日本の女性研究者

情報学

研究者リスト >> 大野 ゆう子
 

大野 ゆう子

 
アバター
研究者氏名大野 ゆう子
学位医学博士(東京大学), 保健学修士(東京大学)

研究キーワード

 
数理保健学 , 医学意思決定論 , 認知科学 , 医療情報学

研究分野

 
  • 情報学 / 認知科学 / 
  • 社会・安全システム科学 / 社会システム工学・安全システム / 
  • 社会医学 / 公衆衛生学・健康科学 / 

学歴

 
 
 - 
1985年
東京大学 医学系研究科 生理学医用電子工学
 
 
 - 
1979年
東京大学 医学部 保健学
 

受賞

 
1986年
日本ME学会研究奨励賞
 
2003年
Best Research Award 生体医工学シンポジウム2003 
 
2002年
Best Poster Award (24th Annual Meeting of IACR in Finland)
 
2004年
Chikio Hayashi Travel Award (The 2004 Meeting of the International Federation of Classification Societies)
 
2003年
Best Poster Award (25th Annual Meeting of IACR in Hawaii)
 

論文

 
自由対話における発話の共感状態の音声分析
高 亜罕,大野ゆう子,林 良彦
FIT2010第9回情報科学技術フォーラム      2010年9月   [査読有り]
The impact of electronic medical records on the work process of outpatient care:Extracting use-cases of paper- based medical records using a time process study
Shimizu S,Ohno Y,Noda H,Nakamura S,Kanaya I,Yamada K,Ishii A,Kasahara S,Hirakawa K,Nakagawa R,Matsumura. Y
E-Health IFIP Advancesm in Information and Communication Technology      2010年9月   [査読有り]
The Working Process and Time Efficiency of Patient Transportation in Cardiovascular Hospital Using Time Process Modeling
Ojima, H., Ohno, Y., Shimizu, S
IFIP Advances in Information and Communication Technology      2010年9月   [査読有り]
手術台の縦転・横転が及ぼす体圧の変化
田中範佳,大野ゆう子,山田憲嗣,岩佐真也
生体医工学シンポジウム2010講演予稿集      2010年9月   [査読有り]
転倒転落の事前検知システムの開発 (1)病棟ベッド環境
武田真季,山田憲嗣,喜久元香,薄 雄斗,清水佐知子,八木哲也,長倉俊明,石原 謙,大野ゆう子
生体医工学シンポジウム2010講演予稿集(CDROM)      2010年9月   [査読有り]

Misc

 
運動ニューロン系疾患患者の受療経過からみた専門病院の役割 (共)
日本プライマリ・ケア学会   15 43-51   1992年
ワイブルモデル及び多重ワイブルモデルによる成人ネフローゼ症候群の予後経過分析 (共)
行動計量学   8 1-13   1981年
マルコフモデルによる成人ネフローゼ症候群の長期予後予測 (共)
行動計量学   10 36-45   1982年
スブライン平滑化による標準身体曲線の作成 (共)
統計数理   34 222-232   1986年
エキスパートシステム開発支援ツールKEEによる輸液診断 (共)
医用電子と生体工学   24 312-313   1986年

書籍等出版物

 
終末期医療 (共)
最新医学社   1991年   
看護学概論
廣川書店   1998年   
実験計画
これからの看護研究-基礎と応用-,廣川書店   2000年   
文部科学省著作高等学校職業教育教科書「看護基礎医学1」
文部科学省   2003年   
文部科学省著作高等学校職業教育教科書「看護基礎医学3」
文部科学省   2003年   

所属学協会

 
日本ME学会 , 日本医療情報学会 , 日本公衆衛生学会 , 日本OR学会 , 日本教育心理学会

Works

 
長期療養時代の保健医療福祉システムの検討
1999年 - 2001年
21世紀型保健医療指標の開発
2002年 - 2003年
パス解析による病院運営合理化の研究-タイムスタディおよび治療法選択過程をもとにして-
1999年 - 2001年
業務量調査をもとにした21世紀型大学附属病院における運営評価方法の研究
2003年 - 2005年
「地域がん登録」研究班
2004年

競争的資金等の研究課題

 
計量ケアデータベースの構築と評価システムの開発
長期療養患者のケアシステム構築
認知・情動の発達に関する研究
生命数理モデル
医療業務分析と資源の最適配置