日本の女性研究者

生物学

Researcher List >> Keiko Nakayama
 

Keiko Nakayama

 
Avatar
NameKeiko Nakayama
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/e7b2910b58e4f3d3e0cfc4f2486c3925.html
AffiliationTohoku University
SectionGraduate School of Medicine United Centers for Advanced Research and Translational Medicine Center for Cancer Research Cell proliferation
Job titleProfessor
DegreePh. D.(Tokyo Medical and Dental University), 博士(医学)(Tokyo Medical and Dental University)

研究キーワード

 
genetic engineering , protein degradation , cell cycle

研究分野

 
  • Life sciences / Developmental biology / 
  • Life sciences / Cell biology / 
  • Life sciences / Molecular biology / 

経歴

 
Apr 2012
 - 
Today
人材育成部門長, 東北大学メディカル・メガバンク機構
 
Jan 2003
 - 
Today
教授, 東北大学大学院医学系研究科
 
May 1997
 - 
Jan 2003
助教授, 九州大学生体防御医学研究所
 
May 1997
 - 
Dec 2002
助教授, 九州大学生体防御医学研究所
 
Aug 1996
 - 
Apr 1997
医院, 東京医科歯科大学医学部付属病院
 

学歴

 
 
 - 
Mar 1991
Graduate School, Division of Medicine, Tokyo Medical and Dental University
 
 
 - 
Mar 1986
Faculty of Medicine, Tokyo Medical and Dental University
 

委員歴

 
Apr 2014
 - 
Mar 2015
復興促進プログラム(A-STEP)評価委員会  委員
 
Apr 2014
 - 
Mar 2015
復興促進プログラム(A-STEP)評価委員会  委員
 

受賞

 
Feb 2013
FIRSTシンポジウム「『科学技術が拓く2030年』へのシナリオ」内NEXTライフ・イノベーション・ポスターセッション銅賞, RIRSTプログラム公開活動実行委員会
 
Mar 2008
平成19年度医学部・医学系研究科「教育貢献賞」, 東北大学医学部長、医学系研究科長
 
Apr 1992
東京医科歯科大学研究奨励賞, 東京医科歯科大学
 

論文

 
Yu Y, Nakagawa T, Morohoshi A, Nakagawa M, Ishida N, Suzuki N, Aoki M, Nakayama K
Human molecular genetics      Sep 2019   [Refereed]
Ozeki M, Aoki Y, Nozawa A, Yasue S, Endo S, Hori Y, Matsuoka K, Niihori T, Funayama R, Shirota M, Nakayama K, Fukao T
Orphanet journal of rare diseases   14(1) 215   Sep 2019   [Refereed]
Kuriyama S, Metoki H, Kikuya M, Obara T, Ishikuro M, Yamanaka C, Nagai M, Matsubara H, Kobayashi T, Sugawara J, Tamiya G, Hozawa A, Nakaya N, Tsuchiya N, Nakamura T, Narita A, Kogure M, Hirata T, Tsuji I, Nagami F, Fuse N, Arai T, Kawaguchi Y, Higuchi S, Sakaida M, Suzuki Y, Osumi N, Nakayama K, Ito K, Egawa S, Chida K, Kodama E, Kiyomoto H, Ishii T, Tsuboi A, Tomita H, Taki Y, Kawame H, Suzuki K, Ishii N, Ogishima S, Mizuno S, Takai-Igarashi T, Minegishi N, Yasuda J, Igarashi K, Shimizu R, Nagasaki M, Tanabe O, Koshiba S, Hashizume H, Motohashi H, Tominaga T, Ito S, Tanno K, Sakata K, Shimizu A, Hitomi J, Sasaki M, Kinoshita K, Tanaka H, Kobayashi T, Kure S, Yaegashi N, Yamamoto M, Tohoku Medical Megabank Project, Study Group
International journal of epidemiology      Aug 2019   [Refereed]
Aizawa T, Karasawa H, Funayama R, Shirota M, Suzuki T, Maeda S, Suzuki H, Yamamura A, Naitoh T, Nakayama K, Unno M
Cancer medicine      Aug 2019   [Refereed]
Akiyama T, Suzuki N, Ishikawa M, Fujimori K, Sone T, Kawada J, Funayama R, Fujishima F, Mitsuzawa S, Ikeda K, Ono H, Shijo T, Osana S, Shirota M, Nakagawa T, Kitajima Y, Nishiyama A, Izumi R, Morimoto S, Okada Y, Kamei T, Nishida M, Nogami M, Kaneda S, Ikeuchi Y, Mitsuhashi H, Nakayama K, Fujii T, Warita H, Okano H, Aoki M
EBioMedicine   45 362-378   Jul 2019   [Refereed]

MISC

 
中山啓子, 舟山亮
肝胆膵   67(1) 1-164   Jul 2013
益田邦洋, 石川善則, 山本久仁治, 片寄友, 小野山一郎, 中山敬一, 海野倫明, 中山啓子
日本外科学会雑誌   111(臨増2) 465-465   Mar 2010
中山啓子
炎症と免疫   17(2) 29-34   Feb 2009

書籍等出版物

 
監修 中山敬一, 学生体防御医学研究所, ed. 中山啓子 (Part:共著, 秘伝公開 現役PIが語る!効率的なラボ運営法 第11回 抄読会:研究ワールドを見渡すために, 710-713)
株式会社 学研メディカル秀潤社   May 2012   
メディカル・サイエンス, インターナショナル ed (Part:監修)
メディカル・サイエンス・インターナショナル   May 2008   
中山敬一, 中山啓子 (Part:共著, 5)「CDKインヒビター」, 47-53)
羊土社   Feb 2005   
竹内隆, 岸本健雄, 中山啓子, 中山敬一 (Part:共著, マウスの大きさの制御, 128-138)
Springer   Feb 2004   
中山敬一, 中山啓子, 中山敬一 (Part:共著, CDKインヒビターの機能と発現調節, 44-53)
羊土社   Feb 2001   

講演・口頭発表等

 
松島和洋, 舟山亮, 長嶋剛史, 中山啓子
第35回日本分子生物学会年会   12 Dec 2012   
松本光代, 白木琢磨, ブリドン アンドレイ, 舟山亮, 西田有一郎, 中山啓子, 八重樫伸生, 五十嵐和彦
第35回日本分子生物学会年会   11 Dec 2012   
Keiko Nakayama
CSI-GCOE Joint Workshop on Genome Science   21 Aug 2012   
Kundu, L. R, Nakayama, K
2012 Cold Spring Harbor Laboratory on the Cell Cycle   15 May 2012   
Funayama, R, Nagashima, T, Nakayama, K
Winter Camp of GCOE 2012 〜Challenge to Advanced Research through Interdisciplinary Exchange 〜 Tohoku University Global COE for Conquest of Signal Transduction Diseases with “Network Medicine”   4 Feb 2012   

所属学協会

 
日本癌学会(2007/04-2007/09 プログラム委員) , 日本細胞生物学会(2007/05-2010/04 プログラム委員) , 日本細胞生物学会(2006/11-2007/05 将来検討委員) , 日本分子生物学会(1996/04-) , 日本癌学会(1999/04-)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
Project Year: Jan 2004 - Mar 2007

社会貢献活動

 
[その他]  Jan 2010 - Today
拠点事務局長
[その他]  25 Aug 2007
講演「大きなねずみ・小さなねずみ」
[その他]  30 Jul 2007
次年度入学希望者向け講演

その他

 
Oct 2014   第19回学際ライフサイエンスシンポジウムにおける座長
Nov 2012   第5回山形肝炎ウイルスセミナー 基調講演「次世代シークエンサーを用いた臨床研究の展開」
Aug 2012   市民公開講演会「東北地方の復興・新生に向けて:アカデミアの果たす役割」の講演(「ゲノム科学から新しい医療に向けて」)
Aug 2012   第12回GIリサーチフォーラム 特別講演講師「臨床材料を用いた次世代シークエンサーによる新しい研究展開の可能性」
Jul 2012   AB SCIEX プロテオミクスセミナー 〜最新技術SWATHを用いたバイオマーカーの最前線〜 の司会