日本の女性研究者

Social / Safety System Science

Researcher List >> Nakanishi, Miwa
 

Nakanishi, Miwa

 
Avatar
NameNakanishi, Miwa
AffiliationKeio University
SectionFaculty of Science and Technology Department of Administration Engineering
Job titleAssociate Professor
Degree博士(工学)(Keio University)
Research funding number70408722

Research Interests

 
Ergonomics, Human Factors, Design Science

Research Areas

 
  • Social/Safety system science / Social systems engineering/Safety system / 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2003
 - 
Sep 2004
RA, 慶應義塾嘱託(非常勤)(21世紀COEプログラム)
 
Oct 2004
 - 
Mar 2005
准訪問研究員, 理工学部, 慶應義塾大学
 
Apr 2005
 - 
Mar 2007
助手, 工学部第一部経営工学科, 東京理科大学
 
Apr 2005
 - 
Mar 2007
助手, 工学部第二部経営工学科, 東京理科大学
 
Apr 2007
 - 
Mar 2008
助教, 工学部第二部経営工学科, 東京理科大学
 

Education

 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
管理工学科, 理工学部, 慶應義塾大学
 
Apr 2000
 - 
Mar 2002
開放環境科学専攻, 理工学研究科, 慶應義塾大学
 
Apr 2002
 - 
Sep 2004
開放環境科学専攻, 理工学研究科, 慶應義塾大学
 

Committee Memberships

 
Apr 2017
 - 
Today
文部科学省調査・安全小委員会  委員
 
Jul 2016
 - 
Today
日本人間工学会  総務理事
 
Feb 2016
 - 
Today
運輸安全委員会  委員(非常勤)
 
Apr 2015
 - 
Today
国土交通省鉄道局  企画競争有識者委員会 委員
 
Apr 2015
 - 
Today
国土交通省鉄道局  技術基準検討会 委員
 

Awards & Honors

 
Jun 2014
マニュアルのメディア形態が作業手順の学習に及ぼす影響:媒体の違い及びコンテンツの違いに焦点を当てて(人間工学, 49巻, 3号, pp. 132-143), 日本人間工学会研究奨励賞, 日本人間工学会
 

Published Papers

 
産業機械操作における触覚フィードバックの活用可能性に関する研究
<u>NAKANISHI Miwa</u>, Takahiro Fukui
ヒューマンファクターズ   16(2) 124-132   Feb 2012   [Refereed]
本研究では、タッチパネル型操作盤が、産業場面では必ずしもオフィスと同様の状況、環境、姿勢で利用されないことに注目し、その具体的な難点と改善方法について検討した。特に、大型の工作機械等に設置されたタッチパネル型操作盤の操作時にしばしば見られる立位で腕を伸ばしての操作が、VDT作業における標準的な姿勢での操作とどのように異なるのかを実験を通して分析し、その結果として、1)指の押し込みの弱さや感知領域のズレによってLapseに分類されるケースが生じやすいこと、2)入力時の誤りに気づきにくくリカバ...
Development Of Method For Designing Sequential Tasks Including Knowledge Management Aspects
Miwa NAKANISHI, Yusaku OKADA
デザイン学研究   59(3) 1-10   2012   [Refereed]
Application of Digital Manuals with a Retinal Imaging Display in Manufacturing: Behavioral, Physiological, and Psychological Effects on Workers
Miwa NAKANISHI, Tomohiro SATO
Human Factors and Ergonomics in Manufacturing & Service Industries      2012   [Refereed]
内発的動機づけの誘発をねらいとしたサービスデザイン手法に対する提案とその実験的検証-ミュージアムにおける情報提供サービスを対象事例とした試み-
<u>NAKANISHI Miwa</u>, Yuki Yasuma
日本人間工学会誌   48(5) 234-243   2012   [Refereed]
仮想三次元空間において視点の違いが振る舞いに与える影響─主観視点と客観視点
<u>NAKANISHI Miwa</u>
デザイン学研究      2011   [Refereed]

Misc

 
特集①:分野別人間工学の現状と将来(8) -触覚インタラクション開発の現状について:ISO9241-910による場面分類と関連研究の動向-
小谷賢太郎,三樹弘之,小林大二,<u>中西 美和</u>,鳥居塚崇,飯塚重善,岡田明,山本栄
日本人間工学会誌   50(5) 215-222   2014   [Refereed]

Books etc

 
Safety‐1 & Safety‐2―安全マネジメントの過去と未来
<u>NAKANISHI Miwa</u> (Part:Joint Translation)
海文堂   Nov 2015   
人間科学の百科事典
<u>NAKANISHI Miwa</u> (Part:Contributor)
丸善   2015   
実践レジリエンスエンジニアリング
<u>NAKANISHI Miwa</u> (Part:Joint Translation)
海文堂   May 2014   
社会技術システムの安全分析 ―FRAMガイドブック
<u>NAKANISHI Miwa</u> (Part:Joint Translation)
海文堂   May 2013   
現場安全の技術 –ノンテクニカルスキル・ガイドライン-
<u>NAKANISHI Miwa</u> (Part:Joint Translation)
海文堂   Feb 2012   

Conference Activities & Talks

 
異なる状況下におけるパイロットの精神的負担の評価-生理的反応に着目した実験的検討-
大久保克哉,<u>中西美和</u>
日本人間工学会47回関東支部大会   16 Dec 2017   日本人間工学会
Estimating user’s intention and emotion by analyzing operation log data of IOT appliances
Atsushi UENOYAMA, Masahiko SAKATA, <u>Miwa NAKANISHI</u>,
The 8TH International Conference on AHFE(Applied Human Factors and Ergonomics)   Jul 2017   
Voice guidance design guideline for home appliances from viewpoints of design consistency
Sawaya HARIGAYA, <u>Miwa NAKANISHI</u>,
The 8TH International Conference on AHFE(Applied Human Factors and Ergonomics)   Jul 2017   
Screen design of portable terminal to promote user's motivation to use the system
Suguru ITO, Masahiko SAKATA, <u>Miwa NAKANISHI</u>,
The 8TH International Conference on AHFE(Applied Human Factors and Ergonomics)   Jul 2017   
確率論的ユーザエクスペリエンス評価手法の構築と検証-家電製品を対象としたケーススタディ-
宮原 愛, 中西 美和, 荒井 秀文, 河原 健太, 山崎 友賀
日本人間工学会58回大会   3 Jun 2017   日本人間工学会

Teaching Experience

 
  • ADVANCED HUMAN FACTORS & ERGONOMICS 1 (Keio University)
  • BACHELOR'S THESIS (Keio University)
  • GRADUATE RESEARCH ON SCIENCE FOR OPEN AND ENVIRONMENTAL SYSTEMS 1 (Keio University)
  • GRADUATE RESEARCH ON SCIENCE FOR OPEN AND ENVIRONMENTAL SYSTEMS 2 (Keio University)
  • HUMAN FACTORS AND ERGONOMICS 1 (Keio University)

Association Memberships

 
日本建築学会 , 自動車技術会 , 日本生理人類学会 , PPCOE(Pan-Pacific Council on Ergonomics) , 産業保健人間工学会 , ヒューマンインタエース学会 , 安全工学会 , 日本人間工学会 , 日本プラント・ヒューマンファクター学会

Research Grants & Projects

 
安全管理活動の成熟化にビッグデータを活用する:モチベーションを持続させる情報提供
日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017
「好奇心」を誘発するプロダクト・サービスのデザイン手法開発
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2011 - Mar 2013
強化現実(AR)を用いた作業マニュアルの実用化に向けたヒューマンファクター的研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2008 - Mar 2010

Patents

 
JP 2012-120067 A : WEARABLE DISPLAYS, METHODS, AND COMPUTER-READABLE MEDIA FOR DETERMINING DISPLAY CONDITIONS
TOMOHIRO SATO, MIWA NAKANISHI