した。
OGAWA Kukiko
The Journal of Japan   14(2) 63-76   Sep 2011   [Refereed]
Ogawa Kukiko, Adachi Kumiko, Emisu Fumie
The journal of Japan Academy of Health Sciences   13(4) 145-159   Mar 2011
The purpose of this study was to elucidate the transition of cognitive appraisals through the interpersonal relationships in stressful life events among Japanese adolescent pregnant women. At 1 to 4 months after delivery, 10 Japanese adolescent pr...
骨密度に影響を及ぼす日本人中学生に共通する要因(Factors that affect bone density among Japanese junior high school students)
Kume Miyoko, Murayama Yoriko, Ogawa Kukiko
日本ウーマンズヘルス学会誌   4 57-66   Jun 2005
骨量の増加を導く要因を明らかにするために,骨密度への影響があると考えられる中学生の身体発育,日常活動,ライフスタイルを観察し分析をした.骨密度測定を含む健康診断を708名の健康な中学生男女(12〜15歳)にアンケート調査を実施.骨粗鬆症に関係のある危険因子として,過去の報告に基づき11項目の要因を選択,総エネルギーと栄養素・食習慣・身体活動・超音波骨密度測定(CM-100は踵骨の超音波伝達速度を測定)調査をした.結果は次のとおりである.1.全生徒の骨密度は,1552.4±32.49(女子は...
実習指導の経験交流 対象理解を深めた母性看護学実習
小川 久貴子, 久米 美代子
看護展望   27(9) 1032-1036   Aug 2002

Conference Activities & Talks

 
若年母を支援するうえで、支援者が感じる難しさ
安達 久美子, 金澤 貴子, 潮田 千寿子, 竹内 道子, 小川 久貴子
思春期学   Mar 2017   
中学校に勤務する養護教諭による生徒の心の健康問題への支援方法と養護教諭の基本属性との関連
小山 達也, 田中 美恵子, 飯塚 あつ子, 嵐 弘美, 犬飼 かおり, 異儀田 はづき, 小川 久貴子, 日沼 千尋, 濱田 由紀
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2016   
周産期における乳児虐待防止の実態についての文献検討
千野 椎花, 小川 久貴子
母性衛生   Sep 2016   
10代で妊娠した女性を支援するWEBサイトから発信する情報メールの現状と課題
小川 久貴子, 潮田 千寿子, 田幡 純子, 鈴木 小弥香, 金澤 貴子, 竹内 道子, 安達 久美子, 内田 朋子
母性衛生   Sep 2016   
10代で妊娠した女性を支援するWEBサイトの立ち上げ
竹内 道子, 潮田 千寿子, 金澤 貴子, 田幡 純子, 鈴木 小弥香, 内田 朋子, 小川 久貴子, 安達 久美子
母性衛生   Sep 2016   

Association Memberships

 
JAPAN ACADEMY OF HEALTH SCIENCES

Research Grants & Projects

 
The Review of Literatures on Maternal and Child Health of Foreigh Residents in Japan.
Educational Effects in Learning of Maternity Nursing
A study on psychological/social condition for pregnant teenagers and establishment of support to improve their QOL
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2005 - 2007
Factors that affect Bone density among Japanese Junior high school students
Grant-in-Aid for Promotion of Private Scientific Research
Project Year: 2003 - 2005