日本の女性研究者

Mathematics, Physics

Researcher List >> Hayase, Junko
 

Hayase, Junko

 
Avatar
NameHayase, Junko
e-mailhayaseappi.keio.ac.jp
AffiliationKeio University
SectionFaculty of Science and Technology Department of Applied Physics and Physico-Informatics
Job titleAssociate Professor
Degree博士(理学)(Sophia University)
Research funding number50342746

Research Areas

 
  • Nano/Micro science / Nanostructural chemistry / Nano Structural Science
  • Nano/Micro science / Nano/Microsystems / Micro/Nanodevice
  • Applied physics / Optical engineering, Photon science / Applied Optics/Quantum Optical Engineering
  • Physics / Condensed matter physics I / Physical Properties I
  • Physics / Atomic/Molecular/Quantum electronics / Atomic/Molecular/Quantum Electronics, Plasma

Academic & Professional Experience

 
Apr 2001
 - 
Mar 2004
(独)理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
Apr 2004
 - 
Sep 2007
(独)情報通信研究機構 専攻研究員
 
May 2007
 - 
Today
上智大学 客員講師
 
Oct 2007
 - 
Mar 2011
(独)科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究者
 
Oct 2007
 - 
Mar 2011
(独)情報通信研究機構 特別研究員
 

Education

 
Mar 2001
   
 
物理学, 理工学, Sophia University
 

Committee Memberships

 
May 2018
 - 
Today
日本レーザー学会  第39回レーザー学会年次大会 プログラム委員会「F 光 機能材料・デバイス」部門・委員
 
May 2018
 - 
Today
日本学術振興会  特別研究員等審査会・専門委員(書面審査担当),卓越研究員候補者選考委員会・書面審査員,国際事業委員会・書面審査員/書面評価員
 
Mar 2018
 - 
Today
CLEO Pacific Rim  準備委員会 委員
 
Jan 2018
   
 
日本学術振興会  先端ナノデバイス・材料テクノロジー第151委員会 平成29年度第5回研究会「量子計測・センシングの最前線と今後の展開」・企画幹事
 
Dec 2017
 - 
Mar 2018
日本学術振興会  科学研究費助成事業 審査委員
 

Awards & Honors

 
Mar 2017
YEP AWARD 2016, 株式会社エーイーティー
 
Mar 2014
単一光子-半導体量子ドット電子スピン集団励起間の革新的量子インターフェースの実現, NEXT グリーン・イノベーション・ポスターセッション金賞
 
Mar 2010
歪補償半導体量子ドットにおける励起子量子コヒーレンスの研究, 第4回日本物理学会若手奨励賞(領域5)
 
2010
第4回日本物理学会若手奨励賞(領域5), 日本物理学会
 
Apr 2009
通信波長帯における半導体量子ドット量子コヒーレンスの研究, 平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 

Published Papers

 
Negatively Charged Nitrogen-Vacancy Centers in a 5nm Thin <sup>12</sup>C Diamond Film
K. Ohashi, T. Rosskopf, H. Watanabe, M. Loretz, Y. Tao, R. Hauert, S. Tomizawa, T. Ishikawa, <u>J. Ishi-Hayase</u>, S. Shikata, C. L. Degen, and K. M. Itoh
Nano Letters   13(10) 4733-4738   Sep 2013   [Refereed]
窒素ドープ化学気相成長法を用いて、ダイヤモンド基板表面から5 nm以内に、窒素-空孔中心を生成し、位相緩和時間における表面修飾の効果を明らかにした。また生成した窒素-空孔中心の電子スピン状態を用いて、油侵オイル内の数千個のプロトン集合体の誘起する磁場を検出することに成功した。
量子ドットの集団コヒーレンスと量子情報技術への応用
<u>早瀬 潤子</u>
応用物理   82(9) 754-759   Jul 2013   [Refereed]
InAs量子ドット集合体における励起子の集団励起状態とピコ秒単一光子パルスとのコヒーレントな相互作用を明らかにするとともに、高帯域量子インターフェースのデモンストレーションを行なった。
Transfer and retrieval of telecom-wavelength picoseconds single-photon qubits to quantum dots
K. Suzuki, K. Konishi, K. Akahane, and <u>J. Ishi-Hayase</u>
IEICE Technical Report   113(53) 45-48   May 2013
フォトンエコー法を用いて、ピコ秒単一光子量子ビットを、量子ドット集合体にコヒーレントに転写・再生することに成功した。
Optical and spin properties of nitrogen-vacancy centers in diamond fabricated using nitrogen-doped isotopically-enriched chemical vapor deposition
T. Gomi, S. Tomizawa, H. Watanabe, H. Umezawa, S. Shikata, K. M. Itoh, and <u>J. Ishi-Hayase</u>
IEICE Technical Report   113(53) 53-56   May 2013
窒素ドープ化学気相成長法にライン&スペース構造を施したダイヤモンド基板を用いることで、位置制御された窒素-空孔中心を生成することに成功した。
Anomalous Decay of Photon Echo in a Quantum Dot Ensemble in the Strong Excitation Regime
R. Suemori, K. Akahane, N. Yamamoto, and <u>J. Ishi-Hayase</u>
AIP Conference Proceedings   1566 536-537   2013   [Refereed]
InAs積層量子ドットにおいてフォトンエコー信号を測定し、強励起下において特異な振る舞いを示すことを見出した。

Misc

 
歪補償量子ドット集合体における超高速非線形分光
<u>HAYASE Junko</u>
表面科学   32(12) 767-772   Dec 2011
アカデミックロードマップ 量子情報・物理
<u>HAYASE Junko</u>
応用物理   79(8) 700-702   Aug 2010   [Refereed]
量子情報分野における2040年までのロードマップを示した。
光-量子ドット相互量子制御-量子メモリの実現に向けて-
<u>早瀬 潤子</u>
レーザー研究   37 38-42   Jan 2009
量子ドット集合体を用いたフォトンエコー量子メモリの原理の説明と研究の将来展望を解説した。
量子ドットの基礎と量子情報分野への応用展開
<u>HAYASE Jyunko</u>
オプトロニクス2008年6月号 連載「基礎からの量子光学」第30回   2008-6 173-182   Jun 2008
半導体量子ドットにおける光物性の基礎と、量子情報分野への応用上重要である量子ゲート操作や位相緩和について解説する。

Books etc

 
量子ドットエレクトロニクスの最前線
Junko Hayase (Part:Contributor, 367-375)
株式会社エヌ・ティー・エス   Mar 2011   ISBN:978-4-86043-376-5
通信波長帯における歪補償量子ドット中の励起子の量子コヒーレンスの物理と応用について、最近の研究成果を紹介する。
基礎からの量子光学
<u>HAYASE Jyunko</u> (Part:Contributor, 485-501)
オプトロニクス社   Oct 2009   ISBN:978-4902312423
半導体量子ドットにおける光物性の基礎と、量子情報分野への応用上重要である量子ゲート操作や位相緩和について解説する。

Conference Activities & Talks

 
ダイヤモンドNV中心の生成制御と超高感度量子センシング [Invited]
<u>早瀬 潤子</u>
量子センサの開発動向と高感度化技術セミナー   17 Jan 2019   
単一CNT/NV センターハイブリッド系の作製
内山 貴晴,大﨑 朗,岸本 茂,<u>早瀬 潤子</u>,大野 雄高
新学術領域「ハイブリッド量子科学」第8回領域会議   10 Jan 2019   
単一光子レベルフォトンエコー検出に向けた周波数上方変換による通信波長帯パルスの高時間分解検出
井藤 魁,渡辺 眞成,栗村 直,赤羽 浩一,<u>早瀬 潤子</u>
新学術領域「ハイブリッド量子科学」第8回領域会議   10 Jan 2019   
High-Sensitive Vector Magnetic Field Sensing by Simultaneous Control of Spin State of NV Center Ensemble in Diamond Using Multi-Frequency Microwaves
K. Yahata, Y. Matsuzaki, K. Kakuyanagi, S. Saito, H. Watanabe, <u>J. Ishi-Hayase</u>
2018 MRS Fall Meeting & Exhibit   27 Nov 2018   
Continuous-Wave Double Resonance of Electric Spin Triplet of NV Centers in Diamond and Its Application to High-Frequency AC Magnetic Field Sensing
<u>J. Ishi-Hayase</u>, S. Saijo, T. Yamaguchi, Y. Matsuzaki, Shiro Saito, Hideyuki Watanabe, Norikazu Mizuochi
2018 MRS Fall Meeting & Exhibit   27 Nov 2018   

Teaching Experience

 
  • APPLIED ELECTROMAGNETICS AND EXERCISE (Keio University)
  • APPLIED PHYSICS AND PHYSICO-INFORMATICS LABORATORY A (Keio University)
  • APPLIED PHYSICS AND PHYSICO-INFORMATICS LABORATORY B (Keio University)
  • APPLIED PHYSICS AND PHYSICO-INFORMATICS LABORATORY C (Keio University)
  • APPLIED PHYSICS AND PHYSICO-INFORMATICS LABORATORY D (Keio University)

Association Memberships

 
日本物理学会 , 日本学術会議光量子科学技術連携委員会 , 応用物理学会 , 応用物理学会量子エレクトロニクス研究会

Research Grants & Projects

 
Highly-sensitive vector magnetic field sensor using multi-frequency quantum manipulation of electric spins in diamond
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): 早瀬 潤子
Highly-sensitive NMR imaging by quantum control of diamond
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): 早瀬 潤子
単一光子-半導体量子ドット電子スピン集団励起間の革新的量子インターフェースの実現
内閣府: 最先端・次世代研究開発支援プログラム
Project Year: Feb 2011 - Mar 2014    Investigator(s): 早瀬 潤子
不均一量子ドット集合体におけるラビ振動ダイナミクスの解明と集団コヒーレンスの生成
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2009 - Mar 2011    Investigator(s): 早瀬 潤子
量子ドットによる光・量子メモリの創出と高光非線形性の探求
Precursory Research for Embryonic Science and Technology
Project Year: Oct 2007 - Mar 2011

Patents

 
2000-184604 : 光信号の超高速時間空間変換法

Social Contribution

 
日本学術会議
[]  Apr 2013 - Today