日本の女性研究者

医歯薬学

Researcher List >> MOTOHASHI Hozumi
 

MOTOHASHI Hozumi

 
Avatar
NameMOTOHASHI Hozumi
e-mailhozumimmed.tohoku.ac.jp
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/4ee23b80b6bd3686e70676225e332c7f.html
AffiliationTohoku University
SectionInstitute of Development, Aging and Cancer Division of Gene Research Gene Expression Regulation
Job titleProfessor
Degree博士(医学)(Tohoku University)
Other AffiliationTohoku University

Research Interests

 
生化学 , 分子生物学

Research Areas

 
  • Basic medicine / General medical chemistry / 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2013
 - 
Today
教授, 東北大学
 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
准教授, 東北大学
 
Nov 2006
 - 
Mar 2007
助教授, 東北大学
 
Jan 2004
 - 
Oct 2006
助教授, 筑波大学
 
Oct 2000
 - 
Dec 2003
講師, 筑波大学
 

Education

 
 
 - 
Mar 1996
Graduate School, Division of Medicine, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1990
Faculty of Medicine, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Dec 2014
 - 
Today
全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会  幹事
 
Apr 2014
 - 
Today
日本癌学会  評議員
 
Mar 2013
 - 
Today
熊本大学 文部科学省「基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成」事業「柴三郎プログラム」プログラム  外部評価委員
 
Jan 2013
 - 
Today
臨床フリーラジカル会議  世話人
 
Oct 2017
 - 
Sep 2023
日本学術会議  連携会員
 

Awards & Honors

 
Sep 2013
CNC-sMaf転写因子群による生体の恒常性維持機構の解析, 平成25年度第8回柿内三郎記念賞, 日本生化学会
 
Mar 2010
平成21年度医学部・医学系研究科教育貢献賞, 東北大学
 
Oct 2001
日本生化学会奨励賞, 日本生化学会
 

Published Papers

 
Sekine H, Keito O, Kato K, Alam MM, Shima H, Katsuoka F, Tsujita T, Suzuki N, Kobayashi A, Igarashi K, Yamamoto M, Motohashi H.
Mol Cell Biol   38(17)    Jun 2018   [Refereed]
Dodo M, Kitamura H, Shima H, Saigusa D, Wati SM, Ota N, Katsuoka F, Chiba H, Okae H, Arima T, Igarashi K, Koseki T, Sekine H, Motohashi H
Journal of biochemistry   165(4) 323-334   Apr 2019   [Refereed]
Nishimura A, Nasuno R, Yoshikawa Y, Jung M, Ida T, Matsunaga T, Morita M, Takagi H, Motohashi H, Akaike T
The Journal of biological chemistry      Jul 2019   [Refereed]
Saito T, Kuma A, Sugiura Y, Ichimura Y, Obata M, Kitamura H, Okuda S, Lee HC, Ikeda K, Kanegae Y, Saito I, Auwerx J, Motohashi H, Suematsu M, Soga T, Yokomizo T, Waguri S, Mizushima N, Komatsu M
Nature communications   10(1) 1567   Apr 2019   [Refereed]
Yoshida E, Suzuki T, Morita M, Taguchi K, Tsuchida K, Motohashi H, Doita M, Yamamoto M.
Genes Cells   23(5) 386-392   May 2018   [Refereed]
Nagashima R, Kosai H, Masuo M, Izumiyama K, Noshikawaji T, Morimoto M, Kumaki S, Miyazaki Y, Motohashi H, Yamamoto M, Tanaka N
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   202(5) 1331-1339   Mar 2019   [Refereed]
Fujii S, Sawa T, Motohashi H, Akaike T
British journal of pharmacology   176(4) 607-615   Feb 2019   [Refereed]
Hamid HA, Tanaka A, Ida T, Nishimura A, Matsunaga T, Fujii S, Morita M, Sawa T, Fukuto JM, Nagy P, Tsutsumi R, Motohashi H, Ihara H, Akaike T
Redox biology   21 101096   Feb 2019   [Refereed]
Sekine H, Yamamoto M, Motohashi H
Nature immunology   19(12) 1281-1283   Dec 2018   [Refereed]
Kanamoto M, Tsuchiya Y, Nakao Y, Suzuki T, Motohashi H, Yamamoto M, Kamata H
PloS one   13(11) e0203978   2018   [Refereed]

Misc

 
Kitamura H, Motohashi H.
Cancer Sci   109 900-911   2018   [Refereed][Invited]
Yamamoto M, Kensler TW, Motohashi H
Physiol Rev   98(3) 1169-1203   Jul 2018   [Refereed][Invited]
KEAP1-NRF2制御系による酸化ストレス応答と抗老化作用
本橋ほづみ
実験医学   35(20) 3369-3373   Dec 2017   [Refereed][Invited]
環境応答の転写制御シグナル―KEAP1-NRF2制御系―
鈴木琢磨、本橋ほづみ
最新医学   72(5) 703-709   May 2017   [Refereed][Invited]
Fujii S, Sawa T, Nishida M, Ihara H, Ida T, Motohashi H, Akaike T.
Arch Biochem Biophys   595 140-146   Apr 2016   [Refereed][Invited]
Nishida M, Kumagai Y, Ihara H, Fujii S, Motohashi H, Akaike T.
J Clin Biochem Nutr   58(2) 91-98   Mar 2016   [Refereed][Invited]
Murakami S, Motohashi H
Rinsho Ketsueki   57(10) 1860-1868   2016   [Refereed][Invited]
酸化ストレス応答転写因子NRF2の転写制御機構
関根弘樹、本橋ほづみ
実験医学   34 2517-2524   2016   [Refereed][Invited]
非小細胞肺癌におけるKeap1-Nrf2システム
光石陽一郎、本橋ほづみ
Annual Review呼吸器2015   119-126   Jan 2015   [Refereed][Invited]
NF-E2、血小板第4因子
本橋ほづみ
血栓止血用語解説集(改訂版)      2015   [Refereed][Invited]

Books etc

 
Oxidative Stress in Vertebrates and Invertebrates.
Morita M and Motohashi H. (Part:Joint Work, Survival Strategy and Disease Pathogenesis According to the Nrf2-Small Maf Heterodimer.)
Wiley-Blackwell   Dec 2011   
ゲノムからの情報発現―転写因子とその機能 (SPRINGER REVIEWS)
本橋ほづみ,山本雅之 (Part:Joint Work, III.発生・形態形成を調節する転写因子 1.血球分化 ゲノムからの情報発現 転写因子とその機能)
シュプリンガー・フェアラーク東京   Oct 2000   

Conference Activities & Talks

 
NRF2の活性化がもたらす自己免疫疾患の慢性炎症改善作用の検討
鈴木琢磨、村上昌平、山本雅之、張替秀郎、本橋ほづみ
東北大学大学院医学系研究科 第10回リトリート 大学院生研究発表会   14 Jan 2017   
Glucocorticoid receptor signaling represses antioxidant response by inhibiting NRF2-dependent histone acetylation
Md Morshedul Alam, Linh Thi Thao Nguyen, Keito Okazaki, Nao Ota, Hiroshi Kitamura, Hiroki Shima, Kazuhiko Igarashi, Hiroki Sekine, Hozumi Motohashi
東北大学大学院医学系研究科 第10回リトリート 大学院生研究発表会   14 Jan 2017   
NRF2依存性肺がんのバイオマーカー探索とその成立メカニズムの解明
佐藤航太、北村大志、岡田克典、本橋ほづみ
東北大学大学院医学系研究科 第10回リトリート 大学院生研究発表会   14 Jan 2017   
Nrf2活性化はKras変異を伴う肺腺がんの悪性化に寄与する
林真貴子、土田恒平、鈴木未来子、本橋ほづみ、山本雅之
東北大学大学院医学系研究科 第10回リトリート 大学院生研究発表会   14 Jan 2017   
NRF2依存的がん細胞におけるNRF2による転写活性化機構の解明
岡崎慶斗、関根弘樹、勝岡史城、安澤隼人、田高周、元池育子、木下賢吾、本橋ほづみ
東北大学大学院医学系研究科 第10回リトリート 大学院生研究発表会   14 Jan 2017   
NRF2 and ROS metabolism.
ESMO Asia 2016   16 Dec 2016   
Systemic activation of NRF2 alleviates chronic inflammation in a mouse model of lethal autoimmune diseases.
Takuma Suzuki, Shohei Murakami, Hideo Harigae, Hozumi Motohashi.
第45回日本免疫学会学術集会   5 Dec 2016   
酸化ストレス応答機構KEAP1-NRF2経路による細胞老化制御
第39回日本分子生物学会年会 シンポジウム「エピゲノム制御:疾患発症における意義」   1 Dec 2016   
KEAP1-NRF2 system in stress response and cancer malignancy.
III International Scienctific Conference: Oxygen 2016   18 Nov 2016   
転写因子NRF2による酸化ストレス応答と細胞老化制御
第11回臨床ストレス応答学会大会   11 Nov 2016   

Association Memberships

 
日本分子生物学会(1993/10-) , 日本生化学会(1994/10-) , 日本癌学会(2001/10-) , The American Society for Biochemistry and Molecular Biology(2004/10-) , 日本血液学会(2005/10-) , 日本癌学会(2009/01-2011/12 評議員) , 日本癌学会(2010/04-2011/03 評議員) , 日本癌学会(2012/04-2013/03 評議員) , 日本放射線影響学会(2008-) , The American Society for Microbiology(2010-) , 日本免疫学会 (2015-) , 日本放射線影響学会 (2008-) , 日本酸化ストレス学会 (2015-) , 日本毒性学会 (2017-)

Patents

 
特開2006-145470 : 相互作用測定方法
山本雅之、本橋ほづみ、山本多恵、京基樹
特開2006-132963 : 生体分子アレイ
山本雅之、本橋ほづみ、山本多恵、京基樹、稲森和紀
特開2004-264027 : 生体分子相互作用測定方法
山本雅之、本橋ほづみ、京基樹、川上文清、川村良久

Social Contribution

 
宮城県宮城第一高等学校 平成25年度一年次理数科講演会
[Others]  6 Nov 2013
宮城県宮城第一高等学校 平成25年度一年次理数科講演会
東北大学大学院説明会
[Others]  15 Jun 2013
東北大学大学院説明会
東北大学大学院説明会
[Others]  10 Jul 2012
東北大学大学院説明会での講演
騒音性難聴に予防遺伝子
[Others]  読売新聞  19 Jan 2016
騒音性難聴の発症リスク判定
[Others]  朝日新聞  19 Jan 2016

Others

 
Oct 2017   個体・臓器老化研究拠点
中枢神経系のレドックス・バランス制御による個体老化制御の試み
Mar 2017   グルココルチコイド受容体(GR)-NRF2相互作用を標的とした脂質異常性の合併症予防戦略
グルココルチコイド受容体(GR)-NRF2相互作用を標的とした脂質異常性の合併症予防戦略
Jan 2017   乳酸菌によるKEAP1-NRF2制御系の活性化と加齢疾患予防効果の検討
乳酸菌によるKEAP1-NRF2制御系の活性化と加齢疾患予防効果の検討
Mar 2016   アルツハイマー型認知症予防に向けた転写因子NRF2によるミクログリア活性制御の試み
アルツハイマー型認知症予防に向けた転写因子NRF2によるミクログリア活性制御の試み
Feb 2016   NRF2依存を示す難治性がんにおける免疫感受性増強の試み
NRF2依存を示す難治性がんにおける免疫感受性増強の試み