日本の女性研究者

生物学

研究者リスト >> 山崎 真巳
 

山崎 真巳

 
アバター
研究者氏名山崎 真巳
 
ヤマザキ マミ
URLhttp://www.p.chiba-u.jp/lab/idenshi/index.html
所属千葉大学
職名准教授
ORCID ID0000-0001-6157-5287

プロフィール

植物の化学多様性の分子基盤、進化に興味があります。

研究キーワード

 
アントシアニン , トランスジェニック植物 , メタボローム , メタボロミクス , フラボノイド , カンプトテシン , 毛状根 , アミノ酸 , 薬用植物 , キノリチジンアルカロイド , トランスクリプトーム , アンチオキシダント , 転写因子 , Myc , 糖転移酵素 , 系統樹 , WD , 代謝 , MYB , インドールアルカロイド

研究分野

 
  • 薬学 / 環境系薬学 / 
  • 基礎生物学 / 植物分子生物・生理学 / 
  • ゲノム科学 / 応用ゲノム科学 / 
  • 生物分子科学 / 生物分子科学 / 
  • 薬学 / 化学系薬学 / 

経歴

 
2012年
   
 
千葉大学 薬学研究科(研究院) 准教授
 
1996年4月
 - 
1997年1月
日本学術振興会 海外COE派遣研究院
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1991年3月
千葉大学大学院 薬学研究科  総合薬品科学科
 
1982年4月
 - 
1986年3月
千葉大学大学院 薬学部 総合薬品科学科
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
日本植物細胞分子生物学会  理事
 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2013年
 - 
現在
日本生薬学会  編集委員
 
 
 - 
現在
日本植物生理学会  Plant Cell Physiology誌編集委員
 
 
 - 
現在
日本学術振興会  地球環境・食糧・資源のための植物バイオ第160委員会第5期 委員
 
2015年
 - 
2016年
日本学術振興会  科学研究費補助金第1段審査 委員
 
2012年
 - 
2015年
日本植物細胞分子生物学会   評議委員
 
 
 - 
2015年
日本植物細胞分子生物学会  Plant Biotechnology誌編集委員
 
2013年
 - 
2014年
日本学術振興会  特別研究員第1段審査委員
 
2012年
 - 
2013年
日本植物生理学会  評議員
 
2012年
 - 
2013年
日本植物生理学会  会計幹事
 
2013年
   
 
日本学術振興会  特別研究員第2段審査 委員
 
2008年
 - 
2009年
日本学術振興会  科学研究費補助金第2段審査員
 
2008年
 - 
2009年
日本植物生理学会   評議員
 
2006年
 - 
2008年
文部科学省研究振興局  学術調査官
 

受賞

 
2017年9月
日本生薬学会 平成29年度日本生薬学会論文賞 Informatics framework of traditional Sino-Japanese medicine (Kampo) unveiled by factor analysis, J Nat Med (2016) 70:107-114
 
1998年
欧州植物化学会 若手研究者シンポジウム 最優秀発表賞
 
2000年
日本植物細胞分子生物学会平成12年度奨励賞
 
2001年
日本薬学会奨励賞(平成13年度)
 
2018年9月
日本生薬学会 平成30年度日本生薬学会論文賞 De novo transcriptome assembly and characterization of nine tissues of Lonicera japonica to identify potential candidate genes involved in chlorogenic acid, luteolosides, and secoiridoid biosynthesis pathways
 

論文

 
Sato H, Mitsuhashi T, Yamazaki M, Abe I, Uchiyama M
Angewandte Chemie (International ed. in English)      2018年9月   [査読有り]
Nakashima Y, Mitsuhashi T, Matsuda Y, Senda M, Sato H, Yamazaki M, Uchiyama M, Senda T, Abe I
Journal of the American Chemical Society   140(30) 9743-9750   2018年8月   [査読有り]
Sato H, Uchiyama M, Saito K, Yamazaki M
Metabolites   8(3)    2018年8月   [査読有り]
Ohnishi Miwa, Anegawa Aya, Sugiyama Yuko, Harada Kazuo, Oikawa Akira, Nakayama Yasumune, Matsuda Fumio, Nakamura Yukiko, Sasaki Ryosuke, Shichijo Chizuko, Hatcher Patrick G., Fukaki Hidehiro, Kanaya Shigehiko, Aoki Koh, Yamazaki Mami, Fukusaki Eiichiro, Saito Kazuki, Mimura Tetsuro
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   59(7) 1353-1362   2018年7月   [査読有り]
Sato Hajime, Wang Chao, Yamazaki Mami, Saito Kazuki, Uchiyama Masanobu
PLOS ONE   13(6)    2018年6月   [査読有り]
Yamazaki Mami, Rai Amit, Yoshimoto Naoko, Saito Kazuki
PLANT BIOTECHNOLOGY REPORTS   12(2) 69-75   2018年4月   [査読有り]
Sato Hajime, Narita Koji, Minami Atsushi, Yamazaki Mami, Wang Chao, Suemune Hironori, Nagano Shingo, Tomita Takeo, Oikawa Hideaki, Uchiyama Masanobu
SCIENTIFIC REPORTS   8    2018年2月   [査読有り]
山崎真巳
アグリバイオ   2(1) 8‐12   2018年1月
Narita Koji, Sato Hajime, Minami Atsushi, Kudo Kosei, Gao Lei, Liu Chengwei, Ozaki Taro, Kodama Motoichiro, Lei Xiaoguang, Taniguchi Tohru, Monde Kenji, Yamazaki Mami, Uchiyama Masanobu, Oikawa Hideaki
ORGANIC LETTERS   19(24) 6696-6699   2017年12月   [査読有り]
Rai Megha, Rai Amit, Kawano Noriaki, Yoshimatsu Kayo, Takahashi Hiroki, Suzuki Hideyuki, Kawahara Nobuo, Saito Kazuki, Yamazaki Mami
MOLECULES   22(12)    2017年12月   [査読有り]
Rai Amit, Saito Kazuki, Yamazaki Mami
PLANT JOURNAL   90(4) 764-787   2017年5月   [査読有り]
Saga Yusuke, Araki Takeshi, Araya Hiroshi, Saito Kazuki, Yamazaki Mami, Suzuki Hideyuki, Kushiro Tetsuo
ORGANIC LETTERS   19(3) 496-499   2017年2月   [査読有り]
Rai Amit, Kamochi Hidetaka, Suzuki Hideyuki, Nakamura Michimi, Takahashi Hiroki, Hatada Tomoki, Saito Kazuki, Yamazaki Mami
JOURNAL OF NATURAL MEDICINES   71(1) 1-15   2017年1月   [査読有り]
Bunsupa Somnuk, Yamazaki Mami, Saito Kazuki
MINI-REVIEWS IN MEDICINAL CHEMISTRY   17(12) 1002-1012   2017年   [査読有り]
Fukushima Atsushi, Nakamura Michimi, Suzuki Hideyuki, Yamazaki Mami, Knoch Eva, Mori Tetsuya, Umemoto Naoyuki, Morita Masaki, Hirai Go, Sodeoka Mikiko, Saito Kazuki
FRONTIERS IN PLANT SCIENCE   7    2016年12月   [査読有り]
Udomsom Nirin, Rai Amit, Suzuki Hideyuki, Okuyama Jun, Imai Ryosuke, Mori Tetsuya, Nakabayashi Ryo, Saito Kazuki, Yamazaki Mami
FRONTIERS IN PLANT SCIENCE   7    2016年12月   [査読有り]
Rai Amit, Nakamura Michimi, Takahashi Hiroki, Suzuki Hideyuki, Saito Kazuki, Yamazaki Mami
PLANT CELL REPORTS   35(10) 2091-2111   2016年10月   [査読有り]
Bunsupa Somnuk, Hanada Kousuke, Maruyama Akira, Aoyagi Kaori, Komatsu Kana, Ueno Hideki, Yamashita Madoka, Sasaki Ryosuke, Oikawa Akira, Saito Kazuki, Yamazaki Mami
PLANT PHYSIOLOGY   171(4) 2432-2444   2016年8月   [査読有り]
山崎真巳
和漢薬   (756) 2‐4   2016年5月
Rai Amit, Yamazaki Mami, Takahashi Hiroki, Nakamura Michimi, Kojoma Mareshige, Suzuki Hideyuki, Saito Kazuki
FRONTIERS IN PLANT SCIENCE   7    2016年4月   [査読有り]

Misc

 
山崎真巳, 金谷重彦, 岡田岳人
国際化に対応した科学的視点に立った日本漢方診断法・処方分類および用語の標準化の確立 平成25年度 総括・分担研究報告書   116-118   2014年
Plant Response to Environments: Molecular Mechanism and Application to Biotechnology
The Botanical Society of Japan      2000年
Comcepts in Plant Metabolomics
Springer      2007年
山崎真巳
創薬等ヒューマンサイエンス総合研究事業 平成10年度 若手研究者奨励研究報告   97-99   1999年

書籍等出版物

 
アルカロイドの科学,高山廣光編
山崎 真巳 (担当:分担執筆, 範囲:アルカロイド生合成研究におけるゲノム科学の役割)
化学同人   2017年   
生薬・薬用植物研究の最新動向,高松智編
山崎 真巳 (担当:分担執筆, 範囲:第15章 薬用成分の生合成制御に関するゲノム機能学的研究.)
シーエムシー出版   2017年   
Natural Products: Discourse, Diversity, and Design
Supaart Sirikantaramas, Mami Yamazaki, and Kazuki Saito (担当:分担執筆, 範囲:How plants avoid the toxicity of self-produced defense bioactive compounds.)
Wiley-Blackwell, Oxford   2014年   
Advances in Botanical Research vol. 68, Nathalie Giglioli-Guivarc'h, ed.
Supaart Sirikantaramas, Mami Yamazaki, Kazuki Saito (担当:分担執筆, 範囲:Chapter Five - Camptothecin: Biosynthesis, biotechnological production and resistance mechanism(s).)
Academic Press   2013年   
Medicinal Plant Biotechnology: From Basic Research to Industrial Applications, O. Kayser and W. J. Quax, eds.
Takashi Asano, Hiroshi Sudo, Mami Yamazaki, and Kazuki Saito (担当:分担執筆, 範囲:Camptothecin production in cell cultures of Ophiorrhiza species.)
Wiley-VCH Verlag GmbH, Weinheim, Germany   2008年   
Methods in Molecular Biology, vol. 317, Differential Display Methods and Protocols
Mami Yamazaki and Kazuki Saito (担当:分担執筆, 範囲:Isolation and characterization of anthocyanin 5-O- glucosyltransefrase in Perilla frutescens var. crispa by differential display)
Humana Press Inc., Totowa, NJ   2006年   
北島 満里子, 相見 則郎, 高山 廣光, 山崎 真巳, 矢野 眞吾
[千葉大学]   2004年   
山崎 真巳
科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, 平成10-12年度   2001年   
Plant Response to Environments: Molecular Mechanism and Application to Biotechnology. Jin Murata and Dong-Hee Lee, eds.
Kazuki Saito, Mami Yamazaki, Zhizhong Gong, Emiko Yamagishi and Sompornpailin Kanokporn (担当:分担執筆, 範囲:Molecular mechanism and regulation of anthocyanin formation in two different chemotypes of Perilla.)
The Botanical Society of Japan, Tokyo   2000年   
Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 45 Transgenic Medicinal Plants. ed. by Y.P.S. Bajaj
Mami Yamazaki and Kazuki Saito (担当:分担執筆, 範囲:Genetic transformation of Glycyrrhiza ularensis (Licorice) and related species.)
Springer-Verlag, Berlin   1999年   
PERILLA The Genus Perilla. ed. by H-C Yu, K. Kosuna and M. Haga, eds.
Mami Yamazaki, Zhizhong Gong and Kazuki Saito (担当:分担執筆, 範囲:Molecular biology in Perilla frutescens: Isolation of specifically expressed genes in chemotypes.)
Harwood Academic Publishers, Amsterdam   1997年   
Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 36 Somaclonal Variation in Crop Improvement II. Y.P.S. Bajaj ed.
Mami Yamazaki and Kazuki Saito (担当:分担執筆, 範囲:In vitro induction of herbicide resistance in Atropa belladonna L.)
Springer-Verlag, Berlin   1996年   
Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 26 Medicinal and Aromatic Plants VI ed. by Y.P.S. Bajaj
Mami Yamazaki, Isamu Murakoshi and Kazuki Saito (担当:分担執筆, 範囲:Thermopsis lupinoides (Japanese name 'Sendai-hagi'): In vitro culture and production of lupin alkaloids.)
Springer-Verlag, Berlin   1994年   
Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 22 Plant Protoplasts and Genetic Engineering III ed by Y.P.S. Bajaj
Kazuki Saito, Mami Yamazaki, Koichiro Shimomura, Kayo Yoshimatsu and Isamu Murakoshi (担当:分担執筆, 範囲:Genetic transformation in Digitalis purpurea L. (Foxglove).)
Springer-Verlag, Berlin   1993年   
Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 24 Medicinal and Aromatic Plants V. Y.P.S. Bajaj ed.
Kazuki Saito, Mami Yamazaki and Isamu Murakoshi (担当:分担執筆, 範囲:Sophora flavescens (Kurara): In vitro culture and production of lupin alkaloids.)
Springer-Verlag, Berlin   1993年   
Plant Tissue Culture and Gene Manipulation for Breeding and Formation of Phytochemicals. K. Ohno et al. eds.
Kazuki Saito, Naoko Miura, Mami Yamazaki and Isamu Murakoshi (担当:分担執筆, 範囲:Isolation and sequence analysis of cDNA encoding cysteine synthase from spinach (Spinacia oleracea).)
National Institute of Agrobiological Resources, Tsukuba   1992年   

講演・口頭発表等

 
山崎 真巳, 樋口 真理, ワンワッタナー ブンヤパー, 斉藤 和季
日本植物生理学会年会講演要旨集   2011年3月11日   
シソの成分変種であるアカジソとアオジソについては古くから遺伝学研究が行われており、アントシアニン生産に関して少なくとも3つの遺伝子座(A、BおよびK)が関与することが示されている。また、近年複数の植物種においてMBW複合体(MYB/bHLH/WD40)がアントシアニン生合成を制御することが明らかにされている。これまでに演者らはシソから2つのMYB因子(MYB-P1、MYB-C05)、3つのbHLH因子(MYC-F3G1、MYC-RS、MYC-RP/GP)ならびにWD40因子(PFWD)を単...
山崎真巳
天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集   2010年11月2日   
千葉基晶, 浅野孝, 奥山淳, 斉藤和季, 山崎真巳
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2010年9月2日   
鹿倉友美子, BUNSPA Somnuk, 斉藤和季, 山崎真巳
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2010年9月2日   
榊原圭子, 中林亮, 福島敦史, 松田史生, 井上恵理, 菅原聡子, 黒森崇, 伊藤卓也, 篠崎一雄, WANGWATTANA Bunyapa, 山崎真巳, 斉藤和季
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2010年9月2日   
千葉基晶, 浅野孝, 奥山淳, 斉藤和季, 山崎真巳
日本薬学会年会要旨集   2010年3月5日   
山崎 真巳, 浅野 孝, 柏原 恵美, 小林 可菜英, 佐々木 亮介, 飯島 陽子, 青木 考, 柴田 大輔, 斉藤 和季
日本植物生理学会年会講演要旨集   2010年3月12日   
カンプトテシンは、数種の植物が生産するテルペノイドインドールアルカロイドであり、トポイソメラーゼIを阻害剤して細胞毒性を有することから抗がん剤原料として利用されている。その生合成の初期段階は、他のテルペノイドインドールアルカロイドと同様にトリプタミンとセコロガニンの縮合により生ずるストリクトシジンを中間体として生合成されるが以降の生合成経路は不明である。演者らは、アカネ科チャボイナモリ(<I>Ophiorrhiza pumila</I>)においてカンプトテシン高生産毛状根培養系(HR)を確...
中林 亮, 榊原 圭子, 松田 史生, 峠 隆之, 北島 満里子, 高山 廣光, 山崎 真巳, 斉藤 和季
日本植物生理学会年会講演要旨集   2010年3月12日   
シロイヌナズナにおいて、アントシアニン及びフラボノール生合成はMYB75/PAP1及びMYB12によって制御されている。フラボノイド生合成機構を理解する上で、これらの過剰発現体(<I>pap1-D</I>及びMYB12OX)は生合成遺伝子及び代謝物の解明を可能とした。そこで二つのMYB遺伝子同時過剰発現体(WOX1-1, 2)(1)を作出し、フラボノイド過剰蓄積に関する植物体内の生理現象の誘導を試みた。Col-0、MYB12OX、<I>pap1-D</I>、WOX1-1, 2の5系統につい...
柏原恵美, 浅野孝, 千田かおり, 佐々木亮介, 飯島陽子, 青木考, 柴田大輔, 斉藤和季, 山崎真巳
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2009年7月29日   
片山賀惠, BUNSUPA Somnuk, 斉藤和季, 山崎真巳
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2009年7月29日   
小林可菜英, 浅野孝, 佐々木亮介, 飯島陽子, 青木考, 柴田大輔, 斉藤和季, 山崎真巳
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2009年7月29日   
山崎真巳
日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   2009年7月29日   
榊原 圭子, 井上 恵理, 松田 史生, Wangwattana Bunyapa, 山崎 真巳, 斉藤 和季
日本植物生理学会年会講演要旨集   2009年3月16日   
植物の代謝に関与する遺伝子の多くは、多重遺伝子族として存在している。例えば、シロイヌナズナには、272のcytochromeP450遺伝子、107の配糖化酵素遺伝子が存在すると報告されており、その構造のみから機能を推定することは困難である。<br> フラボノイド配糖化酵素遺伝子の網羅的機能同定を目的に、既知のフラボノイド代謝関連遺伝子をクエリーとして、遺伝子共発現解析を行ったところ、アントシアニン代謝系遺伝子と相関の高い配糖化酵素遺伝子(UGT3)を見出した。その一次構造から、UGT3は...
中林亮, 榊原圭子, 松田史生, 峠隆之, 北島満里子, 高山廣光, 山崎真巳, 斉藤和季
日本薬学会年会要旨集   2009年3月5日   
山崎 真巳, 奥山 淳, 林 香代子, 浅野 孝, Sirikantaramas Supaart, 斉藤 和季
日本植物生理学会年会講演要旨集   2008年   
[目的] アカネ科チャボイナモリ(Ophiorrhiza pumila)は、強力なトポイソメラーゼI阻害剤で医薬品原料としても重要なテルペノイドインドールアルカロイドであるカンプトテシン(CPT)を生産する。我々は、これまでにCPTを高生産する毛状根とCPTを生産しない脱分化状態の懸濁培養細胞を用いて、毛状根特異的に発現する遺伝子のプロファイリングを行ってきた。本研究では毛状根特異的に発現しCPT生産制御に関与すると推測されるAP2/ERF転写調節因子ならびにP450(CYP)ホモログに...
池浦 衣美, 岡田 岳人, 斉藤 和季, 山崎 真巳
日本植物生理学会年会講演要旨集   2007年3月   
キノリチジンアルカロイドは、主にマメ科ルピナス属植物に含有され、分子内にキノリチジン環を有する植物アルカロイドである。飼料用作物としての育種が進んだ<I>Lupinus angustifolius</I>には、アルカロイドを含むbitter品種cv.festと含まないsweet品種cv.unihervestが存在する。本研究では、アルカロイド生合成に関与する酵素を明らかにするために、アルカロイド含有品種特異的発現遺伝子の単離と機能解析を行った。<br>PCR-select cDNA sub...
北島満里子, 米山崇子, 小暮紀行, 浅野孝, 須藤浩, 山崎真巳, 斉藤和季, 相見則郎, 高山広光
日本薬学会年会要旨集   2006年3月6日   
林宏明, 岸本菜緒子, 高屋優一, 岡野陽平, 井上謙一郎, 飯沼宗和, 須藤浩, 山崎真巳, 斉藤和季
日本薬学会年会要旨集   2006年3月6日   
西山 泰孝, 峠 隆之, 田中 良和, 田口 悟朗, Fuell Christine, Michael Anthony, 北山 雅彦, 山崎 真巳, 斉藤 和季
日本植物生理学会年会講演要旨集   2006年3月   
シロイヌナズナのMyb様転写因子をコードする<I>PAP1</I>遺伝子の過剰発現変異体においてはアントシアニンおよびフラボノールが特異的に高蓄積しており、野生型株と比較して38遺伝子の発現が上昇している。これら38遺伝子にはフラボノイド生合成に関与する既知遺伝子に加え、機能不明の3つのアシル基転移酵素遺伝子群が含まれていた。本研究では、アントシアニン誘導体化に関与すると推測されるこれらのアシル基転移酵素遺伝子について、その機能を組み換えタンパク質を用いて解析した。<br> それぞれの遺...

担当経験のある科目

 
  • 薬用資源学実習 (千葉大学)
  • 生物化学演習 (千葉大学)
  • 遺伝子応用学 (千葉大学)
  • 社会の中のくすり (千葉大学)
  • 病態治療学 (千葉大学)
  • 漢方治療学 (千葉大学)
  • 生薬学 (千葉大学)
  • 生物化学Ⅱ (千葉大学)
  • 生物化学Ⅰ (千葉大学)

所属学協会

 
日本植物生理学会 , 日本薬学会 , 日本生薬学会 , 日本植物細胞分子生物学会

競争的資金等の研究課題

 
薬用植物における有用物質生産制御に関する分子生物学的研究
Molecular genetic study on regulation of secondary metabolism in medicinal plants.

特許

 
水谷 正子, 田中 良和, 久住 高章, 斉藤 和季, 山崎 真巳, 鞏 志忠
水谷 正子, 田中 良和, 久住 高章, 斉藤 和季, 山崎 真巳, 鞏 志忠

社会貢献活動

 
日本薬剤師研修センター漢方生薬研修会
【講師】  日本薬剤師研修センター  2008年 - 現在
千葉県医薬品登録販売者協会研修会
【講師】  千葉県医薬品登録販売者協会研修会  2008年 - 2011年