日本の女性研究者

Female Researchers

Researcher List >> KIZU Junko
 

KIZU Junko

 
Avatar
NameKIZU Junko
e-mailkizu-jnpha.keio.ac.jp
AffiliationKeio University
SectionFaculty of Pharmacy, School of Pharmacy
Job titleProfessor
Degree博士(薬学)(Kyoritsu College of Pharmacy)

Awards & Honors

 
Mar 2013
学生主体で構築した新たな服薬指導事前実習の評価., 優秀発表賞, 日本薬学会第133年会
 

Published Papers

 
<U>KIZU Junko</U>
日本交通科学協議会誌   in press    Mar 2016   [Refereed]
医薬品副作用被害救済制度からみた抗菌薬が関連した副作用被害の実態.
<U>KIZU Junko</U>
日本化学療法学会雑誌   in press    Mar 2016   [Refereed]
<U>KIZU Junko</U>
YAKUGAKU ZASSHI   135 1397-1402   Dec 2015   [Refereed]
<U>KIZU Junko</U>
JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   21 889-891   Dec 2015   [Refereed]
Kazuaki Matsumoto, Yuji Kurihara, Yuko Kuroda, Seiji Hori, Junko Kizu.
JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   in press    Nov 2015   [Refereed]

Misc

 
薬局における感染対策
<U>KIZU Junko</U>
日本薬剤師会雑誌   68(2) 225-228   Feb 2016   [Invited]
小児薬物療法と薬用量における考え方
<U>KIZU Junko</U>
小児科臨床   68(4) 521-529   Apr 2015
間違えのない滅菌消毒薬の取り扱い
<U>KIZU Junko</U>
感染対策ICTジャーナル   10(1) 13-18   Jan 2015
添付文書はなぜ使いにくいのか?
<U>KIZU Junko</U>
医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス   45(11) 946-959   Nov 2014
小児薬用量の考え方と小児薬物療法における注意点.
鈴木小夜, 木津純子.
今日の臨床サポート   www.clinicalsup.jp   Aug 2014

Books etc

 
抗ヒスタミン薬の達人の処方箋.
木津純子. (Part:Joint Work, 268-271)
メディカルレビュー社, 東京   Mar 2013   
今日の治療薬2013.
木津純子. (Part:Joint Work, 1-1122)
南江堂, 東京   Jan 2013   
ナーシング・グラフィカ 疾病の成り立ち2 臨床薬理学.
土屋雅勇,木津純子. (Part:Joint Work, 33-50,193-221)
メディカ出版, 大阪   Jan 2013   
からだの科学 身近な感染症とその治療・対策 PART5.感染症の拡大を防ぐには 手洗い・消毒.
木津純子. (Part:Joint Work, 130-134)
日本評論社, 東京   Dec 2012   
新 小児薬用量改訂第6版.
五十嵐隆,渡辺 博,木津純子編集. (Part:Joint Work, 2-491)
診断と治療社, 東京   Jun 2012   

Conference Activities & Talks

 
薬学共用試験OSCEの結果解析-2015-
<U>KIZU Junko</U>
日本薬学会第136年会   Mar 2016   
抗ヒスタミン薬服用患者の実態と運転への影響 [Invited]
<U>KIZU Junko</U>
日本薬学会第136年会   Mar 2016   
大学と実務実習施設との連携におけるWEBシステムの利用
<U>KIZU Junko</U>
日本薬学会第136年会   Mar 2016   
安全運転に向けた薬剤処方と服薬指導 [Invited]
<U>KIZU Junko</U>
第11回交通科学シンポジウム   Mar 2016   
地域での感染対策の基本は標準予防策の徹底と適切な抗菌薬使用 [Invited]
<U>KIZU Junko</U>
日本医療マネジメント学会第16回東京支部学術集会   Mar 2016