日本の女性研究者

農学

Researcher List >> Emiko Isogai
 

Emiko Isogai

 
Avatar
NameEmiko Isogai
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ea8d3696a2119fb432e8eb090a5e96e4.html
AffiliationTohoku University
SectionGraduate School of Agriculture Division of Bioscience and Biotechnology for Future Bioindustries Department of Microbial Biotechnology Laboratory of Animal Microbiology
Job titleProfessor
Degree農学博士(The University of Tokyo)

研究キーワード

 
免疫 , 病態 , 細菌、病態、免疫

研究分野

 
  • Life sciences / Bacteriology / 
  • Life sciences / Parasitology / 
  • Life sciences / Animal production science / 
  • Life sciences / Animal production science / 

学歴

 
 
 - 
Mar 1977
Graduate School, Division of Veterinary Medicine, Hokkaido University
 
 
 - 
Mar 1975
Faculty of Veterinary Medicine, Hokkaido University
 

委員歴

 
Jan 2015
 - 
Today
編集委員会 Int J Molecular Medicine  Ed boad member for Int J Molecular Medicine
 
Jan 2015
 - 
Today
編集委員会 Int J Molecular Medicine  編集委員
 
Oct 2014
 - 
Today
東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる家畜と農地の管理研究会  評議員
 
Oct 2014
 - 
Today
Int. J Oncology、Spandidos Publications  Ed. Boad
 
Oct 2014
 - 
Today
東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる家畜と農地の管理研究会  評議員
 

受賞

 
Mar 2017
東北大学総長教育賞, 東北大学
 
Nov 2016
Excellence in Reviewing Award, Spandidos Publications
 
May 2016
Daiwa Anglo-Japanese Foundation Award, Daiwa Foundation
 
Oct 2014
Spandidos Award, Spandidos Publications
 

論文

 
Koarai K, Kino Y, Takahashi A, Suzuki T, Shimizu Y, Chiba M, Osaka K, Sasaki K, Urushihara Y, Fukuda T, Isogai E, Yamashiro H, Oka T, Sekine T, Fukumoto M, Shinoda H
J Environmet Radioactivity   183 1-6   2018   [Refereed]
IF 2.31
Xu J, Suita K, Okuno K, Takaya A, Yamamoto T, Isogai E
J Vet Med Sci      2018   [Refereed]
IF 0.845
Nakamura AJ, Suzuki M, Redon CE, KUwahara Y, Yamashiro H, Abe Y, Takahashi S, Fukuda T, Isogai E, Bonner VW, Fukumoto M
Radiation Research      Feb 2017   [Refereed]
IF 3.022
Miyoshi N, Isogai E, Hiramatsu K, Sasaki T
J Antibiot   70(2) 142-146   Feb 2017   [Refereed]
IF 2.31
Kuroda K, Fukuda T, Kristic-Demonacos M, Demonacos C, Okumura K, Isogai H, Hayashi M, Saito K, Isogai E
BMC Cancer   17(1) 33   Jan 2017   [Refereed]
国際共同研究<br />
IF: 3.265

MISC

 
Iwaya T, Ide A, Nishimura T, Saito A, Bai L, Isogai E
Poultry, Dairy and Veterinary Sciences      2017
磯貝惠美子
東北のコロニー   36 6-17   2016
磯貝惠美子
JATAFFジャーナル   5(1) 57-57   2016
トピックスとして研究紹介
磯貝恵美子, 磯貝 浩
臨床と微生物   42(3) 25-31   May 2015
Kuroda K, Okumura K, Isogai H, Isogai E
Frontiers in Oncology      2015

書籍等出版物

 
磯貝恵美子, 小熊恵二, 堀田博, 若宮伸隆編
南江堂   2018   
磯貝恵美子 (Part:共著, ライム病)
Mar 2015   
磯貝恵美子 (Part:共著, 犬のライム病)
近代出版   2011   
磯貝恵美子 (Part:共著, ライム病 p464)
2010   
磯貝恵美子, 磯貝 浩 (Part:共著, ライム病)
養賢堂   2007   

講演・口頭発表等

 
Masuda M, Guo Y, Kuroda K, Fukuda T, Yoneyama Y, Isogai E
12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases   11 Dec 2014   
Koyanagi Y, Suzuki R, Masuda M, Isogai H, Ando T, Yoneyama H, Isogai E
12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases   11 Dec 2014   
Miyoshi N, Kuroda K, Mizuki M, Suita K, Yoneyama H, Ando T, Isogai E
12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases,   11 Dec 2014   
Isogai H, Hango’ombe BM, Mulenga E, Isogai E
12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases   11 Dec 2014   
Suzuki R, ○Isogai E, Yoneyama H, Nishimura J, Isogai H
19th World Congress on Advances in Oncology and 17th International Symposium on Molecular Medicine   9 Oct 2014   
本人発表

所属学協会

 
日本エンドトキシン研究会 , 日本刑事政策研究会 , 放射線影響学会 , 日本感染症学会 , 日本環境感染学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
The Other Research Programs
Project Year: Apr 2010 - Today
The Other Research Programs
Project Year: Apr 2010 - Today
The Other Research Programs
Project Year: Apr 2010 - Today
The Other Research Programs
Project Year: Apr 2000 - Today

社会貢献活動

 
[その他]  28 Oct 2013
アフリカ乾燥地帯におくる水問題について、微生物・感染症学の立場から研修をおこなう。アフリカは国によって環境をはじめとし、対応が異なる。国境を越えた相互理解にチャンスとしても講義を有効利用してもらいたい。
[その他]  14 Sep 2013
市民公開講座
[その他]  8 Aug 2013
男女参画委員として、東北大学女子学生入学100周年記念シンポジウムの当日運営の一部をおこなった。
[その他]  11 Jul 2013
中学生訪問、研究の紹介や研究室の見学。電子顕微鏡室との連携で走査型電子顕微鏡によるマダニなどの観察体験をおこなった。
[その他]  1 Jul 2013
秋田南高校の訪問および活動内容のプレゼンを聞き、ディスカッションを行った。また、研究室の案内と大学での研究の一部を紹介した。

その他

 
Apr 2016   ストレス環境下における損傷菌の発生メカニズムの解明と検出法
ストレス環境下における損傷菌の発生メカニズムの解明と検出法
Apr 2014   食肉中放射性セシウムのと畜前推定技術の検証と放射性物質の動態
福島第一原子力発電所事故の影響により安楽死処分される家畜等から血液や臓器を採取し、安全な食用肉の提供を目的に、食肉中の放射性セシウム濃度のと畜前推定技術について、血液等を用いた推定法を比較検討し最適な推定技術を開発する。周囲の水・土壌などへの沈着核種の同定と放射能の計測によって、放射性物質の環境媒体を通じた生体臓器への沈着状況を評価する。
Sep 2012   食肉中放射性セシウムのと畜前推定技術の検証と放射性物質の動態
被災家畜におけると畜前放射能濃度推定技術の確立、線量測定技術開発および生体除染のための基礎的研究
Jan 2012   食肉用家畜の放射性セシウムと畜前推定技術の開発と体内動態解析
警戒区域内の安楽死処分牛において、放射性セシウムの筋肉蓄積と血液と相関を調べ、体内動態解析による特定臓器への放射性物質が蓄積しやすさを検討した。と畜前推定技術を開発することによって、安全な食用肉を提供することを目的とした。
警戒区域内で殺処分された家畜を用いて生前に採取できる血液等と筋肉との間の放射性セシウム濃度の相関関係を明確にした。以上のことから、畜前推定技術を開発できる基盤が整った。この技術は特用家畜にも応用できる可能性を示すことができた。現在、より精度の高い方法に向けた開発を継続している。また、種々の核種について、臓器別の沈着状況を明らかにすることができた。
Jul 2011   東日本大震災による津波被害を受けた沿岸地域の土壌・瓦礫から分離されるクロストリジウム属細菌の調査研究
東日本大震災による津波被害を受けた沿岸地域の土壌・瓦礫から分離されるクロストリジウム属細菌の調査研究