日本の女性研究者

各研究分野の女性研究者を紹介します。
【ROIS】
 

女性研究者

Researcher List >> WANG Min
 

WANG Min

 
Avatar
NameWANG Min
Alternative Names公開
e-mailwangminshosei.ac.jp
AffiliationHosei University
SectionHosei University Center for International Japan-Studies
Job titleProfessor
Research funding number30296371

Research Interests

 
日中比較研究 , 日本研究 , 宮沢賢治研究 , 国際文化関係 , 日中文化交流 , 東アジアの社会文化

Academic & Professional Experience

 
Oct 1979
 - 
1991
Lecturer of Department of Japanese at Sichuan International Studies University, specialized in Japan-Studies,Modern Japanese Literature and Japanese Language
 
Sep 1983
 - 
1990
Director of Researching Institute for Overseas Studies of Sinology at Sichuan International Studies University
 
Apr 1989
 - 
Mar 1991
Adjunct lecturer in Comparative Studies on Sino-Japanese Culture at Department of Social Sciences of Hosei University
 
Apr 1991
 - 
Mar 1996
Adjunct lecturer in History of Chinese Culture, Theory of Culture and Theory of Literature under the subject of International Cultures at Department of Letters of Teikyo University
 
Aug 1991
 - 
1996
Visiting professor at Nanyang Institute of Technology in China
 

Awards & Honors

 
Jan 2015
国際文化最高貢献賞, I.P.C and S.P.S
 
Jul 2009
Honored by Commissioner for Agency for Cultural Affairs
 
Sep 2001
放送局長賞受賞
 
Sep 1997
Special Jury Prize of the 6th Asian Television Festival
 

Published Papers

 
「大禹、東洋下り」の現代的価値ーー共有した東アジアの史的伝承について
Wang Min
両岸視点(特集:第五回中華文化発展論壇)   054(2018年1月) 24-27   Jan 2018   [Refereed][Invited]
日本における禹王信仰の起源を、中国古典『山海経』に示された禹帝の国土調査から可能性を探ろうとした論述。
Investigation on the Curreent Situation of the Cultural Circle of the Belief of Dyu in East Asia
Wang Min
FOREIGN LANGUAGE RESEARCH IN NORTHEAST ASIA   5(19) 10-15   Dec 2017   [Refereed][Invited]
「東洋下りの禹」と海上シルクロード
王敏
第六回東海論壇 東アジアの海上シルクロードの文化と貿易   89-96   Nov 2017   [Refereed][Invited]
『山海経』に記録された4200年前の東アジア調査と思われる痕跡から、同地域の先住民間の大航海交流の可能性を推察し、原生的海上生命線が形成されてきたと推論。
「大禹、東洋下す」の啓発
王敏
「中国文化と周辺国家の人文交流」学術研究会論文集   52-64   Oct 2017   [Refereed][Invited]
人文交流の実践を、日本における禹王信仰と、皇室養蚕、漢字文化というテーマから論じる。
Sharing ldeas for Trilateral Cooperation on Public Diplomacy
Wang Min
2017 Trilateral Public Diplomacy Retreat   117-131   Jul 2017   [Refereed][Invited]

Misc

 
日本の治水神「禹王」
王敏
日中友好新聞   (2481) 7-7   May 2019   [Refereed][Invited]
日本における禹王研究の現状及び第6回禹王研究会の開催状況
平成天皇陛下と平成皇后陛下と語ったこと
王敏
(米国)『全球華人政治家論壇 HAI WAI KAN SHI JIE』   https://mp.weixin.qq.com/s/Ut0    May 2019   [Refereed][Invited]
平成天皇陛下と平成皇后陛下の平和思想について
友好平和を熱望された両陛下
王敏
人民中国 2019年5月号   (791) 54-57   May 2019   [Refereed][Invited]
両陛下と交流の機会に恵まれた忘れがたい記録
嵐山の周恩来
王敏
日中友好新聞   (2479) 11-11   Apr 2019   [Refereed][Invited]
両陛下との交流記実
王敏
WORLD AFFALRS   1747(2019.8) 20-21   Apr 2019   [Refereed][Invited]
両陛下との交流に関する記実

Books etc

 
Night On The Galactic Railroad
宮沢賢治 監修 翻訳 王敏
江蘇省鳳凰文芸出版社   Jun 2019   ISBN:987-7-5594-3404-3
厳選された宮沢賢治の童話31篇の翻訳。
嵐山的周恩来(中国語版)
王敏
三和書籍   Apr 2019   ISBN:978-4-86251-375-5
1919年5月4日、雨の中の嵐山を二回も逍遥した背景を探り、その理由を突き止める論考。
自分がされたくないことは人にもしない
福田康夫 王敏等 (Part:Joint Work, 企画・編集・序論・対談・終論)
三和書籍   Apr 2019   ISBN:978-4-86251-327-4
グローバル化がもたらした困難、地域に頻繁に勃発する紛争、いま世界倫理が求められている:「人間の責任」を語るときがきた。そのための平和の実践を記述した。
嵐山の周恩来
王敏
三和書籍   Apr 2019   ISBN:978-4-86251-373-1
周恩来が1919年、日本留学と惜別し、帰国する前の桜咲くころのひと月余り京都に滞在した。都の西郊の名勝地・嵐山を探訪した。周恩来が嵐山逍遥に充てた理由はいったいなにか。たぶん、嵐山逍遥の中で、中国史の古代王国「夏」の創始者「禹」が治水神として息づきことに気づき、京の豪商角倉了以の大規模な治水事業にもつながるという発見があったにちがいない。雨中を歩きながら、日中文化の交差点のように嵐山を、周恩来は記憶したかもしれない。1972年の日中国交回復は周恩来の決断とされる。外交姿勢に知日の域の強かっ...
銀河鉄道の夜
王敏
中国・陝西師範大学出版総局   Feb 2019   
厳選された宮沢賢治の傑作への翻訳よ解説。

Conference Activities & Talks

 
漢字文化圏の視座から皇室の現代的意義を考える [Invited]
王敏
令和新時代と天皇制の歴史   10 Jun 2019   北京大学区域と国別研究院
漢字文化の角度から、漢字文化圏における皇室の価値と意義を考察する。
「混成文化」の日本と皇室の文化 [Invited]
王敏
混成文化の日本研究   25 May 2019   大連外国語大学日本学友会 共催 法政大学国際日本学研究所王敏研究室
2019年5月26日付き『日中商報』に「大連外国語大学日本校友会による第一回文化講座 王敏授が語る皇室文化」に講演主旨が掲載されている。https://mp.weixin.qq.com/s/33nO0EbEKUJbwafKy3zPgQ
個人と社会について [Invited]
王敏
日本全国留学学友会の講習会   18 May 2019   日本留学学友会
平和的「令和」 [Invited]
王敏
中国社会科学フォーラム・社会文化のセッション   12 May 2019   中国社会科学院
令和時代の平和志向と国民の平和意識の相乗
日中「混成文化」の現代的価値を考える [Invited]
王敏
後楽講座   19 Apr 2019   日中友好会館留学生事業部
儒教と仏教の経典の伝来・流布とともに、日本は漢字文化圏の一員となった。東アジア諸地域が「知」をシェアしているのは、この漢字文化圏が長期にわたって存続してきた理由による。日本文化の特性については、青木保氏は「混成文化」という概念を提唱しており、加藤周一氏は「雑種文化」という言葉でまとめている。

Association Memberships

 
日本治水神・禹王研究会 , 東アジア文化交渉学会 , Director of Pen Club for Chinese Literature in Japan , 亞洲政治與歷史協會 , 世界華文旅遊文学協会理事 , 山東省日本学会 , Vice president of Chinese Japan-Studies Association , Member of Chinese Society of Japanese Literature , 日中関係史学会 , Member of Chinese Professors Association , 中国作家協会・四川分会 , 宮沢賢治学会 , 日本ペンクラブ

Works

 
企画展 賢治研究の先駆者たち⑥ 黄灜展
The Others   Apr 2016 - Oct 2016
MEET IN BEIJING The15 th MEET IN BEIJING arts Festival SYMPHONY INATOV IN BEJING
Artistic Activity   May 2015 - May 2015
外国人が憧れる「森の都」
The Others   Feb 2013
中日の文化の架け橋として歩んできた半生
The Others   Aug 2012
宮沢賢治「雨ニモマケズ」の中国語翻訳
The Others   Mar 2012