日本の女性研究者

農学

Researcher List >> Waka SATO
 

Waka SATO

 
Avatar
NameWaka SATO
Alternative NamesSATO Waka
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/b5ec0a701c323c97a5a743b6a4ac236b.html
AffiliationTohoku University
SectionGraduate School of Agriculture Division of Life Science Department of Environmental Bioscience Laboratory of Biological Oceanography
Job titleProfessor
DegreePh.D.(Tohoku University), 農学修士(Tohoku University)

研究キーワード

 
南極海・深海生態系 , 生物多様性 , 攪乱 , 環形動物 , 水産環境 , 生物海洋 , プランクトン , ベントス、プランクトン、生物海洋、水産環境、環形動物、攪乱、生物多様性、南極海・深海生態系

研究分野

 
  • Life sciences / Aquaculture / 

経歴

 
Apr 1988
 - 
Jun 1991
研究員, 千葉県立中央博物館
 

学歴

 
 
 - 
Mar 1988
Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1983
Faculty of Agriculture, Tohoku University
 

委員歴

 
Apr 2019
 - 
Today
農林水産省  国立研究開発法人審議会委員
 
Apr 2019
 - 
Today
日本ベントス学会  会長
 
Mar 2019
 - 
Today
日本水産学会  日本水産学会水産学会賞選考委員会委員
 
Oct 2017
 - 
Today
日本学術会議  連携会員
 
Apr 2017
 - 
Today
日本水産学会  水産環境保全委員会委員
 

論文

 
Simon, A.C, Sato-Okoshi, W, Abe, H
Marine Biodiversity   49 25-42   2019   [Refereed]
IF=2.0<br />
国際共同研究<br />
Equal Contribution 該当
Abe H, Takeuchi T, Taru M, SATO-OKOSHI W, Okoshi K
Marine Biodiversity Records      2019   [Refereed]
Sato-Okoshi W, Abe H, Nishitani G, Simon A.C
Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom   97(8) 1675-1684   Dec 2017   [Refereed]
IF=1.0<br />
国際共同研究<br />
責任著者
Gen Kanaya, Takao Suzuki, Kyoko Kinoshita, Masatoshi Matsumasa, Katsumasa Yamada, Koji Seike, Kenji Okoshi, Osamu Miura, Shizuko Nakai, Waka Sato-Okoshi, Eisuke Kikuchi
Biology International   36 62-80   2017   [Refereed][Invited]
Kondoh T, Abe H, Sato-Okoshi W
Invertebrate Reproduction and Development   61 172-181   2017   [Refereed]
Equal Contribution該当

MISC

 
H. Abe, W. Sato-Okoshi, Y. Endo
Italian Journal of Zoology   78 255-266   Oct 2011
Seasonal changes of abundance and composition of planktonic polychaete larvae were investigated monthly from January 2007 to December 2009 in Onagawa Bay, northeastern Japan. Larvae belonging to 18 families were identified: Spionidae, Serpulidae, ...
大越和加
日本水産学会誌   77    Jul 2011
酒井敬一, 大越和加, 有元操
日本水産学会誌   77 304-309   Mar 2011
大越和加
日本水産学会誌   76 774-774   Jul 2010
大越和加
日本水産学会誌   76 290-290   Mar 2010

書籍等出版物

 
SATO-OKOSHI Waka (Part:監修)
Jun 2019   
日本水産学会東日本大震災災害復興支援検討委員会 (Part:共著)
Nov 2016   
大越和加 (Part:監修, 環形動物(監訳).pp. 208-231.)
東京書籍   May 2016   

講演・口頭発表等

 
阿部博和, 大越和加
平成31年度日本水産学会春季大会   Mar 2019   
片桐耕, 岩渕巽, 阿部博和, 小林元樹, 西谷豪, 大越和加
2018年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会   Sep 2018   
小林元樹, 伊藤 萌, 小島茂明, 綱本良啓, 満行知花, 陶山佳久, 大越和加, 阿部博和, 内記公明
マリンサイエンス全体会   3 Jun 2018   
近藤智彦, 橋本茜, 笹沼丈恭, 西谷豪, 大越和加
マリンサイエンス全体会   3 Jun 2018   
片桐耕, 岩渕巽, 阿部博和, 小林元樹, 西谷豪, 大越和加
マリンサイエンス全体会   3 Jun 2018   

所属学協会

 
日本付着生物学会 , 日本動物分類学会 , 日本プランクトン学会 , 日仏海洋学会 , International Polychaete Association

社会貢献活動

 
[その他]  1 Aug 2008 - Today
非公開
[その他]  Feb 2004 - Today
中央・貝が森、桂、八本松、北山、鶴ヶ谷市民センターで南極の環境についての講演
[その他]  Jan 2016 - Dec 2016
茨城における絶滅の恐れのある野生生物 動物編 への写真・資料提供、データベースへの協力
[その他]  29 Oct 2008 - 30 Oct 2008
水産業における外来種問題についてポスター発表
[その他]  20 Mar 2008 - 22 Mar 2008
(独)日本科学技術機構主催の高校生対象のサイエンスキャンプの講師として南極の自然環境について講演

その他

 
Jul 1995   貝類の貝殻に穿孔する多毛類の穿孔機構と侵蝕された貝殻微細構造について
水産学的に有用な貝類の貝殻に穿孔する多毛類についてその穿孔機構についての結果を国際会議で公表
Jul 1994   カナダ西海岸の穿孔性多毛類
カナダ西海岸に生息する穿孔性多毛類の生態学的研究
Jul 1992   日本産穿孔性多毛類ポリドラヴァリエガータの生活史ー特に貝殻への付着、穿孔機構について
日本の増養殖学上、重要な多毛類の種についての生活史についての研究
Apr 1992   穿孔性多毛類マダラスピオ幼生の定着と初期穿孔機構
穿孔性の多毛類マダラスピオの幼生の貝類の貝殻への定着に関する生態学的研究と穿孔を開始する機構についての研究