日本の女性研究者

数物系科学

研究者リスト >> 平野 愛弓
 

平野 愛弓

 
アバター
研究者氏名平野 愛弓
 
ヒラノ アユミ
eメールayumi.hirano.a5tohoku.ac.jp
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/9ad9c084114a3140eb448b4045245cc8.html
所属東北大学
部署材料科学高等研究所 ソフトマテリアル
職名教授
学位博士(理学)(東京大学)
その他の所属東北大学

研究キーワード

 
人工細胞膜 , ナノ構造 , 神経情報伝達

研究分野

 
  • 物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 / 
  • 複合化学 / 分析化学 / 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
東北大学電気通信研究所
 
2016年10月
 - 
現在
東北大学原子分子材料科学高等研究機構
 
2008年4月
   
 
東北大学大学院医工学研究科
 
2006年10月
   
 
東北大学電気通信研究所
 
2003年9月
   
 
英国 国立医学研究所
 

学歴

 
 
 - 
1998年3月
東京大学 化学研究科 
 
 
 - 
1993年3月
東京大学 理学部 
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
表面科学会 ソフトナノテクノロジー部会  部会長
 
2013年5月
 - 
現在
JST  さきがけ、CREST領域アドバイザー
 
2012年3月
 - 
現在
日本分析化学会  ぶんせき誌編集委員
 
2007年4月
 - 
現在
日本分析化学会東北支部  在仙幹事
 
2013年5月
 - 
2017年4月
表面科学会 ソフトナノテクノロジー部会  副部会長
 

受賞

 
2005年9月
日本分析化学会 2005年度日本分析化学会奨励賞
 
2015年11月
石田實記念財団 平成27年度石田實記念財団研究奨励賞
 
2015年11月
東北大学電気通信研究所 平成27年度RIEC Award 東北大学研究者賞
 
2015年3月
日本分析化学会東北支部 2. 2014年度東北分析化学賞
 

論文

 
Impact of modular organization on dynamical richness in cortical networks
Hideaki Yamamoto, Satoshi Moriya, Katsuya Ide, Takeshi Hayakawa, Hisanao Akima, Shigeo Sato, Shigeru Kubota, Takashi Tanii, Michio Niwano, Sara Teller, Jordi Soriano, Ayumi Hirano-Iwata
Sci. Adv.   4    2018年11月   [査読有り]
Photomodulation of electrical conductivity of a PCBM doped free-standing lipid bilayer in buffer solution
Kensaku Kanomata, Takafumi Deguchi, Teng Ma, Takumi Haseyama, Masanori Miura, Daichi Yamaura, Daisuke Tadaki, Michio Niwano, Ayumi Hirano-Iwata, Fumihiko Hirose
J. Electroanal. Chem.   832 55-58   2019年1月   [査読有り]
A single-cell based hybrid neuronal network configured by integration of cell micropatterning and dynamic patch-clamp
Hideaki Yamamoto, Takeshi Hayakawa, Teoden I. Netoff, Ayumi Hirano-Iwata
Appl. Phys. Lett.   113 113703-1-113703-5   2018年9月   [査読有り]
One-dimensional array of small tunnel junctions fabricated using 30-nm-diameter gold nanoparticles placed in a 140-nm-wide resist groove
Yoshinao Mizugaki, Kazuhiko Matsumoto, Masataka Moriya, Hiroshi Shimada, Ayumi Hirano-Iwata, and Fumihiko Hirose
Japanese Journal of Applied Physics   57 098006-1-098006-3   2018年8月   [査読有り]
Dependence and Homeostasis of Membrane Impedance on Cell Morphology in Cultured Hippocampal Neurons
Ryosuke Matsumura, Hideaki Yamamoto, Takeshi Hayakawa, Shutaro Katsurabayashi, Michio Niwano, and Ayumi Hirano-Iwata
8 9905-1-9905-10   2018年7月   [査読有り]
Host Cell Prediction of Exosomes Using Morphological Features on Solid Surfaces Analyzed by Machine Learning
Kazuki Ito, Yuta Ogawa, Keiji Yokota, Sachiko Matsumura, Tamiko Minamisawa, Kanako Suga, Kiyotaka Shiba, Yasuo Kimura, Ayumi Hirano-Iwata, Yuzuru Takamura, and Toshio Ogino
J. Phys. Chem. B   122(23) 6224-6235   2018年6月   [査読有り]
Amphiphobic Septa Enhance the Mechanical Stability of Free-Standing Bilayer Lipid Membranes
Daichi Yamaura, Daisuke Tadaki, Shun Araki, Miyu Yoshida, Kohei Arata, Takeshi Ohori, Ken-ichi Ishibashi, Miki Kato, Teng Ma, Ryusuke Miyata, Hideaki Yamamoto, Ryugo Tero, Masao Sakuraba, Toshio Ogino, Michio Niwano, and Ayumi Hirano-Iwata
Langmuir   34(19) 5615-5622   2018年5月   [査読有り]
Effective Subnetwork Topology for Synchronizing Interconnected Networks of Coupled Phase Oscillators
Hideaki Yamamoto, Shigeru Kubota, Fabio A. Shimizu, Ayumi Hirano-Iwata, and Miciho Niwano
Front. Comput. Neurosci.   12(1) 17-1-17-10   2018年3月   [査読有り]
Unveil the Full Potential of Integrated-Back-Contact Perovskite Solar Cells Using Numerical Simulation
Teng Ma, Qingwen Song, Daisuke Tadaki, Michio Niwano, Ayumi Hirano-Iwata
ACS Appl. Energy Mater.   1(3) 970-975   2018年3月   [査読有り]
In situ modification of cell-culture scaffolds by photocatalysis of visible-light-responsive TiO2 film
Sho Kono, Kohei Furusawa, Atsushi Kurotobi, Kohei Hattori, Hideaki Yamamoto, Ayumi Hirano-Iwata, and Takashi Tanii
Jpn. J. Appl. Phys.   57(2) 027001-1-027001-6   2018年2月   [査読有り]
Mechanically stable solvent-free lipid bilayers in nano- and micro-tapered apertures for reconstitution of cell-free synthesized hERG channels
D. Tadaki, D. Yamaura, S. Araki, M. Yoshida, K. Arata, T. Ohori, K. Ishibashi, M. Kato, T. Ma, R. Miyata, Y. Tozawa, H. Yamamoto, M. Niwano A. Hirano-Iwata
Sci. Rep.   7 17736   2017年12月   [査読有り]
H. Kawano, K. Oyabu, H. Yamamoto, K. Eto, Y. Adaniya, K. Kubota, T. Watanabe, A. Hirano-Iwata, J. Nabekura, S. Katsurabayashi, K. Iwasaki.
J. Neurochem.   143 624-634   2017年12月   [査読有り]
Formation of cell membrane cell membrane component domains in artificial lipid bilayer
R. Tero, K. Fukumoto, T. Motegi, M. Yoshida, M. Niwano, A. Hirano-Iwata
Sci. Rep.   7(1) 17905-1-17905-10   2017年12月   [査読有り]
T. Ma, J. Zhang, D. Tadaki, Y. Kimura, A. Hirano-Iwata, M. Niwano
Org. Electron.   51 269-276   2017年9月   [査読有り]
Fabrication of resistively-coupled single-electron device using an array of gold nanoparticles
T. T. T. Huong, K. Matsumoto, M. Moriya, H. Shimada, Y. Kimura, A. Hirano-Iwata, Y. Mizugaki
Appl. Phys. A   123 557   2017年7月   [査読有り]
Fabrication of Au-nanoparticle-embedded lipid bilayer membranes supported on solid substrates
N. Sakaguchi, Y. Kimura, A. Hirano-Iwata, T. Ogino
J. Phys. Chem. B.   121 4474-4481   2017年4月   [査読有り]
Gate‑tuned negative differential resistance observed at room temperature in an array of gold nanoparticles
Tran Thi Thu Huong, Kazuhiko Matsumoto, Masataka Moriya, Hiroshi Shimada, Yasuo Kimura, Ayumi Hirano‑Iwata, Yoshinao Mizugaki
Appl. Physics A   123 268   2017年3月   [査読有り]
Yuji Imai, Daisuke Tadaki, Teng Ma, Yasuo Kimura, Ayumi Hirano-Iwata, Michio Niwano
Sensors & Actuators: B. Chemical   247 479-489   2017年3月   [査読有り]
Fabrication and Characterization of High-Quality Perovskite Films with Large Crystal Grains
Teng Ma, Qiwu Zhang, Daisuke Tadaki, Ayumi Hirano-Iwata, Michio Niwano
Journal of Physical Chemistry Letters      2017年1月   [査読有り]
Fabrication and Characterization of Front-Illuminated Dye-Sensitized Solar Cells with Anodic Titanium Oxide Nanotubes
Ryota Kojima, Yasuo Kimura, Teng Ma, Ken-ichi Ishibashi, Daisuke Tadaki, Richard A. Rosenberg, Ayumi Hirano-Iwata, and Michio Niwano
J. Electrochem. Soc.      2016年12月   [査読有り]
Sho Kono, Hideaki Yamamoto, Takatoshi Kushida, Ayumi Hirano-Iwata, Michio Niwano and Takashi Tanii
PLOS ONE      2016年8月   [査読有り]
H. Yamamoto, R. Matsumura, H. Takaoki, S. Katsurabayashi, A. Hirano-Iwata, and M. Niwano
Applied Physics Letters      2016年7月   [査読有り]
Masataka Moriya, Tran Thi Thu Huong, Kazuhiko Matsumoto, Hiroshi Shimada, Yasuo Kimura, Ayumi Hirano-Iwata and Yoshinao Mizugaki
Applied Physics A      2016年7月   [査読有り]
Hideaki Yamamoto, Shigeru Kubota, Yudai Chida, Mayu Morita, Satoshi Moriya, Hisanao Akima, Shigeo Sato, Ayumi Hirano-Iwata, Takashi Tanii, and Michio Niwano
Phys. Rev. E      2016年7月   [査読有り]
Tomoyuki Miyoshi, Ken-ichi Ishibashi, Ko-ichiro Miyamoto, Ayumi Hirano-Iwata, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Sensors & Actuators: B Chemical      2016年7月   [査読有り]
A. Hirano-Iwata, Y. Ishinari, M. Yoshida, S. Araki, D. Tadaki, R. Miyata, K. Ishibashi, H. Yamamoto, Y. Kimura, and M. Niwano
Biophysical Journal      2016年5月   [査読有り]
D. Tadaki, T. Ma, J. Zhang, S. Iino, A. Hirano-Iwata, Y. Kimura, R. A. Rosenberg, M. Niwano
J. Appl. Phys   119 154503-1-154503-8   2016年4月   [査読有り]
Interaction of plasma-generated water cluster ions with chemically-modified Si surfaces investigated by infrared absorption spectroscopy
Ayumi Hirano-Iwata, Ryosuke Matsumura, Teng Ma, Yasuo Kimura, Michio Niwano, Kazuo Nishikawa
AIP Advances   6 035017   2016年3月   [査読有り]
R. Matsumura, H. Yamamoto, M. Niwano, and A. Hirano-Iwata
Appl. Phys. Lett.      2016年1月   [査読有り]
Teng Ma, Daisuke Tadaki, Masao Sakuraba, Shigeo Sato, Ayumi Hirano-Iwata and Michio Niwano
J. Mater. Chem. A   4 4392-4397   2016年   [査読有り]
Daisuke Tadaki, Teng Ma, Jinyu Zhang, Shohei Iino, Ayumi Hirano-Iwata, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Jpn. J. Appl. Phys.      2015年8月   [査読有り]
5. A. Hirano-Iwata, Y. Ishinari, H. Yamamoto, M. Niwano
Chemistry-An Asian Journal   10 1266-1274   2015年2月   [査読有り]
Yamamoto, Hideaki, Demura, Takanori, Sekine, Kohei, Kono, Sho, Niwano, Michio, Hirano-Iwata, Ayumi, Tanii, Takashi
Journal of Visualized Experiments      2015年   [査読有り]
Teng Ma, Matteo Cagnoni, Daisuke Tadaki, Ayumi Hirano-Iwata, Michio Niwano
Journal of Materials Chemistry A      2015年   [査読有り]
Ayumi Hirano-Iwata, Ryosuke Matsumura, Ryuta Tezuka, Michio Niwano, Tim V. P. Bliss, Masao Sugawara
Electrochemistry Communications   45 1-4   2014年8月   [査読有り]
Yuki Ikegami, Shizuko Hozumi, Atsushi Shoji, Ayumi Hirano-Iwata, Tim Bliss and Masao Sugawara
Sensing and BioSensing Research   2 31-37   2014年   [査読有り]
Azusa Oshima, Ayumi Hirano-Iwata, Hideki Mozumi, Yutaka Ishinari, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Analytical Chemistry   85(9) 4363-4369   2013年5月   [査読有り]
Yuki Aonuma, Yasuhiko Kondo, Ayumi Hirano-Iwata, Atena Nishikawa, Yasuo Shinohara, Hiroo Iwata, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Sensors & Actuators: B. Chemical   176 1176-1182   2013年1月   [査読有り]
Azusa Oshima, Ayumi Hirano-Iwata, Tomohiro Nasu, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Micro and Nanosystems   4(1) 2-7   2012年4月   [査読有り]
Ayumi Hirano-Iwata, Tomohiro Nasu, Azusa Oshima, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Appl. Phys. Lett.   101 023702-1-023702-3   2012年   [査読有り]
Keiichiro Nozawa, Azusa Oshima, Tomohiro Nasu, Atsushi Shoji, Ayumi Hirano-Iwata, Michio Niwano and Masao Sugawara
Sensors and Actuators B: Chemical   160 139-144   2011年7月   [査読有り]
Ryo-taro Yamaguchi, Ayumi Hirano-Iwata, Yuki Aonuma, Yuya Yoshimura, Yasuo Shinohara, Yasuo Kimura and Michio Niwano
Appl. Phys. Lett.   98 133703-1-133703-3   2011年   [査読有り]
Shizuko Hozumi, Kana Ikezawa, Atushi Shoji, Ayumi Hirano-Iwata, Tim Bliss and Masao Sugawara
Biosens. Bioelectron.   26 2975-2980   2011年   [査読有り]
Ayumi Hirano-Iwata, Kouji Aoto, Azusa Oshima, Tasuku Taira, Ryo-taro Yamaguchi, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Langmuir   26(3) 1949-1952   2010年2月   [査読有り]
Ayumi Hirano-Iwata, Tasuku Taira, Azusa Oshima, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Appl. Phys. Lett.,   96 213706   2010年   [査読有り]
Ayumi Hirano-Iwata, Azusa Oshima, Kota Onodera, Kouji Aoto, Tasuku Taira, Ryo-taro Yamaguchi, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Appl. Phys. Lett.   94 243906-1-243906-3   2009年   [査読有り]
Kohki Tanaka, Ayumi Hirano-Iwata, Ko-ichiro Miyamoto, Yasuo Kimura, and Michio Niwano
Jpn. J. Appl. Phys.   48 04C186-1-04C186-4   2009年   [査読有り]
Ryo-taro Yamaguchi, Ayumi Hirano-Iwata, Yasuo Kimura, Michio Niwano, Ko-ichiro Miyamoto, Hiroko Isoda and Hitoshi Miyazaki
J. Appl. Phys.   105 024701-1-024701-7   2009年   [査読有り]
Wataru Okumura, Nobukatsu Moridera, Ena Kanazawa, Atushi Shoji, Ayumi Hirano-Iwata, and Masao Sugawara
Anal. Biochem.   385 326-333   2009年   [査読有り]
Hiromi Osanai, Akiyoshi Suzuki, Yoshimasa Komatsuzaki, Ayumi Hirano-Iwata, Suguru Kawato and Minoru Saito
Bioimages   16 31-37   2008年   [査読有り]
K. Ishibashi, K. Tanaka, A. Hirano-Iwata, K. Miyamoto, Y. Kimura , and M. Niwano
Jpn. J. Appl. Phys.   47 3204-3208   2008年   [査読有り]
A. Hirano, K. Onodera, K. Miyamoto, Y. Kimura, M. Kataoka, Y. Shinohara and M. Niwano
Sensor Letters   6 613-617   2008年   [査読有り]
K. Onodera, A. Hirano-Iwata, K. Miyamoto, Y. Kimura, M. Kataoka, Y. Shinohara, and M. Niwano
Langmuir   23 12287-12292   2007年10月   [査読有り]
K. Miyamoto, P. Yamada, R. Yamaguchi, T. Muto, A. Hirano, Y. Kimura, M. Niwano and H. Isoda
Cytotechnology   55 143-149   2007年   [査読有り]
R. Yamaguchi, A. Hirano-Iwata, Y. Kimura, M. Niwano, K. Miyamoto, H. Isoda and H. Miyazaki
Appl. Phys. Lett   91 203902   2007年   [査読有り]
R. Yamaguchi, K. Miyamoto, K. Ishibashi, A. Hirano, S. M. Said, Y. Kimura, M. Niwano
Journal of Applied Physics   102 014303   2007年   [査読有り]
S. F. Cooke, J. Wu, F. Plattner, M. L. Errington, M. Rowan, M. Peters, A. Hirano, K. D. Bradshow, R. Anwyl, T. V. P. Bliss, K. P. Giese
J. Physiol.   574(3) 805-818   2006年   [査読有り]
N. Nakamura, K. Negishi, A. Hirano, M. Sugawara
Anal. Bioanal. Chem.   383 660-667   2005年   [査読有り]
Y. Matsuno, C. Osono, A. Hirano, M. Sugawara
Anal. Sci.   20(8) 1217-1221   2004年8月   [査読有り]
H. Yanagisawa, A. Hirano, M. Sugawara
Anal. Biochem.   332 358-367   2004年   [査読有り]
S. Sato, H. Osanai, T. Monma, T. Harada, A. Hirano, M. Saito, S. Kawato
Biochem. Biophys. Res. Commum.   321 510-513   2004年   [査読有り]
H. Saitoh, Y. Namatame, A. Hirano, M. Sugawara
Anal. Biochem.   329 163-172   2004年   [査読有り]
A. Hirano, N. Moridera, M. Akashi, M. Saito, M. Sugawara
Anal. Chem.   75 3775-3783   2003年8月   [査読有り]
A. Hirano, Y. Namatame, E. Wakaizumi, Y. Matsuno, M. Sugawara
Anal. Sci.   19(2) 191-197   2003年2月   [査読有り]
K. Nakajima, T. Yamagiwa, A. Hirano, M. Sugawara
Anal. Sci.   19(1) 55-60   2003年1月   [査読有り][招待有り]
A. Hirano, M. Wakabayashi, Y. Matsuno, M. Sugawara
Biosensors & Bioelectronics   18 973-983   2003年   [査読有り]
Y. Itoh, Y. Ueda, A. Hirano, M. Sugawara, K. Tohda, H. Akaiwa, Y. Umezawa
Anal. Sci.   17(5) 621-627   2001年5月   [査読有り]
A. Hirano, M. Kanai, T. Nara, M. Sugawara
Anal. Sci.   17(1) 37-43   2001年1月   [査読有り]
An Ion-Channel Sensor for Abasic Sites in DNA
N. Simokawa, A. Hirano, M. Sugawara
Anal. Sci. (supplement)   17 i1379-i1382   2001年   [査読有り]
M. Wakabayashi, A. Hirano, M. Sugawara, S. Uchino, S. Nakajima-Iijima
J. Pharm. Biomed. Anal.   24 453-460   2001年   [査読有り]
A. Hirano, M. Asakawa, N. Kido, M. Sugawara
Anal. Sci.   16 25-29   2000年1月   [査読有り]
A. Hirano, M. Sugawara, Y. Umezawa, S. Uchino, S. Nakajima-Iijima
Biosensors & Bioelectronics   15 173-181   2000年   [査読有り]
H. Radecka, J. Nakanishi, A. Hirano, M. Sugawara, Y. Umezawa
J. Pharm. Biomed. Anal.   19 205-216   1999年   [査読有り]
M. Sugawara, A. Hirano, M. Rehák, J. Nakanishi, K. Kawai, H. Sato, Y. Umezawa
Biosensors & Bioelectronics   12 425-439   1997年   [査読有り]

Misc

 
Daisuke Tadaki, Daichi Yamaura, Kohei Arata, Takeshi Ohori, Teng Ma, Hideaki Yamamoto, Michio Niwano, Ayumi Hirano-Iwata, Ayumi Hirano-Iwata
Japanese Journal of Applied Physics   57    2018年3月
© 2018 The Japan Society of Applied Physics. The self-assembled bilayer lipid membrane (BLM) forms the basic structure of the cell membrane and serves as a major barrier against ion movement. Ion channel proteins function as gated pores that permi...
Sho Kono, Sho Kono, Kohei Furusawa, Atsushi Kurotobi, Kohei Hattori, Hideaki Yamamoto, Ayumi Hirano-Iwata, Ayumi Hirano-Iwata, Takashi Tanii
Japanese Journal of Applied Physics   57    2018年2月
© 2018 The Japan Society of Applied Physics. We propose a novel process to modify the cell affinity of scaffolds in a cell-culture environment using the photocatalytic activity of visible-light (VL)-responsive TiO2. The proposed process is the imp...
Formation of cell membrane component domains in artificial lipid bilayer.
R. Tero, K. Fukumoto, T. Motegi, M. Yoshida, M. Niwano, A. Hirano-Iwata.
Sci. Rep.   7 17905   2017年12月   [査読有り]
Daisuke Tadaki, Daichi Yamaura, Shun Araki, Miyu Yoshida, Kohei Arata, Takeshi Ohori, Ken Ichi Ishibashi, Miki Kato, Teng Ma, Ryusuke Miyata, Yuzuru Tozawa, Hideaki Yamamoto, Michio Niwano, Ayumi Hirano-Iwata, Ayumi Hirano-Iwata
Scientific Reports   7    2017年12月
© 2017 The Author(s). The self-assembled bilayer lipid membrane (BLM) is the basic component of the cell membrane. The reconstitution of ion channel proteins in artificially formed BLMs represents a well-defined system for the functional analysis ...
Teng Ma, Teng Ma, Jinyu Zhang, Daisuke Tadaki, Yasuo Kimura, Ayumi Hirano-Iwata, Ayumi Hirano-Iwata, Michio Niwano
Organic Electronics: physics, materials, applications   51 269-276   2017年12月
© 2017 Elsevier B.V. We have investigated charge transport properties of bulk-heterojunction (BH) solar cells in which P3HT (Poly(3-hexylthiophene)) and PCBM ([6,6]-phenyl-C61-butyric acid methyl ester) are used as the active layer, by using the d...

書籍等出版物

 
Advances in Planar Lipid Bilayers and Liposomes Vol.11
Ayumi Hirano-Iwata, Azusa Oshima, Yasuo Kimura, Michio Niwano (担当:共著)
2010年10月   
ブルーバックス「すごいぞ!身の回りの表面科学」
平野愛弓 (担当:共著, 範囲:第3章Q24, p.93-95,Q26, p.99-102)
2015年10月   
Advances in Planar Lipid Bilayers and Liposomes Vol.1
M. Sugawara, A. Hirano (担当:共著, 範囲:第8章 (Design and Application of Planar Bilayer Lipid Membranes Containing Biological Ion Channels for Chemical Sensing)221-245)
Elsevier   2005年   
先端の分析法~理工学からナノ・バイオまで
菅原正雄,平野愛弓 (担当:共著, 範囲:第3章第8節 (膜/ミセル))
エヌ・ティー・エス   2004年   
Affinity Biosensors, Techniques and Protocols
M. Sugawara, A. Hirano, Y. Umezawa (担当:共著, 範囲:Isolated Receptor Biosensors Based on Bilayer Lipid Membranes (209-222頁)を担当)
Humana Press   1998年   

講演・口頭発表等

 
人工脂質二分子膜hERGチャネルチップの開発
第74回応用物理学会学術講演会   2013年9月16日   
薬物副作用評価のためのhERGチャネルチップの開発
日本分析化学会第62年会   2013年9月10日   
18. 電気刺激によって放出された神経伝達物質グルタミン酸の時間分解計測
第61回応用物理学会春季学術講演会   2013年3月17日   
A Chip-Based Stable Lipid Bilayer for Recording Activities of Biological Channels
Seventh International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE7)   2013年3月17日   
マイクロ加工に基づく脂質二分子膜イオンチャネルセンサの開発
応用物理学会東北支部第67回学術講演会   2012年12月6日   
マウス海馬スライス内CA1領野におけるL-グルタミン酸放出量の高精度解析
応用物理学会東北支部第67回学術講演会   2012年12月6日   
半導体微細加工に基づくイオンチャネルチップの開発 [招待有り]
第32回表面科学学術講演会   2012年11月20日   
複数チャネル同時記録のための脂質二分子膜アレイの開発
第32回表面科学学術講演会   2012年11月20日   
マイクロ加工に基づく生体イオンチャネルセンサーの開発
第32回表面科学学術講演会   2012年11月20日   
A Chip-Based Stable Lipid Bilayer for Recording Ion-Channel Activities [招待有り]
Sendai Symposium on Analytical Sciences 2012   2012年11月9日   
海馬スライスCA1領域での長期増強現象におけるグルタミン酸の役割の検討
日本分析化学会第61年会   2012年9月19日   
脳スライス内グルタミン酸放出の時間変化とその放出量の高精度解析
日本分析化学会第61年会   2012年9月19日   
半導体加工技術を利用したイオンチャネルセンサーの開発
日本分析化学会第61年会   2012年9月19日   
半導体加工に基づく人工脂質二分子膜イオンチャネルアレイの開発
日本分析化学会第61年会   2012年9月19日   
赤外吸収分光法による水クラスターイオンの吸着脱離過程のその場観察
第73回応用物理学会学術講演会   2012年9月11日   
A Chip-Based Stable Lipid Bilayer for Single-Channel Recordings
The 2012 International Conference on Flexible and Printed Electronics   2012年9月6日   
半導体微細加工に基づく脂質二分子膜イオンチャネルアレイの開発
日本分析化学会東北支部みちのくシンポジウム2012   2012年7月21日   
神経可塑性における放出グルタミン酸量の脳スライス内その場計測
第59回応用物理学関係連合講演会   2012年3月15日   
半導体加工技術による人工脂質二分子膜センサの開発
第59回応用物理学関係連合講演会   2012年3月15日   
ナノ構造設計に基づくイオンチャネルチップの開発 [招待有り]
大阪府立大学 N2RC拠点セミナー   2012年1月27日   
Planar lipid bilayers formed in Teflon-coated silicon chips for single-channel recordings
The 6th International Symposium on Surface Science (ISSS-6)   2011年12月11日   
Long-Term Monitoring of Cell Differentiation Using Surface Infrared Spectroscopy
The 6th International Symposium on Surface Science (ISSS-6)   2011年12月11日   
Solvent-less planar lipid bilayers formed in microfabricated silicon chips
2011MRS Fall Meeting   2011年11月28日   
Stable and Solvent-Less Lipid Bilayers Based on Nano- and Micro-Fabrication
2011MRS Fall Meeting   2011年11月28日   
半導体微細加工に基づく安定化脂質イオンチャネルチップの開発 [招待有り]
平成23年度化学系学協会東北大会   2011年9月17日   
半導体加工に基づくイオンチャネルチップの開発
応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会研究会   2011年6月   
Improved Stability of Lipid Bilayers Based on Nano-Fabrication
ICAS 2011   2011年5月   
表面赤外分光を用いた吸着水および水クラスターの脱離過程の観測
平成22年度日本表面科学会東北・北海道支部講演会   2011年3月9日   
半導体加工に基づく脂質二分子膜イオンチャネルセンサの開発
第58回応用物理学関係連合講演会   2011年3月   
ナノ構造設計に基づく安定化脂質二分子膜センサーの開発 [招待有り]
真空・表面科学合同講演会 第30回表面科学学術講演会 第51回真空に関する連合講演会   2010年11月4日   
In situ real-time monitoring of cell responses by using surface infrared spectroscopy [招待有り]
The 23rdAnnual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2010)   2010年9月4日   
ナノ加工技術に基づく人工脂質二分子膜形成の安定化とセンサ-の応用
日本分析化学会第59年会   2010年9月   
急性海馬スライスを電気刺激した際に放出されるグルタミン酸のリアルタイム計測
日本分析化学会第59年会   2010年9月   
平面脂質二分子膜中のメソポーラスシリカへのレセプター修飾法
日本分析化学会第59年会   2010年9月   
Free-Standing Lipid Bilayers Based on Nanoporous Alumina Film
SSDM 2010   2010年9月   
表面赤外分光を用いた細胞分化過程の長期計測
平成22年度日本分析化学会東北支部若手交流会   2010年7月2日   
半導体加工に基づく安定化脂質二分子膜センサーの開発
平成22年度日本分析化学会東北支部若手交流会   2010年7月2日   
平面脂質二分子膜中のMCM-41チャネルへのレセプターその場修飾法の検討
日本化学会第90春季年会   2010年3月26日   
人工脂質二分子膜に基づく分子センシング [招待有り]
平野 愛弓
平成21年度奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学特別講演   2010年1月29日   
赤外吸収分光法を用いた細胞分化過程の長期観測
近藤康彦,平野愛弓,木村康男,篠原康雄,庭野道夫
応用物理学会東北支部第64回学術講演会   2009年12月   
ナノ構造を用いた自立型脂質二分子膜 [招待有り]
平野愛弓,大嶋 梓,青戸孝至,平良 祐,木村康男,庭野道夫
第31回日本バイオマテリアル学会大会   2009年11月16日   
ナノ構造設計を用いた脂質二分子膜の安定化とそのセンサー応用 [招待有り]
平成21年度化学系学協会東北大会   2009年9月19日   
Planar Lipid Bilayers for L-Glutamate Sensing [招待有り]
A. Hirano-Iwata, A. Oshima, T. Taira, K. Aoto, Y. Kimura, and M. Niwano
International Symposium innovative Nanoscience of Supermolecular Motor Proteins Working in Biomembranes   2009年9月10日   
半導体微細加工技術を利用した人工脂質二分子膜センサーの開発
大嶋 梓,平野愛弓,青戸孝至,平良 祐,木村康男,庭野道夫
日本分析化学会第58年会   2009年9月   
ナノポーラス構造を用いた人工脂質二分子膜センサの開発
日本分析化学会第58年会   2009年9月   
平良 祐,大嶋 梓,平野愛弓,木村康男,庭野道夫
赤外吸収分光法に基づく細胞動態の長期間観測装置の開発
第70回応用物理学会学術講演会   2009年9月   
近藤康彦,平野愛弓,木村康男,篠原康雄,庭野道夫
NMDA刺激によるマウス脳海馬のカルシウム信号の成分とそれに対するコルチコステロンの球背う作用
小山内裕美,鈴木章義,小松崎良将,平野愛弓,川戸 佳,斎藤 稔
第18回日本バイオイメージング学会学術集会   2009年9月   
表面赤外分光法を用いた細胞応答のリアルタイム計測 [招待有り]
平野愛弓,山口僚太郎,宮本浩一郎,木村康男,庭野道夫
日本動物細胞工学会2009年度大会   2009年7月24日   
ポーラスアルミナを用いた人工脂質二分子膜形成とセンサ-への応用
平良 祐,大嶋 梓, 平野愛弓,木村康男, 庭野道夫
平成21年東日本分析若手交流会   2009年7月   
赤外吸収分光法を用いた脂質二分子膜形成過程のin situ計測
大嶋 梓, 平野愛弓, 小野寺恒太,平良 祐,木村康男, 庭野道夫
平成21年東日本分析若手交流会   2009年7月   
表面赤外分光法を用いたミトコンドリアによる酸化的リン酸化のリアルタイム計測
山口僚太郎,平野愛弓,木村康男,篠原康雄,庭野道夫
第56回応用物理学関係連合講演会   2009年4月   
ポーラスアルミナフィルムを用いた人工脂質二分子膜イオンチャネルセンサの開発
平良 祐,青戸孝至,大嶋 梓,平野愛弓,木村康男,庭野道夫
第56回応用物理学関係連合講演会   2009年3月   
半導体微細加工を利用した脂質二分子膜センサーの安定化
平野愛弓,青戸孝至,平良 祐,山口僚太郎,木村康男,庭野道夫
日本化学会第89春季年会   2009年3月   
Ion Channel Sensors Based on Artificial Bilayer Lipid Membranes [招待有り]
Ayumi Hirano-Iwata, Kouji Aoto, Tasuku Taira, Yasuo Kimura, Masao Sugawara, and Michio Niwano
2nd International Symposium on Nanomedicine (ISNM2009) and Asian Core Symposium –Nano and Biomedical Molecular Science–   2009年2月7日   
表面赤外吸収分光法を用いた薬剤投与に対する細胞応答の非標識検出
近藤康彦,山口僚太郎,平野愛弓,木村康男,庭野道夫
応用物理学会東北支部第63回学術講演会   2008年12月   
陽極酸化ポーラスアルミナフィルムを用いた人工脂質二分子膜センサの開発
平良 祐,青戸孝至,平野愛弓,木村康男,庭野道夫
応用物理学会東北支部第63回学術講演会   2008年12月   
半導体微細加工による安定化脂質二分子膜の開発
青戸孝至,平良 祐,山口僚太郎,平野愛弓,木村康男,庭野道夫
応用物理学会東北支部第63回学術講演会   2008年12月   
表面赤外分光法を用いた細胞死のリアルタイムモニタリング
平野 愛弓, 山口 僚太郎, 宮本 浩一郎, 礒田 博子, 宮崎 均, 木村 康男, 庭野 道夫
第28回表面科学講演大会   2008年11月   
In-situ Monitoring of Leukemia Cell Death by Infrared Spectroscopy
R. Yamaguchi, A. Hirano-Iwata, Y. Kimura, K. Miyamoto, H. Miyazaki, H. Isoda and M. Niwano
SSDM2008   2008年9月   
In-Situ Surface Infrared Study of DNA Hybridization on Au Island Films Deposited on Si Surfaces
A. Hirano-Iwata, K. Tanaka, Y. Kimura, and M. Niwano
SSDM2008   2008年9月   
半導体微細加工を利用したイオンチャネルセンサーの開発
青戸孝至,平良 祐,山口僚太郎,平野愛弓,木村康男,庭野道夫
第69回応用物理学関係学術講演会   2008年9月   
表面赤外分光法を用いた脂質二分子膜形成過程のその場観察
平野愛弓,小野寺恒太,大嶋 梓,山口僚太郎,木村康男,庭野道夫
第69回応用物理学関係学術講演会   2008年9月   
グルタミン酸脳内測定法の開発と神経可塑性現象への応用 [招待有り]
平成20年度東北支部分析化学若手交流会   2008年7月18日   
赤外分光法を用いた細胞活動の計測
山口僚太郎, 平野愛弓, 宮本浩一郎,礒田博子,宮崎 均,木村康男, 庭野道夫
みちのく分析科学シンポジウム2008   2008年7月   
表面赤外分光法を用いた細胞死の定量的・定性的評価
山口僚太郎, 平野愛弓, 宮本浩一郎, 礒田博子, 宮崎均, 木村康男, 庭野道夫
第55回応用物理学関係連合講演会   2008年3月   
Island状金薄膜へのDNA固定化とハイブリダイゼーションの表面赤外分光法による検出
平野愛弓, 田中公貴, 木村康男, 庭野道夫
第55回応用物理学関係連合講演会   2008年3月   
Label-Free Detection of Antigen-Antibody Interactions at the GaAs/Water Interface through Surface Infrared Spectroscopy: Discrimination between Specific and Non-specific Interactions by Using Secondary Structure Analysis [招待有り]
Ayumi Hirano-Iwata, Kota Onodera, Ko-ichiro Miyamoto, Yasuo Kimura, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara, and Michio Niwano
China-Japan Symposium of Nano-Chemical Biology   2007年11月9日   
多重内部反射型赤外吸収分光による金薄膜上のDNA固定化とハイブリダイゼーションの検出
田中公貴, 平野愛弓, 木村康男, 庭野道夫
第27回表面科学講演大会   2007年11月   
表面赤外分光法を用いる抗原抗体反応の非標識検出:2次構造解析による特異・非特異信号の識別
平野愛弓,小野寺恒太,宮本浩一郎,片岡正俊,篠原康雄,木村康男,庭野道夫
第27回表面科学講演大会   2007年11月   
In-Situ Detection and Classification of DNA by Porous Alumina Filter in Conjugation with Infrared Absorption Spectroscopy
R. Yamaguchi, A. Hirano, K. Ishibashi, K. Miyamoto, Y. Kimura and M. Niwano
SSDM2007   2007年9月   
In-Situ Surface Infrared Study of DNA Attachment and Hybridization at Si Surfaces
A. Hirano, K. Tanaka, K. Ishibashi, K. Miyamoto, Y. Kimura, M. Niwano
SSDM2007   2007年9月   
表面赤外分光法を用いたポーラスアルミナ細孔中でのDNA分子の挙動解析
平野愛弓, 山口僚太郎, 石橋健一, 宮本浩一郎, 木村康男, 庭野道夫
第68回応用物理学会学術講演会   2007年9月   
赤外分光による細胞活動のその場観察のための装置内培養環境の構築
山口僚太郎,宮本浩一郎,礒田博子,宮崎均,木村康男,平野愛弓, 庭野道夫
第68回応用物理学会学術講演会   2007年9月   
Label-free Detection and characterization of an antigen-antibody interaction by infrared absorption spectroscopy
K. Onodera, A. Hirano, K. Miyamoto, Y. Kimura, M. Kataoka, Y. Shinohara, and M. Niwano
EMRS 2007 Spring Meeting   2007年5月   
表面赤外分光を用いた抗原抗体反応の非標識検出
平野愛弓, 小野寺恒太, 宮本浩一郎, 木村康男, 片岡正俊, 篠原康雄 , 庭野道夫
第68回分析化学討論会   2007年5月   
Label-Free Detection and Conformational Analysis of Antigen-Antibody Interactions at GaAs Surfaces by surface Infrared Spectroscopy. [招待有り]
A. Hirano, K. Onodera, K. Miyamoto, Y. Kimura, M. Kataoka, Y. Shinohara, M. Niwano
1st International Symposium on Nanomedicine-from Basic to Applications-(ISNM2007) and 2nd Molecule-Based Information Transmission and Reception (MB-ITR2007)   2007年4月21日   
Electroosmotic Flow and Electromigration of DNA Molecules in a Microfluidic Device Investigated by Surface Vibration Spectroscopy.
T. Miyoshi, A. Hirano, R. Yamaguchi, K. Miyamoto, Y. Kimura, M. Niwano
2007 MRS Spring Meeting   2007年4月   
Surface infrared spectroscopic study for immobilization of a peptide antigen on GaAs surfaces
K.Onodera, K. Miyamoto, A. Hirano, Y. Kimura, M. Kataoka, Y. Shinohara, M. Niwano
Fourth International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics   2007年3月   
表面赤外分光法を用いた抗原抗体反応の溶液中その場観察
小野寺恒太,宮本浩一郎,片岡正俊,篠原康雄,平野愛弓,木村康男,庭野道夫
第54回応用物理学関係連合講演会   2007年3月   
赤外吸収分光法を用いたDNA固定化Si表面におけるハイブリダイゼーション反応の検出III
田中公貴,石橋健一,平野愛弓,宮本浩一郎,山口僚太郎,平野愛弓,木村康男,庭野道夫
第54回応用物理学関係連合講演会   2007年3月   
表面赤外分光法を利用したマイクロ流路中のDNAの泳動挙動解析
平野愛弓,三好智之,山口僚太郎,木村康男,庭野道夫
第54回応用物理学関係連合講演会   2007年3月   
表面赤外分光法を用いた抗原抗体反応の非標識検出
平野愛弓,小野寺恒太,宮本浩一郎,片岡正俊,篠原康雄,木村康男,庭野道夫
表面科学会ソフトナノテクノロジー研究部会3月ワークショップ   2007年3月   
LTP/LTD in area CA1 in vitro is associated with a persistent increase/decrease in activity-dependent efflux of extracellular glutamate: real-time measurements using a novel glutamate-sensitive microelectrode.
A. Hirano, M. L. Errington, M. Sugawara, T. V. P. Bliss
FENS 2006, 5th Forum of European Neuroscience   2006年7月   
大脳中の情報伝達物質を対象とする分子センシング法の開発 [招待有り]
日本分析化学会第54年会   2005年9月15日   
アビジン修飾基板に固定化したDNA中の脱塩基部位の蛍光検出
柳澤博幸,平野愛弓,清澤裕子,菅原正雄
日本分析化学会第52年会   2003年9月   
マウス脳スライス内アラキドン酸放出の領野間分布のその場測定
斉藤博人,平野愛弓,菅原正雄
日本分析化学会第52年会   2003年9月   
グラミシジンシングルチャンネルセンサーの応答機序の検討
松野友香,小曽野千恵,平野愛弓,菅原正雄
日本分析化学会第52年会   2003年9月   
コルチコステロンがマウス脳海馬におけるカルシウム信号に与える影響
小山内裕美,佐藤了,門間俊博,平野愛弓,斎藤稔,川戸佳
日本生物物理学会第41回年会   2003年9月   
A Glass Capillary Microsensor for the Detection of L-Glutamate Release from Mouse Brain Slices.
A. Hirano, M. Sugawara
Second International Conference on New Biomedical Materials Basic and Applied Sciences   2003年4月   
レセプター包埋脂質二分子膜及び酵素膜を用いるL-グルタミン酸センシング法の開発 [招待有り]
第8回ナノ反応場とバイオエレクトロニクスインターフェイス制御研究会   2003年3月11日   
スロープ解析法による脳スライス内L-グルタミン酸の可視化
平野愛弓,森寺信勝,明石麻衣,斎藤 稔,菅原正雄
日本化学会第83春季年会   2003年3月   
神経伝達物質の脳内分布を可視化するための酵素膜イメージング法 [招待有り]
第6回機能構造と分析化学シンポジウム   2002年11月28日   
新しい作動原理のイオンチャンネルセンサーの開発
松野友香,平野愛弓,菅原正雄
日本分析化学会第51年会   2002年9月   
脳スライスから放出されるL-グルタミン酸の酵素膜イメージング:差分解析によるリアルタイムイメージング法への展開
平野愛弓,森寺信勝,斎藤 稔,菅原正雄
日本分析化学会第51年会   2002年9月   
マウス脳スライス中のアラキドン酸放出の検出
生田目裕子,平野愛弓,菅原正雄
日本化学会第81春季年会   2002年3月   
パッチクランプ法を用いるマウス脳スライス内NMDAレセプター分子種の同定法
平野愛弓,清野真生,菅原正雄
日本化学会第81春季年会   2002年3月   
グラミシジンを情報変換素子に用いる新しいイオンチャンネルセンサーの開発
平野愛弓,若林正樹,松野友香,菅原正雄
日本化学会第81春季年会   2002年3月   
蛍光色素含有を用いた損傷DNAの高感度検出
酒井佳穂里,平野愛弓,菅原正雄
日本分析化学会第50年会   2001年11月   
20.In situ生体膜センサーを用いるマウス脳スライス中のアラキドン酸放出の検出
生田目裕子,平野愛弓,菅原正雄
日本分析化学会第50年会   2001年11月   
マウス脳スライス内NMDAレセプター分子種の電気化学的識別
平野愛弓,清野真生,菅原正雄
日本分析化学会第50年会   2001年11月   

所属学協会

 
日本分析化学会 , 日本化学会 , 応用物理学会 , 日本表面科学会 , American Chemical Society

社会貢献活動

 
私立女子学院高等学校 「卒業生の話を聞く会」
【その他】  2014年1月9日
高1を対象の「卒業生の話を聞く会」で理系に進んだ卒業としてキャリア形成や、大学での研究内容について、わかりやすく解説した。
福島県立会津学鳳高等学校 出前授業
【その他】  2013年10月11日
バイオセンサをはじめとする医工学の最先端の研究について、高校生にわかりやすく解説することを通じて、工学の魅力、楽しさを啓発する。
群馬県立高崎女子高等学校 出前授業
【その他】  2012年11月29日
大学模擬授業を行い、女子高生の理数系教育プログラムに役立てる
宮城県立宮城第一高校学校 出前授業
【その他】  2012年11月1日
宮城県立宮城第一高校学校が主催する大学学部紹介「ミヤイチキャンパス」における学部紹介および模擬授業
群馬県立高崎高等学校 出前授業
【その他】  2010年10月15日
群馬県立高崎高校主催 大学教員による出張授業

その他

 
2014年10月   CREST「超絶縁性脂質二分子膜に基づくイオン・電子ナノチャネルの創成」
本研究では,細胞膜の基本構造となる脂質二分子膜の特徴の(1)ナノ絶縁性の流動膜であることや,(2)脂質分子の自己集合により容易に形成できることに着目し,脂質二分子膜内でのイオンおよび電子ナノチャネルの創成を目指します.チャネル形成材料としてイオンチャネルタンパク質や金属ナノ粒子,半導体ナノ粒子等を膜内に包埋することにより,脂質二分子膜中にイオンや電子が縦方向および横方向に通過できるようなナノチャネルを創成し,水溶液中で動作する高感度な種々の化学・物理センサの構築を行います.
2009年10月   さきがけ「ナノ形状設計に基づく人工神経細胞膜センサーの創製と機能発現」
生体の自己組織化薄膜である脂質二分子膜を半導体加工技術と融合し,そこに脳組織より抽出した神経伝達物質レセプターチャネルを組込むことにより,人工神経細胞膜センサーを創製する.従来の人工細胞膜はその機械的強度に問題があり,バイオセンサー開発の障害となってきた.本研究では,nmスケールで形状を制御した微細孔をトップダウン技術により作製し,その中で脂質分子の自己集合プロセスによって二分子膜を形成することにより,人工膜系最大の問題であった機械的脆弱性の問題を解決する.さらに,その膜中にレセプターチャネルを埋め込むことにより,人工的にシナプス後膜構造を構築し,脳内計測を目指したプローブ型センサーの開発や高効率薬物スクリーニング法のためのイオンチャネルアレイを構築する.また,実際の神経細胞とのシナプスを形成することにより,神経前膜機能を評価する人工後膜デバイスとしての応用についても検討する.ナノ構造と人工神経細胞膜とを融合した本デバイスは,脳機能解析のみならず,神経細胞と集積回路の接合部としての応用可能性ももつため,様々な分野での発展が期待される次世代ナノバイオデバイスとなる.
2013年4月   人工脂質二分子膜に基づくhERGチャネルアレイの構築とhigh throughput副作用評価チップへの応用
平成21年,厚生労働省は,全候補薬品に対し,心筋のhERGチャネルに対する安全性をin vitroでのチャネル電流側定によって評価することを義務付けた.このチャネルは薬物に非常に敏感で,死亡例を含む重篤な副作用を数多く引き起こしたからである.このような背景を受け,現在,イオンチャネルに対する高効率な薬物スクリーニング系への重要が高まっている.人工脂質二分子膜は,薬物スクリーニング系のプラットフォームとして期待が高いが,機械的強度が極めて低く,その発展の障害となっていた.我々は最近,ナノ構造体や半導体加工技術と脂質二分子膜形成の融合により,機械的強度の高い脂質二分子膜の構築に成功した.さらに作製したチップを低誘電率の絶縁材料で被覆することにより,電気特性の問題(ノイズ電流および過渡応答特性)を解決した.次の段階としては,この安定化脂質二分子膜にイオンチャネルを組込み,薬物スクリーニングのためのイオンチャネルチップへと展開することであるが,安定な脂質二分子膜ではチャネルの組込確率が低いという新たな課題に直面している.そこで,本研究では,安定化人工脂質二分子膜へのイオンチャネルの効率的組込法について検討し,これに基づいて,チャネル包埋二分子膜をアレイ状に並べたイオンチャネルチップを,hERGチャネルを対象に構築する.hERGチャネルアレイに基づく新薬開発のための新規な副作用評価ツールとして提案する.
2012年10月   安定化人工脂質二分子膜へのイオンチャネル包埋過程に関する基礎研究
イオンチャネルは創薬における主要ターゲットの一種であり,イオンチャネルの薬物応答を高効率に評価する方法の開発が望まれている.細胞膜構造を模した人工平面脂質二分子膜にイオンチャネルを包埋した再構成系は,化学的制御系においてチャネルへの薬物作用が評価できる特徴をもつ.本研究では,申請者が最近報告した安定化人工脂質二分子膜に効率良く生体イオンチャネルを包埋するための化学的および物理的手法の検討を行い,イオンチャネル包埋脂質二分子膜センサーを構築するための基礎とすることを目的としている.イオンチャネルはリポソームに包埋された状態で抽出されるため,イオンチャネルの包埋促進のためには,リポソームの二分子膜中への膜融合を促進する必要がある.そこで本研究では,膜融合促進ペプチドや誘電泳動などを用いて一過性の化学的および物理的摂動を二分子膜に与えることにより膜融合の促進について検討し,安定性の高い膜ならではのタンパク質組み込み法を提案する.
2008年4月   ナノポーラス構造を用いた平面脂質二分子膜の安定化とそのイオンチャンネルセンサーへの応用
平面脂質二分子膜中にレセプターイオンチャンネル蛋白質を包埋したイオンチャンネルセンサーは,神経伝達物質を高感度かつ高選択的に検出できるセンサーとして重要である.しかし,イオンチャンネル蛋白質がその機能を発現できる唯一のマトリクスである脂質二分子膜は,物理的に脆弱であり,イオンチャンネルセンサーの一般化への障害となってきた.本研究では, ポーラスシリコンやポーラスアルミナを用い,ナノメートルスケールの孔の中に平面脂質二分子膜を作成することにより,安定な脂質二分子膜の作成法を開発する.さらに,安定化された脂質二分子膜中に,ラット脳等より抽出・精製したレセプターチャンネル蛋白質を包埋することにより,物理的安定性と高感度・高選択性を兼ね備えたイオンチャンネルセンサーを開発する.