日本の女性研究者

社会科学

Researcher List >> KATO Michiyo
 

KATO Michiyo

 
Avatar
NameKATO Michiyo
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/e971e204a4fbb7029b630c8ec5ea63a5.html
AffiliationTohoku University
SectionGraduate School of Education Educational Science
Job titleProfessor
Degree博士(教育学)(Tohoku University), 修士(国際文化)(Tohoku University)

Research Interests

 
transition to parenthood , parenting behavior , coparenting , community resources , generativity , social support for childraring

Research Areas

 
  • Psychology / Social psychology / Clinical Psychology

Education

 
 
 - 
Mar 1998
教育心理学, Graduate School, Division of Education, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Dec 2014
 - 
Nov 2015
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
Dec 2013
 - 
Nov 2014
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
Dec 2009
 - 
Nov 2010
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
Jun 2008
 - 
Jun 2010
宮城県臨床心理士会  副会長(特別委員会統括)
 
Jun 2006
 - 
Jun 2008
宮城県臨床心理士会  理事
 

Published Papers

 
Developing a Four-point Scaled and Shortend Version of the University Personality Inventory: Reliability and Validity of the UPI16T-GR
IWABUCHI Masashi&KATO Michiyo
Annual Bulletin, Graduate School of Education, Tohoku University   67(1) 155-172   Dec 2018   [Refereed]
Longitudinal Study on Mothers' Copanretal Regulation Behavior to Fathers' Involvement : Using the Actor-Partner Interdeoendence Model
KATO Michiyo, KAMIYA Tetsuji
Annual Bulletin, Graduate School of Education, Tohoku University   67(1) 145-153   Dec 2018
An Overview of Literature on Counseling Support Activities after Earthquakes
Reika ICHIJO, Michiyo KATO
Annual Report of Graduate School of Education, Tohoku University   66(1) 225-242   Dec 2017
Children's externalizing behaviors and coparenting in families with infant to adolescent children.
Kato Michiyo, Kamiya Tetsuji
The journal of child health   76(6) 637-643   Nov 2017   [Refereed]
Parental Development of Fathers and Mothers with Children from Early Infancy to Adolescence
加藤道代・神谷哲司
Annual Report Graduate School of Education, Tohoku University   64(2) 55-68   Jun 2016

Misc

 
セクシュアル・ハラスメント防止の学内体制等について
加藤道代
東北大学セクシュアル・ハラスメント防止対策講習会報告書      Jan 2005
子どもの不安と親の不安をめぐってー育てにくい、育ちにくい今日の社会ー
加藤道代・志賀野博、谷冬彦、西村公志
こころの健康   14(1) 23-46   Mar 1999
「これまで」と「これから」
加藤道代
東北大学大学院教育学研究科震災子ども支援室”s-チル”第8回シンポジウム報告書 東日本大震災後の子どもだちへの支援~岩手・宮城・福島の6年間~   3-3   Jun 2017
震災で親をなくした子どもたちの支援
加藤道代
東北大学 アニュアルレビュー 2016   30-30   Nov 2016
”親代わり”の大人であふれた社会に
加藤道代
東北大学大学院教育学研究科震災子ども支援室”Sーチル” シンポジウム報告書 東日本大震災で親を亡くした子どもたちへの支援~それぞれの専門性を活かして~   6 3-3   Jul 2016

Books etc

 
家族援助論-家族の発達に目を向けて-
松村和子・澤江幸則・神谷哲司編著 (Part:Joint Work, 第5章 子育てをめぐる様々な思いとそれに影響するもの pp75-91)
健帛社   Jul 2005   
思春期・青年期と向き合う人のための心理学
菊地武剋監修、沼山博編 (Part:Joint Work, 第1章p2-12、第3章p89-93、第5章p146-148、154-156、166-169)
chuohoki co.   Nov 2004   
Psychology of Development and Education for Beginners
菊地武剋監修、沼山博編集 (Part:Joint Work, 第5章p119-126)
Chuohoki co.   May 2000   
生徒理解の心理学
菊地武剋編著 (Part:Joint Work, 第13章知ることとわかること(p178-186) 第14章生徒理解の目的(189-197))
福村出版   Mar 2000   
Dr. Spock and Conscientious Mothers-The Scene of Permissive Way of Child Care of America in the 50's
阿野文朗編著 (Part:Joint Work, 第4部 2 (p237-254)スポック博士と<きまじめな母親たち>-1950年代アメリカにおける寛容的育児の背景)
松柏社   Oct 1999   

Conference Activities & Talks

 
主性体重1250g未満児の修正5歳における発達的特徴(宮城県population-based study "さとめんこ”)
高橋立子、山田雅明、松田直、渡辺達也、斉藤潤子、奈良千恵子、涌澤圭介、野崎安芸子、上埜高志、加藤道代、本郷一夫
日本未熟児新生児学会   30 Nov 2013   
父親の批判行動尺度の妥当性と信頼性の検討
黒澤泰・加藤道代・神谷哲司
日本心理学会第77回大会   19 Sep 2013   
母親による夫婦ペアレンティング調整が育児協働感および夫婦満足感に与える影響
加藤道代・黒澤泰・神谷哲司
日本心理学会第77回大会   19 Sep 2013   
Reliability and validity of parental refulation inventory
KATO Michiyo, KUROSAWA Tai, KAMIYA Tetsuji
16th European conference on developmental psychology   3 Sep 2013   
関係焦点型コーピング尺度の開発および信頼性と妥当性の検討.
黒澤泰・加藤道代
日本心理学会第76回大会   Sep 2013   

Association Memberships

 
日本発達心理学会 , 日本心理学会 , 日本小児保健学会 , 東北心理学会 , 日本母性衛生学会 , 日本心理臨床学会

Social Contribution

 
スマートエイジングカレッジ講師
[Others]  22 Jun 2012 - Today
「ライフサイクルにおける老年期~人生のこれまでとこれから~」
仙台市泉区家庭健康課
[Others]  15 May 2010 - Today
妊娠中の両親を対象とした親準備支援、夫婦間コミュニケーション支援
仙台市子供未来局子育て支援部保育指導課
[Others]  3 Sep 2009 - Today
特別(保育)支援コーディネーター研修講師
東北大学教育指導者講座
[Others]  4 Aug 2009 - Today
教育指導者に必要な専門的教養を与え、学校教育の充実に資する。
福島家庭裁判所
[Others]  27 Feb 2018
福島家庭裁判所自庁研修講師

Others

 
Apr 2009
極低出生体重児発達支援
Apr 2009
ライフレビューによる高齢期学習プログラムの開発と生涯発達過程の分析
Sep 2003
Child-Rearing Period in Women's Life
Sep 1996
Interface of Maternal Functioning and Social Support System of Child-Rearing in Taiwa, Miyagi Prefecture