日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 大越 和加
 

大越 和加

 
アバター
研究者氏名大越 和加
 
オオコシ ワカ
通称等の別名(旧姓など)佐藤和加
eメールwsokoshitohoku.ac.jp
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/b5ec0a701c323c97a5a743b6a4ac236b.html
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 応用生命科学専攻 環境生命科学講座 生物海洋学分野
職名教授
学位農学博士(東北大学), 農学修士(東北大学)

研究キーワード

 
ベントス , プランクトン , 生物海洋 , 水産環境 , 環形動物 , 攪乱 , 生物多様性 , 南極海・深海生態系

研究分野

 
  • 水圏応用科学 / 水圏生産科学 / 

経歴

 
1988年4月
 - 
1991年6月
千葉県立中央博物館 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
東北大学 農学研究科 水産学
 
 
 - 
1983年3月
東北大学 農学部 水産学科
 

委員歴

 
2015年3月
 - 
2016年3月
日本水産学会  理事
 
2015年2月
 - 
2017年3月
日本水産学会水産環境保全委員会  委員長
 
2015年4月
 - 
現在
日本ベントス学会  運営委員
 
2015年6月
 - 
現在
日本ベントス学会  英文誌編集委員
 
2011年6月
 - 
2013年6月
Executive Editor of Plankton and Benthos Research  編集委員長
 

論文

 
Simon, A.C.*, Sato-Okoshi, W., Abe, H.
Marine Biodiversity      2018年   [査読有り]
IF=2.0
国際共同研究
Equal Contribution 該当
Sato-Okoshi W.*, Abe H. Nishitani G., Simon A.C.
Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom   97(8) 1675-1684   2017年12月   [査読有り]
IF=1.0
国際共同研究
責任著者
Disaster-induced changes in coastal wetlands and soft-bottom habitats: an overview of the impacts of the 2011 tsunami and Great East Japan Earthquake
Gen Kanaya*, Takao Suzuki, Kyoko Kinoshita, Masatoshi Matsumasa, Katsumasa Yamada, Koji Seike, Kenji Okoshi, Osamu Miura, Shizuko Nakai, Waka Sato-Okoshi, Eisuke Kikuchi
Biology International   36 62-80   2017年   [査読有り][招待有り]
Kondoh T.*, Abe H., Sato-Okoshi W.
Invertebrate Reproduction and Development   61 172-181   2017年   [査読有り]
Equal Contribution該当
Qiu, X.U., Suzanne, L., Honda, M., Sekiguchi, T., Suzuki, N., Shimasaki, Y., Ando, H., Sato-Okoshi, W., Wada, T., Sunobe, T., Takeda, S., Munehara, H., Yokoyama, H., Momoshima, N., Oshima, Y.
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   311 121-126   2017年   [査読有り]
IF=1.3
国際共同研究
Tomioka S.*, Kondoh T., Sato-Okoshi W., Ito K., Kakui K., Kajihara H.
Zoological Science   33(5) 545-554   2016年10月   [査読有り]
IF=1.0
Xuchun Qiu, Suzanne Lydia Undap, Masato Honda, Toshio Sekiguchi, Nobuo Suzuki, Yohei Shimasaki, Hironori Ando, Waka Sato-Okoshi, Toshihiro Wada, Tomoki Sunobe, Satoshi Takeda, Hiroyuki Munehara, Hisashi Yokoyama, Noriyuki Momoshima, Yuji Oshima*.
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry      2016年   [査読有り]
IF=1.1
Abe H.*, Kondoh T., Sato-Okoshi W.
Zoological Science   33(6) 650-658   2016年12月   [査読有り]
IF=1.0
ジャーナルの表紙に論文中の写真が掲載される
Sato Y.*, Muto T., Endo Y, Kobayashi T., Nakano N, Sato H., Nishitani G., Sato-Okoshi W.
Acta Protozoologica   54(4) 295-303   2015年   [査読有り]
IF 1.2
Sato-Okoshi Waka, Okoshi Kenji, Fujiwara Yoshihiro
BIOLOGICAL BULLETIN   229(2) 209-219   2015年10月   [査読有り]

Misc

 
河口域、干潟、湾内の海洋環境とマクロベントス群集の変化―蒲生干潟と女川湾を例として―
阿部博和,近藤智彦,小林元樹,大越和加*
月刊海洋   46 48-55   2014年12月
地震・津波から3年後の東北地方太平洋沿岸域の現状―天災による自然攪乱と修復による人為的攪乱―
大越和加*,清野聡子
月刊海洋   46 41-42   2014年12月
Waka Sato-Okoshi, Kenji Okoshi
Oysters: Biology, Consumption and Ecological Importance   95-119   2014年1月
© 2014 by Nova Science Publishers, Inc. All rights reserved. Spionid polychaetes which associate with oysters are suggested to have been increasing their populations as the result of host oyster increase by (1) constructing artificial structures a...
Hirokazu Abe, Waka Sato-Okoshi, Goh Nishitani, Yoshinari Endo
Memoirs of Museum Victoria   71 1-9   2014年1月
© 2014, Museum Victoria. All rights reserved. The planktonic larvae of polychaetes are one of the most numerous and diverse groups in coastal zooplankton; however, little is known about their larval dynamics and the factors that affect their verti...
2013年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会報告
大越和加
日本ベントス学会誌   69    2014年

書籍等出版物

 
Marine Productivity: Perturbations and resilience of Socio-ecosystems.
Waka Sato-Okoshi*, Hirokazu Abe, Kenji Okoshi, Wataru Teramoto, Jeremy Shaw, Byoung-Seol Koh, Yong-Hyun Kim, Jae-Sang Hong, Jing-Yu Li. (担当:共著, 範囲:Harmful shell borers, Polydora species (Polychaeta: Spionidae), from commercially important mollusk shells in East Asia and Australia.31-41)
Springer, Switzerland   2015年   
生態学が語る東日本大震災-自然界に何が起きたのか-.日本生態学会東北地区会編.
大越和加
文一総合出版   2016年3月   
大越和加 (担当:共著, 範囲:8章(水産物の移動に紛れて分布を拡大する生物たち)157-176)
恒星社厚生閣   2011年2月   ISBN:9784769912347
ママ、南極へ行く!(文庫版)
大越和加
主婦の友社   2010年4月   
山田格・大越和加 (担当:監修)
偕成社   2009年3月   ISBN:9784035276807
総監修。内容の立案から実質的な執筆を含む。

講演・口頭発表等

 
震災後の女川湾で大発生したエリタケフシゴカイはどこから来たのか
小林元樹・伊藤 萌・小島茂明・綱本良啓・満行知花・陶山佳久・大越和加・阿部博和・内記公明
マリンサイエンス全体会   2018年6月3日   
2016年11月に発生した津波攪乱後の蒲生干潟における底生生物群集
近藤智彦・橋本茜・笹沼丈恭・西谷豪・大越和加
マリンサイエンス全体会   2018年6月3日   
東北地方太平洋沖地震前後における女川湾湾奥のマクロベントス群集構造の変化(2007-2017)
片桐耕・岩渕巽・阿部博和・小林元樹・西谷豪・大越和加
マリンサイエンス全体会   2018年6月3日   
付着性多毛類が生態系や産業に与える影響 [招待有り]
大越 和加
日本付着生物学会大会   2018年3月26日   
Community structure of macrobenthos and the spatio-temporal change in a shallow eutrophic lagoon after the 2011 tsunami impact
Kondoh, T., Nakayama, G., Sato-Okoshi, W.*
Coast Bordeaux 2017 & French-Japanese Oceanography Symposium   2017年11月7日   
本人の講演

所属学協会

 
日本水産学会 , 日本ベントス学会 , 国際多毛類学会 , 日仏海洋学会 , 日本プランクトン学会 , 日本動物分類学会 , 日本付着生物学会

社会貢献活動

 
マリンチャレンジ北海道・東北大会~海と日本PROJECT~
【その他】  2017年8月7日
招待講演
仙台市立南光台小学校講演
【その他】  2017年10月20日
地球温暖化について講演
仙台青陵中等教育学校一日大学講演
【その他】  2016年11月8日
「海洋の理解: プランクトンとベントス」のタイトルで中学生、高校生に講演した。
岩手県立花巻北高等学校進路講演会
【その他】  2015年6月2日
学部の紹介と研究内容に関する講演
宮城県宮城第一高等学校 ミヤイチ・キャンパス
【その他】  2014年10月10日
東北大学農学部の解説と専門研究について講演をする

その他

 
1995年7月   貝類の貝殻に穿孔する多毛類の穿孔機構と侵蝕された貝殻微細構造について
水産学的に有用な貝類の貝殻に穿孔する多毛類についてその穿孔機構についての結果を国際会議で公表
1994年7月   カナダ西海岸の穿孔性多毛類
カナダ西海岸に生息する穿孔性多毛類の生態学的研究
1992年7月   日本産穿孔性多毛類ポリドラヴァリエガータの生活史ー特に貝殻への付着、穿孔機構について
日本の増養殖学上、重要な多毛類の種についての生活史についての研究
1992年4月   穿孔性多毛類マダラスピオ幼生の定着と初期穿孔機構
穿孔性の多毛類マダラスピオの幼生の貝類の貝殻への定着に関する生態学的研究と穿孔を開始する機構についての研究