日本の女性研究者

情報学

研究者リスト >> 明和 政子
 

明和 政子

 
アバター
研究者氏名明和 政子
 
ミョウワ マサコ
URLhttp://www.educ.kyoto-u.ac.jp/myowa/en/index.html
所属京都大学
部署大学院教育学研究科
職名教授

研究キーワード

 
乳児 , 発達 , チンパンジー , 胎児 , 新生児 , 自己・他者認識 , 模倣 , 進化 , 比較認知 , 認知発達 , 行為の知覚と産出 , 社会性認知 , 胎児・新生児・乳児 , 比較認知発達科学 , 感覚-運動 , 新生児模倣 , 社会的知性 , 自己意識・他者意識 , 自己認識 , フサオマキザル

研究分野

 
  • 情報学 / 認知科学 / 
  • 心理学 / 実験心理学 / 
  • 心理学 / 教育心理学 / 
  • 情報学 / 認知科学 / 
  • 心理学 / 実験心理学 / 

経歴

 
2015年
   
 
京都大学 教育学研究科(研究院) 教授
 

受賞

 
2018年9月
一般財団法人 前川財団 家庭教育研究助成
 
2017年10月
一般財団法人 前川財団 家庭教育研究助成
 
2017年
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員表彰
 
2016年9月
一般財団法人 前川財団 家庭教育研究助成
 
2015年8月
一般財団法人 前川財団 家庭教育研究助成
 

論文

 
Understanding about others’ action in chimpanzees and humans
Myowa, M.
Diversity in Harmony - Insights from Psychology: Proceedings of the 31st International Congress of Psychology for the production process.      2019年   [招待有り]
The Origins of Understanding Self and Other: New Perspectives on Social Cognitive Development in Humans
Myowa, M.
Diversity in Harmony - Insights from Psychology: Proceedings of the 31st International Congress of Psychology for the production process.      2019年   [招待有り]
Audiovisual Speech Perception and Language Acquisition in Preterm Infants: A Longitudinal Study
Imafuku, M., Kawai, M., Niwa, F., Shinya, Y., & Myowa, M.
Early Human Development      2019年   [査読有り]
未来の子どもたちにとってロボットは必要か?
明和政子
5: Desigining Media Ecology      2019年   [招待有り]
Matsunaga M, Tanaka Y, & Myowa M.
PloS one   13(10) e0205738   2018年10月   [査読有り]
Kumaki, Y. Moriguchi, Y., & Myowa-Yamakoshi, M.
Journal of Experimental Child Psychology   167 278-294   2018年   [査読有り]
Tanaka, Y., Kanakogi, Y., Kawasaki, M., & Myowa, M.
Developmental Cognitive Neuroscience   30 31-40   2018年   [査読有り]
Arbib, M., Aboitiz, F., Burkart, J.M., Corballis, M., Coud?, G., Hecht, E., Liebal, K., Myowa-Yamakoshi, M., Pustejovsky J., Putt, S., Rossano, F., Russon, A.E., Schoenemann, P.T., Seifert, U., Semendeferi, K., Shnha, C., Stout, D., Volterra, V., Wacewicz, S., & Wilson, B.
Interaction Studies   19 370-387   2018年   [査読有り]
10年後の人類未来を描く研究
明和政子
発達 ミネルヴァ書房   153(39) 94-101   2018年   [招待有り]
胎児に心はあるのか―比較認知科学のアプローチから
明和政子
生命尊重ニュース   35(399)    2018年   [招待有り]
ぼくらの気持ち教えてあげる! 赤ちゃんの取扱説明書
明和政子
プレジデントBaby 0歳からの知育大百科 2018 完全保存版 プレジデント社   10-17   2018年   [招待有り]
夏休みをきっかけに自立とお手伝いを考えよう
明和政子
KUMONケイバブル 2018 夏 公文教育研究会   6 27-3120180000   2018年   [招待有り]
ヒトの子育ての科学的理解
明和政子
発達 ミネルヴァ書房   155(39) 9-15   2018年   [招待有り]
総合討論
畠中宗一・明和政子・田村恵子・亀口憲治
ひと・健康・未来   18(2018.9) 18-19   2018年   [招待有り]
ヒトの子育ての原点―少子化問題を再考する
明和政子
ひと・健康・未来   18(2018.9) 6-9   2018年   [招待有り]
ヒトの心の創発・発達とその進化史的基盤
明和政子
小児歯科臨床 Japanese Journal of Clinical Dentistry for Children   23(10) 40-46   2018年   [招待有り]
ヒトの学びは,他者からの承認や喜びの共有が土台
明和政子
Learning Design ラーニングデザイン   345(2018.11-12) 18-21   2018年   [招待有り]
第10章 模倣
明和政子
発達科学ハンドブック9 日本発達心理学会(編)尾崎康子・森口佑介(責任編集)社会的認知の発達科学 新曜社   126-139   2018年   [招待有り]
5.4.8 社会的学習
明和政子・藤田和生
日本基礎心理学会(監修)坂上貴之 ・河原純一郎 ・木村英司 ・三浦佳世 ・行場次朗 ・石金浩史(責任編集)基礎心理学実験法ハンドブック 朝倉書店   378-379   2018年   [招待有り]
子どもの遊びとエンタテインメント
湯山茂徳・佐藤由香里・明和政子
(編著)湯山茂徳 エンタテインメントの科学 朝日出版社   107-138   2018年   [招待有り]
エンタテインメントの起源
明和政子
(編著)湯山茂徳 エンタテインメントの科学 朝日出版社   94-106   2018年   [招待有り]
Primate infancies: Causes and consequences of varying care
Hawkes, K., Chisholm, J.S., Fairbanks, L.A., Johow, J., Kalcher-Sommersguiter, E., Liebal, K., Myowa, M., Sommer, V., Thierry, B., & Finlay, B.L.
In: Keller. H. and Bard, K.A. (Eds.) The Cultural Nature of Attachment: Contextualizing Relationship and Development. Cambridge, MA: MIT Press   70-107   2017年   [査読有り][招待有り]
Does Context Matter in Primate Attachment?
Myowa, M.
In: Keller. H. and Bard, K.A. (Eds.) The Cultural Nature of Attachment: Contextualizing Relationship and Development. Cambridge, MA: MIT Press   53-67   2017年   [査読有り][招待有り]
Imafuku, M., Kawai, M., Niwa, F., Shinya, Y., Inagawa, M., & Myowa-Yamakoshi, M.
Infancy   22(2) 223-239   2017年   [査読有り]
Kanakogi, Y., Inoue, Y., Matsuda, G., Butler, D., Hiraki, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
Nature Human Behaviour   1(37)    2017年   [査読有り]
Nagai, S., Kawai, M., Myowa-Yamakoshi, M., Morimoto, T., Matsukura, T., & Heike, T.
Journal of Perinatology   37 843-847   2017年   [査読有り]
Inui, T., Kumagaya, S., & Myowa, M.
Frontiers in Human Neuroscience   11(354)    2017年   [査読有り]
Hirata, S., Fuwa, K., & Myowa, M.
Royal Society Open Science   4(170370)    2017年   [査読有り]
Shinya, Y., Kawai, M., Niwa, F., Imafuku, M., & Myowa, M.
Frontiers in Psycholgy   8(2195)    2017年   [査読有り]
ヒトの脳と心の発達メカニズムを科学的に解き明かす
明和政子
発達 ミネルヴァ書房   149(38) 95-101   2017年   [招待有り]
ヒトの子育ては共同養育 子どもが育つ 親が育つ[講義編]
明和政子
NPO法人ちゃいるどネット大阪 情報誌 ちゃいるどネットOSAKA   68(2017.8) 1-4   2017年   [招待有り]
ヒトの子育ては共同養育 子どもが育つ 親が育つ[質問に答えて編]
明和政子
NPO法人ちゃいるどネット大阪 情報誌 ちゃいるどネットOSAKA   68(2017.9) 4-6   2017年   [招待有り]
思春期に特徴的なヒトの脳発達と社会的認知
明和政子
日本人類学会進化人類学分科会 ニュースレター   2017.1 14-19   2017年   [招待有り]
まねが育むヒトの心の発達と子育て
明和政子
日本スイミングクラブ協会東海支部 We Love Swimming   10 2-3   2017年   [招待有り]
構成論的発達科学―胎児期からの発達原理の解明に基づく発達障害のシステム的理解―
國吉康夫・長井志江・小西行郎・明和政子・熊谷晋一郎・大村吉幸・金沢星慶
ベビーサイエンス   17 10-22   2017年   [招待有り]
B02班 研究成果報告書 周産期からの身体感覚と社会的認知発達
明和政子
平成 24-28年度 科学研究費補助金(新学術領域研究)構成論的発達科学−胎児からの発達原理の解明に基づく発達障害のシステム的理解      2017年
第7章 発達支援と教師の仕事
明和政子
高見茂・田中耕司・矢野智司(編著)高見茂・田中耕司・矢野智司・稲垣恭子(監修)教職教養講座 第1巻 教職教育論 協同出版   127-146   2017年   [招待有り]
Takeshita, H., Hirata, S., Sakai, T., & Myowa-Yamakoshi, M.
In: Reissland, N, Kisilevsky, B.S. (Eds.) Fetal Development: Research on brain and behavior, environmental influences, and emerging technologies. Switzerland: Springer International Publishing.   67-83   2016年   [招待有り]
Nishimura, Y., Kanakogi, Y., & Myowa-Yamakoshi, M.
Infant Behavior and Development   43 66-74   2016年   [査読有り]
Shinya, Y., Kawai, M., Niwa, F., & Myowa-Yamakoshi, M.
Developmental Psychobiology   58(6) 724-753   2016年   [査読有り]
Matsuda, Y., Myowa-Yamakoshi, M., & Hirata, S.
PeerJ   4(e2304)    2016年   [査読有り]
Imafuku, M., & Myowa, M.
Psychologia   59(4) 163-172   2016年   [査読有り]
Fukuyama, H., Qin, S., Kanakogi, Y., Nagai, Y., Asada, M., & Myowa-Yamakoshi, M.
Developmental science   18(6) 1006-1013   2015年   [査読有り]
Mizugaki, S., Maehara, Y., Okanoya, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
PLos One   10(6)    2015年   [査読有り]
Myowa-Yamakoshi, M., Yoshida, C., & Hirata, S.
PLos One   10(11)    2015年   [査読有り]
Tanaka, Y., Fukushima, H., Okanoya, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
Scientific Reports   4 6623   2014年10月   [査読有り]
Shinya Y, Kawai M, Niwa F, Myowa-Yamakoshi M
Biology Letters   10(8)    2014年8月   [査読有り]
The ontogeny of the mirror neuron system
Myowa-Yamakoshi, M.
Brain and Nerve   66(6) 673-673   2014年1月   [査読有り]
Fukuyama H, & Myowa-Yamakoshi M
Infant Behavior and Development,   36(4) 609-617   2013年12月   [査読有り]
Shibata, M, Kawai, M., Matsukura, T., Heike, T., Okanoya, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
Early Human Development   89(7) 503-506   2013年7月   [査読有り]
Naoi, N., Fuchino, Y., Shibata, M., Niwa, F., Kawai, M., Konishi, Y., Okanoya, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
Frontiers in Psychology   4(94)    2013年   [査読有り]
Matsuda, Y., Okanoya, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
PloS one   8(6) e65476   2013年   [査読有り]
Fuchino, Y., Naoi, N., Shibata, M., Kawai, M., Konishi, Y., Okanoya, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
PloS one   8(6) e67432   2013年   [査読有り]
Matsuda, Y., Okamoto, Y., Ida, M., Okanoya, K., Myowa-Yamakoshi, M.
Biology Letters   8(5) 725-728   2012年10月   [査読有り]
Masako Myowa-Yamakoshi, Masako Myowa-Yamakoshi, C?line Scola, Satoshi Hirata, Satoshi Hirata
Nature Communications   3(693)    2012年3月   [査読有り]
Cerebral laterality for prosody processing in human neonates: Evidence from multichannel near-infrared spectroscopy
Naoi, N., Fuchino, Y., Shibata, M., Kawai, M., Konishi, Y., Okanoya, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
In: T. C. Scott-Phillips, M. Tamariz, E. A. Cartmill, J. R. Hurford (Eds.). The Evolution of Language: Proceedings of the 9th International Conference on the Evolution of Language. World Scientific, Singapore,   506-507   2012年   [査読有り][招待有り]
Nagai, Y., Nakatani,A., Shibo Qin, S., Fukuyama,H., Myowa-Yamakoshi, M., & Asada, M.
2012 IEEE International Conference on Development and Learning and Epigenetic Robotics, ICDL-EPIROB 2012, San Diego, CA, USA, November 7-9, 2012   1-6   2012年   [査読有り]
Minoru Shibata, Minoru Shibata, Yutaka Fuchino, Yutaka Fuchino, Nozomi Naoi, Nozomi Naoi, Satoru Kohno, Masahiko Kawai, Masahiko Kawai, Kazuo Okanoya, Kazuo Okanoya, Masako Myowa-Yamakoshi, Masako Myowa-Yamakoshi
NeuroReport   23(6) 373-377   2012年   [査読有り]
ヒトの心はいつ生まれるか
明和政子
京都大學助産師同窓会会報   117(8月分) 2-6   2012年   [招待有り]
特集 新・想像学 チンパンジーとヒトの模倣はどこが同じでどこが違うのか
明和政子
Back Up   31 26-29   2012年   [招待有り]
チンパンジーの出産から見えてくること
明和政子
ペリネイタルケア メディカ出版   31(11) 77-80   2012年   [招待有り]
ヒト特有の心の発達を支える学びのスタイル
明和政子
科研費NEWS 2012 文部科学省・独立行政法人日本学術振興会   2 4-4   2012年   [招待有り]
第2章 発達と学習の進化
明和政子
子安増生・明和政子(編著)高見茂・田中耕司・矢野智司・稲垣恭子(監修)教職教養講座 第1巻 教職教育論 協同出版   29-51   2017年   [招待有り]
周産期からの発達研究の意義
明和政子
発達心理学研究   28(4) 195-201   2017年   [査読有り][招待有り]
他者の心の理解「サル真似」越えて想像力を
明和政子
朝日新聞(2016.1.6, 夕刊3面)      2016年   [招待有り]
発達初期の他者理解―行為の理解から心的状態の理解へ
明和政子
精神医学 医学書院   58(1) 23-28   2016年   [招待有り]
早産児の発達支援を目指して
明和政子
発達 ミネルヴァ書房   145(37) 95-102   2016年   [招待有り]
ヒトの子育てを再考する
明和政子
私幼時報 2016.6   384 1-1   2016年   [招待有り]
ママたちが非常事態!?
明和政子
mamagirl 夏号 2016 株式会社エムオン・エンタテインメント   180-183   2016年   [招待有り]
産後の憂うつはホルモンが原因だった!
明和政子
ひよこクラブ   7(273) 150-153   2016年   [招待有り]
ヒトの心のはたらきは生まれる前から始まっている!ヒトの心はいつ生まれるのか―誕生と進化の道すじ
明和政子
TOSHIN TIMES 大学学部研究会臨時増刊号 DIGEST号   68-69   2016年   [招待有り]
ヒトらしい心が成り立つ道すじをたどる
明和政子
子育ての文化研究所 未来につなげよう!子育ての知恵   3 79-91   2016年   [招待有り]
周産期から探るヒトの心的機能の発達―「親子セット」の発達支援を目指して
明和政子
ひと・健康・未来   9(2016.06) 32-38   2016年   [招待有り]
発展途上の脳とメタ認知―京都大学教育学部・教育学研究科の教育活動で大事にしていること
明和政子
電通育英会 IKUEI NEWS   76 11-12   2016年   [招待有り]
心理学の未来・次世代との対話
明和政子
日本心理学会(監)内田伸子・板倉昭二(編)高校生のための心理学講座―こころの不思議を解き明かそう 誠信書房.   94-99   2016年   [招待有り]
比較認知発達科学―人間らしい心ってなんだろう
明和政子
日本心理学会(監)内田伸子・板倉昭二(編)高校生のための心理学講座―こころの不思議を解き明かそう 誠信書房.   2-18   2016年   [招待有り]
模倣の進化と発達
明和政子
子安増生・郷式徹(編)心の理論―第2世代の研究へ 新曜社   39-54   2016年   [招待有り]
「不気味の谷」現象はどこからくるのか―「親近性」と「新奇性」の2つの評価軸の葛藤―
明和政子・松田佳尚
佐藤知正(監修)人と協働するロボット革命最前線 第3編 ロボットデザインと利用者心理 株式会社エヌ・ティー・エス   295-305   2016年   [招待有り]
ヒトの心の発達を探る研究とは
明和政子
25年のあゆみ 公益財団法人中山人間科学振興財団   67-69   2016年   [招待有り]
人間観が研究方向とオーバーラップ
明和政子
25年のあゆみ 公益財団法人中山人間科学振興財団   309-309   2016年   [招待有り]
今福理博・大橋喜美子・明和政子
音声研究   20(2) 48-57   2016年   [査読有り]
科学の力でヒトの心を解き明かせ!
明和政子
TOSHIN TIMES 大学学部研究会号 digest! 臨時増刊号   64-65   2015年   [招待有り]
ヒトの心の発達と教育の進化的基盤―胎児期からたどる
明和政子
子ども学 甲南女子大学国際子ども学研究センター   17 107-132   2015年   [招待有り]
真似が育むヒトの心
明和政子
子育ての文化研究所 未来につなげよう!子育ての知恵   2 102-112   2015年   [招待有り]
模倣を超えて―ヒトの社会性認知の発達基盤
明和政子
第58回システム制御情報学会研究論文誌   45-49   2014年   [招待有り]
発達とミラーニューロン
明和政子
BRAIN and NERVE 医学書院   66(6) 673-680   2014年   [招待有り]
「共感性」研究の先に
明和政子
平成25年度採択科研費新学術領域研究「共感性の進化・神経基盤」Newsletter   1 10-10   2014年   [招待有り]
真似る・真似られる―模倣の発達的・進化的変遷
明和政子
安西祐一郎・今井むつみ・入來篤史・梅田聡・片山容一・亀田達也・開一夫・山岸俊男(編)岩波講座 コミュニケーションの認知科学3 母性と社会性の起源   51-82   2014年   [招待有り]
まねする子は生き方じょうずに
明和政子
クーヨン クレヨンハウス   2013年3月号 28-31   2013年   [招待有り]
霊長類の比較発達心理学 ヒトの子育てを支えるもの
明和政子
発達 ミネルヴァ書房   134 95-102   2013年   [招待有り]
新生児の発達―運動・感覚
明和政子
Journal of Clinical Rehabilitation   22(6) 547-553   2013年   [招待有り]
霊長類としてのヒトの子育てを考える
明和政子
心理学ワールド   62 9-12   2013年   [招待有り]
特集 感情の起源 7 情動発達と母子関係
明和政子
生物の科学 遺伝   67(6) 20-25   2013年   [招待有り]
明日へのことば “おばあさん仮説”と“共感力”の子育て
明和政子
ラジオ深夜便 2013年11月号 NHKサービスセンター   68-78   2013年   [招待有り]
ヒトの共感力 子育てにも重要
明和政子
朝日新聞 テーブルトーク(2013.12.18)      2013年   [招待有り]
「比較認知発達科学」が目指すもの
明和政子
日本発達心理学会News Letter (2012年10月31日)   67 5-6   2012年   [招待有り]
乳児の認知
明和政子
高橋惠子・湯川良三・安藤寿康・秋山弘子(編)発達科学入門[2]胎児期〜児童期 東京大学出版会   61-78   2012年   [査読有り][招待有り]
岩波ジュニア新書 まねが育むヒトの心
明和政子
岩波書店      2012年
構成的発達科学の目指すもの
浅田稔・細田耕・國吉康夫,・石黒浩,・乾敏郎,・川人光男・土井美和子・明和政子
日本ロボット学会誌   30(1) 33-44   2012年   [招待有り]

Misc

 
明和政子
月刊小児歯科臨床   23(10) 40‐46-46   2018年10月
松永倫子, 菊水健史, 茂木一孝, 永澤美保, 大山瑠泉, 明和政子
日本心理学会大会発表論文集   82nd 727-727   2018年8月
【脳・身体からみる子どもの心】 子どもの心の育ち ヒトの子育ての科学的理解
明和 政子
発達   39(155) 9-15   2018年7月
構成論的発達科学 胎児からの発達原理の解明に基づく発達障害のシステム的理解
國吉 康夫, 長井 志江, 小西 行郎, 明和 政子, 熊谷 晋一郎, 大村 吉幸, 金沢 星慶
ベビーサイエンス   17 10-22   2018年3月
明和政子
小児歯科学雑誌   56(2) 44‐45-45   2018年4月
【「非定型」の視座から発達進化研究のフレームワークを再考する】 周産期からの発達研究の意義
明和 政子
発達心理学研究   28(4) 195-201   2017年12月
今福理博, 今福理博, 鹿子木康弘, 鹿子木康弘, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   17th 78   2017年7月
成戸洋介, 松永倫子, 吉田千里, 菅文美, 河田ひかり, 松代茜, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   17th 57   2017年7月
松永倫子, 成戸洋介, 吉田千里, 菅文美, 松代茜, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   17th 58   2017年7月
明和政子
発達   39(153) 94‐101-101   2018年1月
今福理博, 今福理博, 今福理博, 鹿子木康弘, 鹿子木康弘, BUTLER David, 明和政子
日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.P4‐62   2018年
明和 政子
発達心理学研究 = The Japanese journal of developmental psychology   28(4) 195-201   2017年12月
明和政子
日本新生児成育医学会雑誌   29(1) 17‐21-21   2017年2月
ヒトでは妊娠後期から生後1年にかけてシナプスが爆発的に形成され、脳の体積や厚みが増す。その後、環境の影響を受けながら必要なシナプス結合は強められ、不要な結合は除去されることで、より機能的な神経回路が形成される(シナプス刈り込み)。こうした脳神経の可塑的変化は、ある一定の時期にのみみられる(臨界期)。早産児は脳の発達に顕著な変化が起こる時期に、胎内とは異なる環境に晒されて成長する。異質な環境が早産児の脳神経系発達に与える影響を明らかにするため、私たちは出生予定日に達した早産児および満期産新生...
S. Nagai, M. Kawai, M. Myowa-Yamakoshi, T. Morimoto, T. Matsukura, T. Heike
Journal of Perinatology   37 843-847   2017年7月
© 2017 Nature America, Inc., part of Springer Nature. All rights reserved. Objective: The objective of this study was to estimate gonadotropin concentrations in small for gestational age (SGA) male infants with the reactivation of the hypothalamic...
明和政子
日本助産師学会誌   73rd 12   2017年6月
Masahiro Imafuku, Masahiro Imafuku, Masahiko Kawai, Fusako Niwa, Yuta Shinya, Yuta Shinya, Michiyo Inagawa, Masako Myowa-Yamakoshi
Infancy   22 223-239   2017年3月
Copyright © International Congress of Infant Studies (ICIS) Preterm children are reported to be at higher risk of social communication problems such as autism spectrum disorder compared with full-term infants. Although previous studies have sugges...
明和政子
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   47th 76-76   2017年9月
明和政子
日本新生児成育医学会雑誌   28(3) 429-429   2016年11月
明和 政子
日本新生児成育医学会雑誌 = Journal of Japan Society for Neonatal Health and Development   29(1) 17-21   2017年
Matsuda Yoshi Taka, Myowa-Yamakoshi Masako, Hirata Satoshi
PeerJ   2016(4)    2016年8月
Highly social animals possess a well-developed ability to distinguish the faces of familiar from novel conspecifics to induce distinct behaviors for maintaining society. However, the behaviors of animals when they encounter ambiguous faces of fami...
今福理博, 今福理博, 大橋喜美子, 明和政子
音声研究   20(2) 48‐57-57   2016年8月
<p>This study examines the effect of adult speech style on face-scanning behavior in Japanese infants at six and 12 months of age. The adult speech style included three conditions: 1) Adult-directed speech (ADS) condition, 2) Infant-directed speec...
國吉 康夫, 長井 志江, 小西 行郎, 明和 政子, 熊谷 晋一郎, 大村 吉幸, 金沢 星慶
ベビーサイエンス = Baby science   17 10-22   2017年
明和政子
日本助産学会誌   30(1) 185‐188-188   2016年6月
今福 理博, 大橋 喜美子, 明和 政子
音声研究 = Journal of the Phonetic Society of Japan   20(2) 48-57   2016年8月
明和政子
日本助産学会誌   29(3) 402-402   2016年3月
明和政子, 明和政子
日本言語聴覚学会プログラム・抄録集   17th 79   2016年5月
Shinya Yuta, Kawai Masahiko, Niwa Fusako, Myowa-Yamakoshi Masako
Developmental psychobiology      2016年3月
早産児に対する新たな発達評価法の開発に期待. 京都大学プレスリリース. 2016-04-04.This study investigated whether lower vagal function in preterm infants is associated with increased fundamental frequency (F0 ; frequency of vocal fold vibration) of their spontaneous cries. We asses...
明和政子
発達   37(145) 95-102   2016年1月
明和政子
Brain Nerve   66(6) 673-680   2014年6月
行為の観察/実行を同じ表象フォーマットで照合する神経システムは,いつ,どのように成立するのだろうか。現時点で,ミラーニューロンの個体発生についてはいまだほとんど解明されていない。本稿では,ヒトのミラーニューロンシステムの個体発生を中心に,これまで明らかにされてきた研究の到達点を紹介する。さらに,ヒトのミラーニューロンシステムが種特有の社会的認知機能の発達に果たす役割について考察する。(著者抄録)
Myowa-Yamakoshi Masako, Yoshida Chisato, Hirata Satoshi
PLOS ONE   10(11)    2015年11月
顔を「見る」から顔を「読む」へ -ヒト特有の心が獲得されるプロセスの解明-. 京都大学プレスリリース. 2015-11-05.Human and nonhuman primates comprehend the actions of other individuals by detecting social cues, including others' goal-directed motor actions and faces. However, little is known abou...
Mizugaki Sanae, Maehara Yukio, Okanoya Kazuo, Myowa-Yamakoshi Masako
PLOS ONE   10(6)    2015年6月
Infant emotional expressions, such as distress cries, evoke maternal physiological reactions. Most of which involve accelerated sympathetic nervous activity. Comparatively little is known about effects of positive infant expressions, such as happy...
Mizugaki Sanae, Maehara Yukio, Okanoya Kazuo, Myowa-Yamakoshi Masako
PLOS ONE   10(6)    2015年6月
Infant emotional expressions, such as distress cries, evoke maternal physiological reactions. Most of which involve accelerated sympathetic nervous activity. Comparatively little is known about effects of positive infant expressions, such as happy...
Yoshi Taka Matsuda, Masako Myowa-Yamakoshi, Satoshi Hirata
PeerJ   2016    2016年1月
© 2016 Matsuda et al. Highly social animals possess a well-developed ability to distinguish the faces of familiar from novel conspecifics to induce distinct behaviors for maintaining society. However, the behaviors of animals when they encounter a...
松田佳尚, 岡ノ谷一夫, 平田聡, 明和政子
日本心理学会大会発表論文集   78th 645-645   2014年8月
IMAFUKU Masahiro, IMAFUKU Masahiro, IMAFUKU Masahiro, MYOWA Masako
Psychologia   59(4) 163‐172(J‐STAGE)-172   2016年1月
© 2018 Psychologia Society. All Rights Reserved. In this study, we used eye-tracking to investigate selective visual attention paid to congruent and incongruent audiovisual speech of Japanese infants (6 to 12 months old) and adults. Infants’ recep...
霊長類の比較発達心理学 早産児の発達支援を目指して
明和 政子
発達   37(145) 95-102   2016年1月
明和 政子, 梅﨑 高行, 一色 伸夫
子ども学   (17) 107-132   2015年3月
明和政子
日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.BS2,MYOWA   2016年
Hideko Takeshita, Satoshi Hirata, Tomoko Sakai, Masako Myowa-Yamakoshi
Fetal Development: Research on Brain and Behavior, Environmental Influences, and Emerging Technologies   67-83   2016年1月
© Springer International Publishing Switzerland 2016. This chapter initially describes how to perceive the relationship between individual development and evolution, then examines the essential nature of heterochronic evolution in humans and chimp...
明和政子, 小島康次, 乾敏郎, 月本洋, 中垣啓, 加藤義信
日本発達心理学会大会論文集   26th 50-51   2015年2月
鹿子木康弘, 井上康之, 松田剛, 開一夫, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   15th 52   2015年6月
菅琴音, 吉田千里, 田中友香理, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   15th 82   2015年6月
西村優美子, 鹿子木康弘, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   14th 60   2014年6月
BUTLER David, MYOWA-YAMAKOSHI Masako, TANAKA Masayuki
霊長類研究 Supplement   31(0) 108-108   2015年
Prejudice is a universal social issue that has frequently led to massive discrimination and even genocide. Simply stated: equality is impossible so long as prejudice exists. Several decades of research has improved our understanding about the psyc...
山本英実, 林美里, 明和政子, DHARMALINGAM S.
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   14th 57   2014年6月
大橋喜美子, 今福理博, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   14th 53   2014年6月
水垣さなえ, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   14th 65   2014年6月
Hiroshi Fukuyama, Shibo Qin, Yasuhiro Kanakogi, Yukie Nagai, Minoru Asada, Masako Myowa-Yamakoshi
Developmental Science   18 1006-1013   2015年1月
© 2015 John Wiley & Sons Ltd. When interacting with infants, human adults modify their behaviours in an exaggerated manner. Previous studies have demonstrated that infant-directed modification affects the infant's behaviour. However, little is k...
山本弥佳, 鹿子木康弘, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   14th 56   2014年6月
新屋裕太, 丹羽房子, 河井昌彦, 明和政子
日本発達心理学会大会論文集   25th 316   2014年2月
今福理博, 稲川三千代, 新屋裕太, 河原徳恵, 丹羽房子, 河井昌彦, 明和政子
日本発達心理学会大会論文集   25th 319   2014年2月
【感情の起源-その生物・社会進化】 情動発達と母子関係
松田 佳尚, 明和 政子
遺伝: 生物の科学   67(6) 685-690   2013年11月
霊長類の比較発達心理学 ヒトの子育てを支えるもの
明和 政子
発達   34(134) 95-102   2013年4月
明和 政子
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   110(422) 1-6   2011年2月
ヒトは、他の動物に比べて身体的に未熟な状態で生まれる。しかし、その外見とは対照的に、新生児はかなり精緻な自己身体表象、社会的応答能力をもっている。そうした能力の発達的起源はこれまで「生得的」と表現されてきた。しかし、胎児研究の進展にともない、胎内での学習可能性が見出されつつある。ヒトは、胎児期から獲得し始める自己身体表象を基盤として、出生直後から自己と類似の身体をもつ他者を検出し、口唇部を中心とした運動経験を共有する。生後1年目には、自己身体経験にもとづいて他者の行為やその背後にある心的状...
出生直後の呼吸管理 出生直後の新生児はなぜ泣くのか、泣かなければならないのか チンパンジーの出産から見えてくること
明和 政子
ペリネイタルケア   31(11) 1179-1182   2012年11月
明和 政子
発達   34(134) 95-102   2013年4月
明和 政子
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   58 ROMBUNNO.216-1   2014年5月
学際的な触覚研究の最前線 発達における触覚の役割
森 裕紀, 明和 政子, 高橋 康介, 中野 珠美, 北田 亮
日本心理学会大会発表論文集   76回 WS8-WS8   2012年8月
認知的メタプロセスの進化と発達 自己を知ること、他者を知ること
明和 政子, 平田 聡, 黒島 妃香, 佐藤 徳, 定藤 規弘
日本心理学会大会発表論文集   75回 WS51-WS51   2011年8月
明和政子
日本心理学会大会発表論文集   76th ITL(3)-ITL3   2012年8月
稲川三千代, 丹羽房子, 河井昌彦, 明和政子
日本発達心理学会大会論文集   25th 551   2014年2月
明和政子
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   31st ROMBUNNO.1P1-03   2013年9月
國吉康夫, 長井志江, 小西行郎, 明和政子, 熊谷晋一郎
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   31st ROMBUNNO.1P1-01   2013年9月
松田 佳尚, 明和 政子
遺伝 : 生物の科学   67(6) 685-690   2013年11月
明和 政子, SCOLA C&eacute;line, 平田 聡
霊長類研究 Supplement   27(0) 89-89   2011年7月
&nbsp;A series of experiments on body imitation in chimpanzees revealed a significant difference in the degree to which humans and chimpanzees imitate whole-body actions. Unlike humans, chimpanzees tend to reproduce demonstrated actions by attendi...
北園淳, 直井望, 柴田実, 渕野裕, 萬田暁, 岡ノ谷一夫, 明和政子, 岡田真人
情報科学技術フォーラム講演論文集   12th 427-428   2013年8月
明和政子
Brain Med   21(2) 173-179   2009年6月
他者の心的状態を理解し、利益を与えようとする協力行動や教育は、ヒトを特徴づける社会的活動である。なぜヒトは、これほどまでに他者と活動を共有したがるのか。その発達的起源は胎児期にまでさかのぼることができる。生後すぐに自分を見つめる他者に注目し、働きかけに応答するヒトとチンパンジーは、対面し、見つめあう型の母子間コミュニケーションを生存戦略とした。対面型コミュニケーションへの参与はポジティブな情動を喚起し、それを他者と共感しあう特性を生み出したと考えられる。(著者抄録)
Masaki Tomonaga, Masako Myowa-Yamakoshi, Yuu Mizuno, Sanae Okamoto-Barth, Masami K. Yamaguchi, Daisuke Kosugi, Kim A. Bard, Masayuki Tanaka, Tetsuro Matsuzawa
The Oxford Handbook of Comparative Cognition      2012年9月
© Oxford University Press, 2014. This chapter briefly reviews how potentially cultural traits are identified in wild populations, including how new techniques are making it easier to trace the spread of behaviors. It then focuses on how social lea...
今福理博, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   13th 41   2013年5月
Masaki Tomonaga, Masako Myowa-Yamakoshi, Yuu Mizuno, Sanae Okamoto, Masami K. Yamaguchi, Daisuke Kosugi, Daisuke Kosugi, Kim A. Bard, Masayuki Tanaka, Tetsuro Matsuzawa
Comparative Cognition: Experimental Explorations of Animal Intelligence      2012年3月
© 2006 by Oxford University Press. All rights reserved. This chapter summarizes parts of an ongoing research project on the cognitive development of chimpanzee infants, focusing on their social cognition. Since Premack and Woodruff's (1978) articl...
水垣さなえ, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   12th 80-81   2012年6月
新屋裕太, 河井昌彦, 丹羽房子, 柴田実, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   12th 90   2012年6月
明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   12th 16   2012年6月
田中友香理, 明和政子
日本発達心理学会大会論文集   23rd 540   2012年2月
今福理博, 明和政子
日本発達心理学会大会論文集   23rd 326   2012年2月
松田佳尚, 岡本洋子, 井田美沙子, 岡ノ谷一夫, 明和政子
日本発達心理学会大会論文集   23rd 240   2012年2月
明和政子
心理学ワールド   (62) 9-12   2013年7月
松田佳尚, 明和政子
生物の科学 遺伝   67(6) 685-690   2013年11月
北園 淳, 直井 望, 柴田 実, 渕野 裕, 萬田 暁, 岡ノ谷 一夫, 明和 政子, 岡田 真人
情報科学技術フォーラム講演論文集   12(2) 427-428   2013年8月
明和政子
ペリネイタルケア   31(11) 1179-1182   2012年11月
友永 雅己, 板倉 昭二, 開 一夫, 明和 政子, 岡本 早苗, Farroni Teresa, Moll Henrike
日本心理学会大会発表論文集   72(0) WS091-WS091   2008年7月
浅田 稔, 川人 光男, 土井 美和子, 明和 政子, 細田 耕, 國吉 康夫, 石黒 浩, 乾 敏郎
日本ロボット学会誌   30(1) 33-44   2012年
宮﨑 美智子, 福島 宏器, 石田 裕昭, 尾形 哲也, 村田 哲, 開 一夫, 明和 政子
日本心理学会大会発表論文集   72(0) WS069-WS069   2008年7月
柏木 惠子, 根ケ山 光一, 明和 政子, 平木 典子, 汐見 稔幸, 箕浦 康子
日本心理学会大会発表論文集   72(0) WS038-WS038   2008年7月
明和 政子
教育方法の探究   16 i-i   2013年3月
明和政子
遺伝 別冊   (20) 232-236   2007年1月
明和政子
ベビーサイエンス   8 2-13   2009年3月
【知の発達と環境】 チンパンジーにみる遊びと学びの進化史的基盤
明和 政子
Brain Medical   18(3) 259-264   2006年9月
ヒトは非常に幼い頃から、遊びのなかで他個体の行為を積極的に真似する。同時に、他個体からも真似されることで、両者の遊びはいっそう持続、展開する。真似し、真似される交互交代的な遊びのやりとりを通じて、ヒトは他個体からさまざまな知識や技能を学ぶ。それに対し、チンパンジーの遊びにはこうした交互交代的なやりとりはみられない。ヒトの遊びのスタイルはヒト独自の「教育」へとつながり、ヒトの高度な文化の蓄積、伝播を可能にしたと考えられる。(著者抄録)
ヒト胎児の自己身体探索行動 4次元超音波画像診断装置を用いて
明和 政子, 竹下 秀子
日本心理学会大会発表論文集   69回 645-645   2005年9月
明和政子
発達   26(102) 104-112   2005年4月
上野有理, 竹下秀子, 明和政子
日本家政学会大会研究発表要旨集   59th(0) 96-54   2007年5月
近年、食習慣の改善を目指すべく、「食育」の重要性が指摘されている。子どもの食事経験は、生後数ヶ月からはじまり、その後も長きに渡り、親(養育者)との関わりのなかすすめられる。食習慣の改善を目指すにあたり、離乳期の食事場面における親子関係に注目することは重要だ。また離乳期の子どもをもつ親にとって、どのように子どもに食事を与え、離乳食をすすめていくかは、日々の重要な課題となる。本研究では、離乳期の子どもをもつ親にたいして縦断的にインタビューをおこない、離乳食にまつわる親の関心事の推移を調べた。子...

書籍等出版物

 
子安 増生, 明和 政子, 高見 茂, 田中 耕治, 矢野 智司 (担当:共著)
協同出版   2018年1月   ISBN:4319003314
湯山 茂徳, 苧阪 直行, 明和 政子, 佐藤 由香里
朝日出版社   2018年   ISBN:9784255010670
子安 増生, 明和 政子
協同出版   2017年   ISBN:9784319003310
高校生のための心理学講座 こころの不思議を解き明かそう 心理学の未来・次世代との対話
明和 政子 (担当:分担執筆, 範囲:p.94-99)
誠信書房   2016年2月   
高校生のための心理学講座 こころの不思議を解き明かそう 比較認知発達科学
明和 政子 (担当:分担執筆, 範囲:p.2-18)
誠信書房   2016年2月   
子安 増生, 郷式 徹, 林 美里, 橋彌 和秀, 明和 政子, 大塚 結喜, 小川 絢子, 前原 由喜夫, 溝川 藍, 赤木 和重, 鈴木 亜由美, 林 創, 古見 文一, 別府 哲, 木下 孝司
新曜社   2016年   ISBN:9784788514676
(印刷中) 人と協働するロボット革命最前線. 「不気味の谷」現象はどこからくるのか―「親近性」と「新奇性」の2つの評価軸の葛藤―
明和政子・松田佳尚 (担当:分担執筆)
2016年   
(in press) Does Context Matter in Primate Attachment?
Myowa-Yamakoshi, M., & Butler, L.D. (担当:共著)
The MIT Press.   2016年   
子安増生・郷式徹(編)心の理論―第2世代の研究へ
明和 政子 (担当:共著, 範囲:模倣の進化と発達)
新曜社   2016年   
基礎心理学会(編)実験心理学ハンドブック
明和 政子 (担当:共著, 範囲:5.4. 社会的学習)
朝倉書店   2016年   
発達初期の他者理解―行為の理解から心的状態の理解へ. 精神医学
明和 政子
医学書院   2015年   
科学の力でヒトの心を解き明かせ!
明和 政子 (担当:分担執筆, 範囲:大学学部研究会号 digest! 臨時増刊号 64-65)
TOSHIN TIMES   2015年   
開 一夫, 菊水 健史, 明和 政子, Csibra Gergely, Gergely György, 友永 雅己, 石黒 浩
岩波書店   2014年   ISBN:9784000113731
発達とミラーニューロン. BRAIN and NERVE
明和政子
医学書院   2014年   
模倣を超えて―ヒトの社会性認知の発達基盤
明和政子
第58回システム制御情報学会研究論文誌   2014年   
真似る・真似られる―模倣の発達的・進化的変遷.
明和政子・安西祐一郎・今井むつみ・入來篤史・梅田聡・片山容一・亀田達也・開一夫・山岸俊男 (担当:共著)
岩波講座 コミュニケーションの認知科学3 母性と社会性の起源   2014年   
The Origins of Understanding Self and Other
Myowa-Yamakoshi, M,Adolphs, R., Matsumoto, K.(Eds.) (担当:共著)
2014年   
ヒトの共感力 子育てにも重要
明和政子
朝日新聞夕刊「テーブルトーク」   2013年   
明日へのことば "おばあさん仮説"と"共感力"の子育て.
明和政子
ラジオ深夜便   2013年   
明和 政子
岩波書店   2012年11月   ISBN:4005007287
特集 感情の起源 7.情動発達と母子関係
松田佳尚・明和政子
遺伝   2013年   
ジャック ヴォークレール (担当:共訳)
新曜社   2012年3月   ISBN:4788512823
明和 政子
岩波書店   2012年11月   
Vauclair Jacques, 鈴木 光太郎, 明和 政子
新曜社   2012年   ISBN:9784788512825
明和 政子
岩波書店   2012年   ISBN:9784005007288
ヒト特有の心の発達を支える学びのスタイル. 科学新聞
明和政子
科学新聞社   2012年   
チンパンジーの出産から見えてくること. ペリネイタルケア
明和政子
メディカ出版   2012年   
子安 増生, 白井 利明, 竹下 秀子, 佐藤 達哉, 岡林 秀樹, 明和 政子, 藤村 宣之, 中間 玲子, 榎本 博明, 長田 由紀子, 永久 ひさ子, 馬場 久志, 細江 達郎, 松村 京子, 加藤 義信, 熊谷 高幸, 松田 文子, 岡崎 善弘, 清水 寛之, 都筑 学
新曜社   2011年   ISBN:9784788512313
乳児期 認知能力
明和政子
秋山弘子・安藤寿康・高橋惠子・湯川良三(編)「発達科学入門」 東京大学出版会 \n   2011年   
こころをつなぎ、育むことば
明和政子
京都新聞朝刊   2011年   
心が芽ばえるとき―自己意識の発達とミラーシステム
明和政子
社団法人電子情報通信学会信学技報   2011年   
8章 周産期の心の発達
明和政子・子安増生(編著) (担当:共著)
放送大学大学院文化科学研究科   2011年   
根ヶ山 光一, 柏木 恵子, 三浦 慎悟, 明和 政子, 太田 素子, 箕浦 康子, 高橋 惠子, 大野 祥子, 河原 紀子, 山中 龍宏, 陳 省仁, 富田 庸子, 古沢 頼雄, 大日向 雅美
有斐閣   2010年   ISBN:9784641173682
杉山 幸丸, 相見 満, 藤田 志歩, 明和 政子, 中村 徳子, 竹元 博幸
オーム社   2010年   ISBN:9784274502682
霊長類のアロマザリング 
明和政子
根ケ山光一・柏木惠子(編)「子育ての進化と文化」pp.33-52, 有斐閣 \n   2010年   
いつから赤ちゃんは仲間を認識するのでしょう?赤ちゃん学カフェ
明和政子
ひとなる書房   2010年   
こころの発達と環境
明和政子
京都新聞夕刊   2010年   
一研究者の思い
明和政子
京都新聞夕刊   2010年   
ほどよい教育
明和政子
京都新聞夕刊   2010年   
他人の子どもを育てる
明和政子
京都新聞夕刊   2009年   
明和 政子
NTT出版   2006年10月   ISBN:4757102003
「母性」を支える
明和政子
京都新聞夕刊   2009年   
「共感力」が育つ場
明和政子
京都新聞夕刊   2009年   
明和 政子
河出書房新社   2003年2月   ISBN:4309251765
人間らしい心の芽ばえ
明和政子
京都新聞朝刊   2008年   
チンパンジーにみる遊びと学びの進化史的基盤中山科学振興財団活動報告書2005
明和政子
中山書店   2005年   
マキャベリ的知性と心の理論の進化論
Byrne,R. Whiten,A (担当:共訳, 範囲:第13章チンパンジーは心の理論を持つか?第17章シンボルを使用する類人猿の欺ぎと社会的操作)
ナカニシヤ出版   2004年   
大型類人猿の権利宣言
Cavalieri,P. & Singer,P. (担当:共訳)
2001年   
アイの子育て日誌・個性について(第17回). 科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・ツイン・ブースでの出会い(第16回). 科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・考えるアユム(第15回). 科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・ヒトとのコミュニケーションがもたらすもの(第14回). 科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・おかあさんが二人(第13回). 科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・1年を振り返る(第12回). 科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・コミュニティーの中で生きる(第11回). 科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・アユムも勉強を始める(第10回)科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・個性のめばえ(第9回). 科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・くわえたり, つかんだり(第8回). 科学
明和政子
岩波書店   2001年   
アイの子育て日誌・"チンパンジー"アユム(第7回). 科学
明和政子
岩波書店   2000年   
アイの子育て日誌・三組の母子がそろって(第5回). 科学
明和政子
岩波書店   2000年   
アイの子育て日誌・アイと歩みはじめたアユム(第6回). 科学
明和政子
岩波書店   2000年   
アイの子育て日誌・アユムの世界がひろがった!(第4回). 科学
明和政子
岩波書店   2000年   
チンパンジー・アイの子育て. 言語
明和政子
大修館書店   2000年   
アイの子育て日誌・立ち上がるアユムに仲間ができた!(第3回). 科学
明和政子
岩波書店   2000年   
アユムが歩んだ1ヶ月(第2回). 科学
明和政子
岩波書店   2000年   
チンパンジー"アイ"に長男アユム誕生(第1回). 科学
明和政子
岩波書店   2000年   
遊ぶこと・学ぶこと. エコソフィア, 第5号
明和政子
昭和堂   2000年   
既知顔認知の初期発達 −ヒト・ニホンザル・チンパンジーの比較発達実験―
山口真美・明和政子・金沢創・友永雅己
電子情報通信学会技術報告   2000年   
文化を支える模倣. 生物の科学 遺伝
明和政子
裳華房   1999年   
Evolutionary foundation and development of imitation.
Myowa-Yamakoshi, M., T. Matsuzawa (ed) (担当:共著)
実験室とフィールドのチンパンジー
明和政子・やまだようこ・サトウタツヤ・南博文(編) (担当:共著)
金子書房   
Development of facial information processing in nonhuman primates
Myowa-Yamakoshi, M., T. Matsuzawa, M. Tomonaga, M. Tanaka (Eds.) (担当:共著)
How and when do chimpanzees acquire the ability to imitate?
Myowa-Yamakoshi, M., T. Matsuzawa, M. Tomonaga, M. Tanaka (Eds.) (担当:共著)
A new comparative perspective on prenatal motor behaviors: Preliminary research with four-dimensional ultrasonography.
Takeshita, H, Myowa-Yamakoshi, M., & Hirata, S., T. Matsuzawa, M. Tomonaga, M. Tanaka (Eds.) (担当:共著)
Chimpanzee social cognition in early life: Comparative-developmental perspective.
Tomonaga, M., Myowa-Yamakoshi, M., Mizuno, Y., Okamoto, S., Yamaguchi, M. K., Kosugi, D., Bard, K. A., Tanaka, M., & Matsuzawa, T. , E. A. Wasserman& T.R. Zentall (Eds.) (担当:共著)
Development of gaze recognition in chimpanzees (Pan troglodytes)
Tomonaga, M., Myowa-Yamakoshi, M., Okamoto, S., & Bard, K.A, (担当:共著)
Evolutionary origins of social communication.
Myowa-Yamakoshi, M. & Tomonaga, M., Haan, M. & Gunnar, M.R. (Eds.) (担当:共著)
Early social cognition in chimpanzees (Pan troglodytes)
Myowa-Yamakoshi, M., Suddendorf, E., Ross, S. Matsuzawa, T (Eds.) (担当:共著)
Play behaviors involving the use of objects in young chimpanzees at Bossou
Myowa-Yamakoshi, M, T. Matsuzawa, T. Humle, Y. Sugiyama (Eds.) (担当:共著)
赤ちゃんと時間
明和政子・子安増生・白井利明(編) (担当:共著)
新曜社   
Cerebral laterality for prosody processing in human neonates: Evidence from multichannel near-infrared spectroscopy.
Naoi, N., Fuchino, Y., Shibata, M., Kawai, M., Konishi, Y., Okanoya, K., & Myowa-Yamakoshi, M., T. C. Scott-Phillips, M. Tamariz, E. A. Cartmill, J. R. Hurford (Eds.). (担当:共著)
なぜ が無限にひろがっていく場
明和政子・京都大学心理学教官連絡会(編) (担当:共著)
ナカニシヤ出版   
新生児期の認知と行動, 乳児期の知覚と認知, 乳児期の社会的認知の発達, 新生児・乳児の比較認知発達研究
明和政子・友永雅己・田中正之・松沢哲郎(編) (担当:共著)
京都大学学術出版会   
第1章 模倣
明和政子・杉村伸一郎(編) (担当:共著)
ナカニシヤ出版   
チンパンジーを縦断的に研究するということ
明和政子・西條剛央(編) (担当:共著)
北大路書房   
模倣から心の理論へ
明和政子・大津由紀夫・波多野誼余夫・三宅なほみ(編) (担当:共著)
認知心理学への招待2, pp.184-202   
こころの誕生と進化― ヒトらしさの起源を探る
明和政子 (担当:共著)
遺伝   
霊長類の新生児模倣
明和政子・開一夫・長谷川寿一(編) (担当:共著)
東京大学出版会   
人間らしい遊びとは?―遊びから探る人間の心の発達と進化
明和政子・亀井伸孝(編) (担当:共著)
昭和堂   
紙上討論 心の発達と進化
明和政子 (担当:共著)
金子書房   
第6章 ヒトとサルの親子関係
明和政子・杉山幸丸(編) (担当:共著)
オーム社   
第2章 霊長類のアロマザリング
明和政子・根ケ山光一・柏木惠子(編) (担当:共著)
有斐閣   
心の発達と教育の進化的基盤
明和政子・松沢哲郎(編) (担当:共著)
岩波書店   
胎児・新生児期の身体マッピング能力
明和政子・五十嵐隆・久保田雅也(編) (担当:共著)
中山書店   
人間の心の発達とその進化的基盤
明和政子 (担当:共著)
ダウン症療育研究   
2章 心の進化と発達
明和政子・子安増生(編著) (担当:共著)
放送大学大学院文化科学研究科   
9章 乳児期の心の発達
明和政子・子安増生(編著) (担当:共著)
放送大学大学院文化科学研究科   
10章 トピック1−社会的学習
明和政子・藤田和生(編著) (担当:共著)
放送大学   
15章 討論−ヒトとは何か
藤田和生・明和政子・平田聡・板倉昭二 (担当:共著)
放送大学   
9-1 胎児・乳児期. 京都大学心理学連合(編)
明和政子 (担当:共著)
ナカニシヤ出版   

講演・口頭発表等

 
チンパンジー新生児における聴覚フィードバックによるサッキング反応のコントロール
泉明宏,板倉昭二,友永雅己,明和政子,田中正之,松沢哲郎
第3回サガ・シンポジウム「大型類人猿の研究・飼育・自然保護-現状と未来-」(2000年11月, 犬山).   2000年   
藤田和生, 長坂泰勇, 谷内通, 古屋泉, 明和政子, 友永雅己, 辻敬一郎, 室伏靖子
日本心理学会大会発表論文集   2000年   
チンパンジーによる物の操作に関する模倣(2)-他個体のアクションに含まれる「意図」と「ゴール」の理解-
明和政子,松沢哲郎
日本発達心理学会第9回大会(1998年3月, 東京).   1998年   
明和 政子
日本教育心理学会総会発表論文集   1997年9月24日   
チンパンジーによる物の操作に関する模倣-他個体の何が伝わるのか?-
明和政子,松沢哲郎
第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月, 札幌).  霊長類研究13 (3): 282.   1997年   
葉のざぶとん: 野生チンパンジーの新しい道具使用
平田聡,明和政子,松沢哲郎
第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月, 札幌). 霊長類研究13 (3): 270.   1997年   
明和 政子
日本教育心理学会総会発表論文集   1996年11月2日   
トイレトレーニングの進行に関する大規模実態調査(1)―トイレトレーニングが上手くいく・いかないのはなぜ?
成戸洋介, 松永倫子, 吉田千里, 菅文美, 河田ひかり, 松代茜, 明和政子
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集,17th,57   
Development and Evolutionary Foundation of Human Mind: New perspectives on cognitive development in humans from the prenatal period [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
IROS 2013 Workshop on Towards Social Humanoid Robots: What makes interaction human-like?   
Development of social cognition from perinatal period: Towards new systematic understanding of its dysfunction [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
The First International Symposium on Computational Behavioral Science   
Towards the Systematic Understanding of the Development of Human Social Cognition [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
Special session 1: Constructive Developmental Science: Two Endeavors toward Understanding Human Development   
The origins of understanding self and other [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
The third joint IEEE international Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics   
Lecture: The emergence of self: Evolutionary foundation and development of self-awareness" and the mirror system. [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
Psychology Seminar, Harvard University   
Selected member of US-Japan Connections Symposium for Women Leaders in Science, Technology and Engineering and Mathematics, "Crossing Boundaries with Informatics" [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
Basic Science to Social Infrastructure,The National Science Foundation (NSF) and the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)   
Acoustic Analysis of Spontaneous Crying by Preterm and Full-term Infants. [招待有り]
Shinya, Y., Kawai, M., Niwa, F., Shibata, M., & Myowa-Yamakoshi, M.
2013 Society for Research in Child Development Biennial Meeting   
The development of self-awareness and the mirror system: Comparative perspectives [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
IIAS Research Conference 2012, "Evolutionary Origins of Human Mind"   
Plenary Lecture: Emerging self-Evolutionary foundation and development of self-awareness and the mirror system. [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots "Humanoids and Humans: Towardsa New Frontier"   
Fetal mouth opening in relation to proprioceptive and exteroceptive stimuli. Session: "Developmental origins of human behaviour in the perinatal period". [招待有り]
Takeshita, H., Myowa-Yamakoshi, M., & Mizuno, Y.
XVIII BiennialInternational Conference on Infant Studies   
Different Visual Scanning Patterns for Goal-Directed Actions in Humans (Homo sapiens) and Chimpanzees (Pan troglodytes) [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
Lancaster-Kyoto Joint International Symposium, "Towards an Empirical Understanding of Cultural, Social and Evolutionary Perspectives in Psychological Science"   
How do humans uniquely view others' actions? [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
International Conference on Development and Learning (ICDL) and the International Conference on Epigenetic Robotics (EpiRob). Symposium   
Genetic, Cellular, and Cognitive Approaches to Understanding Social Behavior [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
A Joint Tamagawa University-Caltech Lecture Course   
Perception and production of goal-directed actions in human infants and chimpanzees. [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
The Annual Conference of the Developmental Psychology Section of the British Psychological Society Symposium, "Recent Research ofInfant Cognition"   
Life Long Learning [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
The 2nd International Workshop on Multi Cultural Studies: Research Collaboration between the University of Vienna and Kyoto University   
Early social cognition in chimpanzees. [招待有り]
Myowa-Yamakoshi, M
The international symposium on "Comparative Cognitive Science 2008, "Primate Origins on Human Mind"   
Evolutionary Foundation and Development of Imitation.
Myowa-Yamakoshi, M.
Fetal mouth opening in relation to proprioceptive and exteroceptive stimuli
Takeshita, H., Myowa-Yamakoshi, M., & Mizuno, Y.
XVIII BiennialInternational Conference on Infant Studies   
母子間マルチモータ?ル相互作用経験か?母親の触覚―聴覚情報統合処理に与える影響
田中友香理・福島宏器・直井望・渕野裕・岡ノ谷一夫・明和政子

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 明和 政子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 明和 政子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 明和 政子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 明和 政子
ヒトの社会的知性の発達およびその進化史的基盤
科学研究費補助金