日本の女性研究者

医歯薬学

研究者リスト >> 本橋 ほづみ
 

本橋 ほづみ

 
アバター
研究者氏名本橋 ほづみ
 
モトハシ ホヅミ
eメールhozumimmed.tohoku.ac.jp
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/4ee23b80b6bd3686e70676225e332c7f.html
所属東北大学
部署加齢医学研究所 加齢制御研究部門 遺伝子発現制御分野
職名教授
学位博士(医学)(東北大学)
その他の所属東北大学

研究キーワード

 
生化学 , 分子生物学

研究分野

 
  • 基礎医学 / 医化学一般 / 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東北大学 教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
東北大学 准教授
 
2006年11月
 - 
2007年3月
東北大学 助教授
 
2004年1月
 - 
2006年10月
筑波大学 助教授
 
2000年10月
 - 
2003年12月
筑波大学 講師
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
東北大学 医学研究科 
 
 
 - 
1990年3月
東北大学 医学部 
 

委員歴

 
2014年12月
 - 
現在
全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会  幹事
 
2014年4月
 - 
現在
日本癌学会  評議員
 
2013年3月
 - 
現在
熊本大学 文部科学省「基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成」事業「柴三郎プログラム」プログラム  外部評価委員
 
2013年1月
 - 
現在
臨床フリーラジカル会議  世話人
 
2017年10月
 - 
2023年9月
日本学術会議  連携会員
 

受賞

 
2013年9月
日本生化学会 平成25年度第8回柿内三郎記念賞 CNC-sMaf転写因子群による生体の恒常性維持機構の解析
 
2010年3月
東北大学 平成21年度医学部・医学系研究科教育貢献賞
 
2009年1月
東北大学医学部 平成20年度東北大学医学部奨学賞金賞 転写因子による生体の生存戦略と恒常性維持の制御機構に関する研究
 
2001年10月
日本生化学会 日本生化学会奨励賞 小 Maf 群転写因子による転写制御ネットワーク形成と生体機能制御の分子機構の解明
 
1997年10月
財団法人筑波学都資金財団 平成9年度財団法人筑波学都資金財団「教育研究特別表彰」
 

論文

 
Sekine H, Keito O, Kato K, Alam MM, Shima H, Katsuoka F, Tsujita T, Suzuki N, Kobayashi A, Igarashi K, Yamamoto M, Motohashi H.
Mol Cell Biol      2018年6月   [査読有り]
Yoshida E, Suzuki T, Morita M, Taguchi K, Tsuchida K, Motohashi H, Doita M, Yamamoto M.
Genes Cells   23(5) 386-392   2018年5月   [査読有り]
Morita M, Sato T, Nomura M, Sakamoto Y, Inoue Y, Tanaka R, Ito S, Kurosawa K, Yamaguchi K, Sugiura Y, Takizaki H, Yamashita Y, Katakura R, Sato I, Kawai M, Okada Y, Watanabe H, Kondoh G, Matsumoto S, Kishimoto A, Obata M, Matsumoto M, Fukuhara T, Motohashi H, Suematsu M, Komatsu M, Nakayama K, Wanatabe T, Soga T, Shima H, Maemondo M, Tanuma N.
Cancer Cell   33(3) 355-367   2018年   [査読有り]
Murakami S, Suzuki T, Yokoyama W, Yagi S, Matsumura K, Nakajima Y, Harigae H, Fukamizu A, Motohashi H.
J Biochem      2017年12月   [査読有り]
Akaike T, Ida T, Wei FY, Nishida M, Kumagai Y, Alam MM, Ihara H, Sawa T, Matsunaga T, Kasamatsu S, Nishimura A, Morita M, Tomizawa K, Nishimura A, Watanabe S, Inaba K, Shima H, Tanuma N, Jung M, Fujii S, Watanabe Y, Ohmuraya M, Nagy P, Feelisch M, Fukuto JM, Motohashi H.
Nat Commun   8(1) 1177-1177   2017年10月   [査読有り]
Shimizu T, Uchida C, Shimizu R, Motohashi H, Uchida T.
Biochem Biophys Res Commun   493(2) 946-951   2017年   [査読有り]
Rodrigues-Moreira S, Moreno SG, Ghinatti G, Lewandowski D, Hoffschir F, Ferri F, Gallouet A-S, Gay D, Motohashi H, Yamamoto M, Joiner MC, Gault N, Romeo P-H.
Cell Rep   20(13) 3199-3211   2017年   [査読有り]
Murakami S, Suzuki T, Harigae H, Romeo PH, Yamamoto M, Motohashi H.
Mol Cell Biol   37(19) pii: e00086-17-pii: e00086-17   2017年   [査読有り]
Kitamura H, Onodera Y, Murakami S, Suzuki T, Motohashi H
Oncogene   36 6315-6324   2017年   [査読有り]
Suzuki T, Murakami S, Biswal SS, Sakaguchi S, Harigae H, Yamamoto M, Motohashi H.
Mol Cell Biol   37(15) pii: e00063-17-pii: e00063-17   2017年   [査読有り]

Misc

 
Uruno Akira, Motohashi Hozumi
Nitric Oxide   25(2) 153-160   2011年8月   [査読有り][依頼有り]
Taguchi Keiko, Motohashi Hozumi, Yamamoto Masayuki
Genes Cells   16(2) 123-140   2011年2月   [査読有り][依頼有り]
Motohashi Hozumi, Igarashi Kazuhiko
Nat Immunol   11(8) 695-696   2010年8月   [査読有り][依頼有り]
酸化ストレスと呼吸器疾患
井上大輔、本橋ほづみ、山本雅之
分子呼吸病   6-7   2010年1月   [査読有り][依頼有り]
巨核球分化過程におけるストレス応答とその調節機構
本橋ほづみ
生化学   511   2009年6月   [査読有り][依頼有り]
Motohashi Hozumi, Yamamoto Masayuki
Cancer Sci   98(2) 135-139   2007年2月   [査読有り][依頼有り]
血小板形成を支える転写制御機構と血小板異常症
本橋ほづみ
生化学   25 1618-1623   2007年   [査読有り][依頼有り]
Motohashi Hozumi, Yamamoto Masayuki
Trends Mol Med   10(11) 549-557   2004年11月   [査読有り][依頼有り]
転写制御から迫る生命現象―ヒトの反応をマウスで再現しよう
本橋ほづみ
Science & Technomews Tsukuba   67 11-14   2003年   [査読有り][依頼有り]
ダウン症に併発する巨核球性白血病の解析から明らかになったGATA-1変異分子の発現と機能
長野真澄,本橋ほづみ
分子細胞治療2   124-125   2003年   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
新臨床腫瘍学 改訂第5版
本橋 ほづみ (担当:分担執筆, 範囲:がんと代謝)
南江堂   2018年7月   ISBN:978-4-524-23788-3
Oxidative Stress in Vertebrates and Invertebrates.
Morita M and Motohashi H. (担当:共著, 範囲:Survival Strategy and Disease Pathogenesis According to the Nrf2-Small Maf Heterodimer.)
Wiley-Blackwell   2011年12月   
ゲノムからの情報発現―転写因子とその機能 (SPRINGER REVIEWS)
本橋ほづみ,山本雅之 (担当:共著, 範囲:III.発生・形態形成を調節する転写因子 1.血球分化 ゲノムからの情報発現 転写因子とその機能)
シュプリンガー・フェアラーク東京   2000年10月   

講演・口頭発表等

 
Mitochondria-specific SQR deficiency in mice causes lethal impairment of sulfur respiration.
Morita Masanobu, Tomoaki Ida, Tomohiro Tanaka, Tetsuro Matsunaga, Akira Nishimura, Shigemoto Fujii, Motohiro Nishida, Hozumi Motohashi, Takaaki Akaike.
SFRBM 2018   2018年11月14日   
NRF2依存性がんの代謝制御とその特徴 [招待有り]
本橋 ほづみ
シンポジウム「分子腫瘍マーカー開発と臨床応用」第38回日本分子腫瘍マーカー研究会   2018年9月26日   
Electrophilic response and sulfur metabolism regulated by KEAP1-NRF2 system.
Hozumi Motohashi, Tomoaki Ida, Md. Morshedul Alam, Hiroshi Kitamura, Takaaki Akaike.
第91回日本生化学会大会   2018年9月25日   
Biosynthesis pathway and physiological functions of reactive persulfides.
Akira Nishimura, Tomoaki Ida, Masanobu Morita, Tetsuro Matsunaga, Hiroshi Takagi, Hozumi Motohashi, Takaaki Akaike.
第91回日本生化学会大会   2018年9月25日   
システイニルtRNA合成酵素によるシステインパースルフィド合成活性の発見とミトコンドリアエネルギー代謝制御
澤智裕、本橋ほづみ、赤池孝章
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
活性イオウ分子種によるミトコンドリア膜電位形成機構の解明
松永哲郎、守田匡伸、西村明、井田智章、藤井重元、本橋ほづみ、赤池孝章
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
ミトコンドリア/イオウ呼吸選択的硫化水素キノン還元酵素(SQR)欠損マウスの開発および機能解析
守田匡伸、井田智章、田中智弘、松永哲郎、西村明、藤井重元、西田基宏、本橋ほづみ、赤池孝章
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
システイニルtRNA合成酵素のパースルフィド合成制御機構
井田智章、西村明、守田匡伸、松永哲郎、澤智裕、居原秀、藤井重元、本橋ほづみ、赤池孝章
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
KEAP1-NRF2制御系の活性化はアルツハイマー病様病態を改善する
松丸大輔、領家梨恵、斎藤律水、三枝大輔、齊藤貴志、西道隆臣、川島隆太、山本雅之、宇留野晃、本橋ほづみ
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
Translation-coupled protein polysulfidation, a unique biosynthesis pathway of cysteine persulfide.
Tomoaki Ida, Akira Nishimura, Masanobu Morita, Hideshi Ihara, Tomohiro Sawa, Shigemoto Fujii, Hozumi Motohashi, Takaaki Akaike.
10th International COnference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide   2018年9月17日   

所属学協会

 
日本分子生物学会(1993/10-) , 日本生化学会(1994/10-) , 日本癌学会(2001/10-) , The American Society for Biochemistry and Molecular Biology(2004/10-) , 日本血液学会(2005/10-) , 日本癌学会(2009/01-2011/12 評議員) , 日本癌学会(2010/04-2011/03 評議員) , 日本癌学会(2012/04-2013/03 評議員) , 日本放射線影響学会(2008-) , The American Society for Microbiology(2010-) , 日本免疫学会 (2015-) , 日本放射線影響学会 (2008-) , 日本酸化ストレス学会 (2015-) , 日本毒性学会 (2017-)

特許

 
特開2006-145470 : 相互作用測定方法
山本雅之、本橋ほづみ、山本多恵、京基樹
特開2006-132963 : 生体分子アレイ
山本雅之、本橋ほづみ、山本多恵、京基樹、稲森和紀
特開2004-264027 : 生体分子相互作用測定方法
山本雅之、本橋ほづみ、京基樹、川上文清、川村良久

社会貢献活動

 
宮城県宮城第一高等学校 平成25年度一年次理数科講演会
【その他】  2013年11月6日
宮城県宮城第一高等学校 平成25年度一年次理数科講演会
東北大学大学院説明会
【その他】  2013年6月15日
東北大学大学院説明会
東北大学大学院説明会
【その他】  2012年7月10日
東北大学大学院説明会での講演
騒音性難聴に予防遺伝子
【その他】  読売新聞  2016年1月19日
騒音性難聴の発症リスク判定
【その他】  朝日新聞  2016年1月19日

その他

 
2017年10月   個体・臓器老化研究拠点
中枢神経系のレドックス・バランス制御による個体老化制御の試み
2017年3月   グルココルチコイド受容体(GR)-NRF2相互作用を標的とした脂質異常性の合併症予防戦略
グルココルチコイド受容体(GR)-NRF2相互作用を標的とした脂質異常性の合併症予防戦略
2017年1月   乳酸菌によるKEAP1-NRF2制御系の活性化と加齢疾患予防効果の検討
乳酸菌によるKEAP1-NRF2制御系の活性化と加齢疾患予防効果の検討
2016年3月   アルツハイマー型認知症予防に向けた転写因子NRF2によるミクログリア活性制御の試み
アルツハイマー型認知症予防に向けた転写因子NRF2によるミクログリア活性制御の試み
2016年2月   NRF2依存を示す難治性がんにおける免疫感受性増強の試み
NRF2依存を示す難治性がんにおける免疫感受性増強の試み