日本の女性研究者

Medicine, Dentistry, Pharmacy

Researcher List >> Hozumi Motohashi
 

Hozumi Motohashi

 
Avatar
NameHozumi Motohashi
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/4ee23b80b6bd3686e70676225e332c7f.html
AffiliationTohoku University
SectionInstitute of Development, Aging and Cancer Division of Gene Research Gene Expression Regulation
Job titleProfessor
Degree博士(医学)(Tohoku University)
Other AffiliationTohoku University

研究キーワード

 
分子生物学 , 生化学

研究分野

 
  • Life sciences / Medical biochemistry / 

経歴

 
Apr 2013
 - 
Today
教授, 東北大学
 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
准教授, 東北大学
 
Nov 2006
 - 
Mar 2007
助教授, 東北大学
 
Jan 2004
 - 
Oct 2006
助教授, 筑波大学
 
Oct 2000
 - 
Dec 2003
講師, 筑波大学
 

学歴

 
 
 - 
Mar 1996
Graduate School, Division of Medicine, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1990
Faculty of Medicine, Tohoku University
 

委員歴

 
Dec 2014
 - 
Today
全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会  幹事
 
Dec 2014
 - 
Today
全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会  幹事
 
Apr 2014
 - 
Today
日本癌学会  評議員
 
Apr 2014
 - 
Today
日本癌学会  評議員
 
Mar 2013
 - 
Today
熊本大学 文部科学省「基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成」事業「柴三郎プログラム」プログラム  外部評価委員
 

受賞

 
Sep 2013
CNC-sMaf転写因子群による生体の恒常性維持機構の解析, 平成25年度第8回柿内三郎記念賞, 日本生化学会
 
Mar 2010
平成21年度医学部・医学系研究科教育貢献賞, 東北大学
 
Jan 2009
転写因子による生体の生存戦略と恒常性維持の制御機構に関する研究, 平成20年度東北大学医学部奨学賞金賞, 東北大学医学部
 
Oct 2001
日本生化学会奨励賞, 日本生化学会
 
Oct 1997
平成9年度財団法人筑波学都資金財団「教育研究特別表彰」, 財団法人筑波学都資金財団
 

論文

 
Nishimura A, Nasuno R, Yoshikawa Y, Jung M, Ida T, Matsunaga T, Morita M, Takagi H, Motohashi H, Akaike T
The Journal of biological chemistry      Jul 2019   [Refereed]
Dodo M, Kitamura H, Shima H, Saigusa D, Wati SM, Ota N, Katsuoka F, Chiba H, Okae H, Arima T, Igarashi K, Koseki T, Sekine H, Motohashi H
Journal of biochemistry   165(4) 323-334   Apr 2019   [Refereed]
Saito T, Kuma A, Sugiura Y, Ichimura Y, Obata M, Kitamura H, Okuda S, Lee HC, Ikeda K, Kanegae Y, Saito I, Auwerx J, Motohashi H, Suematsu M, Soga T, Yokomizo T, Waguri S, Mizushima N, Komatsu M
Nature communications   10(1) 1567   Apr 2019   [Refereed]
Nagashima R, Kosai H, Masuo M, Izumiyama K, Noshikawaji T, Morimoto M, Kumaki S, Miyazaki Y, Motohashi H, Yamamoto M, Tanaka N
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   202(5) 1331-1339   Mar 2019   [Refereed]
Fujii S, Sawa T, Motohashi H, Akaike T
British journal of pharmacology   176(4) 607-615   Feb 2019   [Refereed]

MISC

 
Yamamoto M, Kensler TW, Motohashi H
Physiol Rev   98(3) 1169-1203   Jul 2018   [Refereed][Invited]
Kitamura H, Motohashi H
Cancer Sci   109 900-911   2018   [Refereed][Invited]
Fujii S, Sawa T, Nishida M, Ihara H, Ida T, Motohashi H, Akaike T
Arch Biochem Biophys   595 140-146   Apr 2016   [Refereed][Invited]
Nishida M, Kumagai Y, Ihara H, Fujii S, Motohashi H, Akaike T
J Clin Biochem Nutr   58(2) 91-98   Mar 2016   [Refereed][Invited]
Anand D, Kakrana A, Agrawal S, Siddam A, Motohashi H, Yamamoto M, Lachke SA
Genomics Data   5 223-227   Aug 2015   [Refereed][Invited]

書籍等出版物

 
本橋 ほづみ (Part:分担執筆, がんと代謝)
南江堂   Jul 2018   ISBN:9784524237883
Morita M, Motohashi H (Part:共著, Survival Strategy and Disease Pathogenesis According to the Nrf2-Small Maf Heterodimer.)
Wiley-Blackwell   Dec 2011   
本橋ほづみ, 山本雅之 (Part:共著, III.発生・形態形成を調節する転写因子 1.血球分化 ゲノムからの情報発現 転写因子とその機能)
シュプリンガー・フェアラーク東京   Oct 2000   

講演・口頭発表等

 
本橋ほづみ
第7回がんと代謝研究会   1 Aug 2019   
本橋ほづみ
第15回男女共同参画フォーラム   27 Jul 2019   
本橋ほづみ
がん研セミナー   22 Jul 2019   
本橋ほづみ
Research PlaNet 2019   21 Jul 2019   
本橋ほづみ
Aging Forum   13 Jul 2019   

所属学協会

 
日本毒性学会 (2017-) , 日本酸化ストレス学会 (2015-) , 日本放射線影響学会 (2008-) , 日本免疫学会 (2015-) , The American Society for Microbiology(2010-)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
公益財団法人 ライフサイエンス振興財団: ライフサイエンス振興財団 平成27年度研究助成金
Project Year: Jan 2016 - Today
公益財団法人 高松宮妃癌研究基金: 平成27年度高松宮妃癌研究基金研究助成金
Project Year: Jan 2016 - Today
公益財団法人 内藤記念科学振興財団: 2015年度内藤記念科学奨励金・研究助成
Project Year: Dec 2015 - Today
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED): 老化メカニズムの解明・制御プロジェクト 個体・臓器老化研究拠点
Project Year: Oct 2017 - Mar 2022
公益財団法人 東京生化学研究会: 2019年度アジア地域研究者招聘国際共同研究助成
Project Year: May 2019 - Apr 2021

産業財産権

 
山本雅之, 本橋ほづみ, 山本多恵, 京基樹
山本雅之, 本橋ほづみ, 山本多恵, 京基樹, 稲森和紀
山本雅之, 本橋ほづみ, 京基樹, 川上文清, 川村良久

社会貢献活動

 
[その他]  朝日新聞  19 Jan 2016
[その他]  読売新聞  19 Jan 2016
[その他]  6 Nov 2013
宮城県宮城第一高等学校 平成25年度一年次理数科講演会
[その他]  15 Jun 2013
東北大学大学院説明会

その他

 
Feb 2010   がん幹細胞における酸化ストレスの影響とKeap1/Nrf2制御系の機能貢献に関する研究
細胞内活性酸素種ががん幹細胞の幹細胞性に及ぼす影響とその作用機序を明らかにすることと、がん幹細胞の自己複製能の維持、遺伝毒性ストレスに対する抵抗性の獲得、休眠状態からの活性化、活性化後の増殖において、Keap1/Nrf2制御系が果たす役割を明らかにすることを目的とする
Apr 2006   転写因子NF-E2による巨核球成熟と血小板形成の制御プログラムの解明
転写因子NF-E2による巨核球成熟と血小板形成の制御プログラムの解明
Apr 2006   血小板の形成と機能を調節する遺伝子発現制御機構の解析
血小板の形成と機能を調節する遺伝子発現制御機構の解析
Apr 2004   小Maf群因子MafGによる巨核球胞体突起形成の制御機構の解析
小Maf群因子MafGによる巨核球胞体突起形成の制御機構の解析
Apr 2004   小Maf群因子MafGによる血小板形成の制御プログラムの解明
小Maf群因子MafGによる血小板形成の制御プログラムの解明